日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

小沢Gも普天間問題に参戦?、米国の圧力や知事選も絡んで、ますます揺れそうな菅民主党

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



11日、社民党の福島党首が、11日に米国大使公邸を訪れ、
ルース大使と会談したという。
 
『社民党の福島瑞穂党首は11日夕、都内の米国大使公邸でルース
駐日大使と会談した。福島氏は、日米共同声明に明記された米軍
普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に
ついて「辺野古に基地は造れない。米国は民主主義の国だから、
(沖縄の)民意は大事にしてほしい」と撤回を求めた。ルース大使
は「理解を得ながら進めたい」と述べた。
 一方、福島氏は、広島市での平和記念式典へのルース氏の出席に
謝意を表明。両氏は核廃絶に向けた取り組みが重要との認識で一致
した。<時事通信11日>』

 日経11日には、「辺野古に基地を造ることができると思いますか。
米国は民主主義の国だから民意は大事でしょう」という表現が用い
られていたのだけど。さすがは福島氏。公邸に乗り込んで、辺野古
移設の見直しを強く迫ったようだ。(・・)

* * * * *

 他方、菅首相は、今頃、普天間移設の問題でアタマを抱えて
いることだろう。_(。。)_

もともと菅氏は、辺野古移設には反対の立場だったのだし。鳩山
前首相が、5月末に辺野古明記の日米合意(共同宣言)さえ了承し
なければ、もう少し米国とやり合いようもあったのではないかと
思うのだが。
 菅氏が自分の意に沿わぬ方針に縛られていることには、本人も
そうだろうけど、それを見ているmewも、ついついイラ立って
しまうところがある。(`´)ira-mew

ただ、菅首相は、先日の臨時国会でも「沖縄の頭越しに決める
ことはない」と明言していたように、沖縄の民意を無視して、
強引にコトを決める気はないし。

 先月、「8月末までに具体的に工法を決めても、沖縄県知事
や県民の理解と承諾が得られなければ、現実的に工事を行なうこと
はできない」として、複数の工法の提示をすることや、県知事選が
終わる11月末まで、最終的な結論は出せないと、米国側に
伝えている。(・・)

<『政府は辺野古移設の工法決定を見送り+名護市議選と米国の
グアム移設計画変更への不安
』『菅内閣が、普天間問題で、沖縄
の民意を盾に、米国への抵抗を開始か?
』など参照>

* * * * *

 以前にも何回か書いたのだが。mewの作戦(?)としては、
ともかく、まずは9月の名護市議選、11月の県知事選で、反対派
に勝利をしてもらって。その間に、国民世論の後押しも得ることが
できれば、民主党は、米国に合意見直しの交渉を行なうチャンスを
得られないものかと。
<工事の許可を出す権限は、知事が持っているので、反対派の候補
が知事になれば、工事が始められないし。瑞穂ちゃんのように、
「米国は民主主義の国だから、民意は大事でしょ~」と説得する
ことも可能だし!?(・・)>

 そして、最悪でも辺野古移設は回避。また、できれば、それまで
に、後述するテニアン移設案をもっと具体的に詰めておいて、
そちらの方向で話を進められればベストだと思うのだけど・・・。

 でも、米国もそのパターンにハマるのは困る&イヤなようで、
最近になって、知事選が終わる前に、言って来たという。(~_~;)

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、11月28日
投開票の沖縄県知事選以降に決着を先送りする発言が日本側から
出た7月下旬以降、米政府が11月中旬のオバマ大統領訪日時まで
に結論を出すよう要求したことが11日、分かった。複数の政府・
与党関係者が明らかにした。県知事選で県内移設反対派が当選した
場合、移設実現が極めて困難となるためだ。日本側が再び迷走
しないよう早期の期限設定が必要と判断したとみられるが、調整は
難航しそうだ。
 しかし、仙谷由人官房長官は11日の石井一民主党副代表との
会談で「(結論を)あまり急ぐと沖縄はついて来られない。もう
少し時間をかける」と述べたという。<産経新聞11日より・
全文*1>』

<この件については、また改めて書きたいのだが。米国とは、
安保50周年の共同宣言の中身を決める協議も進んでいないし。
米国側とは、話がついていないことがたくさんあって、菅内閣は
これから多大な圧力や脅しを受けることになりそうだ。(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 民主党は、肝心な沖縄知事選の候補者をどうするかという件
でも、かなり困っている。(-"-)
<参院選の沖縄選挙区も、結局、民主党は候補者が立てられ
なかったしね。^^;>

 06年に行なわれた前回の知事選では、民主党は他の政党と野党
共闘を行なって、基地反対派の糸数慶子氏を推薦したのだが、
残念ながら、自公推薦で、経済界や諸団体の支援を受けた仲井間
弘多氏(現知事)が敗れてしまっている。(~_~;)

 ちなみに、仲井真氏は、自公与党側の候補だったこともあり、
辺野古への移設も、条件付で賛成の立場を表明していたのだが。
近時は、県民の意思を考えて、辺野古移設は困難だと主張。次の
知事選への出馬に関しては、自公と相談して決めるという。

