小沢Gの新人取り込みの動きが激化+鳩山Gも主導権どりを模索~自民党化しつつある民主党


  これは今日2つめの記事です。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


  民主党内の代表選に向けての動きは、ますます活発に。
 特に、先週から今週にかけて、党内の議員413人中、1/3を
占める衆参当選1回の議員たちの囲い込み運動が盛んになって
いる。(@@)

 とはいえ、菅首相のグループは、前記事に書いたように、江田
五月前参院議長の慰労会として、40人ほどが集まったぐらいで、
さしたる動きは見せておらず。^^;
 やはり、小沢一郎氏に近い議員やグループや鳩山グループなどの
言動が目立つ。(~_~;)

 中でも、小沢氏の側近である山岡賢次氏(副代表)が、かなり
頑張っている感じがある。(**)

<ちなみに、山岡氏は、今月から入居が始まった新しい衆院議員
会館でも、旧会館に引き続き、小沢氏の隣の部屋になったとか。^^;>

 山岡氏は、8月にはいって、3日連続で自宅に当選1回の衆院
議員を招いて、関係を強化。
 そして、6日には、同氏や鳩山グループの有志が世話人となって、
「09政権マニフェストの原点に返り『国民の生活を守る』集い」
なる勉強会を発足させた。
 
 事前に、党所属議員に配布された文書には、「このままいけば
民主党は次の総選挙で政権を失う。衆院1期生は全滅状態なる。
『座して死を待つ』わけにはいかない」という刺激的な文言が
記されていたとのことだが。^^;
 その脅し文句にビビったのか(?)、民主党の所属議員は413
人いるのだが、この勉強会には、何と議員150人、代理出席の
秘書ら42人が参加したという。(・o・)

 山岡氏は『「結党以来の危機が訪れている。原点に戻り、体制
も一新しなければ駄目じゃないか」と指摘。会合終了後、記者団
に「鳩山由紀夫前代表、小沢前幹事長で政権を取った時の原点に
返るという意味だ」と説明し、「反菅」の姿勢を明確にした。
<共同通信6日より>』

 さらに、『山岡氏は、小沢前幹事長が「現体制の予算の1割
カットは、財務官僚主導で改革の後退だ」と述べた言葉を紹介し、
菅執行部に苦言を呈しました。<テレビ朝日6日より>』

 この勉強会には、鳩山氏の側近で、前官房長官の平野博文氏も
参加。
『平野博文前官房長官も参院選結果をめぐり「予想だにしない44
議席だった。おかしくなったときは原点に戻る。しっかりとした
けじめが必要だ」と同調、執行部の責任を追及した。』

 平野氏は、「ケジメをつける時はつける。これが人の道なんだ」
とかなり厳しい口調で、菅執行部を非難。
 また、『選挙中に菅総理が持ち出した消費税議論について、
「鳩山政権では『消費税を上げない』と言った。嘘つきになる
ことが予想された」と痛烈に批判』していた。<テレビ朝日
6日より>』

 そもそも、この会合は、勉強会の名が示す通り、菅首相や執行部
が、小沢ー鳩山体制で作ったマニフェストの内容を変えたことを
批判するために集められたようなもので・・・、

『小沢グループの中堅議員は会合後、「菅首相への党内の不満の
大きさを数で示せた」と語った』という。<産経新聞6日より>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さらに6日には、 当選1回の衆院議員による勉強会「真の政治
主導を考える会」の初会合も、衆院議員会館で開かれらのだが。
こちらも『中心になって呼び掛けたのは小沢氏に近い議員ら。新人
143人のうち98人が出席し、会長に小沢系の村上史好氏を
選んだ。事前に相談を受けた小沢氏は「どんどん勉強しろ」と
後押しした』という。

『講師として出席した鳩山由紀夫前首相は「党の原点を思い出さ
なければならない」と、衆院選公約を修正した首相をけん制。
鳩山氏は首相の再選支持を表明しているが、挙党態勢の構築など
を条件に掲げており、代表選後に想定される閣僚人事などを念頭
に置いた言動とみられる。』<以上、時事通信6日より>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 小沢一郎氏やそのグループは、よほど菅首相とうまく話が折り
合わない限りは、菅首相の再選を支持するつもりはないように
思われる。(・・)

 まあ、このあたりは、また追々書いて行きたいと思うのだが。
 グループの議員の中には、基本的に、小沢氏が代表選に出馬する
ことを望んでいる人が多いのだけど。小沢氏自身は、自らが出馬
することには慎重な姿勢を貫いてる様子。

 小沢氏&そのグループには、いざとなれば、離党して、自民党
などと連立を組むという選択肢もあるだけに、検察審査会の議決
の時期や、今後の政界再編への動きなども見ながら、対応を決める
のではないかとの見方が強い。

 小沢氏は、よ~っぽど自分が当選できるという確証がない限り、
選挙に出ることはしないだろう。
 また、菅首相が、政策や人事で、小沢氏側の要望をききいれる
ようであれば、次の代表選でも、譲歩する可能性がゼロという
わけではないという人もいる。(・・)

 小沢氏は、必ずしも、自分が首相になることを望んでいるわけ
ではなく、自分が党内で実権or主導権を握れれば、それでいいの
である。^^;

『一連の動きに対し、首相の再選を支持するベテラン議員は「小沢
氏が裏で糸を引いている」と不快感を表明、「小沢氏が狙うのは
幹事長復帰だ」との見方を示した。<時事通信6日より>』

