人気ブログランキング |

た党は、略称を自主変更せよ+天敵・竹中の著書も「立ち上がれ!日本」

これは、お休み1回のチョット短めの記事です。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

<注・当ブログでは、「たちあがれ日本」の政党名を省略する時
には、「た」党と表記することにします。"^_^">

まず、昨日の「たちあがれ日本」の略称が、「日本」になると
いう話の続きから・・・。

 mewは、前記事で『じゃあ、自主国民党=自民党とか、国民
主権党=民主党とか作って、自民党や民主党から按分で票をとる
のも可能ってことになるのかな?(@@)』と書いたのだけど。
 その答え(?)が、産経新聞に載っていた。

『新党「たちあがれ日本」が、夏の参院選の比例代表で用いる
略称を「日本」と届け出る方針を固めたことが波紋を広げている。
過去3回の国政選挙で略称を「日本」としてきた新党日本は当然、
反発。さらに、公職選挙法に同一呼称を禁ずる規定がなく、論理的
には、今後結成される新党が略称「民主」や「自民」などを名乗る
ことも可能だという。

 「同一の略称は混乱をもたらす。大変憂慮している」。新党
日本の田中康夫代表は14日の記者会見で不快感を表明。さらに、
比例代表票の案分を懸念して、「憲政史上初めて、同一略称で
国政選挙に臨みかねない状況を放置するのか」とする質問状を
総務省に提出したことを明らかにした。

 田中氏は「『本物の民主』とか『まともな民主』という党を
(政党要件を満たすため5人以上の)国会議員が作って、略称
『民主』で届けられるかと総務省に聞いたら、『その通りだ』
という驚くべき見解だった。2党だけの問題ではない」と訴えた。

 民主党参院議員からも「他党と同じ略称を、後発の党が使おう
とするのは常識外れで、法律は想定していなかった」との声が
出ている。<産経新聞14日>』

 しかし、「た」党は、すっかり開き直っている様子。

『一方、「たちあがれ日本」の藤井孝男参院代表は14日の記者
会見で「新党日本と政策は違うが、国を愛する気持ちは同じ」と
強調。園田博之幹事長も都内で記者団に「『日本』という文字を
大事にしたかった。田中氏もそういう趣旨で政党をつくったの
だから、頑張ればいい」と指摘した。<共同通信14日>』

<国を愛する気持ちがどうのって、そういう問題じゃないっしょ。
そもそも、自分たちで他党の略称を使っておいて、「田中氏も
頑張ればいいって、な~に、言ってんだか。(゚Д゚) 思わず、
ぬXXX、たけだけしいって言葉を思い出しちゃった。(~_~;)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 mewも、これは、この2党の問題にとどまらず。まさに、
国民主権に関わる重大な問題なのではないかと思う!(**)

<自分が投票したいと思った政党と、異なる党に票がはいって
しまう可能性があるシステムは、国民の意思の反映させるという
民主主義の一番大事な理念に反するもんね。(-"-)>

 他党と同じ略称を後発の党が使うことは、総務省も想定外の
ことだったと言っていたようだし。
<まあ、あえて既成政党の略称と同じものにしようなんて
トンデモないやつらが出るなんて、思わないもんね~。>
 これは、法の不備だとも言えるので、今後のためにもすぐに
改正すべきだと思うのだけど。

<そうしないと、今後、略称を「自民党」「民主党」とか、自分
がダメージを与えたいと思う政党と同じものにする新党が、続出
しちゃうかもよ。(ーー)>

 ただ、今から法改正しても、おそらく、次の参院選には間に
合わないがあるし。
 法が変わらない限りは、役人的法解釈しかできない総務省は、
自分たちでは、「た」党に略称を変更するようには、言わない
だろう。^^;

<こういうのって、政令や総務大臣の命令とか通達レベルで、
どうにかできないのかな~?
 いざとなれば、裁判で差し止め請求とかは、できないの
だろうか?(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~

