日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

首相の県外移設の方針に、沿わない閣僚がいる方が内閣不一致だったのでは?

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

昨日、社民党の福島瑞穂代表&少子化担当大臣が、日米共同声明
に、普天間基地の移設先を辺野古と明記する場合は、閣議決定の
文書に署名をしないと発言したわけだが・・・。
 これに対して、マスコミや野党からは「閣内不一致」だという
批判の声が出ている。^^;

 そして、鳩山内閣の他の閣僚からも、「内閣の一員として、首相
の判断に従うべきだ」という趣旨の意見が続出。
 岡田外務大臣も、「内閣の一員として自覚を持ってほしい」と
福島氏を批判したという。<毎日新聞26日より>

 でも、mewに言わせれば、話は逆なのではないかと。
 鳩山首相が昨秋から「県外移設」を目指していたのに、岡田外務
大臣などの閣僚が、それに反対したり、積極的に協力しようと
しなかったりした方が、ある意味では「閣内不一致」状態であり、
鳩山内閣の一員としての役目を果たさなかったのではないかと
言いたいところがある。(**)

* * * * *

 鳩山由紀夫氏は、党代表として選挙活動中に、沖縄で「最低でも
県外」と発言。そして、選挙に勝ち、首相になったわけだが。
 彼は、首相に就任した当初、かなり本気で、普天間基地の県外
移設、国外移設を目指していたのである。(・・)

 確かに、自民党政権下であったとはいえ、日米の政府が合意
して作った計画を変えるのは、かなり困難なことだ。それは、
鳩山首相自身はもちろん、大部分の政治家も、沖縄県民も日本の
一般国民もわかっていることである。^^;
 でも、彼は、「最低でも」か「できるだけ」かはわからないが、
何とか少しでも計画を変更しようと考えていたのは事実だろう。

 そして、鳩山首相が県外移設を目指す以上、鳩山内閣の閣僚
(大臣、副大臣、政務官など)は、「閣内一致」して、首相の
意向に沿って、それを実現すべく努力すべき立場にあるのでは
ないだろうか?(**)

 でも、それこそ岡田外務大臣は、内閣が発足して間もなくの
昨年10月には、もう会見などの公の場で、「県外移設は不可能
だ」と発言して、嘉手納案などを提唱していたわけで。
 それこそ、首相の判断に従わおうとしない「閣内不一致」の
発言として、批判されるべきものだったようにも思われる。(ーー)

* * * * *

 mewは、日本が折角、政権交代を実現して。そして、鳩山首相
が、折角、県外移設を目指すと公言して、何とか少しでもそれを
実現しようと挑んでいたにもかかわらず、結局は、米国などに押し
込まれるされる形で、ほとんど従前の合意案に近い形で、結論を
出さなければならなくなってしまったことが、本当に残念に思えて
&悔やまれてならないのだけど・・・。(ノ_-。) 

 鳩山首相が、心身共にマイって追い詰められてしまい、最終的に
その決意を折らざるを得なくなった最大の要因の一つには、本来は
彼を支え、手助けをして、共に米国などと戦うべき閣僚や与党議員
たちの多くが、積極的に彼に協力せず、共に闘おうとしなかった
からではないかと考えている。(**)

 いや、実際のところ、積極的に協力しないどころか、逆に首相の
足を引っ張ったり、後ろから鉄砲を撃ったりするような人までいた
のではないだろうか?(`´)

* * * * * 

 いつも書くように、自民党政権の下で、長い間、続いて来た
米国との従属的な関係を変えて、日本側の主張を通そうとするのは、
本当に大変で、それだけでも、め~っちゃ大きなエネルギーや力
(英知、手腕なども含む)が必要になる。

 ましてや、普天間問題に関しては、既に日米の政府間で合意
された計画が存在しており、それを変えようとすれば、戦う相手
は相手は米国だけでは済まない。日本国内にも、その計画をを作る
のに携わった自民党議員(国防族)や民主党内にもいる国防族、
そして外務省、防衛省などの官僚、利権が関わる人たちなどなど、
たくさんの抵抗勢力が存在しているわけで。(-"-)

 鳩山首相が、それらに対抗して、少しでも計画を変更するため
には、まずは身内である閣僚&連立与党が一丸となって英知や力
を結集して、戦わなければならなかったのに・・・。
 鳩山内閣では、それをなすことができなかったのだ。_(。。)_

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 鳩山首相は、当初より、県外移設を目指す姿勢を明らかにして、
その実現のために、米国と交渉を行なおうとしていた。(・・)

 それに対して、米国の方は、何とか早い段階で、従前の合意通り
に計画を実施させようと、10~11月には、ゲーツ国防長官や
政府内外の国防族を日本の送り込んで、圧力をかけて来た。

