菅の早朝特訓?+川田龍平が菅に質疑+党内工作より国民の支持獲得を

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 30日から行なわれていた臨時国会が、昨日6日、閉会した。

 ちなみに、今国会では、メディアから批判が強かった参院議員
の歳費に関して、初当選した議員らが7月の議員歳費を日割りで
返納できるようにする法律が、4日に衆院本会議、6日に参議院
本会議で可決され、成立した。(**)

 今国会では、菅首相が、参院選でねじれ国会になった後に
迎えた2~5日に行なわれた衆参の予算委員会で、どのような
対応を見せるかに注目が集まっていたのだが。
 多少、厳しい質問がとんだものの、何とかうまくしのいで、
ほっと一息というところなのではないだろうか?(・・)

* * * * *

 菅首相は、ぶら下がり質問の場などで、「ともかく今は予算
委員会で精一杯だ」と繰り返し、語っていたのだが。
 mewは、たまたま新聞で首相の動静を見て、それもそのはずだ
と思ってしまった。

 日によっては、朝の5時台から官邸スタッフが公邸にはいって、
仕事をしていたからだ。おそらく、予算委員会の答弁の準備や
打ち合わせを行なっていたのだろう。(・o・)

 2日こそ、その前の土日に少しは、準備を行なえたためか、
『【午前】7時32分、公邸に古川、福山両官房副長官、阿久津、
寺田両首相補佐官。8時52分、国会。9時、衆院予算委員会。』
になっていたのだが。<それでも、出勤前に、1時間半ほど、
スタッフと打ち合わせをしているけど。>

 3日は『【午前】5時49分、公邸で古川官房副長官。59分、
福山官房副長官、阿久津、寺田両首相補佐官加わる。8時24分、
国会。31分、閣議。9時、衆院予算委員会。』

 4日も、『【午前】5時49分、公邸で阿久津首相補佐官。
56分、古川、福山両官房副長官、寺田首相補佐官加わる。8時、
福山、寺田両氏残る。48分、国会。59分、参院予算委員会。』

 5日が『【午前】6時16分、公邸で古川、福山両官房副長官、
阿久津、寺田両首相補佐官。8時49分、国会。9時、参院予算
委員会』となっている。

* * * * *

 政治主導を目指す民主党政権は、自民党政権時代のように、官僚
が事前に質問者に質問とりに行って、首相や大臣の答弁書を用意
しておき、国会でそれを読むだけという悪しき慣習を変えることに
したのだが・・・。
 その分、首相や閣僚、そのスタッフは、翌日の答弁の準備に
多大な時間と労力をかけなければいけなくなっているのである。^^;

 しかも、菅首相は、以前も書いたけど、負けず嫌いのところが
あるので、おそらく、質問者にエラそ~な態度でやり込められたり、
メディアなどに役人の原稿を読んでいると言われたりするのが、
イヤだったに違いない。(~_~;)
<野党だけでなく、与党の質問者も、アンチ菅首相の立場の人が
多かったので、尚更だったりして?(@@)>

 今国会でも、菅首相のことを元気がないとか、眠そうだとか
けなす声がきかれたのだが。
 首相には、国会の対応だけでなく、他にも様々な仕事や勉強を
する必要があるだけに、この何日かは、夜は遅くまで、朝は早く
から、まさに精一杯の日々だったのかも知れない。(~_~;)

* * * * *

 ただ、菅首相の答弁は、全体的には無難なものが多かったような
感じがあるけど。
 30日に行なった会見も含めて、自分の考えを、できるだけ
わかりやすく国民に伝えようという意識を持って、丁寧に語る
努力をしているようにも思えた。(・・)

<mewの知人の中には、参院選の時は、消費税のことでガタガタ
していて、菅氏が何がやりたいかよくわからなかったけど。会見や
国会のニュースを見て、以前より、菅氏の考えが理解できるものも
あったと言っていた人もいた。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 そして、ようやく臨時国会が終わって、菅陣営も、ここから
遅ればせながら(?)、本格的に代表選の準備をすることに
なるのだろうけど。(~_~;)
 
 菅グループは、もともと結合もゆる~い感じで、組織力が
あるわけでもないし。ましてや、選挙対策や党内工作が得意な
人もいそうにないし。^^;
 しかも、菅氏に近い議員は、官邸や内閣のスタッフにはいって
いる人が多いので、あまり自由に動けないような感じがある。(~_~;)

 他方で、小沢グループや鳩山グループの激しい動きを見ている
と、おそらく党内の議員、県議、党員などの取り込み合戦では
ほとんど勝ち目はないように思われる。(-_-)

 そのような状況の中、もし菅首相が再選できる要素があると
したら、もう国民からの理解、支持、期待を高めるしかないの
ではないかな~と思う今日この頃なのだ。(・・)

* * * * *

 もともと菅直人氏が、小政党出身で、資金力もなく、バックに
大きな支持団体もついているわけでもないのに、何回も党代表や
要職につくことができたのは、国民からの期待や注目度が高かった
からにほかならないわけで。ある意味では、それは唯一の大きな
武器だと言えるのではないかと思うし。

