オバマが鳩山を辞任に追い込んだ?+菅が「外交と国民の覚悟」に言及


  これは今日2本めの、やや短めの記事です。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

鳩山首相が、普天間基地の県外or国外移設を目指しながら、
結局、米国の主張をそのまま通して、共同声明に辺野古を明記
することになった大きな要因は、3つある。

 一つは、米国の圧力。
 もう一つは、米国や自民党の防衛族ともタッグを組んでいた
官僚たちの圧力。<一部の閣僚や与党議員も、あちら側に。^_^;>
 3つめは、それらの圧力に屈さないようにするための、日本
国民全体(+マスコミ)の後押し、支えが得られなかったこと
ではないかと思う。(-"-)
<『普天間問題は、まだこれから。鳩山の評価&国民の力で、
挽回を
』参照。
 そして、それが、結局、首相辞任にもつながったのだと
言えるだろう。(-"-)

 もともと鳩山由紀夫氏の首相交代や、社民党との連立解消を
望んでいた米国にしてみれば、そのまま合意を飲ませた上に、
首相を辞任させることができたわけで、「してやったり」と
思っている政府関係者も多いのではないだろうか?<日本の
防衛族や官僚の中にもね。(ーー゛)>

* * * * *

 それを表すような記事が、いくつか載っていた。

『 鳩山首相の辞任は「オバマ大統領の冷たい対応」

【ワシントン=小川聡】米国の日本問題専門家らの間で、沖縄の
普天間飛行場移設問題を巡るオバマ政権の厳しすぎる対応が、
鳩山首相を辞任に追い込んだとする論評が相次いでいる。

 スティーブ・クレモンス新アメリカ財団戦略問題部長は1日、
自身のブログに「ハトヤマを引きずり下ろすオバマ」と題する論文
を掲載し、「オバマ大統領は、会談に応じないといった氷のよう
に冷たい対応を維持して、鳩山首相に強烈な圧力をかけた。首相は
その圧力に耐えることができなかった」と分析した。

 外交問題評議会のシーラ・スミス上級研究員も2日、「(日本
の)民主党は米軍基地の駐留に関して従来とは異なる対応をしたい
と願っており、米側はこの問題の繊細さにより深い配慮が必要だ」
と指摘した。

 米政府筋は、「オバマ政権は十分に辛抱強く対応したし、辞任
は国内問題が原因だ」と反論している。<読売新聞5日>』

『【ワシントン=小川聡】米ワシントン・ポスト紙は3日付の社説
で、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題の迷走による支持率低迷など
を受けた鳩山首相の退陣表明を取り上げ、「首相の政策課題は、
日米同盟の再構築だった」としたうえで、「後任の首相はたぶん、
同じ間違いはしないだろう」と論評した。

 社説は鳩山首相の日米同盟観について、「中国により近づくこと
で、日本が均衡状態を見つけようとしたが誤った思いこみだった」
と批判。具体的には普天間移設問題を巡り、「過去10年にわたり
綿密に交渉された案よりも、いいやり方を見つけようとしたが
失敗した」と指摘した。

 経済不況や高齢化問題など日本の課題にも触れ、「米国は、後任
の首相はより結果を出すことを望んでいるだろう」と結論づけて
いる。<読売新聞3日>』

 要は、鳩山首相が米国の言うことをきかず(重視せず)、対等
外交なんて考えようとして、大きな間違い&失敗を犯したと
言いたいのだろう。(-"-)

* * * * *

 そして、日本の官僚のしたたかさをあらわす、こんな記事も
あった。
 藤崎一郎駐米大使と言えば、普天間問題の件で、記者を集めて、
クリントン国務長官に呼びつけられたというデマを流した、
あのトンデモ大使である。(`´)