<『迫り来る米国の圧力&脅しに、鳩山内閣は屈さずにいられ
るか?
』など参照>

 この最初の段階で、鳩山内閣は一丸となって、首相の目標を
実現すべく、米国に対抗する姿勢を示さなければならなかった
のだけど・・・。
 ところが、鳩山内閣の一員&政府の代表として、その交渉を
行なう役割を担っている岡田外務大臣や北澤防衛大臣は、早い
段階から、県外移設に否定的な発言を行ない、首相と共に闘おう
とする姿勢を示さなかったのだ。(-"-)

* * * * *

 岡田外務大臣は、昨年10月に、個人的見解だとしながらも、
『「県外というのは事実上選択肢として考えられない状況だと
思う」と述べ、県内移設が望ましいとの見解を明確に示した。
さらに、県内移設論は「内閣の見解ではなく、個人的な見解」
と断りながら、移設先の候補として、日米間で合意している
辺野古沖(キャンプ・シュワブ)と、嘉手納基地への統合の2つ
の案をあげた』りするような感じで。(*1)
 米国との交渉でも、とりあえず、実務者協議を行なうことに
したものの、岡田大臣本人は、最初から県外移設の主張を押し
通そうとする意思はなかったように思われた。(-"-)

<11月には、「県外、国外移設となると何年もかかる」と述べ、
県内移設の方向で年内に結論を出す必要性を強調。「首相は沖縄
への思いが強いから、違いがある」と首相との見解の相違に
言及したりもしてたしね~。(ーー゛)・『普天間問題・・・鳩山
首相は、早く基本方針だけでも表明すべきでは?』参照>

 また、北澤防衛大臣も、官僚に取り込まれたのか(レクチャー
という名の洗脳に負けたのか?>、米国の圧力にびびったのか、
もう10月には「合意に基づく県内移設でも公約違反にはなら
ない」という認識を表明して、県外移設ができなかった場合の
予防線を張っているような始末で。^^;

 岡田氏の場合は、もともと県内移設派だったわけだけど。もう
年末には、彼らがどんどんと、米国や周囲の官僚に押されて行く
のが、目に見えて伝わって来るような感じになっていた。(-"-)
<『小沢は辺野古移設に否定的。but 鳩山は、米国、官僚、保守系
識者に押されっぱなし?
』など参照>

<そういえば、この頃には、S新聞がルース米大使が、交渉中に
激怒して部屋を出て行ったという記事を出したり、クリントン
国務長官が駐米の日本大使を呼びつけたなんてデマも流されたり、
情報戦による圧力もかなりあったのよね~。(@@)。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
 また、防衛閣僚では、MY天敵の超保守タカ派・長島昭久
政務官も何度か渡米。国内も含め、日米の国防族と会談して、
合意通りにコトを進めようとしていた感じがあったし。
 沖縄担当でもある前原大臣も、バリバリの親米保守タカ派
で、こちらも県外移設には消極的だったし。

 国民新党は、下地幹郎議員が、やはりCシュワブ案を維持
すべく動き回っており、亀井大臣も、それを支持していたし。

 果たして、鳩山内閣には、社民党の福島少子化大臣や辻元国交
副大臣以外に、本気で県外案・国外案に取り組む気がある閣僚が
いたのか懐疑的に思うほど、逆の意味で、当初から「閣内不一致」
状態が続いていたのである。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 それでも、鳩山首相は、年内決着を強く望む米国や官僚&一部
閣僚たちの声を退け、今年の1~2月ぐらいまでは、何とか強気
の姿勢を崩さず、粘っていたのである。(・・)

 特に、1月末には名護市の市長選で、反対派の候補が当選
したこともあって、県外移設ムードがやや高まったようなところ
もあったし。
 社民党や、民主党の一部の議員が、グアム・テニアン移設案を
提唱して、国外移転案も非現実的ではないと思わせるところが
あった。(・・)

 しかし、鳩山内閣&民主党は、1月の小沢幹事長&秘書の捜査や
マスコミによる小沢、鳩山叩きによって、急激に支持率が低下して、
鳩山首相はだんだん窮地に陥ることになる。(-"-)
<小沢氏も、この件で鳩山首相をサポートするのは、難しい状況
になった。^^;>

 しかも、この件を任せた平野官房長官が迷走して、話をまとめる
どころか、どんどんと混乱させて行ったところもあり・・・。
 さらに、鳩山首相が5月末に結論を出すと期限を決めたために、
ますます自らを追い詰めることになってしまう。
<5月末に期限を設けたのは、やはり予算を決める米国議会の日程
を考えてのことだという見方が強い。>

* * * * *

 このようになってしまった要因には、鳩山首相のリーダーシップ
の欠如や、内閣の運営の仕方の問題もあるとは思うし。
 そのことは、鳩山内閣全体の問題として、また改めて書きたいと
思うのだけど。

