「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

最新の記事

米軍の尻拭いを国民の税金で。..
at 2018-02-25 06:16
調査原票が倉庫に32箱見つか..
at 2018-02-24 08:27
消えたデータ原票を発見&11..
at 2018-02-23 06:20
麻生、市民の集会を「立民党主..
at 2018-02-22 05:02
米が不測事態の準備を促す+青..
at 2018-02-21 02:41
厚労相もデータのデタラメ(捏..
at 2018-02-20 09:05
墜落ヘリに中古部品&ミサイル..
at 2018-02-19 05:45
森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

火器の取得が許されていな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界海最大規模のマヤ文明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
30歳過ぎた小平奈緒選手..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(276)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

靖国訴訟で違憲判断・・・これは憲法&国、国民のあり方の問題だ


いわゆる靖国訴訟において、30日、大阪高裁が、小泉首相の靖国参拝について、
「憲法の政教分離規定に違反する宗教的活動に当たる」として違憲の判断を示した。

 小泉首相は同日の国会答弁の中で、「私は戦没者に対する哀悼の誠をささげるということ
と、二度とあのような戦争を起こしてはならないという気持ちで参拝している。それが憲法
違反であるというのはどういうことか」「理解に苦しむ」と述べていた。また首相も官房
長官も「裁判自体は勝訴だった」と発言していたようだ。

 小泉首相の参拝行為に対する気持ちと、行為の違憲性の問題は別である。しかも、靖国
神社は戦没者全員を祀っている神社ではないことにも留意すべきだ。
 また勝訴したことと、参拝行為の違憲性の問題も別のことである。今回、原告が損害賠償
請求を認められず控訴棄却になったのは、原告たちが信教の自由という人権に対する法的
利益は侵害されていない(首相の参拝によって、原告が靖国神社への信仰を奨励、強制され
たりしたわけではない)という判断に基づくものであって、それは参拝行為の違憲性の判断
とは別の段階で判断されるものなのである。
 これまでの訴訟の中には憲法判断をしなかった判決もあったが、今回はあえて憲法判断
に踏み込み、違憲な行為であると示したことを真摯に受け止める必要があると考える。

 先日、自民党の山崎氏が「首相は年内に参拝する予定がある」とTVで発言したらしい。
もちろん、この件は判決でも学説でも世論でも、まだ見解が大きく分かれている段階では
ある。しかし、野党だけでなく、連立与党を組む公明党も参拝の自粛を求めているし、同じ
自民党の議員やOBの中にも慎重論を唱える者がいる。国民の半数ほども参拝に疑問を抱い
ているようだ。
 小泉首相は今回の判決や周囲の意見なども熟慮した上で、参拝をするかどうか「適切に
判断」して欲しい。
  
  ・・・・・・・・・・・・・・

 靖国神社参拝の問題に関して、近時は、中国、韓国などの近隣諸国の反対や感情への配慮
をメインにして語られることが多い。外交問題に関連づけて扱う人もいる。
 だが、私は以前から、これは基本的には日本の固有の問題であると、日本の憲法に反する
か否か、また主権者たる国民がどうとらえるかの問題であると考えていた。
 近隣諸国の問題は、副次的ななものであるととらえている。

 そして私自身は、首相の靖国神社参拝には反対の立場である。
(できれば、閣僚や国会議員も行かない方がよいと考えているが、今回は首相にしぼって
書いてみたい。)

 <つづきは ↓More をクリック>



何故、反対なのか?
 まず、これは憲法の政教分離規定に抵触し、限りなく違憲に近い行為であると考えている
からである。
 まだ裁判でも学説等でも見解の分かれるところであり、違憲だと決め付けることはでき
ないが、少なくとも憲法上問題がある行為、違憲の疑いがある行為だと受け止められている
ことは間違いないであろう。そして、内閣総理大臣には憲法尊重擁護義務(98条)がある
ことから考えても、できるだけ違憲の疑いのある行為は行なわないようにすべきなのでは
ないかと考える。