『【ワシントン共同】藤崎一郎駐米大使は2日の記者会見で、鳩山
由紀夫首相の退陣表明について「首相は一国の顔」だと指摘、
「本当は長く務め、世界各国の首脳と長い付き合いをすることが
望ましい」と述べ、短命政権が続くことに苦言を呈した。米軍
普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐり先月末に日米合意に
こぎつけたことから「米国との関係でも、首相も残念に思っている
と思う」と述べた。<共同通信3日>』

 mewも短期に首相が代わることには、大きな問題を感じて
いるのだけど。
 彼もまた鳩山首相に対米従属を求め、首相を追い詰めた官僚の
ひとりであったわけで。

 思わず、「おまえには言われたくねぇ~よ」と悪態をつきたく
なってしまったmewなのであった。(▽▽゛))

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 新首相になる菅直人氏の政策に関しては、来週、所信表明などを
見てから、また改めて書きたいと思うのだけど。

 ただ、彼は、以前から、日本が各国と自立外交を行なって行く
ことや、米国ともより対等な関係を築くことを主張していた政治家
なので、mewはその点で期待をしているところがある。(-"-)

<鳩山由紀夫氏は、もともとは保守性が強い人だったけど。菅氏は
平和系中道リベラルなので、尚更に。
 ただ、前原グループに取り込まれないか心配で~~~。(-"-)>

 mewには、菅氏が、先日の会見で、外交に関する質問に対して
このようなことを語っていたのが、印象に残った。(・・)

「外交というのは、国民自身が自らの責任を覚悟をどれだけ持って
いるかによって強さが決まる」

* * * * *

 一般国民の中には、外交というのは、基本的に国と国、政府と
政府の関わりであって、自分たちとは遠いもの、自分たちには
どうしようもできないものだというイメージを持っている人が
多いのではないだろうか?(**)

 それゆえ、外交は「政府にお任せ」という感じになっていて、
何か思うことがあっても、その意思を国政に反映させようとは
せず、傍観している人が少なくないように思われる。(・・)

 まあ、もちろん、外交というのは、単に、日本とある特定の国
との間だけで決められることではなくて、国際機関や関連のある
国々などとも連携して、考えるべきことも多いとは思うのだけど。

 ただ、すべてを政府にお任せにしていたら、日米外交に関しては、
いつまでも、米国&官僚主導で重要なことが決められて、時に、
その損失や負担を日本の国民が押し付けられるという構図が、
ずっと続くことになってしまうのである。(ーー゛)

<沖縄の基地負担もそうだし。新自由主義の導入&法律やシステム
の改正によって、国民の利益がカットされ、一部の企業や外資が
儲かる仕組みを作られたことだって、そうだと言えるだろう。>

* * * * *

 でも、冒頭にアップした3つの要因の3番目にも記したように、
日本が自立して外交を行ない、国民の利益を第一に考えて、米国
などに自己主張を行なうためには、国民の後押しや支えが必要な
のである。
 つまり、もっと国民が主体になって、自分たちの意思や覚悟を
持ち、それをきちんと示すことが重要なのだ。(**)

 おそらく菅氏は、そのことを言いたかったのだろう。(・・)

 鳩山首相の時には、普天間問題に関しても、国民やメディア
が、なかなか主体性を発揮せず。
 沖縄の基地負担を押し付けるのはよくないと思うけど、米国に
逆らうのもマズそうだし、自分の住む地域に基地が来るのも
困るし・・・というような感じで、特に意思も示さず、傍観者の
ようになってしまったところがあるのだけど。

 今年後半には、日米の新安保体制を見直す協議も行なわれる
ことになっているだけに、菅首相の政権では、もっと国民が、
真剣に日米間の外交、安保のあり方を考えるべきなのではないか
と思うし。<そして、菅首相が、今度こそ米国に一方的に押し
込まれないように、国民が後押しできれば、いいと思うし。>

 マスコミも、もう少しこれらの問題に真剣に取り組んで欲しい
な~と願うmewなのであった。(@@)
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

 
[PR]

by mew-run7 | 2010-06-05 21:06 | 民主党、民進党に関して