民主党政権になって、よかったこと・・憲法改正、軍事強化、靖国参拝を進めないこと

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 よくTVなどで、自民党から民主党に政権が代わっても、何も
変わらないという声をきくのだが。
 そのようなことを言っている人は、ほとんど政治系のニュース
をまともに見ておらず、TVのコメンテーターか何かがそういう
のを、鵜呑みにしているだけなのではないだろうか?(**)

 mewに言わせれば、自民党と民主党の政権は、かなり大きく
違うし。政権交代したお陰で、本当に安心してor喜んで、ニュース
を見られる日が多くなった。"^_^"

 何よりも「平和が一番!」のmewにとっては、政治系の報道
では、軍事防衛の面や憲法9条改悪のことなどを、常に気にして
いるし。特に近時、保守タカ派路線だった小泉、安倍、麻生政権
の間は、このブログにもさんざん書いて来たように、「日本が
マジにアブナイ!」と危惧感を覚えたり、イラ立ったりすること
ばかりだったのだけど・・・。
 今は、その方面では、かなり心安らかな日々を送ることができる
ようになっている。(・・)
 
* * * * *

 それは、自民党の参院選の公約に関するニュースを見ても、
感じることだ。(**)

『自民党の石破政調会長は30日の記者会見で、参院選公約で
訴える政策の一部を発表した。

 憲法改正の発議を衆参両院の総議員の「3分の2以上の賛成」
から「過半数の賛成」に緩和。財政の健全性確保に配慮するよう
義務づける規定を新たに設けるほか、高速道路の「休日上限
1000円」の割引制度を継続・拡充することが柱だ。

 憲法改正への財政健全化の規定は、憲法83条に2項を新設し
「財政の健全性の確保は、常に配慮されなければならない」と明記
する。改正要件の緩和とともに2005年の自民党新憲法草案に
盛り込まれている内容だ。

 同党が選挙公約に具体的な改正内容を掲げるのは初めて。石破氏
は記者会見で「国民の関心が高まっていないから(言わない)と
いうのは責任政党とはいえない」と述べ、改憲論議に消極的な民主
党を暗に批判した。

 また、道路政策については、〈1〉高速道路会社の民営化と受益
者負担原則を堅持する〈2〉新たな国費を投入することなく、
「休日上限1000円」の現行割引制度を継続・拡充し、分かり
やすい料金に見直す――など5項目を示した。<読売新聞30日
より>』

* * * * *

 ともかく自民党としては、何とか民主党との対立軸を作りたい
と考えているわけで。

 高速料金に関しては、民主党が無料化を公約にしながら、実質
値上げしたと批判されているので、そこを突こうとしたのではないか
と思うのだが・・・。
<でも、自民党が批判していた無料化を見送った民主党よりも
安い金額を設定するのだから、彼らが口撃するバラまき政策に
近いような感じもするんだけどな~。(・・)>

 自民党は、もともと2010~11年までの憲法改正を本気で
目指していて。<日米新安保体制、軍事強化とセットの計画だった
んだけどね。(-_-)>
 05年、小泉首相の時に自民党独自の新憲法草案を発表。07年
安倍首相の時に、憲法改正のための国民投票法を作って、着々と
準備を進めていたわけだけど。

 鳩山民主党は、憲法改正を急いで進める気はないことから、
そのことに大きなイラ立ちを覚えているようだし。次の参院選では、
ついに憲法改正を、オモテ立った争点にして、国民の意思を問う
つもりになったようだ。(**)

<ただ、どうせ争点にするなら、財政云々ではなくて、彼らが
メインに考えている9条の改正案をきちんとオモテに出して
くれないと、何かズッコイ感じがする。(ーー゛)>

 mewは、絶対護憲派ではないのだけど。自民党の改憲草案
には反対なので、このニュースを見ても、やっぱ民主党が政権
をとっていてくれてよかったな~と。やっぱ、自民党に政権の
座は渡せないと、改めて強く思ったのだった。"^_^"

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 今年は、日米安保条約50周年に当たる年なのだけど・・・。
 自民党は、できれば今年中に憲法改正をして、それを基に
日米軍事同盟を強化する形で、日米新安保体制を作ろうと考えて
いたのである。(-"-)

 で、そのために、昨年、麻生政権の時に、めっちゃアブナイ
新防衛大綱を作ったのだけど。<今後5年の防衛方針を決めた
もので、専守防衛の見直し、集団的自衛権の容認、自衛隊の
海外派遣の恒久法(活動範囲拡大&武器使用の要件緩和)、
その他アレコレの軍事強化策が盛り込まれている。>

『専守防衛や非核三原則さえも見直して、来年から軍拡予定の
アブナイ麻生自民党に「NO!」を』など参照

 でも、幸いに鳩山民主党は、その新防衛大綱の決定も見送って
くれて、mewは、本当に嬉しく思っているのだ。(~~)

<ただし、民主党の中でも、前原くんのような新保守タカ派の
人たちが実権を握ったら、改憲&軍事強化路線の道を進もうと
する可能性が高いのよね~。(ーー)
 だから、mewは、鳩山ー小沢タッグや菅氏らを応援する
のだ。(・・)>