 憲法20条2・3項は「いかなる宗教団体も国から特権を受け、または政治上の権力を
行使してはならない。国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはなら
ない」と規定している。
 ここでは憲法論は書かないが、そもそも、この政教分離の規定は、旧憲法下で国家が天皇
を現人神として扱った上、国家と神道が強く結びついて、それが戦争被害を拡大する原因に
なったり、他の宗教を圧迫したりして来たことをふまえて作られたものである。(そして、
靖国神社は、後述するように、まさに国家と神道と戦争の結びつきを象徴するような宗教
施設である。)政教分離違反の議論や訴訟において、神社への参拝が問題になるのも、
そのような背景があるからだ。
 首相等ももちろんだが、私たち国民もこの問題の合憲・違憲性を考える時に、政教分離
規定の制度趣旨についても、十分に考慮した方がいいのではないかと思う。

 また、憲法問題とは別に、靖国神社の成り立ちや理念(文末*1)を考えた時、一人の
日本国民として、自国を代表する首相が参拝することは望ましくないと考えるところがある。
 それは憲法の国民主権や平和主義の理念や精神に反する部分もあるし、国民の平和への
思いや他の宗教を信仰する者の気持ちへの配慮に欠ける行為であるとも思うからだ。

(誤解しないで欲しいのだが、私は靖国神社の存在や理念自体を否定しているわけではない。
靖国神社も信仰や思想の自由がある。また同じような考え方を持つ人も少なからず存在する
し、どちらが正しいか正しくないかを決められるものでもない。だから、靖国神社が一宗教
団体として、自らの理念に基づき、その宗教活動を続けることには何らの異論はない。
ただ、現憲法の下では(仮にその憲法に問題があるという主張があったとしても)、国や
政府(首相を含む)と関わりを持つことは避けるべきだと考える次第である。)

 尚、靖国神社の参拝を反対する者の中には、中国、韓国などの近隣諸国が反対して
いることを第一の理由にあげる者も少なくない。これに対して「それは内政干渉だ。
一国の主権を侵害するものである」と反論し、ナショナリズム(国家主義)と結び
つけるような形で、逆に他国の批判をする者もいる。
 私自身は、仮に近隣諸国が何も言って来なくても、まずは一人の日本国民として参拝に
反対の立場なのだが。確かに、首相の国内での行動について、他国が過度に干渉、批判する
のはいかがなものかと思う面もある。(私見では、これは基本的に自国の問題であり、国民
が批判すべきものなのだ。)
 だが、国際化が進み、日本が外交上また経済的、社会的な面を始め、様々な面において
アジア諸国、とりわけ近隣諸国との交流、協力が重要であることを考えると、できるだけ
彼らの声にも耳を傾けたり、感情を配慮したりすることは必要ではあると考える。(単純な
話、一人の人間として、隣人が嫌がることは、できるだけしない方がいいとも思う面がある)

 そして、A級戦犯の合祀を問題にする人も少なくない。それに対して、A級戦犯は
戦勝国が中心になって行なった一方的かつ不公正な裁判によって判決が下されたもの
で、是認することができないという反論がある。
 私自身は、A級戦犯が合祀されていてもいなくても、参拝には反対の立場なのだが。
 確かにA級か否かに限らず、海外で行なわれた戦犯の裁判や処分も含めて、それが
公正に行なわれたかどうかに関しては疑問を抱く面がある。(きちんと事実確認や証拠
の認定もなく、弁護や反証の機会すらないまま処分されてしまった人もいるときく。)

 ただ、いわゆるA級戦犯と呼ばれる人たちが、当時、日本の政府や軍隊のTOPに
あり、戦争を指揮監督する立場であることを考えると、この戦争に対して何らかの責任が
あったことは否めないであろうとは思う。そして、近隣諸国だけでなく、日本の国民の中
にも違和感を持っている人がいることも事実である。
 靖国神社が、A級戦犯の合祀をした際に、当初は公にしなかったのも、このような国民
感情を考えたからであろう。そのことを考えると、A級戦犯の合祀にこだわる人がいるの
も致し方ないのではないかと思う。


