内閣の支持率ダウン続くも、民主党や個別政策への支持はOK+朝日杯&Mー1グランプリ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  昨日は、JRAで、2歳GIの朝日杯FSが行なわれて、1番
人気だったローズキングダムwith小牧太騎手が、余裕の走りで
優勝した。(*^^)v祝

 どこかの新聞のタイトルに、「薔薇一族の悲願」と書いてあった
ので、「え?」とミョ~なことを考えてしまったのだけど。
<わかる人にはわかる?^^;>
 「ローズ」の冠名が付いた同馬の血統が、なかなかGIで勝てず。
<母のローズバドも2着が3度。>今回は、地方騎手時代にローズ
バドで初めて中央の重賞を勝った小牧騎手の騎乗で、やっと勝てた
というお話だった。(@@)

 ただ、最近、2歳の有力馬は朝日杯をパスする傾向にあるので、
まだまだ来年のクラシック戦線は読めないかな~という感じだ。

* * * * *

 そして、昨日は、漫才のM-1グランプリも行なわれて。こちら
は、9年目の正直で決勝に出場した福岡発のコンビ・パンク
ブーブーが、審査員7人の満場一致で優勝を果たした。(*^^)v祝
<excite関連コチラ

 昨日の夜中に、過去のM-1の特集をやっていたので、しっかり
予復習をした上で、本番を見たのだけど。今年の決勝は、かなり
レベルが高い感じがした。
 ず~っと決勝進出を果たしている「笑い飯」は、安定した実力が
あるし。<決勝は、ネタがちょっとね~。^^;> 
 2連覇を狙ったノンスタイルも、やっぱ漫才は上手いな~と思わ
されたし。<でも、本当にフリ~ト~クが・・・。(-"-)今は、
そっち系の仕事の方が多いので、心配。^^;>
 その中で、パンクブーブーは、mewも思わず声を出して
笑ってしまう回数が一番多かったし。今回の優勝は「文句なし!」
という感じなのではないだろうか?(・・)

* * * * *

さて、政治系の話を・・・。

 昨日、読売新聞の緊急世論調査の結果が出ていたのだけど。
鳩山内閣の支持率は、2週間前の調査より、4P下がって55%
に。不支持率が、4P上がって33%になった。^^;
 
<毎日新聞の世論調査の結果も、支持率55%、不支持率34%
で、ほぼ同じような数字だった。excite関連コチラ

 メディアは、支持率が続落&当初より20%近く下がったこと
を、かなり強調しているところがあるのだが。

 mewは、もともと最初の支持率が高過ぎだと思っていたし。
<それに、あれは鳩山首相or内閣に対してというより、新たな
民主党政権への期待&ご祝儀だったように思えるし。>

 また、過去の自民党の内閣<異常人気だった細川、小泉内閣を
除く>と比べても、いまだに支持率が5割以上あるというのは、
かなり優秀な方ではないかと思ったりもしている。(・・)

 ただ、積極的に支持したくないと考える人が、3割を超えた
ことは、チョット気になるところだ。
 おそらく無党派層が、鳩山首相の優柔不断さや、政権交代しても
生活に変化が生じないことに、イラ立ちを覚えて始めているのでは
ないだろうか?(-"-)

 後述するように、そろそろハネムーン期間が終わるので、ここ
からが鳩山首相にとって、正念場になると言えるだろう。(-"-)

* * * * * 

 ただし、政党の支持率は、民主43%(同42%)、自民18%
(同19%)と、大きな変化がなかったのは、注目すべきことだと
思うし。プチ安心材料になるかも知れない。

あの小泉元首相が、70~80%の内閣支持率を誇っていた
頃も、自民党の支持率は30%台にとどまっていたわけで。それ
を考えると、いまだに40%台をキープしているのは、かなり
評価し得ることのように思える。(**)

 自民党が、今回もあまり支持率を上げられなかったところを
見ると、同党に対する一般国民の自民党への不信感、失望感が、
相当に根深いことがわかるし。
 その裏返しで、国民の中には、今でも民主党政権&その政策への
期待を抱いている人が少なくないことが伺える。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 個別の事案で見てみると・・・。<コチラのページの表がある>

