小泉首相等が標榜する「新自由主義」って何? (1) 


最近「新自由主義(ネオ・リベラリズム)」という言葉をマスコミやネット(ブログ含む)
などでよく見かけるようになって来た。
 今、この思想が世界のトレンドで、小泉首相、竹中大臣、民主党の前原代表をはじめ、
多くの政治家や経済人もその持ち主だと言われている。
 どうも、この「新自由主義」なるものを理解することが、世界&日本の政治、経済の
流れを把握する鍵になりそうだ。
 では、「新自由主義」って一体、どんな思想なんだろう?

 実は私は、新自由主義はニュー・リベラリズム(後述)の訳語だと思い込んでいた部分が
あったため(昔読んだ本にそう書いてあったような気がする?!)、概念が混乱してしま
って、少しわけがわからない状況に陥っていた。
 そこで、自分の知識を整理するために、また知人の質問にこたえるために、ちょこっと
だけ勉強してみた。今回はこの場を借りて、あまり政治に関心のない知人にもわかるよう
に説明を試みてみたいと思う。
 かなり大まかな説明になると思うし、一素人が書くことなので、誤りもあるかも知れない。
もし気づいた方がいらしたら、是非、指摘して&教えて頂きたい。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「新自由主義(ネオリベラリズム)」とは・・・市場原理による競争を重視または絶対視し、
国家の干渉と規制をできるだけ排除する(「小さな政府」を作る)こと、自己責任の原則を
主体に考える政治&経済の思想である。
(ただし、軍事や警察などの防衛、治安の面は強化する傾向にある。)

 もう少し具体的に言えば・・・たとえば、国の事業や行政組織や社会政策のサービスを
縮減したり民間に移行したり、公務員を削減したりすることによって、国の行政&諸費用を
スリム化して財政負担を減らし、市場経済を活性化させることを目指す。(ただし、その分、
福祉などの社会政策的なサービスは減り、国民の自己負担、自己責任の範囲が増える。)
 また、企業などに対し、国による監視や干渉、規制をできるだけ減らして、もっと自由に
営業活動(投資、金融含む)をできるようにしたり、法人税や関税を下げることによって
経済的な負担も減らし、競争力をつけるようにするなどの政策がとられることになる。
 ただし、国の経済や政治の安定のためには、国内外に対する防衛、治安が重要なので、
軍備や警察などは人員、費用をかけることになる国が多いようだ。

 ここまで見ても、小泉首相の「改革なくして前進なし」「官から民へ。民にできること
は民に」「もっと小さな政府を」というスローガンが、この思想に基づくことがわかる。

 この思想&政策には、1・経済が活性化し、国際的な経済競争に対応しやすい 2・国家
の財政負担が減らせる分、国家の体制も強化もできる、3・市場原理により国民も多様で質の
よい物やサービスが受けやすい、などのメリットがある。

 しかしその反面、問題点として、下記のようなことが指摘されている。
1・国民の経済格差が広がりやすく、社会政策も縮減されるため、経済的弱者(貧困層)や
生活的弱者(高齢者、障害者、傷病者など)に酷になる。<いわゆる弱肉強食、勝ち組・負け
組、弱者切捨ての社会になりやすい。>その結果、経済(お金)に高い価値観を持つ社会に
なりやすく、社会的モラルが荒廃したり、犯罪の増加で治安が悪化したり、自殺者が増加した
りしやすいと言われる。
2・効率化を追求する安全性や災害対策がおろそかになりがちになりやすい。
3・防衛力のための軍事強化や、治安維持のための施策に傾き、それが国の財政を圧迫したり、
却って国民の生活を圧迫する危険性がある。 などなど

 そして、過去の歴史を振り返ったり、新自由主義思想による政治、経済が進んでいる
アメリカなどの現状を見ると(日本ももう弊害が出始めている感がある)、果たして日本が
この思想にそって諸政策を進めて行くことが、日本の国や国民にとって好ましいことなのか
どうかは、ビミョ~なところがあるように思う。