*1 靖国神社の成り立ちや理念について(かなり大まかな説明ですが・・・)

 靖国神社は、もともと明治時代に天皇&その国家を守るために(当時は天皇主権であり、
国家も人民も天皇のものだった)戦って命を捧げた者(英霊)を祀るために作られた国の
施設であった。それゆえ「護国神社」と呼ばれている。
 戦後は新憲法下において、靖国神社は国と離れ、一宗教団体の施設として存在している。
しかし、今でも菊の御紋章を掲げて天皇を奉り、国家のために死んだ者を祀ることに主眼を
置いた宗教活動を行っている。靖国神社に祀られているのは、戦争によって亡くなった人たち
全てではないのだ。あくまでも軍人やその関係者、協力者として国を守るために亡くなった
人たちを主に祀った施設なのである。(戦後も、国を守るために死んだと考えられる合祀者を
選別する作業を政府機関の協力の下に行なっていたようだ。しかも、それは国の遺族年金や
弔慰金の受ける資格とも関連していたという話もある。)原爆、空襲その他で戦争に際して
亡くなった一般市民は祀られていない。
 さらに同神社は、今も尚、配布物や展示施設などで、そのような戦いや命を捧げる行為を
正当化、賛美している面がある。歴史解釈に関しても独自の見解を示しているところがある。

 たとえば、靖国神社のHPの遊就館(展示施設)の案内では、その目的について「一つは
殉国の英霊を慰霊顕彰することであり、一つは近代史の真実を明らかにすることです。近代
国家成立のため、我が国の自存自衛のため、更に世界史的に視れば、皮膚の色とは関係のない
自由で平等な世界を達成するため、避け得なかった多くの戦いがありました。それらの戦いに
尊い命を捧げられたのが英霊であり、その英霊の武勲、御遺徳を顕彰し、英霊が歩まれた近代
史の真実を明らかにするのが遊就館のもつ使命であります。」と記している。

