人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

菅民主党、敗戦の原因や責任に様々な意見が+雲隠れの小沢は何を思う?

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

菅直人首相は、参院選の大勢が判明したあとに記者会見を行ない、
首相を続投することを明言。
 また、昨日の夕方、開かれた役員会や今朝の閣議で、今の内閣や
執行部のメンバーを変えないことを発表。役員もそれを了承したと
いう。(・・)

<今回の選挙で、千葉法相が落選したのだが、民間人として、
大臣を続けるとのこと。
 ただ、小沢氏側から強い異論が出なかったところを見ると、
もしかしたら、千葉法相はそれなりに検察庁や検察審査会を含め、
そこそこコントロールや情報収集をできるのかも知れない。
実際、小沢氏は、東京地検からは2回とも不起訴処分を得ている
のだしね。(・・)> 

 野党や小沢派(支持者)の中には、菅直人首相&内閣は、すぐに
総辞職すべきだという意見もあるようだが。
 今月30日から、臨時国会を開くし。それこそ、9月上旬(5日が
候補)に代表選が行なわれることを考えると、それまで続投する
のが、現実的な選択だろう。(**)

 もし今、菅内閣が総辞職して、9月まで2ヶ月だけ、暫定的に
新たな代表&首相選んだり、新たに組閣を行なうのは、時間と
労力とお金のムダになると思うからだ。(~_~;)

<閣僚が変われば、本人や秘書他の名刺や書類からアレコレを、
全部作り直すことになるし。継続している実務すべての説明、
検討も最初からやり直すことになるし。(予算のもとを決める
概算要求の準備も始まっている)2ヵ月後に、また閣僚が変わる
可能性が高いのに、もったいないのではないだろうか?>

 まあ、選挙で惨敗しているので、その結果責任を考えれば、
少なくとも幹事長や選対関係者などの執行部ぐらいは、責任を
とるべきなのではないかという意見は、党内からも出るのでは
ないかと思うのだけど・・・。<枝野幹事長も、個人の思いと
しては、辞めるべきだと考えたみたいだけどね。(・・)>

 菅首相は、枝野幹事長ら執行部にも、役職&仕事を続ける
ようにと言ったとのこと。
 ただ、後述するように、近いうちに、党全体で、参院選の総括
を行なう予定なので、それが終わってから、執行部が責任をとる
可能性もあるのではないかと思われる。^^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 この菅首相の判断に対して、小沢一郎氏に近い議員からは、
かなり厳しい声が出ているという報道もあるのだが・・・。
<匿名では「菅は、頭を丸めて、お遍路に行って来い」とか「枝野
はすぐ辞めるべき」という発言が出ていたようだけど。^_^;>

 たとえば、小沢グループの松木謙公議員はTVの取材に答えて
「菅首相はまじめな方ですから、(消費税について)ちょっと
しゃべり過ぎたかなのかな。執行部に責任があるのは当然のこと
だと思います。(小沢氏には)もちろん時期が来れば、私は
(代表選に)出てもらいたいと思っています」と、坦々と語って
いた。<発言部分は、NNN12日より>

 mewが見る限り、「菅首相はまじめ・・・」の部分は、や~ん
わりとした皮肉&批判にとどめている感じがあるし。今すぐ執行部
の責任を問うという感じは受けなかった。(・・)

 また、小沢氏の側近である高嶋参院幹事長も、役員会に出席
して、このような意見を述べていたという。

『会議後に会見した高嶋良充・参議院幹事長によると、「落選した
候補者など全議員の意見を聞いて、幹事長と選挙対策委員長が
中心になって総括をやろう、と私から最初に言った。全役員も
(総括を)やっぱりやるべきだと述べた」という。

 総括の具体的内容について、高嶋参院幹事長は、「参議院の
候補者の意見も聞き、役員会で原案を作成したうえで両院議員総会
で確認することになると思う」と述べた。報道されている枝野幸男
幹事長らの責任問題については、「これだけの敗北を喫したのは
執行部全体の責任。執行部だけでなく、参議院の選挙の留守を
預かった私の責任でもあるし、全体で総括をし、その結果に
もとづいて、責任問題があるなら(個別に)それで対応したら
いい」と述べた。<ロイター12日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ  ←ポチッと応援、よろしくです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←もう一押し、お願いします。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆





 今回の参院選の敗因を含め、このあたりのことは、もし機会が
あったら、またゆっくり書きたいと思っているのだけど・・・。

 いずれにせよ、今回の参院選の敗因を、民主党が、しっかり分析、
総括することは、mewも必要だと思うし、賛成だ。(・・)

 まあ、今回の大きな敗因の一つは、菅首相が唐突に消費税の話を
持ち出したこと&説明がまずかったことがあるとは思うけれど。
 mewは、それだけが敗因だとは思わないし。党内外からも、
色々な見解が出ているという。

『小沢一郎前幹事長に近い中井洽国家公安委員長は、敗北の責任
について「全国会議員が共同で負わないといけない」と指摘。9月
の党代表選については「内紛をやっていると思われるのは一番
まずい」とし、「自分の地元(の勝敗)がどうなっているか考えて
発言してほしい」と小沢氏系議員の執行部批判をけん制した。
<時事通信13日より>』(全文*1)