* * * * *
 
 そうそう。先日、このニュースを見た時も、民主党が政権を
とっていてよかったな~と思ったのよね。(・・)

『超党派でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」
(幹事・尾辻秀久自民党参院議員会長)は22日朝、春季例大祭
に合わせ、東京・九段北の靖国神社を参拝した。同会によると、
谷垣禎一自民党総裁、衛藤征士郎衆院副議長ら衆参両院議員59人
が参加した。

 鳩山内閣の閣僚、副大臣、政務官は、昨年10月の秋季例大祭に
続いて参拝しなかった。民主党は羽田雄一郎参院議員ら13人が
出席。自民党の町村信孝元官房長官や武部勤元幹事長、
新党たちあがれ日本の平沼赳夫代表、新党大地の鈴木宗男代表も
参拝した。

 尾辻氏は参拝後の記者会見で「閣僚の参加者がおらず寂しいが、
谷垣氏の参拝はありがたい」と強調した。谷垣氏は昨年10月にも
参拝した。<共同通信22日>』

* * * * *

 mewは、国会議員でも、ひとりの国民として個々の思想信条
に基づいて靖国参拝をする分には、個人の自由だと思うのだけど。
 日本政府の代表である首相や閣僚などは、参拝すべきではない
と考えている。(・・)

<中韓への配慮がどうのという話以前に、日本の国民として、
国家神道の象徴であり、天皇&国のために殉じたとされる人だけ
を祀ったり、いまだに戦争を美化した展示などを行なったりして
いる施設には参拝すべきではないと思っている。>

 しかも、もし自民党政権が続いていたら、公立の学校が
行事や授業の一環として、靖国神社を訪問させる計画が実施
されていたのかも知れないのである。(ーー)
<超保守団体・日本会議の関連記事コチラ

 そして、そのことを思うと、尚更に、民主党政権になって
よかったな~と思ってしまうmewなのである。"^_^"

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 靖国参拝と言えば、ある人から、自民党の前衆院議員の赤池
まさあき氏のブログ
に、こんなことが書いてあったという情報を
頂いたのだ。

<4月23日 「靖国神社春季例大祭-国安らかに」より

『 ●靖国神社参拝が教えてくれるもの
 靖国神社の参拝の有無によって、その方の基本的な思想傾向が
分かります。以下、私が感じる大雑把な見方です。

靖国神社参拝    是      /   非

歴史認識  戦前戦後連続派  / 自虐史観・東京裁判史観派
外交     自主、国益重視派 / 媚中、弱韓派
防衛     自主防衛力整備派 / 非武装、軽武装、軍縮派
戦争観    国際法に規定   / 悪、憲法9条を世界へ
日本国憲法 改憲派        / 護憲派
政教分離  多元寛容派     / 一元原理派
マスコミ   懐疑派        / 鵜呑派
勉強     熱心          / 不勉強、偏向

 国民代表である政治家であれば、尚更参拝しているかどうかが、
その方を観る大事なポイントになります。一昨年の自民党総裁選挙
でも、若手議員同志で質問状を出し、個別に議論する中で、靖国
への考え方から判断しました。今の政党や今回出てきている新党
を靖国参拝の是非で是(○)、非(×)、不明(△)で分類すると
その理念や基本政策の動向が分かると思います。

民主党 ×
国民新党 △(代表は○)
社会民主党 ×
日本共産党 ×
自由民主党 ○
みんなの党 △(渡辺代表を靖国神社参拝で見たことがない。柿沢
未都氏は22日に参拝)
平沼先生の「たちあがれ日本」 ○ (与謝野先生は×)
山田杉並区長らの首長新党「日本創新党」○ (山田区長は英霊の
言の葉を成人式で朗読する)
今日舛添参議院議員らが立ち上げた「新党改革」△ (舛添氏も
靖国神社で見たことがない)

* * * * *

 赤池氏は、いわゆる超保守(真正保守)派の政治家なのだが。

 これは、赤池氏個人の考えではあるのだけど。超保守派の人の
靖国参拝や国家観に対する考え方を理解するのに、とても
わかりやすい&参考になる表なのではないだろうか?(・・)

 いつも書くように、世の中には、色々な考えの人がいていい
とは思うのだけど。<色々な考えの人がいない国の方が、アブナイ
と思うしね。^_^;>

 ただ、自分の愛する日本を、どのような国にしたいかって考えた
時に、mewは、この表にある靖国参拝「是」の考え方や、それを
推進しようとする政治家、政党には、絶対に、この国&私たち国民
の運命を託したくないと強~く思ってしまうわけで・・・。

 もちろん支持する政党や政治家を決めるには、安保防衛・軍事
の面だけではなくて、経済・社会政策なども考慮しなくては
ならないのだけど。

 戦後の平和主義の維持という点を第一に考えるなら、民主党を
はじめ、この表で「X」をつけられた政党こそが、平和主義派
には「○」の政党になるのだ、と思ったmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-05-02 04:10 | 民主党、民進党に関して