<ちなみに近時HPを全面的に改装し、以前に比べ、全体的にかなり控えめな表現を用いる
ようになったように思う。>
[PR]
by mew-run7 | 2005-10-01 04:57 | 靖国参拝に関して | Trackback(16) | Comments(17)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/1206238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 学説 at 2005-10-02 00:07
タイトル : 学説
全人類の2割にも上 内縁の法律 姑獲鳥の夏(京極夏彦 金風 解説編6 中医臓象学説 靖国訴訟で違憲判断・・・これは [行政法]交告尚史教授 ☆ [行政法]交告尚史教授 ☆ @nifty:NEWS@nifty トラックバック雑記文・05年10 ... more
Tracked from Smenaな日々・裏版 at 2005-10-17 12:07
タイトル : A religious issue, a politic..
今日は私はお休み…なんてお気楽なPCを見ない楽しい日…のはず…なのに、今、こうしてキーボードも叩いてるのは、午前中の歯医者にいくので、いつものように起きて、天気予報が知りたくて、「めざましテレビ」を見ていたら、このニュース…気分が憂鬱になってきた Excite エキサイト : <小泉首相>靖国神社に参拝 就任以来5回目 小泉純一郎首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相参拝は04年1月1日以来で、通算5回目となる。首相参拝には中国、韓国など近隣諸国が強く反発しているため対応が注目さ...... more
Tracked from ブラジルの蝶とテキサスの竜巻 at 2005-10-17 13:46
タイトル : 政教分離の違憲判断は無力なのか
<靖国参拝>支持派勉強会が再開 チルドレンに参加呼びかけ そもそも制度保障である「政教分離原則」についての違憲判断など無力なのではないだろうか。 第20条を「信教の自由」と「政教分離」に分けてみると、 「信教の自由」 第20条 1 「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。」 (前半部分) 2 「何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。」 「政教分離」 第20条 1 「いかなる宗教団体も、国か...... more
Tracked from 徒然閑話 at 2005-10-17 16:52
タイトル :  ・・・すべてが、予定通り何ですか?? 
<小泉首相>靖国神社に昇殿せず参拝 秋季例大祭初日 小泉純一郎首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相参拝は04年1月1日以来で、通算5回目。首相参拝は中国、韓国など近隣諸国が強く批判しているため対応が注目されたが、「年1回参拝」の公約を優先した。ただ本殿には上がらず、一般参拝客と同様に拝殿の前で手を合わせるなど過去の参拝と異なる形式を取り、私的参拝を強調した。 ーーーーーーーー  「公邸を出た首相は午前10時過ぎ、公用車で同神社に到着。一般参拝客と同じ拝殿に進み、一礼し...... more
Tracked from ◆木偶の妄言◆ at 2005-10-18 02:29
タイトル : 小泉首相が靖国参拝にこだわる理由
小泉首相が靖国神社を参拝した。 公人にあたる人物の靖国神社参拝についての僕の考えは、「未来に続く靖国問題」、「靖国参拝の不思議(上)」、「靖国参拝をどうするのか? 」「(補稿)靖国参拝をどうするのか?」などで縷々語ってきたので、繰り返さない。ここでは小泉首相が靖国神社参拝にこだわる理由を考えてみる。 僕はもともと小泉首相自身には靖国参拝に対する思い入れはないのであろうと推測する。 2001年の総裁選で票田である遺族会向けに8月15日の参拝を「公約」。国会答弁で靖国参拝を何度も明言した...... more
Tracked from アッテンボロー at 2005-10-18 22:01
タイトル : 遺族として靖国参拝反対
 実は私の叔父が戦没者である。叔父の魂は靖国にはないというのが親族の多数意見だ。... more
Tracked from FREE SPEECH─.. at 2005-10-18 22:15
タイトル : 「印象の奴隷」になるな〜小泉首相発言を読む
「印象の奴隷」になるな〜首相発言を読む No.1240(2005/10/18/火)から 最も困難な国際問題は、国内事情の対外的表現である場合が多い。 松本重治『上海時代(上)』p51 中公新書、昭和49年10月25日発行 ■首相発言の感想 小泉首相が17日夕方、靖国神社でA級戦犯を参拝した後で話 した内容を、発言内容にあまり編集せず出したと思われる毎日 新聞から引用。随時ぼくの感想を書いておく。 「適切である」と判断した結果だ。今日は例大祭。1年1回参...... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」ダ.. at 2005-10-19 09:39
タイトル : 小泉首相が靖国神社参拝は是?非?
