元旦の小沢報道&年末の前原、鳩山報道で、検察他の情報リークの問題を考える

 昨日は、3年+αぶりに、記事の更新をお休みしました。
 ブログを訪れて下さった方々には、すみませんでした。m(__)m

 ただ、これで、気が楽になったところもあるです。・・・で、結局
のところ、心軽やかに、ほぼ毎日、更新しそうな予感も。(^^ゞ 

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  この年末年始の報道を見ていて、「はぁ・・・(-"-)」とため息
をついてしまうことが何度もあった。

 特に1月1日に、複数の新聞が、一面に小沢一郎氏の土地購入
疑惑の記事を載せていたことには、辟易とさせられるところが
あった。<「今年も、初っ端からこのパターンかよ~」という
感じ?(ーー゛)>

『土地取引「小沢氏の指示」 石川議員、地検聴取に証言

小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年
に取得した土地をめぐる問題で、当時の陸山会の事務担当者で
元秘書の石川知裕衆院議員(36)=同党、北海道11区=が
東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、土地取引は小沢氏の
指示で始まり、購入原資の約4億円が小沢氏の資金だったと
認めていたことが、関係者の話でわかった。約4億円は、長年の
政治活動で得た資金の可能性があるという。

 石川氏は関係者に対し、取引を進める中で「小沢氏と直接、
電話やメモでやりとりすることもあった」と証言しているという。
特捜部も、石川氏の再聴取などで、小沢氏が不明朗な資金操作に
ついてどこまで認識していたかを調べる見通しだ。また、購入
資金などで小沢氏しか分からない事情があるため、小沢氏を任意
で聴取する必要があるか、慎重に検討するとみられる。
<朝日新聞1日より>』

* * * * *

 昨春に、小沢氏が西松建設の件で騒がれるようになってから、
もうすぐ1年になるのだけど。
 その間、ずっと、東京地検が捜査情報をリークして、メディア
がそれを、ろくに裏づけもとらず「関係者の話」として、次々と
報じるケースが続いているわけで。
 今年も、また同じパターンを繰り返すのかと思うと、「こんな
ことでいいのだろうか?」と、呆れてしまうと同時に、嘆かわしく
さえ思えるところがある。(ーー)

 この供述の件にしても、石川議員が、東京地検の任意の聴取を
受けたのは、確か、去年の12月27日だったのだけど。
 それから、連日のように、チョコチョコと情報がリークされて
いて。上記の話は、わざわざ元旦の新聞に各社が一斉に載せる
ように図られた感じもあるだけに、尚更、ため息も深くなって
しまうのだ。(-"-)

* * * * *

 以前から書いているように、mewは、検察官の大部分は、
正義感を抱いて、国民のために懸命に働いていると思っているし。
 政治家に関しても、本当に問題があるのであれば、きちんと
捜査をして、立件して欲しいと考えている。(**)

 でも、もし違法性のある「政治とカネ」の問題を捜査をする
からには、政党を問わず、公平に行なって欲しいものだが。
 残念ながら、小沢側近&告発のあった二階俊博氏の問題を
除いては、自民党側の政治家に関しては、スル~の状況にある。
 
 しかも、この土地購入資金の件は、04年~05年の事案で、
以前からは疑問を呈する声があり、既に07年には、小沢氏が
事情説明のために、記者会見を開いたことがあるものだ。(・・)

 おそらく検察側は、鳩山氏の件も含め、告発or新たな証言が
あったとか、時効が迫っているとか言うのだろうけど。^^;
 何だか特に小沢氏や民主党側をターゲットにして、過去の件を
洗い出して<蒸し返して?>でも、扱おうとしているのでは
ないかという疑念が生じたとしても不思議はない。(@@)

* * * * *

 それでも、もし検察が違法性がある行為が存在したと考えた
なら、それを捜査をすることは、妥当なことだとしよう。

 mewには、小沢氏の件にかかわらず、検察が捜査を行なって
いる事案に関して、そこで得た情報を<任意の聴取の供述も含め>
次々とメディアにリークし続けて、各社がそれを報道していること
に大きな問題性を感じている。裁判員制度が始まったことを
考えれば、尚更だろう。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 リークされた情報を、そのまま報じ続けるメディアもメディア
だと思うけど。検察の情報に疑問を投げかけたり、そのまま報道
しないところは、その後、情報を得られなくなったり、会合から
排除されたりするという話もあるので、彼らも難しい立場にいる
のかも知れない。^^;

 ただ、小沢氏には豪腕&ダーティなイメージがあるだけに、
これらの情報を報じた方が面白いし、受け手にも興味を持って
もらえると考えているメディアも少なくないことだろう。(・・)

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 東京地検特捜部は、西松建設&小沢秘書の公判でも、起訴事実
とは直接関係がないのに、小沢氏がいかに東北地方で建設工事の
受注に大きな権限を持っていたか<天の声とか?>をアピールして
いるところがあった。(ーー゛)