                           <つづく> THANKS
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/1311738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部 at 2005-10-13 03:01
タイトル : 拝金主義の国、ニッポン。
現在の自民党(小泉・竹中ライン)は保守勢力ではない。左翼である。彼らは、完全なる... more
Tracked from 狸議長の寝入り at 2005-11-25 00:16
タイトル : 正常な競争原理を失った日本の市場原理
先週末からずっと耐震強度偽装事件の報道ばっかりですよね。http://news.... more
Tracked from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部 at 2005-11-28 08:12
タイトル : 新自由主義の行く末は
今年5月に学会発表をするためにシカゴ(Chicago)に行った際、帰りにサンディ... more
Tracked from そぞろ日記 at 2005-11-29 00:07
タイトル : 新自由主義の誤謬
カイカクファッショの十八番「競争」。 これは、「協力」という前提を全く省みていな... more
Tracked from BLOG BLUES at 2005-12-20 16:08
タイトル : 新自由主義は国富を奪い文化を奪う
ブログ界の星一徹、「非国際人養成ギブス」じゃなかった、 「非国際人養成講座」から、「女系容認は天皇民営化」に対してTBを いただいた。「規範なき社会を目指すというのか」と題されたエントリーです。 短い時事コラムではありますが、およそマスゴミからは聞こえて来ない、 鋭利な考察を含んだものだと思いました。いやー、ブログってホント、 いいですね。 僕は今回の皇室典範改正問題で、いちばんイヤーな感じがしたのは、 あまりにも世間が軽々しく、天皇について、喋々していることです。 いっちゃんヒド...... more
Tracked from 非国際人養成講座 at 2005-12-21 02:07
タイトル : 認めよう。我々は騙されていたのだ。
1940年代からわが国において一貫して行われてきた改革によって社会はいかに変容してきたか振りかえってみよう。それはただひたすらに、私たちを守り育んできた共同体の破壊の歴史ではなかったか。自由主義の名のもと、個の尊重の掛け声のもとにあらゆる組織を、そのための桎..... more
Tracked from 世相春秋 at 2005-12-21 16:11
タイトル : 義務教育費国庫負担金削減に断固抗議する
今、病を押してキーを打っています。いてもたってもいられないことばかりで、気持ちの整理がつかないからです。 さて、政府与党は11月30日に「義務教育費国庫負担金」について、現行の負担率を2分の1から3分の1に削減することで「合意」しました。前の記事にも書きましたが、政府は全く理念なき、単なる数字合わせの「暴挙」に子どもたちの「教育水準」すら確保しないというこの国は、もうすでに国家として役割を果たしていないと言わねばなりません。 未来を担う子どもたちを軽視した「弱いものいじめ」と指摘されても、今の...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2005-12-21 19:42
タイトル : 米国農業政策の再考より
前エントリーに続いて、農業情報研究所(WAPIC)北林寿信氏の労作から取り上げさせて頂きます。米国農業の現状を知る最適の資料です。 まず、氏の本論文"米国大学研究者、世界のための米国新農業法の青写真"のあとがきから。  このような研究が米国のアカデミックな世界から現われたことは驚きに値する。日本では、米国公共政策論の最悪の部分を無批判的に受け入れて帰国したアイオワ州立大学博士・東大教授が 「国際競争に生き残るには、1市町村の農地を1経営体で担う、というぐらいの構造改革が必要。農地などの規制を改め、農...... more
Tracked from てーげーな私、海、空、さ.. at 2006-06-03 15:40
タイトル : 小さいこと大きいこと、どっちが○か
小さい政府はそれだけで○なのだろうか。大きい政府は×なのか。 自分の国が住み易いと感じている国民の割合が最も多いのは、ノルウェー、フィンランドやスウェーデン等の北欧諸国という国連の報告がある。 決して、小さい政府やそれを目指しているアメリカやイギリス、日本ではない。 今日、8/31もアメリカで貧富の差が広がっているという記事(毎日新聞)が出ている。 貧困層の不満を対外政策や何とかアズNo1というナショナリズムで目を外に向けさせてしのいでいるように見えるが、根本的には住み易いと考えられて...... more
Tracked from 途転の力学 at 2007-08-09 08:22
タイトル : 世界を読み解く3つのキーワード(その1:IT革命)
このほんの10年余りで私達の生活環境は大きく変わりました。 政治も変わりました。暮らしも変わりました。 そして世界情勢も大きく変わりました。... more
Commented by at 2005-10-07 23:41 x
一番最初にやることは、国民がもっとしっかりする事。
しっかりとやる政治家をしっかりと選ぶ事。
まずは、ここから。