 今、話題になっている予算編成&マニフェストの変更に関して
の質問では、
『ガソリン税などの暫定税率維持に賛成する人は52%で、反対の
33%を上回った。
 中学生まで支給する「子ども手当」に所得制限を設けることには
「賛成」が72%に達し、「反対」は22%にとどまった』という。

 過去の世論調査でも、マニフェストはすべてそのまま実行しない
でもよいという意見が多かったし。
 国民は冷静に日本の財政が苦しい状況であることを受け止めて、
現実的に対応することを求めているのではないだろうか?(・・)

 野党の自民党や一部メディアは、公約違反であることを強く批判
して、首相の辞任や解散まで要求する構えも見せているのだけど。
<今、解散しても、自民党には勝ち目がないと思うけどさ~。^^;>

 mewは、コチラの「お金がない!」という記事にも書いた
ように、鳩山首相&内閣は、自信を持って今の方向で予算編成を
進めれればいいと思う。
 ただし、国民が理解&納得できるように、改めて会見などを
開いて、きちんと説明すべきことは言うまでもない。(**)

* * * * *

 そして、近時、注目された事案では・・・。

『天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を鳩山首相が
特例として実現させたことについては、「問題だ」44%と
「問題はない」47%が拮抗。』

<ただし、羽毛田信吾宮内庁長官を、小沢幹事長が批判したこと
について、適切だとは思わない人が76%。(ーー)ho~ra ne>

 また、『首相の偽装献金問題で元秘書が起訴された場合、首相
は辞任すべきだと思う人は40%(前回37%)、「辞任する
必要はない」は51%(同54%)』だったという。

<毎日新聞は、「辞任する必要はない」が54%で「辞任すべきだ」
の40%を上回っていた。
 尚、一般論として、「起訴された場合」の進退を問うのは、問題
があるように思う。<起訴された時点では、有罪だと決まったわけ
ではない(無罪推定の原則が働く)ので。>

 でも、これらに関しても、国民の多くが鳩山内閣に対して、
強~く非難をしたり、大きな不信感を与えているという感じはない
ように思える。(・・)

* * * * *

 もう一つ、mewが国民の意向が気になっている大きな問題
に、普天間基地の移設問題があるのだけど。
 移設先に関しては、『「国外に移す」35%、同県名護市と
する「日米合意通りにする」34%、「県外に移す」14%』
だったとのこと。

 自民党&米国の合意通りにと考える人は1/3しかおらず、
計画の見直しに理解を示す人が、まだ、かなりいることに、
ほっとさせられたところがあった。
 これを見る限りは、鳩山首相は、堂々と国外、県外移設を
模索してもいいということになるのだろうか?(・・)

 ただ、鳩山首相が年内の決着を断念したことに対して、『政府
対応を「評価しない」は51%で、日米関係に「マイナスの影響
を与える」も68%に上った』という。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


 この普天間の問題も含めて、鳩山内閣の支持率が下がって
いるot不支持率が上がっている大きな要因は、やはりリーダー
シップ&決断力の欠如しているからなのだろう。(ーー゛)

 まあ、鳩山首相は、もともと「オレについて来い!」的な
リーダーのタイプではなくて。むしろ、みんなの意見をきいて、
うまくまとめる調整型の人なのだけど。<本当は、官房長官に
向いていると思うんだよね。^^;>

 ただ、mewは内閣の中で、閣僚たちがアレコレ好き勝手な
ことを言って、バラバラな感じを与えていることや、マスコミが
やたらに小沢幹事長の影響力を強調していることが、尚更に、
鳩山首相が、いかにもリーダーシップがないかのような印象を
与える要因になっているのではないかと懸念している。(-"-)

<『民主、社民、国民新3党の連立政権の枠組みを「評価しない」
は64%で、民主が社民や国民新に振り回される事態に不満が
高いようだ』というのも、おのあらわれの一つだろう。^^;>