小泉首相が靖国参拝へ 中韓の猛反発必至 あなたは、参拝に賛成?反対? で、その理由は? よく考えてみよう。来年で、任期が切れる首相が、何故参拝しているのかを・・・   本日、靖国神社秋季例大祭に合わせて小泉首相が参拝と報道された。例によって中国と韓国....... more
Tracked from 奄美カンポンLIFE at 2005-10-19 10:44
タイトル : 何故にあなたはそこまで靖国神社にこだわるのか
今朝テレビをつけると、我が国のトップ小泉首相が靖国神社に参拝しているところでした。何故に今、参拝しなくてはいけないのでしょうか。近隣諸国の反発は必至だと思います。反発がどれだけあっても、「何故いけないのか分からない。」とおっしゃる人間の神経が僕には分かりません。 日本は戦争で原爆を投下され、沖縄では地上戦が行われ、多くの都市でも空襲があり、たくさんの尊い何の罪のない人たちが犠牲になりました。でも被害国であると同時に近隣諸国で同等の行為を続け、まともに謝罪さえしていない加害国であることも忘れてはいけな...... more
Tracked from ナガスクジラの夢 at 2005-10-19 22:49
タイトル : 靖国問題
 世界中が注視する中、小泉首相が靖国参拝を敢行した。首相は「今ある日本の平和は我々だけで作ったのはでない。彼ら戦没者の尊い犠牲の元にこの今の平和があることを忘れてはならない。二度と戦争が起こらないよう祈るために参っただけだ。何が悪いのだ。日本人として当然... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」ダ.. at 2005-10-21 09:27
タイトル : 小泉首相は、首相就任前の2001年に知覧特攻祈念会館に赴..
小泉首相の靖国参拝を受けて、内外さまざま取り上げられている。ブログでも、この件に関する記述が多いが、はっきり言って、何も知らない、あるいは新聞やテレビで聞きかじった程度で意見を述べている人があまりに多い。 もちろん、「なるほど」とこちらが学ばせていただい....... more
Tracked from .. at 2005-10-22 13:11
タイトル : 靖国神社参拝は、国家・国民あげての御慰霊を・2
6月14日にも「靖国神社参拝は、国家・国民あげての御慰霊を」と書かせて頂きましたが、「お国のため」と称して、国家の命令によって生命を落とされました方々は、靖国神社をはじめ、各地の護国神社をも含めて、手厚く葬り、祈りを捧げるのが武士(もののふ)の情けではな..... more
Tracked from Johnny style! at 2005-10-27 05:03
タイトル : 靖国問題を考える2
どうせまたそのうち行くんだろうなぁ~と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首... more
Tracked from 世相春秋 at 2005-11-23 00:05
タイトル : 日韓首脳会談・孤立する小泉外交
昨日(11月18日)の夕に、小泉首相はアジア太平洋経済協力機構(APEC) が開催されている、韓国の釜山にて、盧武鉉(ノムヒョン)大統領と、日韓首脳会 談が行われました。 会談と言っても、僅か30分程度の、「通過儀礼」にしか過ぎない、「外交」とは もはや「外交」ではなく、単なる「面談」か「面接」程度の会見に過ぎず、この国 の首脳はこれ程度の、「統治者能力」しかないことが、これで証明されました。 特に、予想されていたことは「小泉首相の靖国参拝問題」が焦点に成りましたが、 彼、小泉首...... more
Tracked from ディープインパクト@まこ.. at 2005-12-21 22:51
タイトル : 小泉首相の靖国参拝は憲法違反だ。
9月30日に大阪地裁で 「小泉首相の靖国神社参拝は憲法違反である」 という判決が出たところだ。 政教分離の原則に反するということだ。 にもかかわらず参拝を強行したのは 行政府のトップとして失格である。 3権分立という言葉を首相は知らないのだろうか? 新聞等では靖国神社には A級戦犯が合祀されているから 問題であるという論調が多い。 それだけではないのだ。 靖国神社に祀られている「英霊」「戦没者」は 明治以降「お国(天皇)のために戦って死んだ者」のみが対象で 東京や大阪の大空襲、広島・長崎の原...... more
Tracked from 松尾光太郎 de 海馬之.. at 2006-06-24 14:37
タイトル : 正義と論理の勝利☆首相の靖国神社参拝に最高裁判決下る
<font size=3> 昨日、平成18年6月23日、一つの最高裁判決が下された。小泉首相の靖国神社参拝の是非が争われている上告審の一つ。それは政教分離を巡る憲法判断を行わず(=首相の靖国神社参拝が公的行為か私的行為かの判断も行わず)、いわば原告には訴訟を争える立場にないとする、いわば「訴訟の入り口論」において原告・上告人の訴えを退けたもの。蓋し、妥当で穏当な判決と私には思われた。 もちろん、「神道は宗教に非ず」「神道は近代主権国家日本の実質的意味の憲法のパーツの一つである...... more
Commented by ex-keita17 at 2005-10-01 22:39
「理解に苦しむ」という発言も理解に苦しみますね。この首相は司法権というものをどのように捉えているのか。。裁判官の存在自体を否定するかのような発言だと思います。