国民はもっと力を示してもいいように思う。
Commented by あらびあ at 2005-10-08 00:33 x
私は「中庸」って言葉が好きなのですが、極端に偏らないようにできないもんなんですかね~~?

もっとも中途半端じゃ駄目なのですが。(笑)
Commented by あらびあ at 2005-10-08 01:19 x
危機管理っていうのも、日本人は苦手だね~~~。
もっともアメリカ人はもっと苦手らしいけど。(笑)

あらゆる事態に備える・・・言うのは簡単だけど実行は難しい。

問題はそれがどれだけ難しいかわかっている人が少ない。
想定の範囲外??で日本は通りますからね。(苦笑)
Commented by mew-run7 at 2005-10-08 06:43
若さん、あらびあさん、コメント有難うございます。

>若さん

まさに、その通りだと思います。
国民がしっかりと監視したり、主権者としての力を行使しないとね。
知らないうちに、とんでもない方向に持って行かれちゃうから。

>あらびあさん

私も「中庸」派なんですよね。極端なことは馴染まないのです。
でも、生活は「中途半端」なんですよね。^^;

アメリカはあれだけお金をかけて、防衛面でも危機管理ができていると
言えるかはビミョ~ですからね。

しかも、防衛予算が40兆、災害対策費は40億・・・(--)
これが、新自由主義が進んだ結果のようです。
Commented by CONSAMA at 2005-10-08 10:21 x
ようするに社会福祉なんて見せ掛けだけで弱者切捨ての社会にするだけでしょう?あと、わたしはどうしても憲法・防衛の問題に目が行くのですが自民の中で「憲法前文の案」が出来たようですね。なんかやさしいお言葉で飾って肝心な部分を隠そうとしてますね。極端に言えば「国粋主義」に持っていこうとの表現がみえかくれしているような気がしてなりません。
ますます、ここからは目が離せません、絶対に!
Commented by ニケ at 2005-10-08 21:34 x
こんばんは~^^

私は短絡思考しか出来ませんので不快に思われるかも・・ですが

これって、世界に対して経済活動でやりたい放題で、負け組みの国が抵抗しても、武力もあるぞ!負けないぞ!と言うこと?
そして国民に対しても同じように、軍隊を抵抗者に差し向けること?

ですかぁ~???
Commented by あらびあ at 2005-10-08 22:06 x
まあ、防衛費については「北朝鮮問題」があるから追い風ですな~~。(苦笑)
要はアメリカの兵器を買う予算が増えるってことでしょうけど。

ただ、昭和6年生まれのおじいさんから面白い話を聞いた。
「最近の若者はなってないから、徴兵制度を設けるべきだ」と。(苦笑)
一応自衛隊は軍隊ではないのでと突っ込もうかと思ったが、怒られそうなのでやめといた。(笑)

まあ、ニートは減るかもしれないですね。(笑)
Commented by あらびあ at 2005-10-08 22:25 x
国勢調査も色々問題噴出でニュースでにぎわってますが、話をひとつ。

