小沢Gが、鳩山Gを草刈場にして取り込みか?+国会質問でも党内野党が・・・

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 昨日は、菅直人氏が首相になってから初めての衆院予算委員会が
行なわれ、民主党、自民党の議員が質問に立ったのだけど。

 自民党の谷垣総裁、石破政調会長が、かなり紳士的な感じで
質問していたのに対して、むしろ首相に厳しい質問や要求をして
いたのは、民主党議員の方だった。
 何故か、質問に立った議員の多くが小沢・鳩山氏に近い&やや
アンチ菅派の議員たちだったからだ。(~_~;)
 
『菅直人首相の2日の論戦相手には小沢一郎前幹事長に近い民主党
議員が並んだ。衆院予算委員会で質問した民主党議員は6人。
そのうち、岡島一正、松原仁、山口壮の3氏は小沢グループで、
伴野豊氏は小沢幹事長時代の副幹事長。鳩山グループの松野頼久氏
は先月末、小沢グループの会合で代表選での小沢氏擁立を訴えた
ばかりだ。<朝日新聞2日より>』

 首相周辺の方も、それは十分に意識していたようで・・・
『質問は与党にしては厳しめ。官邸も「バッターがバッターだから
丁寧に準備した」(首相周辺)と警戒し、首相も丁寧な答弁に終始
した』とのことだったが。

 ねじれ国会が始まって、本来なら、政府与党がまさに一丸と
なって野党と戦って行かなければならない時なのにね~。(・・)
 でも、参院選の時のも一部に見られたことだが。代表選を控えて、
尚更に、菅首相は、国会でもどこでも、党内野党と戦わなければ
ならない状況にあるわけで。党の議員たちの見識を疑ってしまう
ところがある。(-"-)
 
* * * * *

 また、国会の外では、代表選に向けての動きが、ますます活発に
なっている。

 鳩山前首相は、TVや記者の取材で、菅直人首相の続投を支持
することを明言。自らが、小沢一郎氏との間を取り持つ役割を担う
と語っていたのだが
 特に先週から、鳩山グループと小沢グループの議員が、かなり
あからさまな形で急接近しており、鳩山グループの幹部から、
「派中派工作だ」「このままでは草刈り場になってしまう」という
懸念の声も出ているほどだ。^_^;
  
 ちなみに、鳩山首相が最も信頼する鳩山側近三人衆」と呼ばれて
いるのが、前官房長官だった平野博文氏、今も環境大臣の小沢鋭仁
氏、官房副長官だった松野頼久氏なのだが。

 先週は、松野頼久氏が、小沢グループの会合に出て、「鳩山は
一新会に支えてもらった。今度は私たちが恩返しする番だ。一緒
にやっていきましょう」「この難局を乗り切るには、小沢氏しか
いない」などと発言。
 小沢グループと合同で軽井沢での研修合宿を行なうことも約束
していたのだが・・・。 
 
 昨日は、鳩山グループの小沢鋭仁氏(環境大臣)が、勉強会を
発足したのだが。小沢グループの松木謙公氏も含め40人近くが
参加したとのこと。

 また、今日は、小沢氏側の代表選候補に名前が挙がっている
海江田万里氏も勉強会(講師を招いての講演会)を行なって、
同志を集める予定になっている。(・・)。
 
* * * * *

『小沢鋭仁環境相 鳩山由紀夫前首相のグループに属する小沢鋭仁
環境相を中心とする勉強会が2日、国会内で初会合を開いた。鳩山
グループのほか、小沢一郎前幹事長に近い松木謙公衆院議員ら衆参
国会議員約40人が出席。9月の民主党代表選をにらんだ動きと
みられ、小沢氏は会合後、記者団に「将来的には政治ビジョンの
実現に何が必要かという話は出てくるかもしれない」と語った。

 参院選大敗後、鳩山氏と小沢氏のグループには菅直人首相批判が
高まっており、勉強会発足が両グループの連携をより強める可能性
もある。呼びかけ人の一人は「(代表選で小沢氏系候補に取りざた
される)海江田万里衆院財務金融委員長を推す可能性もある」と
語った。

 呼びかけ人は次の通り(敬称略)<衆院議員>小沢鋭仁、五十嵐
文彦、城島光力、市村浩一郎、大谷信盛、菊田真紀子、高山智司、
山花郁夫、糸川正晃、北神圭朗<参院議員>羽田雄一郎、米長晴信。
毎日新聞2日より>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ  ←ポチッと応援、よろしくです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ←もう一押し、お願いします。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