 まあ、民主党としては、いくら政権与党になったからと言って、
前回戦った仲井真氏を、自公と相乗りで支持するということは、
何とか避けたいところだろう。<国民新党の下地くんなんかは、
こちらを支持したいかも知れないけど?^^;>

* * * * *

 他方、この仲井真氏の対立候補として注目されているのが、
普天間基地のある宜野湾市の現市長・伊波(いは)洋一氏だ。
 沖縄県政の三大野党である社民党県連、共産党県委、社大党は
次の知事選で共闘するために候補者選考委員会を設置。同委員会
は7日、伊波に出馬を要請し、伊波氏も「普天間問題の解決の
ために前向きに検討したい」と、出馬の意向を示している。(・・)

 そして、もし伊波氏が出馬することになれば、普天間飛行場の
早期閉鎖&無条件返還<当然にして、県内移転は反対>や沖縄の
海兵隊の撤退などを主要な政策に掲げることを考えているほか、
仲井真&自公体制による県政を批判して、全面対決をすることに
なるだろう。(**)

 もし日米合意がなければ、菅民主党はこちらに乗りたいところ
だろうけど。日米関係を重視すれば、合意に反する公約を伊波氏
を支援することもできまい。^^; 

* * * * *

 10日に、民主党の玉城デニー衆院議員、瑞慶覧長敏衆院議員、
県連の又吉健太郎選対委員長議)は10日、民主党本部で安住淳
選対委員長と会って、11月の県知事選への対応について意見を
したのだけど。

『米軍普天間飛行場の県外・国外移設を訴える立場で立候補が
有力視されている伊波洋一宜野湾市長について、安住氏は「党本部
と方針が違うことは誰が見ても明らかだ」などとし、党本部として
支援は困難とする姿勢を示した。民主県連は、独自候補者の擁立も
含め今後も党本部との意見交換を重ねていく考えだ。<琉球新報
10日より>』

 ところが、民主党の中に、県内移設に反対の方針を示し、伊波氏
との連携を模索している議員たちもいるようなのだ。しかも、そこ
には小沢一郎氏が絡んでいる可能性が高い。(・・)

『沖縄の米軍普天間基地の国外移設を求める民主、社民両党など
の議員懇談会(会長・川内博史衆院議員)が26、27両日、沖縄県を
訪問する。9月の民主党代表選をにらみ、県内移設を容認する
菅直人首相をけん制する狙いもあるとみられる。11月の知事選に
立候補する伊波洋一宜野湾市長と会談する見通しだ。<日経12日
より>』<下につづく>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『同懇談会関係者によると、沖縄訪問では、「国外移設」を主張し、
11月の沖縄県知事選に近く出馬表明する見通しの伊波洋一・
宜野湾市長と会談する予定で、共同声明見直しを求める同会の姿勢
をアピールする。福田衣里子、三宅雪子両氏ら昨年衆院選で小沢
一郎前幹事長の支援を受けて初当選した議員も参加する予定だ。』

『小沢氏に近い福田氏らの参加の背景には、こう着状態の普天間
問題で小沢氏が打開に向け動くことへの期待があるとみられる。
川内氏は「沖縄県民に『共同声明は変更させる』との私たちの意思
を伝え、普天間問題は代表選の重要な争点だと打ち出したい」と
強調。共同声明を継承する菅直人首相をけん制している。』
<以上、毎日新聞12日より・全文*2>』

* * * * *

 この懇談会の会長を務める川内博史氏は、社民党などと共に、
サイパン・テニアン移設案を推進して来た人で、ほんの数日で、
与党内で180人もの署名を集めた実績もある。

 川内氏は、もともとは菅氏や鳩山氏に近い議員なのだけど、
鳩山氏の合意締結や、菅氏が合意に縛られていることに失望。
 小沢一郎氏が川内氏の活動に関心を示し<↓の記事に>
小沢グループの中にもテニアン案に理解を示している議員が
いることもあってか、近時は小沢グループの会合に出席する
機会もある。それで、小沢氏に近い福田衣里子氏なども、沖縄
に同行するのだろう。^^;

<『普天間問題も、小沢氏らと協力して、トロイカ体制で
&菅首相がクリアすべき条件
』など参照>

* * * * *

 まあ、mewとしては、リンク記事のタイトルにもあるように、
この普天間の問題は、首相が誰かとか、代表選がどうのとかを
抜きにして、菅、鳩山、小沢の3氏が協力して、民意をバックに
つけて、民主党として取り組んで欲しいと思っているし。そう
しなければ、米国や官僚、野党などとやり合うのは難しいと思って
いるのだけど・・・。

 ただ、もし小沢氏本人が、日米合意見直しを公約にして代表選
に出馬したなら、またメディアや周囲の反応も違って来るかも
知れないし。菅氏も、当惑するだろうし。
そして、民主党の議員や党員たちや、周囲の関係者も、色々な
意味で、揺れるのではないだろうか?(・・)

