人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

小沢に4回目の事情聴取の要請か?+小沢、岩手県連の会長を受諾

  これは、今日2本めの記事です。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


まず、東京地検特捜部が、小沢一郎氏に4回目の事情聴取を
要請する方針であることがわかった。(・・)

 東京地検は、3人の秘書らにも事情聴取を行なう予定で、既に
石川知裕氏は、聴取に応じることを承諾をしているという。

『民主党の小沢一郎前幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる
政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は、東京第1検察審査
会が「不起訴不当」と議決した小沢氏に対し、改めて任意での事情
聴取を要請したことが23日、関係者への取材で分かった。小沢氏
が聴取に応じれば4回目。

 特捜部は、元私設秘書で陸山会の会計事務担当だった衆院議員、
石川知裕被告(37)=同法違反罪で起訴=と元公設第1秘書で
元会計責任者の大久保隆規被告(49)=同=、元私設秘書で
元会計事務担当の池田光智被告(32)=同=の元秘書3人にも
再聴取を要請した。石川被告は応じる意向を示している。
<産経新聞23日より・全文*1>

* * * * *

 これは、8日に東京第一検察審査会が、07年度分の政治資金
収支報告書の虚偽記載に関して、小沢氏に「不起訴不当」という
議決を出したことを受けてのもの。

 詳細は、『小沢氏「不起訴不当」検察審の判断部分全文(読売
新聞)
』をご覧頂きたいのだが・・・。

 この議決で、検察審査会はこのような要求をしている。

『当検察審査会としては、こうした見地から次の各点について
再捜査を求める。

 (1)本件動機に重大なかかわりがあると思われる水谷建設
からの資金提供について、これを否認する石川被告に対する取り
調べを含むさらなる追及をすること。

 (2)大久保、石川、池田の3被告と小沢氏について、自分の
行動を記録しているはずの手帳やメモ等の提出を求め、事実関係の
裏付けをとること。

 (3)小沢氏に対する取り調べは回数もわずか3回であり、調書
の内容も「秘書がそんなことを言っているとは信じられない」で
終始している感があるなど、追及不足という印象を免れないので、
改めて、詳細な取り調べを行うこと。

 これらの再捜査を経ない限り、検察官の不起訴処分を支持する
ことは到底不可能であり、本件不起訴を不当と考える次第である。
<産経新聞15日の議決要旨より>』

* * * * * 

 東京地検の中には、既に捜査は尽くしたとして、聴取を不要だと
考える者もいたようだが・・・。

<「不起訴不当」の議決の場合、第5検察審査会の「起訴相当」と
違って、ここで東京地検が、もう1度「不起訴処分」を出して
しまえば、それで終わりだしね。(・・)>

 国民参加の司法制度である検察審査会の議決を、あまりに無視or
軽視すれば、それはそれで批判されてしまうおそれもあるので、
とりあえずは、聴取を行なった方がいいという結論に達したのでは
ないかと思われる。(**)

 また、東京地検は、秘書らの公判で、水谷建設からの不正資金
授受を立証するつもりでいるようなので。<これが、脱税捜査に
つながるおそれがあることに留意。>
 ついでに、その件について、もう少し聴取を行ってみたいと
考えた可能性もある。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ  ←ポチッと応援、よろしくです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←もう一押し、お願いします。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、水谷建設からの資金の件は、受け取った当事者とされて
いる石川知裕氏が、断固として否定しており、今回の検察審査会の
議決も、強く批判している。(ーー)

『石川被告は、東京第1検察審査会が指摘した水谷建設(三重県
桑名市)からの「裏献金」疑惑については「とんでもない」と
あらためて否定。「検察審査会は裁判所ではない。在り方をもう
一度考える時期が来る」と検察審査会に対する批判も口にした。
<産経新聞23日より・全文*1>』

 mewは、実際、起訴した犯罪事実の直接の対象とはなって
いない水谷建設の事案に、検察審査会が言及することには
疑問を覚えるし。
 メディアがこれだけ取り上げると、本来は、起訴するかどうかを
決める機関なのに、何だか有罪かどうか決めるような人民裁判的
な機関になっているような感じがあるのも問題だと思っている。(-"-)

* * * * * *
 
 小沢氏の件で検察審査会の制度が広く知られるようになり、
そのあり方が疑問視されることも少なくないのだけど・・・。

<著名人やマスコミで既報の事案は、イメージや感情に左右される
部分が強いのではないか。法解釈や事実認定が困難なケースを法の
素人が判断できるのか。検察官や補助の弁護士の考え方、説明の
影響を受けやすいのではないか・・・などなど。>

 ただ、「では、検察がそんなに全面的に信頼できる機関か?」
「有力者やその家族、知人などに対して、疑問に思われるような
安易な不起訴処分(起訴猶予含む)は行なっていないか」と
考えてみると、やはり、このような第三者的な機関は必要なの
ではないかと思うし・・・。