* * * * *

 他方、鳩山前首相は、相変わらず、宇宙人らしい言動(?)を
続けており、代表選に関しても、本当はどのように考えているのか
理解しにくいところがある。(~_~;)

 鳩山前首相は、先月末、テレビ番組や記者の取材に対して、
「菅首相の再選を支持する」と明言して、自分が小沢氏との間を
取り持つ意向を示したのだけど。
 鳩山グループの有力議員たちの中には、小沢氏のグループと
一緒になって、菅批判を行なっている人が少なくないだけに、
いざ、代表選となったら、果たして、グループで支持する候補を
まとめられるのかどうかもビミョ~なところだ。(@@)

* * * * *

 鳩山氏は、首相に就任した際に、会長の座は大畠章宏氏に委ねて、
グループの活動を離れていた。

 しかも、同氏は、6月に首相を辞任した際に、次の衆院選には
出ないと発言していたため、グループ内の議員たちの中には、今後
は、鳩山氏のことをあまり考えずに&頼らずに活動をしなければ
と思った人もいたようだ。
<もう鳩ママからの資金援助がないので、今までほどにグループ
の議員の資金の面倒まで見られるかどうかもビミョ~だしね。^^;>

 それが、後継者と目されていた小沢鋭仁氏が新たな勉強会の
立ち上げ(新グループ作りの準備)をしたり、一部の議員が、
小沢グループとの連携を模索したりする動きにも結びついている
ところがあった。(・・)

 しかし、先月、鳩山氏は、前言撤回をして、次の衆院選への
出馬も検討すると発言。そして、今月になって、バラバラに
なりつつあった鳩山グループの立て直しにも着手した。

『民主党の鳩山由紀夫前首相を支持するグループは5日の会合で、
グループの名称を「政権公約を実現する会」から「鳩山友愛
セミナー」に変更することを決めた。小沢鋭仁環境相が独自の
勉強会を発足させるなど、9月の代表選を控えて結束に乱れが
生じる中、鳩山氏の名前を前面に出すことで引き締めを図る狙い
があるとみられる。 
 鳩山氏は最高顧問に就任した。会長は引き続き大畠章宏衆院
議員が務める。総務省に政治団体として届け出ている政権公約
を実現する会は存続させ、鳩山友愛セミナーを主宰する形を取る。
<時事通信5日より>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 鳩山前首相は、もともと民主党の実質的なオーナーの立場に
あるだけに、自分がキャスティングボートを握る立場になって、
民主党政権の長期安定化のために、大きな役割を果たしたいと
考えているのではないかと思われる。(・・)

 彼は、さほど権力欲はないとは思うけど。特に、民主党の
分裂や、自民党との大連立は、是が非でも阻止したいという思い
は強いだろう。<鳩山氏は、自民党と連立したら、自分は党を
辞めると発言しているしね。^^;>

 鳩山氏は、既に菅首相の再選支持を表明しているものの、今の
ままでは、もし菅氏が当選しても、小沢氏や同氏のグループとの
対立は深まるばかりだし。下手をすれば、小沢グループが党を
出て行く可能性もある。
 それに、鳩山氏自身や周辺の議員も、もし菅首相が続投する場合
自分たちの要望をもっと飲ませることができるような形を作りたい。

 それゆえ、もう一度、自分のグループ(の人数)を固めて、
小沢グループなど他の勢力に簡単に取り込まれないようにしようと。
 そして、逆に、鳩山グループ主催の合宿に小沢氏や輿石氏本人や
そのグループの議員まで招いて、よく言えば「連携」を、悪く言えば
逆に取り込みをはかろうとしているようにも見える。(**)

<鳩山氏としては、菅首相が、政策や人事で、小沢ー鳩山氏の要望を
聞き入れてくれるなら、続投を支持。そうでないなら、小沢氏の支持
を得られる鳩山グループの候補を支持することになるのかも。^^;>

* * * * * 

 mewは、自民党政権時代から、このブログで、いわゆる「政局」
の話を積極的に取り上げているし。これからも、それは続けて
行こうと思っているのだけど。
<政局の話は、結構、面白い&興味深いし。それを通じて、色々な
議員や政治自体に関心を持ってもらえたらいいな~とも思うし。^^;>

 民主党のグループは、もともと、自民党と違って、組織の結合も
ゆるくて<自民党の勉強会や議連レベル?>、1人で複数のグループ
に属したり、その時々でアチコチと結びついている人もいて。
 思想や政策で、党内が対立することはあっても、それは個々の
議員の考えによるもので、グループはあまり関係なかったし。
 菅氏と鳩山氏はずっとライバルだったものの、党内が「菅派vs.
鳩山派」「鳩山派vs.非鳩山派」とかで二分されるようなことは
なくて、その時々で、一番いいと思う代表を選んで来たところが
あったのだけど。

 でも、今日書いたことなど、まさにそうなのだが。近時の民主党
を見ていると、特に小沢&鳩山グループの動きとか議員取り込みの
やり方などは、どんどんと自民党の派閥争いの様相に近づいている
ように思えて。以前から、民主党を応援していたものとしては、
だんだんと民主党のいいところが薄れてしまっているな~と、すごく
残念に思えるところがあるし。

 きっと、国民は民主党にそんなことを望んでいるわけではない
のにと。いや、むしろ、自民党のような派閥争いなんてして欲しく
ないと望む人の方が多いのではないかと思うと、またまた
「何だかな~」とぼやきたくなってしまうmewなんだった。(@@)

                   THANKS          

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


         
[PR]

by mew-run7 | 2010-08-08 19:00 | 民主党、民進党に関して