* * * * *

 今週の24日で、鳩山政権が発足して100日となり、いわば
ハネムーン期間が過ぎることになる。
 となると、これまでは、大きな心で見守っていた国民やマスコミ
なども、だんだん厳しい目で、鳩山政権を見るようになるだろう。
<mewも、ここまではガマンするとこもあったけど。そろそろ、
ブ~ブ~言うようになるかも?(^^ゞ>

 近時で言えば、森、安倍、福田、麻生の4人の元首相は、やはり
就任3ヶ月を過ぎた頃には、当初より20%前後、支持率が落ちて
いるのだけど。4人とも、わずか1年の短期政権で終わっている。^^;
 それを考えると、鳩山政権も、ここからが、め~っちゃ大きな
正念場になると言えよう。(**)

<追記 近時の内閣の発足4ヶ月の支持率のグラフつき記事・コチラ

* * * * * 

 鳩山首相や岡田外務大臣は、色々な閣僚の意見がオープンに
なった方が、民主主義や政治主導の精神に資すると言ったりして
いるのだけど。^^;

 もちろん、自民党政権の頃のように、いわゆる密室政治や、
陰で官僚がアレコレ決めてしまう政治はのあり方は好ましくない
とは思うものの。ある程度、事前に協議して、方向性ぐらいは
合わせておかないと、国民が安心して国政を任せられないところ
もあるし。
 
 今後、まずは、国民新党や社民党も含めて、特に閣僚の人たち
は、自分たちが鳩山内閣の一員であることを自覚して、もう少し
みんなで鳩山首相を支えて行こうとする姿勢を持って欲しいと
思うし。<小沢幹事長もね。(・・)>
 