 この件を、国民全体も含めて、法務省や司法関係者が、検察審査
会の問題点を見直すいい機会にもして欲しいと思っているmew
なのだった。(@@)
              
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
  
 そして、20日にアップした『小沢が岩手の県連会長に?・・・』
の続報になるのだが・・・。

 小沢一郎氏が、地元・岩手の民主党県連の要請を受けて、県連
の会長に就任することが決まったという。(・・)
<ただし、「暫定的」らしい。^^;>

『 民主党の小沢一郎前幹事長は22日、東京・永田町の衆院議員
会館で、党県連の工藤堅太郎代表、佐々木順一幹事長と会談し、
工藤氏の後任の県連代表への就任を受諾した。県連は近く総務会を
開き、小沢氏の県連代表就任を正式に承認する。

 小沢氏の任期は来年3月頃に実施される県連大会まで。その他の
県連執行部の人事は小沢氏に一任される。佐々木氏は、議員会館で
記者団に対し、「小沢氏は会談で『(県連の総意という)そういう
要請であれば受ける。ただし暫定的にだ』と話した」と述べ、
小沢氏の就任は来年の統一地方選に向けた態勢作りが主眼との見方
を示した。
   ◇
 県連の限界露呈小沢氏の県連代表就任は、来年に統一地方選を
控える県連にとっては、参院選での工藤堅太郎氏の思わぬ落選で、
改めて結束を確認する必要に迫られたものだ。

 小沢氏は現在、菅執行部に距離を置く。小沢氏にとっても、
改めて「小沢王国」の盟主であることを誇示することで、基盤を
固め直すことになり、9月の代表選で菅首相に対抗する意味でも
意義は大きい。

 ただ、小沢氏は地元に戻ることはまれだ。実際には、小沢氏の
下の執行部の舵取りがカギになる。自らの「政治とカネ」の問題で、
強制起訴される不安も抱える小沢氏に頼らざるを得ない県連の
限界を図らずも露呈したとも言える。<読売新聞23日>』

* * * * *

 前回も書いたように、「小沢王国」と呼ばれる岩手県連は、
先日の参院選で、県連会長が落選してしまい、大きなショックを
受けているようで。来年の統一地方選に向けて、県連を建て直す
ためにも、小沢氏の名前や力が必要だと考えたのではないかと
思われる。

 小沢氏としても、もし9月の代表選に出馬する場合<自分の
推す候補を擁立する場合も>、県連や党員の票を固めておきたい
ところなので、県連会長を引き受けた大きな理由は、そこにある
のではないかと思うのだけど・・・。

 ただ、mewは、前回の記事で、もし小沢氏が県連会長の職を
受けた場合、民主党を離党しにくくなって、新党結成や自民党
に復党する可能性は低くなるのではないかと書いたのだけど。
 小沢氏は「暫定的にだ」と述べていたとのこと。^^;

 小沢氏としては、9~10月に、もう一つの検察審査会の議決
も控えているし。民主党や自民党の状況、新党や政界再編の動きも
かなり流動的になっているので、それらの状況によっては、あまり
急ぐことなく、ここから半年~1年ぐらい全体の様子を見ながら、
最後の一手を判断するのかも知れないな~とも思うmewなの
だった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ ベスト10落ちのピンチ。もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

 




『民主党の小沢一郎前幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる
政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は、東京第1検察審査
会が「不起訴不当」と議決した小沢氏に対し、改めて任意での事情
聴取を要請したことが23日、関係者への取材で分かった。小沢氏
が聴取に応じれば4回目。

 特捜部は、元私設秘書で陸山会の会計事務担当だった衆院議員、
石川知裕被告(37)=同法違反罪で起訴=と元公設第1秘書で
元会計責任者の大久保隆規被告(49)=同=、元私設秘書で
元会計事務担当の池田光智被告(32)=同=の元秘書3人にも
再聴取を要請した。石川被告は応じる意向を示している。

 第1検審は15日、平成19年分の政治資金収支報告書への虚偽
記載容疑に関し、「不起訴不当」の議決を公表。議決で「小沢氏に
対する取り調べはわずか3回で、追及不足という印象を免れない」
などとして小沢氏らを改めて聴取するよう再捜査を求めていた。
検察内部ではこれまでの聴取で捜査が尽くされたとの意見もあった
が、検審の指摘を重視すべきとの意見が大勢を占めた。

 特捜部は小沢氏らを再聴取した後、改めて不起訴処分にすると
みられる。小沢氏をめぐっては東京第5検審が16、17年の虚偽
記載容疑の再審査に入っており、「起訴すべき」と議決されれば
小沢氏は強制起訴される。<産経新聞23日>』
by mew-run7 | 2010-07-23 16:13 | 政治・社会一般

by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31