 このような情報は、小沢氏や民主党のイメージ・ダウンに
つながったり、彼らの政治的な立場に打撃を与えるおそれが
大きいものであることは否定できない。

 それゆえに、これまで検察は、政治家に対する捜査やその
情報リークは、かなり慎重に行なって来たのであるが。
 小沢氏の場合、あえて衆参の選挙の前に、あることないこと
or小さなことを大げさな形でリーク&報道されるケースが続いて
いるわけで・・・。
 もし検察側に、情報リークによって、小沢氏や民主党に何らか
のダメージを与えようとする思惑や意図が少しでもあるとすれば、
それこそ問題視されるべきことだろう。(ーー゛)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 年末に見た報道で「あちゃ~」と思ったのは、前原国交大臣の
発言に関するものだった。(>_<)

『【ワシントン時事】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設
計画に関し、前原誠司沖縄・北方担当相が12月9日に都内で
ルース駐日米大使と会談し、米側に受け入れ可能な代案が5月まで
にまとまらなかった場合、社民党と国民新党との連立を解消して
でもキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する
現行計画を進める用意があると伝えていたことが31日までに
分かった。ワシントンに報告された情報として、米政府筋が
明らかにした。<中略>

 米国と代案で合意できなかった場合、両党が現行計画に反対
したとしても、予算案と関連法案の成立後、5月の大型連休明け
ごろに「連立を解消することも可能だ」と表明。最終的には現行
計画を受け入れることになるとの見方を示したという。 
 前原氏はさらに、岡田外相が近く訪米し、普天間問題に関する
政府の方針を米政府に正式に伝えるとの見通しにも触れた。日米
外相会談の開催に関し、国務省のケリー報道官は「協議中だが
具体的日時は設定されていない」としている。
 一方、前原氏は時事通信の取材に対し、「そんなことは言って
いない」と否定した。<時事通信12月31日より・全文*1>

 これは、米政府筋からのリークのようなのだが・・・。

 まあ、前原大臣は、否定しているようなのだけど。何分にも、
前原くんは、いかにもこういうことを言いそうなので、mewも
もろに、信じそうになっちゃったりして。^_^;?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 これに対して、早速、社民党や国新党からは批判の声が出て
いる。

『社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は取材に対し、
「前原氏が否定しているので発言はなかったと信じたいが、事実
とすれば大変失礼な話だ」と不快感を表明。前原氏が「代案が
見つかる可能性はゼロに近い」と発言していたことに触れ、
「新たな移設先探しは内閣を挙げてやることだ。閣僚全員の責任
だ」とクギを刺した。
 同党の重野安正幹事長も「閣僚としてあるまじき、感情的な
発言だ」と批判。「閣僚は内閣で決まった方針の中で全力を尽くす
ことが任務だ。それぐらいの常識は持ってほしい」と語った。
 国民新党の下地幹郎政調会長は「(移設先をめぐる議論を)ゼロ
から出発させようというときに、断定的な発言は決してよくない。
今は連立のきずなを大事にすべきだ」と指摘した。
<時事通信31日より>

* * * * *

 政府&民社国3党は、先月28日に「沖縄基地問題検討委員会」
を立ち上げて、5月までに、普天間基地の移設先について、議論&
判断することになっている。

 それが始まったばかりのところで、このような報道が出た背景
には、やはり様々な思惑が絡んでいると思っていいだろう。(・・)

 米国や民主党の一部、日米同盟・命の保守系の政治家やメディア
にとっては、社民党が連立政権に加わっているのをジャマだろうし、
彼らが政権から離れることを期待している人が少なくないだろう。
<野党にとっては、ここで3党が対立したり、連立が崩れたりして、
政権が不安定になる方が都合がいい。>

* * * * *

 同じようなタイプの報道としては、29日に、複数の新聞が
伝えた米ワシントンポストに関する話がある。

『同紙は、普天間問題で、鳩山首相はオバマ米大統領に会談と親書
で2回にわたって「私を信頼してほしい」などと伝え、年内の解決
を約束したにもかかわらず、今月中旬に結論の先送りを伝達したと
解説。その後、クリントン米国務長官の発言について不正確な情報
を公にし、クリントン長官が藤崎一郎駐米大使を直接呼び出す事態
になったとした。<NIKKEI29日より>

 一般に、よほど公表すべきいい内容でない限り、首脳間での
親書の内容はもちろん、親書が出されたかどうかも公にされる
ことがないのだが。<鳩山首相も、会見で、この親書の件に
関するコメントを控えていた。>

 昨年もアチコチに書いたように、普天間基地の移設問題に
ついて、鳩山内閣が、すぐに合意通りに計画を進めようとしない
ことに、米政府や日本政府(米国は国務&国防省、日本は外務&
防衛省)の一部のスタッフが、かなり怒っているようで。
 報道陣に対して、あることないことor小さなことも大げさに
リークする形で、鳩山内閣に圧力や揺さぶりをかけて来ていて。

