ゴルバチョフの提言+大使呼びつけぐらいでビビるな!

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  今年は、ベルリンの壁が崩壊して20周年に当たる年で。
 mewも、おそらく世界中の多くの人たちも、イデオロギーに
固執して、世界中が対立することの愚かさ&過ちを省みたのでは
ないかと思うのだけど。

 東西冷戦が終結する最大の立役者のひとりが、旧・ソ連の
ゴルバチョフ元大統領であったことは間違いない!(**)

 冷静で超・賢い彼は<賢さがおでこにあらわれているという
感じ>mewの好みの政治家のひとりでもあるのだが・・・。

 そのゴルビーが、今月、日本に来日していた。(・・)

 7日には、首相官邸を訪れて、鳩山首相とも会談。<ロシアは
お任せの鈴木宗男氏がしっかり同席。>
 貴重なアドバイスを送っていた。

『ゴルバチョフ氏が「これから批判される時だが耐えてくだ
さい」と話しかけると、首相は「もう批判されています」と苦笑い。
ゴルバチョフ氏は「それが当たり前で、批判に耐えていくのが
指導者の務めです」と激励した。<毎日新聞8日>』

* * * * *

 そして、ゴルバチョフ氏は、日米関係や普天間基地の移設の問題
に関して、このように提言していた。

『◆冷戦後の基地再考を/県民7割の反対重い

 米軍普天間飛行場の移設問題は、政府が移設先決定を延期した。
決定時期は5月ともされるが、一連の問題をどうみるか。明治大学
の招聘(しょうへい)で来日した旧ソ連大統領のミハイル・ゴル
バチョフ氏(78)は本紙の質問状に対し、回答を寄せ、今後の
日米関係についても提言した。

 《米軍普天間飛行場移設問題をどうみているか。本紙世論調査
では辺野古移設に7割近い反対がある》

 「私は今、政府のいかなる機関にも属しておらず、“私人”と
しての立場で申し上げる。7割近い県民が『ノー』を表明している
事実は重い。両政府は、これを重く受け止めなければならない。
政府がチェンジしたということは、政策もチェンジするということ
だ。両政府は認識しなければならない。鳩山政府は政治主導と
言っている。官僚のイニシアチブ、情報に振り回されないことだ」

 《この問題に日米はどう対応すべきか》

 「米国がもたらすものと、日本が米国にもたらすものと、そんな
に差があるとは思えない。同等のようにも感じる。早急に結論を出し、
孫の代までマイナスを引きずってはならない。外交に独り勝ちはない。
お互い論議を尽くし、着地点を見いだすことだ」

 《このような問題に直面した場合、どのような解決手法を探るか》

 「とにかく政府間で話し合い、官僚任せにしないことだ。政治は
民意を大義とする。現在は多極化の時代だ。米国も日本を必要として
いる。日本国民を、ここでは沖縄県民が第一義だが、大切にすること
が米国の利益にかなうことを説得しなければならない。もちろん県民
も鳩山政府を支えることを忘れてはならない」

 《日米関係に亀裂が入るといった懸念も出ている》

 「冷戦が終結して20年。在日米軍の巨大な基地の持つ意味を日米
双方で真摯(しんし)に話し合わなければならない。前政権下で
果たして、このような議論が行われてきたのか。官僚にとって『これ
まで通りに』のシナリオは気楽な仕事だ。彼らはノウハウがあり、
言葉の使い方が巧みだ。正義を斜めに解釈させるくらいの頭を持って
いる。政治の力と国民の後押しが、だから不可欠だ」

 《現在、あらゆる局面で外交交渉の難しさが露呈している》

 「外交とは国家の主権のぶつかり合いだ。一方だけの勝ちはない。
オバマ大統領はクレバーな(頭のいい)人物だから、そのことをよく
理解しているはずだ。ところで北朝鮮の拉致問題は国家と個人の両方
の主権侵害で極めて重大だ。北朝鮮は今、米国に主権(現体制)の
保証を求めている。日本は米国と対等なパートナーであるから、米国
の具体的な行動を促すべきだ」

 《沖縄側としては、どう問題に臨めば良いか》

 「県民はホワイトハウスにメッセージを送るべきだ。政権は
チェンジした。これまでのロビイストに頼っていては駄目だ。従来の
ロビイストが従来の言葉をチェンジするはずがない。もちろん民主党
政権がオバマ政権に新しい人脈を構築するのは当たり前のことだ」
<琉球新報21日>』

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 昨日、クリントン米国務長官が、藤崎駐米日本大使を呼んだという
ニュースが流れて、一部のメディアや政治家は、「そりゃ~、大変
だ~」と、もう日本には後がないかのような、大騒ぎをしている
感じがあって。^^;

 しかも、藤崎大使も、面会後、すぐにマイクの前に立って
ビクビクっぽい感じで「異例なことです」と語ってみせたり
していたのだけど・・・。(@@)

 この日は米国は雪のために公務がお休みになったので、時間が
できた米国務長官が、藤崎大使を呼んだというだけのこと。

 まあ、確かに、よほど重要な用事がないと、一国の大使が国務
長官室に、急に呼ばれることはないとは思うけど。
 本当に、重要なことであれば、日本の外務大臣に電話をして
来ることだろう。(・・) 
<も~っと重大な感じだったら、日本の外務大臣を米国に呼び
つけちゃうかも?^^;>

* * * * *

 mewは、あの呼び出しの背景には、米国側や、日本の外務省
などのパフォーマンスの意図も込みだったのではないかと思って
しまう部分もある。(**)