『9月の民主党代表選を控え、鳩山由紀夫前首相が率いる議員
集団「政権公約を実現する会」(鳩山グループ約50人)の足並み
が乱れ始めた。6月に退陣した鳩山氏は小沢一郎前幹事長や菅直人
首相らと相次いで会談するなど影響力誇示に必死だが、グループ
幹部の小沢鋭仁環境相、海江田万里衆院財務金融委員長は代表選
出馬をにらみ、それぞれ動きを活発化させる。グループには「この
ままでは草刈り場になってしまう」(幹部)との懸念の声も出て
いる。

 小沢鋭仁氏は2日午後、国会内で勉強会「21C国家(像)
モデル研究会」(国家研)を立ち上げた。出席議員は約40人。
小沢一郎氏の側近である松木謙公国対副委員長も顔を出した。
小沢鋭仁氏は会合後、「政策ビジョンを実現するのに何が必要か
という話は将来出てくるかもしれない」と代表選出馬に含みを
持たせた。

 これに対し、グループでは「派中派工作だ」(古参幹部)との
批判もある。小沢鋭仁氏は鳩山氏から勉強会設立の了解を得たと
するが、「鳩山氏は本音では勉強会に反対している」との話も
流れており、神経戦の様相を呈している。

 一方、グループに所属する海江田氏も代表選出馬に関し、「予算
委員会の議論をよく聞いて判断する」と含みを持たせる。3日には
作家の辻井喬氏を招いた講演会を計画しており、これも代表選への
布石だとみられている。

 ただ、海江田氏は6月の代表選で小沢一郎氏周辺から出馬を打診
された経過があり、「海江田氏は本籍は鳩山グループだが、現住所
は小沢グループ」(中堅)と冷ややかな声もあり、グループが結束
して推す可能性は少ない。

 鳩山グループには菅首相に人事で冷遇されたとの不満があり、
それがさまざまな動きの伏線となっている。代表選でグループから
誰も出馬しなければ“草刈り場”になりかねない。かといって小沢
鋭仁、海江田両氏がともに出馬すれば分裂含みとなる。そんな焦り
は募るばかりだが、鳩山氏の意向がはっきりしないこともあり、
動きに統一感はない。

 鳩山氏側近の松野頼久前官房副長官は7月29日、小沢一郎氏の
影響下にあるグループの会合に出席し、「やっぱり小沢一郎さん
しかいない」と持ち上げ、8月19日に長野・軽井沢で開く勉強会
への参加を呼びかけた。

 鳩山、小沢両グループが連携すれば、勢力は200人を超え、
代表選の主導権を握ることができる。そんな思惑が見え隠れするが、
鳩山グループは結束力が乏しいだけに「へたな動きをすれば小沢
グループにのみ込まれかねない」(中堅)との声もある。
<産経新聞2日>』

* * * * *

 彼らの中には、政策的な面で菅首相と合わず、小沢派と組んだ
方が自分たちの考えに近い政治ができると思っている議員も、
もちろんいるとは思うけど。

 でも、mewの目には、何だか、もし新政権になった場合、
その後の首相や大臣、執行部役員のポストのことをアタマに
おいて、小沢グループと手を組んだ方が得策だと思い、小沢派と
手を組もうとしている<小沢派に取り込まれそうになっている?>
議員も少なからずいるような感じに見える。(~_~;)

 実は、小沢グループは、150人前後と人数だけはかなりいるの
だけど。その多くは、07年の参院選、09年の衆院選で初当選
した新人議員や3~4回生以下の議員で、大臣や役員の候補に
なれそうな5回以上当選経験のあるような議員が、そんなにいない。
<小沢氏に近いとされていた中堅~ベテラン議員は、小沢氏が
新進党を強引に解散した時や、自由党が分裂した時に、他の党に
移ってしまったのよね。^^;>

 それゆえ、鳩山グループの議員が小沢派の候補を支持すれば、
いいポストにつけるチャンスが大きくなるのである。(+_+)

* * * * *

 先日、知人が「最近、民主党の代表選に関するニュースを見て
いると、何だか自民党の派閥間の争いにみたいな感じになって
来ちゃっているね~」と言っていたのだが・・・。^_^;