『岡田克也外相は11日夜、日本テレビの番組に出演し、参院選
で民主党が議席を減らす見通しとなったことについて、「それぞれ
責任を感じなければいけないが、この前選んだばかりの(党)
執行部で短期間でここまで実績を残した」と評価。「批判が出る
ということは私には考えられない」と述べ、菅直人代表ら民主党
執行部を擁護した。<朝日新聞11日>』

『連合の古賀伸明会長は12日の記者会見で、菅直人首相の続投に
ついて「日本の首相がころころ代わるということが、国際的にも
国内的にもあっていいのかという思いはある」と述べ、理解を
示した。
 民主党の参院選敗北について、「首相の消費税問題に対する提起
と対応が一つの大きな要因だ」と指摘。さらに「この10カ月の
政権運営などで、国民が民主党政権に対して不安を感じていたこと
も事実だ」との見方を示した。<時事通信12日>』

 また、北澤防衛大臣は、「消費税の増税を戦略的に使い損なった
のが大きいが、総理大臣がいちいち責任をとって、四季折々に
代わるようでは困る」と、首相の続投を支持。
 しかし、「勝敗の鍵を握っていた1人区に全勢力を注げるよう、
定員が複数の選挙区に原則2人の候補者を擁立する戦略を、
幹事長が代わっても転換できなかったのが大きなまちがいだ。
これだけ負けたということになれば、何らかのけじめが必要だ」
執行部の責任を問うことについて言及していた。
<発言部分は、NHK13日より>(全文*1)

* * * * * 

 もともと6月はじめに菅直人氏が首相になる時点では、30議席
とれないかも知れないと言われたぐらい、鳩山内閣や民主党に
対する支持率が低下していて、党への信頼や期待を失っていたこと
も全く影響していないとは言えないだろうし。
 
 しかも、枝野幹事長らが選挙対策を引き継いだのも、選挙の
直前、1ヶ月前になってからのことだ。<しかも、コレまでの経緯
や戦略、大事な事項などの引継ぎは、ほとんどなくて、かなり困惑
させられたらしいとの話も・・・。^^;>
 それを考えると、枝野幹事長らだけに敗戦の責任があるのか
どうか、疑問視する声もある。(・・)

 というのも、昨秋から、約8ヶ月の間、小沢幹事長が中心と
なって、候補者選びや、選挙準備を行なっていたわけで。党内や
県連などからは、候補者の選び方や戦術に問題があったのでは
ないかという意見も少なからず出ているからだ。(~_~;)

<2人区に2人擁立した件では、2人共倒れという最悪のケースは
まぬがれたものの、1人めの現職が苦戦して過分な労力や費用が
かかったことから、議員や県連と本部の関係が悪化している。
 小沢氏が意図したほど、2人めの候補や比例のタレント候補など
が票がとれず、結局、比例選にプラスにならなかったことを
指摘している人もいた。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ  ←ポチッと応援、よろしくです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←もう一押し、お願いします。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 まあ、もし小沢氏が、検察やマスコミ攻撃を受けず、もっと自由
に活動できたり、最後まで、幹事長or他の要職について選挙対策を
行なうことができたりしたなら、もう少し結果は違っていたのでは
ないかという見方もあるし。
 執行部が、もうチョット小沢氏の協力や助言を得られるような形
を作れればよかったかな~と思う部分もあるのだが・・・。
<でも、小沢氏の方が、協力する気はなかったような感じも。^^;>

 mew的には、ずっとブログにも書いて来たように、せめて大事
な選挙戦の最中ぐらいは、党内が一致団結して、選挙に取り組んで
欲しかったし。
 小沢氏が、支持者やTVカメラの前で、党の代表の方針や発言を
繰り返して、足を引っ張るようなことをしたのは、本当に残念で
ならないし。それも、今回の敗戦の大きな要因の一つなのではないか
と思っている。(・・)

<どちらの主張に賛同できるかということより、党内から強い批判
の声が出たり、党内で対立があって不安定な感じが伝わったりする
と、投票んは大きなマイナスになってしまうのよね。(-"-)>

* * * * *

 話を戻すと、前記事でも書いたように、今、小沢氏が久々に、
どこにいるかわからないという得意の(?)雲隠れ状態にあるため、
果たして、小沢氏自身が、今後の党内運営に関して、どのような
考えを持っているのか、全くわからない状況なのだけど。^^;

 雲隠れ中は、ひとりで戦略を練ったり、水面下で色々な人と
会って何かの協議や準備をしたりする場合もあれば、近時は、
体調維持のために休養をとっている場合もあるとのこと。

 今年にはいってから、検察やマスコミの攻撃、検察審査会の
「起訴相当」の議決によるショックなどが続いた上、5月には、
普天間問題、社民党の連立離脱など、ついには小沢氏も幹事長辞任
をせざるを得ないような大問題が続いて、心身ともに、かなり
疲れているのではないかな~と、案じてしまう部分もある。(・・)