 いずれにせよ、この普天間問題に関しては、鳩山内閣は、
見事なほど、当初から首相の方針を無視or軽視するような
形で、「内閣不一致」の状態が続いていたわけで。

 それでは、いくら鳩山首相が何とか県外移設を実現しようと
しても、味方の中にも抵抗勢力がいるような状況では、どうにも
ならないところがあったかも知れない。(-"-)

 しかも、『普天間問題は、まだこれから。鳩山の評価&国民の力で、
挽回を。
』という記事にも書いたように、一般国民やマスコミから
も後押しを受けられるわけでもなく。むしろ、鳩山首相を批判したり
追い込んだりするメディアが多いような状況で・・・。

 こうして、4月にはいった頃には、鳩山首相は、心身共にマイって
しまい、特に普天間基地の話をする時には、うつろな表情&視線が
定まらぬような目をすることが増えて来たのであった。(-_-)

 たぶん、もうこの頃には、彼は、この件で、米国や周囲に対抗
するエネルギーをすっかり失って、早く楽になりたいという気持ち
の方が強くなっていたのではないだろうか?(・・)
 合意通りに進めようとする人たちの言葉や動きに、身を委ねる
しかなくなっていたのではないかな~と思うmewなのである。(@@)

  <つづく>
                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 





*1

『 岡田克也外相は2009年10月23日の会見で、沖縄の米軍普天間基地移設について「県外というのは事実上選択肢として考えられない状況だと思う」と述べ、県内移設が望ましいとの見解を明確に示した。さらに、県内移設論は「内閣の見解ではなく、個人的な見解」と断りながら、移設先の候補として、日米間で合意している辺野古沖(キャンプ・シュワブ)と、嘉手納基地への統合の2つの案をあげた。

県内移設の理由として「時間が限られている」という点を強調。「県外とすると、現在の普天間の固定化につながりかねない」として、「これから議論しないといけないプランではなく、議論してきたプランのなかで議論するのが、結果的に沖縄の負担を減らすことになる」と話した。<J=CAST09年10月23日>』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/12706966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2010-05-27 08:04
タイトル : 【偏向報道】惨軽がNHKを批判し、更に「民族の矜持」を騙..
 今さら指摘するまでもないが、 腐痔惨軽グループやゴミ賣グループに代表される売国翼賛マスゴミどもに、「報道の公正中立」を求めることなど、八百屋でRV車を買い求めるようなものであり、「無い物ねだり」の見本 である。  さて、そんな偏向・捏造報道を十八番とする惨軽の安藤某とかいう自称「記者」が、NHKで放送された「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」に関する裁判を巡って、『 民族の矜持を踏みにじる…NHKこそ「人間動物園」ではないのか 』などと題した仰々しい記事を掲載している。  この番組...... more
Tracked from ミクロネシアの小さな島・.. at 2010-05-27 12:05
タイトル : みんな他の命を押しのけながら生きている…嗚呼!
先週末あたりから、マンタがピタッと水路に姿を見せなくなりました。運良く見られたとしても、遠くをすっと通り過ぎるだけ...。なにかマンタのご機嫌を損ねることがあったのか、それともゴマモンガラがあちこちで卵を抱えて攻撃的になっているので、マンタも近寄るのが怖いのかしら? ところで満月の前には午後の上げ潮がぐ~んと強まるので、ミル・チャネルで長い距離のドリフト・ダイブを試みました。まず初めに、いまが盛りのトサカリュウグウウミウシ(Nembrotha cristata)ちゃんをチェック。だいぶ大きくなっ...... more
Tracked from ようこそイサオプロダクト.. at 2010-05-27 21:09
タイトル : ★普天間代替施設に求められる機能とは!
画像はクリックで拡大します。★普天間代替施設に求められる機能とは!1600m滑走... more
Tracked from 日本の金融や政治経済をカ.. at 2010-05-27 21:34
タイトル : 鳩山首相、福島瑞穂罷免「まだ一切考えていない」
 罷免をまだ考えていない・・・ひょっとしたら罷免しちゃうぞ的なニュアンスが含まれているんでしょうか?曖昧な態度でやり過ごすことが得意な人だけに、こんな感じの関係で夏の参院選を迎えることになるような・・・社民党自体も内部はまとまりに欠けると言った報道もされていて、連立維持なのか?それとも離脱なのか答えは先送り状態のようです。だいたい纏まりのない政党同士の連立政権ってことは始めっからわかっていたいことだし、普天間県外移設のような冗談めいた発言は慣例になりつつあります。ここへきて社民党の党...... more
by mew-run7 | 2010-05-27 05:21 | 民主党、民進党に関して | Trackback(4)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7