 以前の民主党のグループは、本当にゆる~い感じの勉強会&
サークル的な感じだったし。<枝野くんなんて、何か完全に
相反するような前原Gと菅Gの両方に参加してたりして?^^;>
 野党には、与党ほど魅力的なポストがたくさんないので、
猟官運動や論功行賞争いなんかも起きようはなかったのだけど。

 やっぱ小沢自由党と合流したことや、与党になったことで、
民主党にも自民党的な部分が、かなりはいり込んでしまった感じ
があるかもな~と思うmewなのだった。(@@)

                 THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 





『9月の民主党代表選で、菅直人首相(63)の続投を阻止する対立候補に、海江田万里衆院財務金融委員長(61)が急浮上してきた。「反菅」姿勢を強める小沢一郎前幹事長(68)のグループが有力視しており、海江田氏本人も出馬に含みを残している。参院選大敗で輝きを失った菅首相に代わり、「衆参ねじれ」国会を主導するつもりなのか。

 「(候補者は)複数になるのが望ましい」

 海江田氏は1日、菅首相の無投票再選に反対する意向を示した。

 そのうえで、自身の出馬については、「両院議員総会で、なぜ首相が続けたいのかの話がなかった。国会の予算委員会でそれを聞くまではどうこう言えない」と語った。フジテレビ系「新報道2001」や都内での記者団の質問に答えた。

 「ポスト菅」に急浮上してきた海江田氏は1949年、東京都生まれ。慶應大学卒業後、税金党を率いた野末陳平氏に師事し、テレビや週刊誌などで経済評論家として活躍。93年に日本新党から衆院選に出馬して初当選。96年に旧民主党結党に参加し、政調会長などを歴任した。当選5回。

 鳩山由紀夫前首相(63)のグループに所属するが、小沢氏が進めた政治改革を党内で担当したため小沢氏にも近い。さらに、旧社会党の故・山花貞夫委員長が立ち上げた市民リーグに一時所属した関係で、旧社会党勢力とも良好な関係を築いている。

 現時点で、菅首相の再選を支持しているのは、菅グループ(約50人)と、前原誠司国交相(48)のグループ(約30人)、野田佳彦財務相(53)のグループ(約30人)。

 これに対し、海江田氏を支持しそうなのは、6月の代表選でも海江田氏を担ごうとした小沢グループ(約150人)と、旧社会党グループ(約30人)の一部だ。

 単純計算では、海江田氏支持が多いようにも見えるが、民主党のグループは結束が緩く、複数のグループに重複所属している議員が多いため、確定的ではない。注目すべきは、鳩山グループ(約50人)と旧民社党グループ(約40人)の動向だ。

 鳩山氏は個人的に、菅首相の再選を「条件付き」で支持する意向を示しているが、側近の松野頼久前官房副長官(49)は先日、小沢グループの会合に出席して、小沢氏の代表選出馬を促すなどキナ臭い動きをしている。旧民社党グループを率いる川端達夫文科相(65)も「閣僚の職務に全力を挙げるが、代表選とは直接関係しない」と述べるなど、菅再選に一定の距離を置く姿勢を見せているのだ。

 同党ベテランは「菅首相周辺は『短期間で首相を代えるのは好ましくない』というが、重要なのは政策を進める力があるかどうかだ。『衆参ねじれ』の中では、予算と条約以外の法律は一本も通らない。日本はますます世界から脱落する。海江田氏や支持グループに『ねじれ解消』の秘策があるなら、勝つ目はある」という。

 こうした中、海江田氏は3日、勉強会を立ち上げる。注目すべきは参加議員と会場だ。勉強会には、鳩山グループだけでなく、小沢グループの議員も参加。会場は、旧社会党グループを率いる横路孝弘衆院議長(69)が議長公邸を提供するという。<夕刊フジ2日>』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/13039701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from はみ出し教師の考え at 2010-08-04 09:13
タイトル : なぜドラッカーはハーバードからの誘いを4回も断ったのか?
 「ドラッカー流 最強の勉強術(中野明著、祥伝社新書)」という本を読んだ。  この本の中には、ドラッカーが、ハーバードビジネススクールからの誘いを4回も断ったというエピソードが出ていて興味深い。  誘いを断った理由は「ドラッカーは現場での体験を大変重んじたから... more
by mew-run7 | 2010-08-03 12:57 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)