 そして、鳩山首相も、せめて国民から支持のある政策に関しては、
もうチョット自信を持って、パキパキと進めて行って欲しいな~と。
 来年度に向けて、まず、それが大きな課題になるのではないかと
思うmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内、崖っぷち。^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑政治TOP10陥落。(ノ_-。) 押し上げを、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/11815336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from はまかぜマリンワールドの.. at 2009-12-21 08:58
タイトル : 下がり続ける内閣支持率
鳩山内閣が発足してから、わずか3ヶ月ですが、支持率が下落してついに5割台に落ち込みました。最初のころはまだ7割近くあったのに、わずか数ヶ月で2割近くも落ち込んでいるのですねぇ。この状態で大丈夫なんでしょうか。 主な原因は、「リーダーシップがなさ過ぎる」といったことのようで、本当にこの状態でやっていけるのか、私としてもかなり不安があります。またこの支持率の調査は、各テレビ局がやっていて、日付も違うので一部は5割を下回っているのもあるそうですね。不支持率は急増し、このままでは存続等も危ないのかな、そ...... more
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2009-12-21 15:59
タイトル : 政治とは選挙だと言う人に国を任せられるか?
 家庭の事情でブログの更新が遅れていましたが、今とても気になっている報道を取り上げて見ました。公約修正、小沢氏主導…「内閣一元化」形だけ  民主党は、16日に鳩山首相に提出した2010年度予算への重点要望の中で、衆院選政権公約の見直しに踏み切った。報道された要望の内容は・暫定税率の維持 ガソリン価格高騰のときはこの廃止は国民受けしましたが、ガソリン価格化落ち着いた今、これを廃止して環境税を導入すれば、参院選に不利になるからです。・子ども手当に所得制限を導入 金持ちに手当てを出しても集票効果はないのでそ...... more
Tracked from 今日のYahoo!ニュー.. at 2009-12-21 17:31
タイトル : 普天間越年「評価せず」51%…読売調査、(クラブW杯、有..
沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題の年内決着断念を受けて、読売新聞社が18~19日に実施した緊急全国世論調査(電話方式)で、鳩山内閣の支持率は55%となり、前回調査(4~6日)から4ポイント下がった。 不支持率は33%(前回29%)だった。年内決着断念の..... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-12-21 23:44
タイトル : 誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた
本ブログで指摘し続けてきた小沢氏の誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた。 この問題は小さな問題ではない。... more
Tracked from ガラス瓶に手紙を入れて at 2009-12-22 12:54
タイトル : 一阿の 「普通の気持ち」 1
※管理人〔しーたろう〕から皆さまへのご連絡※12月15日の天皇陛下と中国副主席とのいわゆる「特例会見」の件、遠藤健太郎オフィシャルブログさま「外務省『抗議してほしい』」によりますと、なんと、外務省側があからさまに「抗議して下さい」とおっしゃっているというので、下の記事に文例と書簡・FAXの送付先をアップしております。よろしければご参照ください。  〔しーたろう〕... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-12-25 21:09
タイトル : 年越しシェルター
世はクリスマスと浮かれていたがそれも終わり、あと1週間で新しい年になる。 東京では年末年始に求職者に対して、緊急的に宿泊先や食事を用意する「シェルター」を設置する。 12月28日の午後から、2010年1月4日朝までの8日間設置される。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-12-27 02:17
タイトル : 「twitter社会論」を読み終えました
私は何だか訳のわからない怪物につかまった。 その名はtwitter。 津田大介さんの「twitter社会論」を読み終えました。 私のこの怪物に捕まられた状況を感想文としてそのtwitterで「tsudaって」みます。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-12-27 19:04
タイトル : まんがで読破「堕落論 白痴」を読んだ
このまんがで読破シリーズである種の感慨を持って読んだのが坂口安吾の「堕落論」だ。 戦争についてこれだけ我々の世代は真摯に受け止められない。 やはり親の世代のものだ。 しかしこういう文学の形で戦争は後世に伝わって行く。 こういう作品を我々は大事に読み続けなければならないと思う。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-12-28 22:31
タイトル : 斜陽 -まんがで読破- 太宰治 を読んだ。
ローザ・ルクセンブルグの「経済学入門」が出てきたのには驚いた。 斜陽は当時交際していた太田静子の日記がほとんどそのまま書き写されたものであることが、娘・太田治子によって明かされた... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-12-28 23:00
タイトル : 年末年始の音楽番組の紹介
年末年始の音楽番組の紹介です。 BS 1・2・3の番組です。 マイケルジャクソンとビートルズがお勧めです。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2009-12-30 12:59
タイトル : IT業界重大ニュース2009 一位はtwitter
j-waveというFMのチャンネルで11月29日夜「IT業界重大ニュース2009」の発表があり先日twitterで書評を書いた「twitters社会論」の著者である津田大介さんが出演して発表した。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-03 02:25