<厚生大臣時代の薬害エイズ問題とか、小泉元首相との党首
討論とかでは、かなり注目されて、次期首相候補の上位の
常連になっていたしね。(・・)>

 それに、来年4月に、全国で統一地方選が行なわれることを
考えると、地方の選挙に関わっている国会議員、県議、党員などは
「選挙の顔になり得る人」ということをかなり意識して、投票する
候補を決めることになるのではないだろうか?(**)

 菅首相は、参院選では思ったほど議席がとれなかったし。内閣
支持率も40%前後しかないのだけど。^^;
 でも、菅氏の首相続投を望む国民が、8割前後いるのも事実
だし。特に、もし支持率がもう少し上がって、不支持率を上回れば、
投票者たちも菅氏を軽視しにくくなることだろう。(@@)

<小沢氏は、選挙は強いけど、支持率がとりにくい&メディアに
叩かれるおそれも。海江田氏や樽床氏、小沢(鋭)氏などは、
知名度も乏しい上、地方ウケしないように思うしね~。(-"-)> 
 
* * * * *

 先日も書いたけど。ほとんど自民党政権の派閥争いや総裁選と
変わらないような、民主党の議員たちやグループの動き&発言を
見ていると、「何だかな~」という感じがあるし。
 しかも、誰と誰がくっついたとか離れたとか、誰の代わりに
誰が立つとかみたいな話が続いたら、そのうち辟易として来る
国民も増えるのではないかな~という気もするし。(・・)

 以前からの繰り返しになってしまうけど。菅氏には、そういう
ドロドロした争いとは少し距離を置いて、菅氏らしく、あくまで国民
の方を向いて、活動をして欲しいと願っているmewなのである。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 話は少し変わるけど、今国会では、チョットしみじみさせられる
シーンがあった。(ノ_-。) 

 5日の参院予算委員会で、みんなの党の川田龍平議員が、質問に
立ったからだ。

 菅首相は、94年に橋本政権の厚生大臣を務めていた時に、薬害
エイズの問題の解決に大きな役割を果たしたことで知られているが。
 そのきっかけになったのは、妻の伸子さんが、薬害エイズ感染に
苦しむ川田龍平氏親子の話をきいて、「こんな問題を放っておいて
いいのか」と菅氏に伝えたことだった。(・・)

 当時、19歳だった川田龍平氏は、その後、治療を受けながら
大学を卒業して、様々な活動をしていたのだが、07年の参院選
に無所属で出馬して当選。昨年、「みんなの党」に入党。そして、
今回、国会の場で相対することになったのである。(@@)

* * * * *

 川田氏は、質問の冒頭に、「菅さんには感謝しています」と
厚生大臣時代に世話になった時の話を持ち出すと、菅首相も
感慨深げにそれに応じて・・・。

『「こんな形で議論でき、いろんな思いがある」と語りかけ
「私がこの立場にあるのも、(同問題で)一定の評価をいただいた
ことが大きな力になった」と謝意を示した。当時を振り返り
「妻に、あなたは国会議員なのに何もしていないと詰め寄られて」
と述べ、涙で言葉を詰まらせる場面もあった。<日刊スポーツ
6日より>』

 ただ、その後『川田氏は「菅政権は天下りを認めてしまっている。
がっかりしている。菅さんは、厚相だった時とは違ってしまった」
とも。
 これに対し、首相は「野党時代が長く、追及する活動が長かった。
首相は、総合的な力で物事を進めないといけない。もしかしたら、
エッジ(鋭さ)がなくなったとみられるところがあるかもしれない
が、基本的な政治の考え方を変えたつもりはない」と懸命に理解を
求めた。<東京新聞6日より>』

* * * * *

 mewは、古くから菅氏を応援しているのだが。
 薬害エイズ&肝炎の問題にも関心が強いこともあって、川田龍平
氏にもガンバって欲しいと思い、07年の参院選で、東京選挙区に
出た時には一票を投じている。(・・)
<『参院選では、とくらたかこさんと川田龍平氏を応援します!
参照>』

<川田氏は、血友病の治療経過中にC型肝炎ウィルスにも感染した
が治療を経て治癒。07年11月現在、HIV感染に伴うエイズは
未検出だとのこと。"^_^">

 mew的には、もしできるなら、川田氏がいずれ民主党にはいり、
菅氏や福田衣里子氏らと共に、薬害その他の問題に取り組んで
欲しいという気持ちもあったのだけど。<実際、民主党からも
かなり誘われていたみたいなんだけどね。(・・)>

 川田氏は、薬害エイズ問題も官僚主導が大きな要因であったこと
から、行政改革を第一の政策に上げていて、各自の自由な活動を
認める「みんなの党」に魅力を感じた様子。
 小沢体制の民主党が、風通しが悪く、1回生議員が自由に活動
しにくい状況にあったことや、議員立法なども禁じられたこと、
また労組などがバックについていて、しがらみがあることなどに
抵抗を感じたのも、他党を選んだ理由になったようだ。^^;

 正直なところ、個人的には「みんなの党」には、あまり魅力を
感じていないのだけど。<もう「アジェンダ」って言葉をきくだけ
で、「ウザッ」て感じもあったりして。^^;>

 ただ、川田龍平氏には、これからも是非、政治家として、いい
活動を続けて欲しいと願っているmewなのだった。"^_^"

                  THANKS 


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2010-08-07 06:14 | 民主党、民進党に関して