 おそらく小沢氏は、今、多少、休みながらも、今後の連立相手の
ことや、9月の代表選のこと<自分が立つか、誰かを立てるか>
を考えているのではないかと思うし。さらに、その後の様々な
ケースまで、予測&対応を考えているかも知れない。^^;
 また、2つの検察審査会で、「不起訴相当」の議決が出るまでは、
動きがとりにくいところもあるのも実情だ。

 それゆえ、mewは、小沢氏は、今、すぐに、菅首相&内閣の
総辞職や執行部全員の入れ替えを、強く求めたりすることはないの
ではないかな~と察している。(**)

 そして、菅氏と小沢氏が歩み寄ってくれることを、今でも、
心のどこかで期待しつつも、菅民主党の行く末や国政への影響
を案じているmewなのであった。(@@)
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 







『菅直人首相は13日午前の閣議で、参院選での民主党敗北を受けて「(消費税に関する)自らのやや唐突感を与えてしまった発言もあって、(気持ちが)重い選挙をさせてしまった」と釈明した。その上で、「これを新たなスタートとして頑張りたい。内閣で一致して求心力を高めて、国の抱える課題の解決、改革を進めていこうと決意しているので、協力をよろしくお願いしたい」と述べた。
 閣議後の記者会見では、各閣僚から首相を擁護する意見が相次いだ。ただ、北沢俊美防衛相は「四季折々に首相が代わるようじゃ困る」と述べる一方、「これだけ負けると、党の方でなにがしかのけじめがないとぴりっとしない」と述べ、枝野幸男幹事長ら民主党執行部が何らかの責任を取るべきだとの考えを示した。 
 小沢一郎前幹事長に近い中井洽国家公安委員長は、敗北の責任について「全国会議員が共同で負わないといけない」と指摘。9月の党代表選については「内紛をやっていると思われるのは一番まずい」とし、「自分の地元(の勝敗)がどうなっているか考えて発言してほしい」と小沢氏系議員の執行部批判をけん制した。山田正彦農林水産相も「(敗北は)われわれ共同の責任だ」と述べた上で、党の結束を呼び掛けた。
 前原誠司国土交通相は「(首相の)消費税の発言だけに敗因を求めていたら、本当の選挙の総括はできない」と強調。原口一博総務相も「首相の消費税発言だけに矮小(わいしょう)化すべきではない」と指摘し、枝野幹事長の続投については「首相の決定を支持したい」と表明した。
 首相に近い荒井聡国家戦略担当相は参院選の結果について「民主党10カ月の政権への評価だ」と述べ、「苦しくても党全体で(菅政権を)支えていく姿勢がぜひとも必要だ」と訴えた。鳩山由紀夫前首相に近い小沢鋭仁環境相は「選挙の責任者は幹事長であり選対委員長だ」としつつも、「就任して1カ月たったかたたないかで、責任論というのもかなり酷な話だ」と枝野氏らをかばった。(時事通信13日)』

* * * * *

『北澤防衛大臣は、閣議のあと記者団に対し、参議院選挙で民主党が敗北したことについて、「何かしらのけじめが必要だ」と述べ、党執行部は体制の見直しを含め責任を明確にすべきだという考えを示しました。

この中で北澤防衛大臣は、参議院選挙で民主党が敗北したことについて、「消費税の増税を戦略的に使い損なったのが大きいが、総理大臣がいちいち責任をとって、四季折々に代わるようでは困る」と述べ、菅総理大臣は続投すべきだという考えを示しました。一方で北澤大臣は「勝敗の鍵を握っていた1人区に全勢力を注げるよう、定員が複数の選挙区に原則2人の候補者を擁立する戦略を、幹事長が代わっても転換できなかったのが大きなまちがいだ。これだけ負けたということになれば、何らかのけじめが必要だ」と述べ、民主党執行部は、体制の見直しも含め責任を明確にすべきだという考えを示しました。これに対し、蓮舫行政刷新担当大臣は「今回の選挙結果を受けて執行部が引責をすることで、何か生まれるのか。参議院では、これから相当厳しい局面が想定され、党内が一致団結すべきときに、責任論で時間を費やすべきではない」と述べました。また、長妻厚生労働大臣は「菅内閣が発足して1か月余りということもあるので、今の体制を責任を持って続けていくべきだ。今回の選挙で国民から指摘されたことはしっかり分析して、改善すべき点は改善していくことが必要だ」と述べました。さらに、川端文部科学大臣は「幹事長は党の代表が専権的に指名するものなので、周りの者がとやかく言うことではない」と述べ、民主党の代表選挙までは今の執行部体制を維持するとした菅総理大臣の方針を支持する考えを示しました。一方、中井国家公安委員長は「国会で、十分に法案修正や手順の話し合いを、今まで以上にていねいにやることしかない。そういうことがやれる党の体制を皆で考えてほしい。内紛をやっていると思われることがいちばんまずいのではないか」と述べました。<NHK13日>』
by mew-run7 | 2010-07-13 15:59 | 民主党、民進党に関して

by mew-run7