人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

小沢にとって、菅の消費税発言は、想定内&おいしいことなのかも。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 最初に、ワールドカップの速報を。
 WC決勝Tに進出した韓国は、ウルグアイに1-2で敗れ、残念
ながら、ベスト8進出はならなかった。(-"-)
  
 さて、先週から、小沢一郎氏が、参院選のための地方行脚を
スタートしたのだけど。
 小沢氏の選挙活動の仕方は、毎度ながら感心させられるのだが。
 今回も、得意の川上の過疎地から、ビール箱に乗って演説という
パターンで、有権者の心をつかんでいるようだ。(・・)

<しかも、毎度ながら思うことだけど。地方の選挙活動で見せる
笑顔や丁寧な話し方を、半分でもいいから、幹事長の定例会見で
見せていれば、一般国民の小沢氏に対するイメージは、かなり
違っていたのではないかと思うのにな~。(~_~;)>

* * * * *

 そして小沢一郎氏は、案の定、菅首相が提言した消費税率アップ
の議論に関して、異論を唱え始めている。(**)

「菅首相がしきりと話しておられるようだが、地方経済にとっては
都会以上に深刻だ。消費税10%という話になると、自分としては
非常に心配している」。
「鳩山内閣でも、(昨年の)衆院選のときも4年間は(消費税を)
上げないという話をしてきた」「わたしは変わっていない」

* * * * *

 mew自身も、周辺の人たちも、菅首相が選挙前になって、
いきなり消費税の話を持ち出したことには、驚いた。
<消費税を上げることにはアレルギー反応を起こす人も少なく
ないので、決して、賢いやり方ではないもんね。^^;>

 また、菅首相の説明の仕方がわかりにくいものだったので、
参院選後、すぐに消費税が上がるのかと誤解する人も少なからず
いたようだし。実際、世論調査での支持率は、首相に就任した
直後よりも1~2割下がってしまっている。(~_~;)

 菅首相が、あえてこの時期に消費税の話を持ち出した理由と
しては、自分が提言する経済&財政政策に消費税などの増税
による税収アップが欠かせない要素になっていると考えたこと
があると思われる。(+_+)
 しかも、菅首相は、この「第三の道」論をサミットで発表する
つもりだったので、もし消費税に関して言及する場合に備えて、
事前にその話を国民にしておく必要があると思ったのかも
知れない。<結局、サミットでは消費税の話はしなかった
みたいだけど。^_^;>

 さらに、その方が、参院選対策としても、自民党が消費税論議
を持ち出した時に、対抗し得ると考えたところもあるだろう。(・・)
 
* * * * *

 では、果たして、小沢氏にとって、菅首相の消費税に関する発言
は、全く想定外のものだったのだろうか?(@@)

 mewは、小沢氏は、菅首相が消費税の話を持ち出すことは、
十分に予想していたのではないかと思っている。(・・)

 菅氏は財務大臣だった頃から、税制改革に備えて、消費税の論議
は必要であると語っていたし。(*1)
 菅氏側と小沢氏側が、事前に相談したかどうかはわからないけど。
小沢氏は、そういうこともあり得るとわかった上で、暗に容認or
了承していた可能性が高いのではないかと思うのだ。(**)

 菅首相が消費税の話を出したとしても、小沢氏にとって、不利な
ことはほとんどない。
 まあ、民主党の議席があまりに減ることがあれば、マイナスに
なる面もあるかも知れないけど。

 先日、居酒屋談義で話が出ていたのだが、もしかしたら、
どちらかと言うと、小沢氏にとっては、メリットになりそうな、おいしい
ことの方が多いのではないかと思えるところもあるのだ。(+_+)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~

人気ブログランキングへ  ←ポチッと応援、よろしくです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←もう一押し、お願いします。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

  
 まず、菅首相の発言によって、今回の参院選では、いきなり
消費税のことに関心や注目が集まることになって、野党の批判や
マスコミの扱いも、そちらの方がメインになっているのが実情だ。

 でも、そのお陰で(?)、野党や一部マスコミが思いっきり
ツッコもうと思っていた小沢氏の「政治とカネの問題」の話が、
ほとんどオモテに出なくなっているのである。(・o・) 

 小沢氏や民主党候補にとっては、この「政治とカネ」の問題は
厄介or面倒なものであるだけに、「ラッキ~」だと思っている
部分があるのではないだろうか?(@@)

<小沢氏は、検察審査会の審査も気になっているだろうから、
尚更に、この問題を野党やマスコミに取り上げて欲しくはない
だろうしね。(~_~;)>

 たぶん、このことだけでも、小沢氏&陣営にとっては、かなり
おいしいことなのではないかと思われる。(**)