<知人は、「日本の政治家か外務省が、クリントンに頼んで
呼び出してもらったのではないか」と憶測していたけど。
そこまでは、ないかな~と思うけど。>

 オバマ大統領は、今、支持率がかなり落ちていて、調査に
よっては、50%を割っている。
 その要因としては、米国の景気回復が遅れていること、社会
保険の導入を行なおうとしていることが大きいのだけど。
 共和党&保守層が、オバマ大統領が、ブッシュ政権に比べて、
安保政策に力を入れていないこと、強い発言や行動がないこと
に、かなりイラ立ちを示しているという報道もあった。

 日本は、何でも言うことをきく飼い犬みたいに思っている
共和党の政治家やブッシュ政権支持者から見れば、普天間
移設問題で、日本に反抗(?)されるなんていうのは、
アンビリバボ~な、あまりにも情けないことだろうし。
「今さら、日本の意見なんて、きくことはない。早く決着を
つけろ!」と、周囲から、かなりうるさく言われているであろう
ことは、察しがつく。(ーー)

 もちろん、クリントン国務長官にとっても、他にもアレコレ
国際的に重要な問題を抱えている中、日本との間で、普天間移設
の件が長引くのは、想定外のことだっただろうし。かも知れず。
早めに決着をつけたいという思いもあるだろう。(・・)

 また日本政府の中で、これまで米国べったりで来た外務省、
防衛省の役人も、何とかこのまま米国との合意通り、話を進め
て欲しいと願いながら、ハラハラ・ドキドキの日々を送って
いることだろう。<藤崎大使も、そのひとりだと考えていいの
では?>

 それゆえ、クリントン国務大臣が、藤崎大使をあえて
呼びつけることで、米国内向けには、オバマ政権も日本には、
強い態度をとっているのだと見せ付けているのだ。
 また、日本向けには、「これは異例なことなのだ」とアピール
することで、鳩山内閣にプレッシャーをかけようとしているので
はないだろうか?(@@)

* * * * *

 でも、ゴルバチョフ氏も言っていたように、この件は官僚任せ
ではなくて、国民の代表である政府の政治家同士が、正面から
きちんと話し合うべきだし。
 そして、日本&地域の主権者である国民や県民の声をもっと、
米国にも届けるべきなのではないだろうか?(・・)

 沖縄県や基地問題に関わっていない日本の国民は、どうしても
この件を遠巻きに見てしまうところがあるのだけど。
 それでも世論調査を見ると、普天間移設は合意通りに行なうべき
だという人は2~3割しかおらず。
 これが、日米同盟のあり方を変えたり、沖縄の基地負担を大きく
減らしたりする最初の&もしかしたら最後or当分来ないチャンスで
あることが、わかっている人も多いのではないかと思う。

 だから、ここは、国民がしっかりと後押しをいて、鳩山内閣に
じっくりと解決策を考える時間を与えたいと思うmewなの
であった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内、崖っぷち。^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑政治TOP10陥落。(ノ_-。) 押し上げを、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/11828843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 雑感 at 2009-12-23 21:19
タイトル : 産経は、何故に核密約を書けないのか
 今まで核密約に関し産経は一貫して 日本に核を保持をすることに正当性を持たせようとしてきた ように思える。 そのためには、 有事だと騒ぐ必要 があり、また 近隣諸国も核の保有を願っているようだ としなければならない。 つい先日(20日)にも、下記のような記事を書いている。 __________________________________________________________ http://sankei.jp.msn.com/world/korea/091220/kor091220191...... more
Tracked from 情報流通促進計画 by .. at 2009-12-23 22:37
タイトル : 普天間移設で米国務長官が現行案受け入れ要請のため大使を呼..
 毎日新聞が昨日(2009年12月22日)の夕刊一面で、【クリントン米国務長官は21日、国務省に藤崎一郎駐米大使を急きょ呼び、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する考えを伝えた。クリントン氏は日米合意計画が望ましいとの米側の立場に変わりがないことを改めて強調し、両国関係に深刻な影響を及ぼさないよう早期の受け入れを促した】という記事を掲載した(http://mainichi.jp/select/world/news/20091222k0000e030014000c.html)。【大使を突然...... more
Tracked from 情報流通促進計画 by .. at 2009-12-23 22:38
タイトル : ほらね、やっぱり、国務長官が大使を呼び出したんじゃなかっ..
 【普天間移設問題をめぐり、藤崎駐米大使が21日にアメリカのクリントン国務長官に呼ばれ、会談したと話しましたが、これについてアメリカ側は、「大使は呼ばれたのではなく、国務省に立ち寄った」と説明しました。】とTBSが伝えている(http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4315547.html)。前の記事「普天間移設で米国務長官が現行案受け入れ要請のため大使を呼んだというが、違うでしょう(^^) 」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-20...... more
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2009-12-24 07:44
タイトル : 行政改革以外は期待されていない鳩山政権
 朝日新聞の世論調査結果 と私の感想です。・政権交代は良かった 72% 良くなかった 16% 世論調査の項目に上がってないが政治主導の行政改革への期待が最大の理由でしょう。・民主政権 期待の方が大きい 44% 不安の方が大きい 45% 期待は政治主導の行政改革と無駄の削減、不安は景気・雇用対策と外交・防衛、年金・医療でしょう。・景気・雇用 期待 20% 期待してない 75%  これは何度も書きますが米国発の深刻な経済情勢(これは勿論鳩山政権の責任ではありませんが)に対して、殆ど無策と言って良...... more
Tracked from イマの話題~ニュース at 2010-01-02 10:03
タイトル : 第86回 箱根駅伝 スタート
第86回東京箱根間往復大学駅伝競走 (箱根駅伝=関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は2日午前8時、東京・大手町の読売新聞社前をスタートしました。... more
by mew-run7 | 2009-12-23 15:08 | Trackback(5)