タイトル : 石原に代わる都知事候補は誰がいいでしょう?
ンポジウム・新しい東京 福祉・環境都市を目指して —石原都政への対抗軸—... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-06 00:47
タイトル : 梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ
梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ 著者の『ウェブ進化論』と『ウェブ時代をゆく』は福沢諭吉の『西洋事情』と『学問のすすめ』の関係であるという。 『ウェブ進化論』は ウェブの紹介本という趣があったが『ウェブ時代をゆく』は 若者への生き方のガイドという趣がある。 どちらが名著かわからないが福沢諭吉の場合は後者だろう。 梅田望夫氏の場合はこれからの読者が決めるだろうがこの本の方が残るかもしれないと思う。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-06 01:05
タイトル : 梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ
梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ 著者の『ウェブ進化論』と『ウェブ時代をゆく』は福沢諭吉の『西洋事情』と『学問のすすめ』の関係であるという。 『ウェブ進化論』は ウェブの紹介本という趣があったが『ウェブ時代をゆく』は 若者への生き方のガイドという趣がある。 どちらが名著かわからないが福沢諭吉の場合は後者だろう。 梅田望夫氏の場合はこれからの読者が決めるだろうがこの本の方が残るかもしれないと思う。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-07 23:54
タイトル : Twitterの社会論1
私はTwitterに今すごく意味合いを感じているので今後何回か記事を書きます。 まずこのニュースから http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100105_340504.html 鳩山由紀夫首相は1日、ミニブログサービス「Twitter」の利用を開始した。アカウントは「@hatoyamayukio」。合わせて、ブログ「鳩cafe」も開設した。 Twitterに投稿するメッセージは、鳩山首相がスタッフの意見を聞きつつ、基本的に自身が執筆している。 ...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-10 02:30
タイトル : ドラマ「咲くやこの花」に期待
今夜7時のニュースの後テレビを付けっぱなしにしていたら「咲くやこの花」という番組が始まり私は藤原定家ですとナレーターが語り始めたので、それまでパソコンに向かっていたがソファーに座り直してじっくり見てしまった。 百人一首をテーマにした初めての時代劇だそうだ。 10回あるようなのでなるべく観ようと思います。... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-11 00:39
タイトル : まんがで読破「蟹工船」を読んだ
まんがで読破「蟹工船」を読んだ ラストシーンは二度目のストライキが成功する。 原作はそうだったと思うのでこれは原作に忠実ということになる。 二回の映画と白樺文学館作漫画の漫画は「僕らは立ち上がったもう一度!」で終わっていると思う。 最後には蟹工船の主任監督浅川までもが首になるという終わり方がなかなか暗示的で現代的だと思った ところで 蟹工船ブームには去年訪問した我孫子市の白樺文学館のこの漫画が果たした役割が大きいようだ。 志賀直哉は 「一番念入ってよく書けていると思ひ、描写の生々と新しい点感...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-11 00:42
タイトル : まんがで読破「蟹工船」を読んだ
まんがで読破「蟹工船」を読んだ ラストシーンは二度目のストライキが成功する。 原作はそうだったと思うのでこれは原作に忠実ということになる。 二回の映画と白樺文学館作漫画の漫画は「僕らは立ち上がったもう一度!」で終わっていると思う。 最後には蟹工船の主任監督浅川までもが首になるという終わり方がなかなか暗示的で現代的だと思った ところで 蟹工船ブームには去年訪問した我孫子市の白樺文学館のこの漫画が果たした役割が大きいようだ。 志賀直哉は 「一番念入ってよく書けていると思ひ、描写の生々と新しい点感...... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-14 00:26
タイトル : 現代短歌研究会のご案内(ミューズへの挑発)
以下のように新しいテキストでの勉強会を始めます。 奮ってご参加ください。              記 1. テキスト ミューズへの挑発_現代短歌・七歌人論 (単行本) 檜葉 奈穂 (著) 2. 日時 2010念1月から7月まで 第一回 2010年1月28日(木)辰巳泰子 報告者 大津留公彦 第二回 2010年2月26日(金)俵万智  報告者 藤田喜佐代 3. 場所 <a href... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-17 02:16
タイトル : 名護市長選挙で稲嶺さんを勝利させキャンプシュワブ沿岸案を..
1月15日の朝日新聞に宜野湾市の宮城武雄さんの短歌が紹介されていたので紹介します。 なかなか短歌の説得力を歴史ととも紹介したいい記事だと思います。 墓地接収解除願えども 米民政官声荒げて 「no」の一声 (1955の解除要求時に)... more
Tracked from 大津留公彦のブログ2 at 2010-01-18 00:42
タイトル : 大震災15周年特集ドラマ「その街のこども」を観た
不思議なドラマだった。 どこまでが震災当時10歳で地震を経験した森山未來と13歳だった佐藤江梨子の実話かわからない。 会話などはおそらく事実なのだとおもった。 それくらいリアリティがあった。 震災の経験者である二人にしかできないドラマだったのだろう。 佐藤江梨子は最近、ナチス強制収容所での体験を綴った「夜と霧」を読みなし、「いい人が先に死んでしまった」という言葉にいろいろ思い出したという。 震災で亡くなった友達の「ぼろぼろになったおっちゃん」と合いベランダのおっちゃんと手を降り合うシーンでは涙が...... more
by mew-run7 | 2009-12-21 07:27 | 民主党、民進党に関して | Trackback(21)