* * * * * 

 また、小沢氏にとっては、菅首相が費税率アップを主張するのに
対して、自分がそれに反対する立場をとることは、本人のイメージ・
アップにつながるということがある。(+_+)
<国民の生活第一に考えてくれる「いい政治家」という感じを
与えることができるもんね。(・・)>

 さらに、もし菅民主党が、この参院選で思ったほど当選者を
出せなかった場合は、小沢氏らは「消費税の公約を守らなかった
からだ」と批判して、9月の代表選で、菅氏に代わる対抗馬が
立てやすくなるだろうし。

 仮に菅氏が代表&首相を続けることになったとしても、小沢氏
らが反対or様々な意見を出すことによって、彼らは軌道修正を
せざるを得なくなるし。<食品などの税率の低減や還付税の実施、
法人税や所得税、相続税などの見直し、目的税にすることなどなど>、
 それによって、小沢氏が党内の実権をある程度握るきっかけに
したり、小沢氏の手柄にしたりできる可能性もあるのだ。^_^;

* * * * *

 それどころか、小沢氏は、むしろ、ここで菅首相が消費税の話
を持ち出したことを歓迎しているのではないかと見る人もいる。

 小沢氏の最大の目標の一つは、「自民党を潰す」ことにあるの
だが、それが実現しやすくなる可能性があるからだ。(・・)
 
 今回、自民党は、勝負をかけて、政権与党として責任ある政治
をアピールするために、消費税10%を公約として掲げて来た。
そして、ここは、ある意味で、民主党の弱みでもあるのだ。(~_~;)

 小沢氏らは、消費税の話を出す前に、無駄遣いをなくしたり、
埋蔵金を活用したりするべきだと主張し続けていて、それも一理
あるには違いないのだけれど。
 でも、国民の大半は、仮にそのような施策を行なったとしても、
結局、近い将来、財源が不足して、社会保障に影響が出るのでは
ないかと不安を覚えているのが実情だ。(-"-)

 しかも、国民の半数前後は、消費税を上げるべきor上げても
仕方がないと考えて、いつまでも消費税の論議を始めない民主党
に対して、政権与党としての責任感が足りないのではないかとか、
選挙目当てで、国民にきこえのいいことしか言わないのではないか
という疑念を抱く人も少なくない。^^;

 でも、菅首相が、正面から自民党に消費税論議をぶつけること
になれば、自民党の勝負をかけた公約は、ほとんど意味をなさない
ことになってしまうのである。(・・)

<あとは憲法改正とか、外国人賛成権反対とかが、大きな違いに
なるわけだけど。今、これらの争点に関心がある国民は、ほとんど
いないと言っていいしね。^_^;>

 つまり、これは自民党を2度と政権与党の座に返り咲かせない
ために、有効な方策にもなるのである。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~

人気ブログランキングへ  ←ポチッと応援、よろしくです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←もう一押し、お願いします。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 それに、小沢氏自身、以前から消費税を10%に上げるべきだと
いう考えの持ち主であるし。<94年の細川政権の時には、当時の
小沢幹事長が、突然、7%に消費税(福祉目的)を上げることを
首相に発表させたこともあったぐらいだしね。^_^;>

 また、今は、景気が低迷を考慮すると共に、選挙対策を強く意識
していることもあって、自らはとても、今すぐに、消費税の論議を
始めたいとは言いづらい部分もあるとは思うのだけど・・・。
 
 ただ、実際のところ、今の経済&財政の状況は、小沢氏が以前、
想定していたよりも悪化していることは間違いないだろう。^^;
<リーマン危機による不況や税収悪化は予定外だっただろうし。
残念ながら、小沢氏が考えていたほど簡単には、埋蔵金が見つけ
られない状態にあるしね~。(~_~;)>

 そして、まだ政権をとって2年めであるものの、小沢氏&民主党
が考えた施策の中には、財源不足のために、実現が難しくなるもの
が次々と出ているだけに、もし小沢氏がもう一度、民主党の実権を
握るとしたら尚更に、誰かが早めに消費税アップに関する政府&
党内議論は始めておいてくれた方が有難いと思うところもあるかも
知れないのだ。(@@)

* * * * *

 果たして、この先、菅氏と小沢氏がどのような感じで関わって
行くのか、今の時点では全くわからない状況なのだけど・・・。

 菅氏と小沢氏の発言は、その気になれば、うまく刷り合わせを
することも可能だ。(・・)

 小沢氏は、09年の衆院選で、あと4年間は消費税は上げない
と。つまり、13年までは上げないと公言していたのであるが。
 菅氏は、10年の参院選で、消費税を上げるには、少なくとも
あと2~3年はかかると。そして、上げる前には、必ず総選挙を
行なって、国民に真を問うと約束している。