国勢調査の回収を担当になった自治会長さんが、一番回収が難しいであろうマンションの多い区域を担当した。

案の定、居留守は使うし、ひどいのになるとインターホンに一回は出るのだが、「回収に来ました」と言うと、その後はまったく呼びかけに応じないという人間性を疑う行動に出るひとまでいるらしい。

当然みんな仕事はあるようで、朝か夜に行くのだが、電気がついていてもテレビや会話がしている部屋でも、居留守は当たり前のことらしい。

困った自治会長さんは、市役所に状況を説明したが、10日までは頑張ってやってくれと言われた。その後はどうなるんだと聞くと返信用の封筒を各家に配布するからということだったらしい。それで回収はできるのか?と更に問いただすとわかりませんとの答え。
自治会長さんは、さすがにあきれてそれ以上何も言わず帰ってきたらしい。

続く
Commented by あらびあ at 2005-10-08 22:25 x
また、外人の入居が多いマンションがあり、言葉が通じないときはどうしたら良いんだと聞いたら、通訳を派遣しますので大丈夫との回答。
半分切れている自治会長さんは、彼らも仕事があるので、回収時間は夜の8時から10時と、朝の6時から7時に1週間連続で派遣してくれと言ったらしい。(笑)
市役所はさすがに何も答えなかったとのこと。
(結局大家さんが集めることでまるくおさまったらしいが)

どういう作業が現場でおこなわれているか。トヨタ的に言うと「現地現物主義」になるのだが、それが全く出来ていないから、予想できる範囲も狭いのだと思うんだが、そういう体質は多分何年たっても改善はされないだろうなと思う。
Commented by mew-run7 at 2005-10-09 02:29
CONさま、ニケさん、あらびあさん、コメント有難うございます。m(__)m

>CONさま・・・↓の投稿にも書きましたが、私も愛国心と国防を明記するのは
大反対です。社会福祉のあり方も見直すべき点はあるとは思うけど、
教育や医療までが国民を圧迫するようではいけないと思います。
マジに国民がきちんと見て、声をあげていかないと、と思うです。

>ニケさん・・・極端に言えば、そういう感じにもなり得るかと。戦前の二の舞にも
なりかねません。あの頃より、国民も情報が多く、教育も受けているのですから、
国の動向に無関心にならずに、きちんと観て行かないと、と思います。

>あらびあさん・・・こちらは最初から郵送用の封筒をくれちゃいますが。
嫌気がさしたのか、ポストに書類を突っ込んであるとこもありました。
国勢調査の費用って640億円なんですってね~。国のやることには
協力してくれるだろうと思うのが甘いっす。

Commented by at 2005-10-09 11:07 x
日頃、どういう付き合い方をしてるかで対応が違ってくる。
仲間に頼まれれば、すすんで引き受ける事もあるでしょ。
ちと、国民と距離を置いた付き合いをしてるから、こういう事になる。

日頃のスキンシップが重要なのは、どこの世界でも一緒でしょ。
もっと距離を縮める努力をしなきゃ。

自治会長だって好きでやってるわけじゃないと思うけど、一般市民と距離があるから相手にしてもらえない。普段からうまく接してれば、あの会長さんが自分の時間を潰してまで頑張ってるんだから協力しようかって事も出てくる。
これが国勢調査以外の回覧板だとニコニコってな感じなのかね?
災害等あったら、やっぱり自治会長が音頭を取るわけですよ。
んで、自治会と役所とでまた溝がある。
このままでは、まず統率は取れんでしょ。
もっと縦と横の繋がりをきちんとしないと。
うちの周辺でも同じような事があったもんでね。

地震、本当に怖い。
ヤフーオークションで災害グッズ買い占めようかな(


何か冷めた国民が多いのかな?
近所付き合いってのが少なくなってるよね。
Commented by sherry417 at 2005-10-09 15:07
こんにちは!!!
はじめましてですね★ここのブログ、すごくいいです!!
私、今回の政経の点数が素晴らしく悪い点数だったので、
時事問題には敏感になろうと思って色々勉強してる中で、
ここのブログを見つけました!!!
なんか、分かりやすくて好きです!!
なので、これからもちょくちょく、ココに着たいので、
私のブログに残してくださると嬉しいですーー!!
お願いします★
Commented by mew-run7 at 2005-10-10 03:18
若さん、sherryさん、コメント有難うございます。