<mewは、党員とかじゃないけど、菅氏であれ小沢氏であれ、
もし政治生命を賭けて、日米合意の見直しに取り組み、最悪でも
辺野古移設は回避させたいと公約を掲げたならば、そちらを応援
しちゃうかも。(+_+)>

 何か今日の記事には、アレコレ詰め込んでしまったけど。
 普天間問題に関しても、ここからどんどんと色々な動きが出そう
だし。日米関係、代表選、知事選などを含めて、まだまだ民主党
政権が大揺れするようなことが起きるのではないかと、ハラハラ
しているmewなのであった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  



*1

『普天間移設「大統領訪日までに結論」 米が要求

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、11月28日投開票の沖縄県知事選以降に決着を先送りする発言が日本側から出た7月下旬以降、米政府が11月中旬のオバマ大統領訪日時までに結論を出すよう要求したことが11日、分かった。複数の政府・与党関係者が明らかにした。県知事選で県内移設反対派が当選した場合、移設実現が極めて困難となるためだ。日本側が再び迷走しないよう早期の期限設定が必要と判断したとみられるが、調整は難航しそうだ。

 政府関係者によると、北沢俊美防衛相が7月20日の記者会見で「知事選以降でないと(沖縄県側に)はっきりしたことは言えない」と述べた後の同月下旬、米側は日米専門家協議などの場で、11月13日から横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)にあわせた大統領訪日までの決着を求めた。

米側は6月の菅政権発足以降、ルース駐日大使らが大統領訪日までに「最終決着」を図りたいとの考えを伝えていた。米側は北沢発言を受け知事選後に決着を延ばせば、移設反対派が当選し事態が進まなくなった1月の名護市長選と同じ構図になりかねないとの危機感を抱いたとみられる。

 しかし、仙谷由人官房長官は11日の石井一民主党副代表との会談で「(結論を)あまり急ぐと沖縄はついて来られない。もう少し時間をかける」と述べたという。もっとも、沖縄県の仲井真弘多知事は11日、同県を訪れた福山哲郎官房副長官と会談した後、記者団に「県民の納得のいく説明にはほど遠かった」と政府側の対応に不満を示した。

 日米安全保障条約改定50周年にあわせた同盟深化の成果発表も先送りされる公算で、このままでは具体的な成果が期待できない中で、菅直人首相はオバマ大統領を迎えることになる。
<産経新聞12日>』

*2

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、民主党の「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」のメンバーら約20人が今月26、27日に沖縄を訪問することが分かった。会長の川内博史衆院議員は同県名護市辺野古周辺への移設を決めた日米共同声明の見直しを求めており、9月の民主党代表選で争点化させる狙いもある。

 同懇談会関係者によると、沖縄訪問では、「国外移設」を主張し、11月の沖縄県知事選に近く出馬表明する見通しの伊波洋一・宜野湾市長と会談する予定で、共同声明見直しを求める同会の姿勢をアピールする。福田衣里子、三宅雪子両氏ら昨年衆院選で小沢一郎前幹事長の支援を受けて初当選した議員も参加する予定だ。

 川内氏は今年2月、初代会長の鳩山由紀夫前首相から会長職を引き継いだ。米側の公表資料や在沖米軍関係者への聞き取りに基づき「普天間の移設先は米領グアム、米自治領北マリアナ連邦テニアンへ」と主張している。

 在沖縄海兵隊のグアム移転計画を巡っては、米側が社会資本整備の遅れを理由に14年までの完了を断念し、新たに追加経費負担を日本政府に求めている。川内氏は「米側は、日本側がグアムなどへの移設を持ち掛けるのを待っているのではないか」と指摘。訪沖を契機に「国外移設」を再びクローズアップさせる思惑もあるようだ。

 小沢氏に近い福田氏らの参加の背景には、こう着状態の普天間問題で小沢氏が打開に向け動くことへの期待があるとみられる。川内氏は「沖縄県民に『共同声明は変更させる』との私たちの意思を伝え、普天間問題は代表選の重要な争点だと打ち出したい」と強調。共同声明を継承する菅直人首相をけん制している。
<毎日新聞12日>』

『 岡田克也外相は3日の記者会見で、日米安保条約改定50周年を機に両国で進めている「同盟深化」協議の成果として出す予定の共同宣言などの時期について、「『いつ』という見通しは特に立てていない」と述べ、来年にずれ込む可能性を示唆した。岡田氏は「普天間問題があったので議論が遅れている」と指摘し、米軍普天間飛行場移設問題の決着が遅れていることを理由に挙げた。

 同盟深化は、昨年11月に当時の鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領が東京で会談した際に確認した。今年1月に岡田外相とクリントン米国務長官の会談で事実上協議が始まり、岡田氏は「96年の日米安保再定義に代わるようなものにできればいい」と位置づけていた。鳩山氏は、11月に大統領が訪日する際に共同宣言を出すことを念頭に「年内に成果を示したい」と表明していた。<産経新聞3日>』
[PR]
by mew-run7 | 2010-08-13 03:47 | 民主党、民進党に関して

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7