 ・・・ということは、菅氏、小沢氏or他の誰が党代表&首相で
あったとしても、10~11年に議論を行なって、細かいことを
色々決めて。12年頃に法案化して、その後に解散総選挙を行ない、
13年から消費税率を上げることにすれば、2人とも自分がクチ
にした公約を守ることができるのである。(**)

 つまり、小沢氏は、菅首相が単独過半数でもとらない限り
<それはそれで、自民党に大きな打撃を与えられるので、小沢氏
にとっておいしいことなのだ>、菅氏を批判して、「菅おろし」の
動きを加速させることもできるし。
 または、菅氏とうまく手を組んで、消費税に関してはそれぞれの
公約を守りながら、自分たちの施策の実現や、民主党の長期政権を
狙うことも可能なわけで・・・。

 以上、様々なケースを考えてみると、結局、今回、菅首相が
消費税の話を持ち出したことは、小沢氏にとって、有利なことが
多いのではないかという意見に対して、「うん、確かに、そうかも
知れない」と、思わず、深~く頷いてしまったmewなので
あった。(@@)
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリック
して頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで
下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと・・・(日本代表の応援も込めて?)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと・・・(緑が増えることも願って?)




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 








『菅財務相 3月にも消費税議論 財源確保のため前倒し

 菅直人副総理・財務相は14日、フジテレビ「新報道2001」に出演し、消費税率引き上げを含む税制の抜本改正について「(平成22年度予算案が)2月中に衆院通過すれば本格的に政府税制調査会に動いてもらう。消費税や環境税についても本格的な議論を3月から始める」と述べ、3月にも議論を始める方針を明らかにした。

 政府は6月、複数年度の歳出入を決める「中期財政フレーム」を策定する方針だが、菅財務相は「中期財政フレームを考えるにしても、このままの税制でいいのか」と強調、抜本改正に向けて作業を始めるべきだとの考えを示した。社会保障費の自然増に加えて、子ども手当の全額支給などマニフェスト(政権公約)で示した主要政策実現のため、歳出膨張が避けられないと判断したものとみられる。

 消費税増税の時期について菅財務相は番組後、記者団に「次期衆院選まで消費税率を引き上げないというのが鳩山政権の基本的な方針だ。大改正のときは国民に判断してもらう」とし、次期衆院選の争点になると表明。「鳩山由紀夫首相からも『議論はしたらいい』と言ってもらっている」と説明した。

 消費税の在り方について22年度の税制改正大綱は、「社会保障制度の抜本改正などと合わせて検討する」と指摘し、議論開始の時期を明確にしていなかった。ただ、仙谷由人国家戦略担当相が早期の議論着手を主張するなど、政府内には消費税率引き上げに向けた議論を求める声も出ていた。
<産経新聞2月14日>』

*****

『政府税調が5月に消費税など税制改革に向け論点整理

 政府税制調査会は18日、有識者で中長期の税制のあり方を議論する「専門家委員会」(委員長・神野直彦関西学院大教授)の初会合を来週中に開くことを決めた。同委員会で消費税や所得税など税制全般について5月をめどに論点を整理し、税調に中間報告する。

 税調会長を務める菅直人副総理・財務相が同日夜、会長代行の仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相らと首相官邸で会談して決めた。政府は平成23年度から3年間の予算をコントロールする「中期財政フレーム」を6月までにまとめる予定だが、同委員会の中間報告をフレームに「反映していく」(峰崎財務副大臣)という。

 同委員会では、消費税率引き上げで不利になる低所得層への対策や、所得税の最高税率引き上げなどの個別課題が話し合われる見通し。また、論点整理を受けて税調本体でも消費税増税など税制の抜本改革について議論する。<産経新聞2月18日>』

『もともと欧州は統一通貨ユーロの信認を守るため、“財政規律派”だったが、ギリシャの財政危機に端を発する信用不安を受け、サミット前に相次いで財政再建計画を打ち出した。特にドイツは4年間で約800億ユーロという過去最大の緊縮策を発表。メルケル首相は「健全な財政が最良の危機防止策だ」と訴えた。

 これに対し、米政府は景気刺激を継続し回復を優先すべきという“成長重視派”だ。サマーズ国家経済会議委員長とガイトナー財務長官は23日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルへの寄稿で、「成長がなければ、財政赤字はさらに増え続ける」と、牽制(けんせい)した。

 その間を取り持つようにサミットデビューしたのが、「増税しても、使い道を間違わなければ成長できる」と説く菅直人首相。

 経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は25日、「両方を追うべきで、どちらか一つを選ぶ問題ではない」と主張。日本の第3の道に「簡単ではないが重要な道筋だ」と関心を示した。
<産経新聞6月27日>』
  
by mew-run7 | 2010-06-27 08:14 | 民主党、民進党に関して

by mew-run7