 その一環として、日本でも米国でも、真偽不明の情報リーク&
それに基づく報道記事が飛び交っているのである。(ーー)

<岡田大臣が否定した「ルース激怒」報道や、米国務省が否定
した「藤崎大使の呼び出し」報道もしかり。>

 それゆえ、私たち国民は、これまで以上に、メディアの報道を
そのまま鵜呑みにするのではなくて。 何が本当のことなのか、
その背後に何か思惑や意図は隠されていないのか・・・
 自分なりによ~く考えて、見定めようとする姿勢を持つことが、
大切になるのではないかと、この年末年始に、改めて思わされた
mewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内、崖っぷち。^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑政治TOP10陥落。(ノ_-。) 押し上げを、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 







*1

『【ワシントン時事】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画に関し、前原誠司沖縄・北方担当相が12月9日に都内でルース駐日米大使と会談し、米側に受け入れ可能な代案が5月までにまとまらなかった場合、社民党と国民新党との連立を解消してでもキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画を進める用意があると伝えていたことが31日までに分かった。ワシントンに報告された情報として、米政府筋が明らかにした。
 鳩山由紀夫首相はこれに先立つ4日、社民党に配慮し、新たな移設先の検討を指示、米側の強い反発を招いていた。前原氏の発言には、この軌道修正を図る狙いがあったものとみられる。非公式の場での発言とはいえ、担当閣僚が連立解消の可能性を米側に言及していたことの意味は大きく、波紋を呼ぶのは必至だ。
 同筋によると、前原氏は大使公邸での会談で、前日の8日に鳩山首相、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、平野博文官房長官と前原氏の5人で協議した際、現時点での現行計画受け入れは、「社民党の反対により不可能」との点で一致したと説明した。
 ただ、移設先決定に向け、(1)シュワブ沿岸の環境影響評価(アセスメント)の継続(2)同地への移設関連経費を2010年度予算案の予備費として計上(3)沖縄、米国の双方に受け入れられる代案を模索(4)合意可能な代案が見つからなければ現行計画了承-の方向で進めることで社民、国民新両党を説得する方針になったと述べた。
 その上で、米国と代案で合意できなかった場合、両党が現行計画に反対したとしても、予算案と関連法案の成立後、5月の大型連休明けごろに「連立を解消することも可能だ」と表明。最終的には現行計画を受け入れることになるとの見方を示したという。 
 前原氏はさらに、岡田外相が近く訪米し、普天間問題に関する政府の方針を米政府に正式に伝えるとの見通しにも触れた。日米外相会談の開催に関し、国務省のケリー報道官は「協議中だが具体的日時は設定されていない」としている。
 一方、前原氏は時事通信の取材に対し、「そんなことは言っていない」と否定した。(時事通信2009/12/31 )』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/11892556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2010-01-03 12:08
タイトル : 【参院選】ネガキャンやゴシップ記事に頼る限り宦官ジミンの..
 今年は曜日の配列上、例年以上に正月休みが短かったわけだが、いよいよ、週明けから2010年が本格始動する。  そんな中、穏やかであるべき3が日ですら「下野なう」惨経は性懲りもなく鳩山政権に対するネガキャンを継続している。  今度は、「ポスト鳩山」などと称して、あたかも民主党内で宦官ジミンばりの権力闘争が行われるかのように報じている。  それもこれも惨経が愛して止まない宦官ジミンにおいて、 現職参院議員などの離党者が相次ぎ、今夏の参院選を前に自壊 し始めているからであろう!  そんな中、日本世論調査会...... more
Tracked from らんきーブログ at 2010-01-03 13:18
タイトル : 2010年 らんきーの抱負
なんの為に生きるのか? だれの為に生きるのか? しあわせとは何なのか? そんな素朴な疑問の答えを考え続けること。 それが人生を楽しむコツだと思う、仕事始め(昨日から)の今日この頃に思う事です。 ...... more
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2010-01-04 10:13
タイトル : 何故日本は鳩山流を必要とするのか?
 昨日ネット上で Wall Street Journal の表記の様な、気になる文章を見つけたので、その概略(青字)を紹介します。 タイトルは「Why Japan Needs a 'Hatobama'」 &nbsp; 副題:日本のニューリーダーは実際的な調整なしでは厳しい2010年を迎えるだろう 鳩山さんに対してコテンパンの批判ですが、要所をついていることもあり、是非通読(特に後半部分)されることをお勧めします。なお(黒字)私の意見(緑字)は注記です。 オバマ大統領のように、鳩山首相は法外な経済、外交...... more
Tracked from 誰も通らない裏道 at 2010-01-05 17:20
タイトル : 報道操縦
今年の元旦の新聞というのを今日になってざっと見た。 なるほど噂には聞いていたが、... more
by mew-run7 | 2010-01-03 05:42 | 政治・社会一般 | Trackback(4)