>若さん

まさに、その通りだと思います。
ちなみに、うちの近所は、もう単身者用のアパートには、回覧板を回さなくなって
しまっているです。 アパートに回すと、そこでストップしちゃうことが多いので。
(ひどいケースだと、共用部分(ごみ箱近く)に置き去りにされていたことも
あるのですって。)

管理人のいないマンションや、大家さんが近くにいないアパートも多いから
どこに誰が住んでいるかわからない感じ。災害が起きても、誰が行方不明に
なっているか、町では把握できないかも知れません。
でも、地方も少しずつそうなっているみたいですね~。

>sherryさん

はじめまして。高校生の方に見て頂けて、めちゃ嬉しいです。
政経のお勉強に役立つかはわからないですけど。^^;
でも、是非、政経に興味を持って、将来の日本をウォッチし続けて欲しいです。
また遊びに来て下さいね。リクエストがあったら、気軽にどうぞ。(~~)
Commented by blog-blues at 2005-12-20 16:13
こんにちは。トラックバック、ありがとうございます。こちらからも送らせていただきました。もう、ビミョ〜なんてもんじゃ、ありません。新自由主義には、づえったい反対!ですね。日本がこわれる〜。
Commented by mew-run7 at 2005-12-21 01:09
blog-bluesさん、TB&コメント有難うございます。

そうですね。ビミョ~なんてもんじゃないですね。
私もづえっ~~~たい反対!!!です。

何か最近、何を見ても「新自由主義だ~」と思うことが多くて、
哀しく情けなく思ったり、腹が立ったりしています。
共に、反・新自由主義で頑張って行きましょう!
Commented by デルタ at 2007-01-15 22:25 x
はじめまして、私自身は世にも珍しい「市場原理主義者」です(苦笑)
ひとつだけ分かっておいて頂きたいことがあります。

>3・防衛力のための軍事強化や、治安維持のための施策に傾き、それが国の財政を圧迫したり、
却って国民の生活を圧迫する危険性がある。
これは、今政権を取っているエセ自由主義者が「自由主義」の本質を理解していないために犯している間違いです。「市場原理主義」を唱える人たちは(米国のリバタリアン党など)は、たとえばアフガンへの侵攻に民主党より先に反対声明を出していたものです。
市場の自由化にともない、国家の結束力が弱くなる、ということを、必然として受け入れる、という態度を「市場原理主義」の人のほとんどがとっております。
ですから、今の日米で政権を取っている人たちは、新保守主義と呼ぶのが正しいはずです。(もっとも安倍氏は「旧来の保守主義」と思われますが)
Commented by mew-run7 at 2007-01-18 01:34
デルタさん、コメント有難うございます。

 市場原理主義者の方からの貴重なご意見、嬉しく思います。

 そうですよね。私も市場原理主義と国家主義や軍事力&活動増強
は結びつくものではないと思っていたのです。
 特にグローバリゼーションが進む今日、市場原理主義を貫けば、
もう国というものの概念は、極端な話、不要になってしまうのでは
ないかと思ったりしています。軍事拡大のために、税金を払うのも
もったいないですし。<最低限の防衛力で可?!>

 ただ、国を司るものとしては、そうは行きませんし。たまたまレー
ガンやサッチャーが保守的だったこともあって、国の結束力を高める、
国の力が強いから資源確保や他国への活動拡大ができるとか、軍事
産業も利益拡大ができるということのメリットを表に出して、市場
原理主義と結びつこうとしているのかな~とも思ったりもしました。

by mew-run7 | 2005-10-07 08:36 | 新自由主義&小さな政府 | Trackback(10) | Comments(17)