靖国参拝賛成派の中にも他国の批判を受けて止めるのはおかしいといった考え方の人がいますが、それ以前に政教分離の意義を踏まえた参拝行為自体の違憲性についてもっと考えて欲しいなあと思います。

改憲案(特に自民)での政教分離規定の行方についても今後要チェックですね。
Commented by mew-run7 at 2005-10-02 04:59
ex-keita17さん、コメント、有難うございます。

小泉首相は、あまり憲法を尊重擁護する考えはないような気がします。
先日の解散もしかりですし。今回の司法判断もしかりですし。
何か三権分立の概念とかなくて、首相というものををスーパー大統領の
ように思っているのかも知れません。

ちなみに自民党の改正案では、儀礼的なものは除くとして、そこに参拝など
も読み込む予定なのでは、という話をききました。
Commented by あらびあ at 2005-10-08 00:03 x
靖国神社ね。

小泉さんが参拝にこだわる理由は、理解に苦しむ。(笑)
団体から脅されているのか?
根っからのタカ派か?
隣人愛のないことで困ったモンじゃ。

敗戦国なんだから、この辺だけは控えめにして欲しいと願いますね。
Commented by mew-run7 at 2005-10-08 06:51
あらびあさん、コメント有難うございますね。

「敗戦国」なんだから・・・ここがタカ派の方々には、ムッと来るところらしいですよ。
もし勝ってれば、日本はこんな扱いを受けず、こんな社会になるはずも
なかったんだって思っている人も多いらしいですから。

非国民って言われるかも知れないですけど、そういう意味では、日本は
負けてよかった、と思う部分もあるです。
Commented by 羅鰤威 at 2005-10-17 17:08 x
はじめまして
他のトラックバックを見ていると過激な論調ばかりが目立つのでこういった考えを持つ方もいるのだとほっとしています。

違憲かどうかということに関しては個人的にはどちらでもかまわないのですが、靖国神社の掲げる内容を考えればそこに日本の代表クラスが参拝することには疑問を感じますし、近隣諸国に誤解を与えても致し方ないと思います。戦没者に哀悼の意をささげるなら千鳥ケ淵で済むわけですし・・・。
みんななぜ近隣諸国があんなに怒っているのかということに関して冷静に考えてみる必要があると思います。何の理由もなく怒るはずはないですから。
もちろんそれが暴動、破壊、暴力行為にいたってしまうことは許せませんが、参拝に固持するなら彼らの主張に対しても耳を傾け説明をする必要があると思います。

なんだか日本は自ら外交の弱みを作っているような気がしてなりません。
Commented by えど at 2005-10-17 19:27 x
憲法20条の大事な文、一項が抜けてますが憲法論を説かないからですか。
1)信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
憲法20条の趣旨は、首相が私人であろうが公人であろうが、「個人」としてどんな宗教を信仰してもかまわないが、「○○教信仰法案」をつくってはイケナイというものなのである。
あるいは、財務省に入省する為には、○○教の信者でなければならい、
とか、○X教の信者だけ税金を安くするとか
そういう行為をしてはイケナイのであって、公権力に関わるもの全てが無宗教でなければいけないという意味ではないのです。
大阪高裁では違憲判決は出ていません。裁判官が違憲だと個人的に思う、と発言しただけですから。お遍路さんは違憲ですかね。
Commented by mew-run7 at 2005-10-18 16:35
羅鰤威さん、コメント、有難うございます。m(__)m

正直なところ、身近なものと話をする時は、私もかなり熱くなって過激に
批判をすることもあるのですが・・・。(苦笑)
ここでは、できるだけ客観的になって、何でもアタマから「反対」「ダメ」
「許せない」というような感じではなく、それぞれの問題のいい面、悪い面
色々な意見などに考慮しつつ書いていけたらな~と思っております。

小泉首相をはじめ、これから日本の首相になる人にも(一般市民にも)
自分の信念だけに固執することなく、首相として国全体のことを、もう少し
多角的な面から考えて、本当に「適切に判断」して欲しいと思います。
Commented by mew-run7 at 2005-10-18 16:57
えどさん、コメント有難うございます。m(__)m

首相をはじめ、すべての国民に信教の自由が保障されていることは
言うまでもありません。しかし、国は宗教に関わるべきではないというのが
憲法20条の趣旨だと思います。
ひいては、国を代表する首相も特定の宗教と関わるのは、できるだけ
避けた方がいいという意見が出るのでしょう。
「公人」「私人」が問題になるのは、公人=国の機関という部分がある
からなのではないかと思います。
お遍路さんも私人として行くなら、違憲ではないと思いますよ。
(ただ、この問題は、正直なところ、過去の靖国神社と国家の結びつきを
横において、他の宗教と同様に考えることはできない側面があるのでは
ないかと考えています。)