 まあ、同じ新党同士が、たまたま略称が重なってしまったと
いうような場合でも、mewは、国民の混乱を防いで、より国民の
意思を羽根井させるために、何とか党名を調整すべきだと思うの
だけど・・・。

 特に新党日本の場合は、既に3回も「日本」という略称で、国政
選挙に出ていて、現に同党の国会議員もいるわけだし。
 もう、この「日本」という略称は、国民の間に定着していると
言ってもいいものではないかと思うのだ。(・・)

 で、「たちあがれ日本」が、それを知りながら、同じ略称を
使おうとすること自体、信義誠実の理念というか、もう政治家
or一般社会人としてモラルや仁義に反するものだと思うし。
<政治家として、あまりに、せこい、えげつない、みっともない、
情けないことだと思うね~。(-_-)>

 本当なら、「た」党は、国民のことを考えて、自主的に他の
略称に変えるのが筋なのではないかと思うのだけど・・・。

 もし「た」党が、変更する気がないようなら、国民&マスコミ、
国会議員たちが「これは、おかしい」「主権者たる国民のことを
考えていない」という疑問や怒りの声をあげて、彼らに略称を
変更させるべきではないのだろうか?(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 尚、未確認の伝聞情報だけど、「た」党は、当初、「たちあがれ」
という略称で届け出ようとしたら、長過ぎるので難しいと言われた
らしい・・・という話を耳にした。

 でも、政治のシロ~トが政党を作ったわけでもあるまいし。
 しかも、すぐに選挙で戦う気で政党を作るなら、最初から、
略称のことまで考えて、政党を作るのが当然のことであって。

<「たちあがれ日本」という政党名をきいた時には、mewだけで
なくて、小泉進次郎くんや、ネットやメディアのアチコチで
略称はどうなるんだって声が上がっていたもんね。(・・)>

 そんなことも考えずに、自分たちの思いやらロマンやらで、
政党名を決めたとしたら、チャンチャラおかしいのである。(ーー)
<自分たちの好きで、長い名前をつけちゃったんだから、「た党」
「たち日」とかにするっきゃないでしょ~。>

* * * * *

 ちなみに、この新党名の「たちあがれ日本」というのは、漢字
ではあるけど、既にアチコチに見られる名前だったようで。

 政治系では・・・まず、「立ち上がれ!日本」という草の根市民
ネットワークが存在。<でも、草の根の「超保守」なのよね。^^;>

 そして、mew的に大笑いだったのは、何とあの竹中平蔵氏が
「立ち上がれ!日本」という著書を出していたことだ。

『新党名と重なる竹中氏の著書は「立ち上がれ!日本」(PHP
研究所)。ジャーナリストの櫻井よしこ氏との対談をまとめた
もので、竹中氏が小泉純一郎内閣の経済財政担当相に抜擢された
2001年に出版された。

 平沼氏は05年10月、小泉首相と竹中氏が推し進めた郵政民営
化法案に反対し、自民党を離党した。この前後から、平沼氏と竹中
氏は宿敵となり、インタビューで「竹中平蔵は間違っている」
「どこの国のために働いているのか分からない人間」「私はかつて
『竹中氏は世が世なら火あぶりだ』と言った」(月刊日本09年
6月号)などと猛烈に批判している。

 09年に平沼氏が出版した「七人の政治家の七つの大罪」(講談
社)でも、第2の大罪として、竹中氏の「市場原理主義」を挙げて
いるのだ。<夕刊フジ8日より>

* * * * *

 平沼党首も、竹中くんの著書名と同じでは、あまりいい気が
しないのではないだろうか?(・・)

 どうせなら、この際、略称だけでなくて、最初っから政党名
をつけ直した方がいいのではないかと思ってしまうmewなの
だった。(@@)

                THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

by mew-run7 | 2010-04-15 04:00

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31