大阪高裁は、違憲判決でなく、違憲の「判断」をしたに過ぎません。
ただ、司法の場でそのような「判断」がなされたということは、考慮に値
すべきことだと考えています。


Commented by レッツら at 2005-11-19 10:38 x
はじめまして。
小泉内閣の支持率が一桁台になるまでというブログを書いています
レッツらと申します。

あちこちのTBをたどってこちらに来させていただきました。
ささっと順番に見させていただいて思ったこと
それは、ほとんど同じ考えであること。
私は文章が下手で、時々前置きを忘れ、もういいかと思って
9条改正反対!と書いていますが、
こちらに書かれているのと同様の考えです。改悪反対です。
靖国問題も細かな点では違う意見かもしれませんが、
A級戦犯合祀されてるからとか他国の干渉だからとか
そういうこと以前の問題として、平和を愛する一庶民の日本人として
軍隊として出兵し、命を落とされた方々が
そういうところで神として祀られることに、日本の問題として
私は反対しています。

長々と書いてしまい申し訳ないです。
つい、意見が似ているものと思って、喜んで書き込んでしまいました。

今後ともお付き合いいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by mew-run7 at 2005-11-20 03:08
レッツらさん、コメント有難うございます。

私もまだざざっとではありますが、ブログを読ませて頂きました。

支持政党とか思想とかそういうこと以前に、一人の国民、一般市民として
自分たちの国や生活を考えて行きたいという視点が、とても近いのでは
ないかと感じました。

一般市民として、平和な国、平穏な生活を守りたいという考え方も同じなので
はないかと思いました。

しかも私は経済に関しては難しいことはよくわからないのですが、レッツらさん
は経済に詳しくいらっしゃるのですね。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
Commented by at 2006-04-19 05:32 x
憲法をわかっていないって、都合のいいように解釈をかえてこねくりまわす政治家ばっかりなんですから・・・・
また、わかってないのは、あなたも一緒。ていうかそれ以前の問題、一国の首相が・・・・・って、一部の批判に反論しただけじゃない?政治家が自分の意見を言ったらいけないという法はない、むしろ主張してそれを国民が選挙で信任、不信任をするのだから反対なら投票しなけらば良いだけです。反論が言論弾圧とは、日本語理解能力に欠けています。(法で縛ったわけでもなんでもないのですから)、総理の言葉に脅迫性もないです。公の場って、公の場で批判されたら公の場で反論しなければならないでしょう。尊重の解釈もおかしいかと・・・反論は自由です。ただ、あの人物がそういう考えはしてないといっているだけですから・・・・
まあ、政治家批判と、小泉擁護してしまいましたが・・・・基本的に独断先行的に見えるあの人は、あまり好きではないです。日本人は総理直接選べないしね。ほかの大勢の当選した政治家の反対を独断的にしていいとはおもいませんから・・・でも、まあ国会通るのですからそれ以上の味方の政治家がいるのかなとも思います。
Commented by at 2006-04-19 05:39 x
ちなみに私は、日本が敗戦国と言われてもむっとしません。だって事実だもん、でも書くということは少なくとも気にはしているのでしょうね。
また、敗戦国でも主張はしてもいいと・・・・だってそれは、日本の共産党や民主党に選挙で負けたから口出すなと言っているようなものですから、主張は自由です。ただそれが、支持されるのか、されないのかというだけです。
Commented by at 2006-04-19 05:49 x
もう一つ、意見判決じゃない。しかし、司法の場って・・・裁判官は、裁判の場で自分の意見いうのは、だめでしょう?それこそ信教の自由に反する。まかり間違って逮捕されかれないのだから・・・。また司法としての違憲判断ですらないです。そういう時は、発議するものですから。あれは、主文にもないので公式に司法がそういう判断をしたと思ってはいけません。さて熱くなって、各論反対をながながと書き込んでしまってすみません。
Commented by mew-run7 at 2006-04-19 15:10
kさん、コメント有難うございます。

先に言えば、裁判官が裁判に出て来ていないことに関して勝手に意見
をいうことはできません。ただ、この裁判では、原告側が首相の参拝の
違憲性を主張して、その立証に努めて来たので、それに対する判断を
付したのだと思います。

少し形は違いますが、合議制で何人かの裁判官が担当する場合、
判決も協議をしたあと、最後は多数決で決まってしまうのですが・・・。
その時に、自分はこの判決には反対だとか、賛成だけど判決とは違う
考えをする部分があるという時に、判決文とは別にそれぞれの裁判官
の意見をつけることもあります。
<つづく>
Commented by mew-run7 at 2006-04-19 15:23
kさんへのつづき

確かに、kさんのおっしゃるように、靖国参拝がよくないと思えば、
内閣が不信任されるとか、選挙で小泉氏が落選させるとか、自民党を
大敗させるとか、そういう形で民意を反映させることが一番いいのだと
思います。
ただ、自民党の多くの議員は、国民的支持の高い小泉氏を敵に回したり
遺族会や支援団体の動きを無視したりする度胸はあまりないでしょう。
前者に関しては、郵政民営化の法案採決やその後の行動でも明らか
だと思います。<反対の人も賛成したり、または反対したもののあとで
誓約書を書いて党の公認をもらったりしていましたから。)

ただ首相は、やはり国を代表する立場ですから、仮に自分の見解を
述べるとしても、それが自分ひとりの意見だとはとらえられないという
ことを認識した上で、発言をして欲しいと思います。

色々な記事を読んでコメントをつけて下さって、有難うございました。
Commented by syoshino_3 at 2006-06-16 03:12
はじめまして。
基本的にほとんど同意見だったので、読みながら何度もモニタの前で首肯してしまいました。

で、気になった点を2点ほど。

極東軍事裁判が不当だという主張の根拠が一つ抜けてますね。しかも、ある意味で一番重要なのが。
法律論の話題になってしまいますが「法律を過去に遡って適用してはいけない」という原則がありますが、A級戦犯が問われた「平和に対する罪」がこの原則に反していると言われています。
個人的には、法律論としてはそうかもしれないけど、なんらかの戦争責任があったと考えるのが妥当だと思いますけど。

あと、kさんから、小泉首相の発言に関して「言論弾圧」うんぬんというコメントがついていますが、個人的な意見を言わせてもらえば、小泉首相の発言は「理解に苦しむ」という言葉がそうであるように、端的である反面、論理性や主張の乏しい空虚なものが多いという印象です。意見や反論にすらなっていないと言ってもいいでしょう。
それが、個人的に小泉首相の最も嫌いなところだったりもします。
Commented by mew-run7 at 2006-06-16 16:52
syoshino_3さん、コメント有難うございます。

はじめまして。

東京裁判には、遡及処罰の問題もあるようですね。
私は東京裁判に関してそう詳しくはないのですが、
やはり戦争犯罪に関する裁判は、どうしても敗戦国
に不利になるところがあるように思います。

ただ、記事にも書きましたが、私自身は靖国参拝の
問題に関しては、A級戦犯が合祀されているか否か
という点は重要視していませんので、近時、A級
戦犯を分祀することによって、靖国参拝を正当化
しようという動きが出ていることには、疑問を
覚えています。分祀によって、近隣諸国があまり
言わなくなり、国民の多くは「それなら参拝して
もいい」と思ってしまうようであれば、問題の本質
からズレた形で話がおさまってしまうことになり、
残念なことです。

小泉首相の発言に関しては、このブログでもさん
ざん書いているのですが。<年頭の記者会見での
理解不能発言や言論人批判などに関しても>
私が一番情けなく思うのは、自分の国の首相が
「憲法」を理解していないことかも知れません。
<次の首相候補も危ないかも?^^;>