小沢が出馬を決断。&鳩山が一転して、小沢支持を表明した背景は・・・

  これは今日2つめの記事です。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今朝、小沢一郎氏が民主党代表選に出馬する意思であること
を発表した。(・・)
 また鳩山由紀夫氏は、小沢氏を支持する意向を表明した。(@@)

 鳩山氏は、今日、ロシアに出発したのだが。小沢氏は、朝8時
過ぎに鳩山氏の事務所を訪問。代表選出馬に関して20分ほど
協議を行ったあと、事務所から帰る際に、待機していた記者団に
自らの出馬表明を行った。

 鳩山氏は、昨夜、管首相と会談を行なったのだが、調整がうまく
つかず。おそらく、その後、小沢氏と電話などを通じて話し合って
いたのではないだろうか。

 以前から書いているように、小沢氏が出馬を決める際に最も
重要なポイントになるのは、民主党の実質的オーナーである鳩山氏
の支持を受けられるかどうかにかかっていたのだが。
 この朝、鳩山氏に小沢氏を支持するという確約を得られたことで、
最終的に出馬の決断をしたのだろう。(**)

* * * * *

 鳩山氏は昨日まで、管氏を支持すると言っていたことを考えると、
管陣営にとっては、かなりの驚きや衝撃があったのではないかと
思うし。<裏切られたという思いもあるかも?^^;> mewも、昨日
の今日だけに、少し意外に思うとこはあったのだけど。

 また、鳩山氏が6月に首相を辞任した時に、クリーンな民主党に
戻したいとして、小沢氏を幹事長辞任させた行為とも矛盾する
とこがあるとも思うのだけど・・・。(-"-)

 鳩山氏は、管氏が小沢氏を重用して欲しいという要望にすぐ
応じなかったことで、小沢氏支持に回ったと言われているが。
 ただ、これまでの経緯などを考えると、鳩山氏が究極の選択を
迫られて、小沢氏サイドにつくのは、決して不思議なことではない
ように思える。(・・)

* * * * *
  
 このあたりは、また改めて書きたいが。鳩山氏と管氏は、共に
元祖・民主党を結党した仲間ではあるが、政治理念も含め、お互い
に異なる面が大きいし、ずっと民主党の代表の座や実権を争う
ライバルでもあった。
 鳩山氏は、元首相の孫で、自民党出身の世襲議員である上、
基本的には、保守派の政治家であるのに対し、管氏は政治家とは
関わりのない環境で育ち、市民運動から中道左派系の社民連の
議員としてスタートした政治家である。(・・)
 2人は、政権交代を実現たいという大きな目標は共有していた
ものの、国家観や政策面、また政治感覚のようなものは、基本的
には、ほとんど合わない。(~_~;)
<鳩山氏は、かなりのロマンチストだが。管氏の方は、かなりの
リアリストであるという点でも違いがあるかも。>

 他方、小沢氏は、バリバリの自民党出身&世襲議員で。鳩山氏
とは年齢は5歳しか違わないものの、同氏が86年に初当選して、
自民党の議員になった頃には、小沢氏はもう竹下派七奉行と
呼ばれる存在だった上、やがて党TOPの幹事長も務めるような
雲の上のような存在だったのだ。だから、今でも鳩山氏は、小沢氏
を大先輩のように扱うところがある。^^;
 また、中庸な保守派という点で、理念が共通していると言って
いい。<2人とも、もともとは、かなりの改憲派でもあった。>

 それゆえ、鳩山氏にとっては、政治家としては、管氏より小沢氏
の方が、近しいものがあるのだ。<小沢氏も、ちょっとロマン
チストで、人情を大事にするところがある。(~_~;)>

 先日、鳩山氏が、「管氏は頭で、小沢氏は心で考える」「自分も
心で考える方だ」と語っていたのだが。「頭」「心」の話はヨコに
おくとしても、鳩山氏が政治家として小沢氏の方に、より共感
しやすい部分があるのだろう。(・・)

* * * * *
 
 しかも、これも、もともとは鳩山氏と管氏との主導権争いが
きっかけとなっていることなのだけど。

 そもそも02年に、最初に、小沢自由党と民主党の合併話を
進めおうとしたのは鳩山氏である。<しかも、今にして思えば、
その時に、いずれ政権をとったら、小沢氏を首相にしたいという
話をしていたかも知れない。>
 そして、06年に小沢氏を代表選に擁立し、党内の票をまとめ
たのも鳩山氏だ。

 その後、2人は代表と幹事長して小沢ー鳩山体制を確立し、
政権交代の実現のために力を尽くして来たわけだが。<管氏も
入れて、トロイカ体制とは言っていたものの、管氏はほとんど
カヤの外だった。^^;>

 09年、いよいよ衆院選で勝って、政権をとれるかという
時になって、小沢氏が西松事件のために代表を辞任。
 そのために、鳩山氏が思いがけず代表、首相の座につくこと
になったのだが。鳩山氏は、政権交代を実現し、しかも自分を
首相の座に導いてくれた小沢氏には大きな恩義を感じていたのも
事実だ。<だから、すぐに幹事長に起用したのよね。(・・)>

 当ブログでも、よく書いて来たことだが。このような経緯の
中で、鳩山氏が、それこそ時には心中覚悟で、ずっと小沢氏を
サポートして来たことを思うと、ここで小沢氏を選んだことは
決して不思議ではないのである。(**)

<小沢氏の方が、ひねたら、すぐに党を割ることを考そうだから、
民主党が分裂する可能性も高いしね。^^;>

 ただ、ここで鳩山氏が小沢サイドについたことよって、 党内
の対立が複雑化&激化することになるのではないかな~と憂いて
しまうmewなのであった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ここに小沢氏、鳩山氏、管氏の発言要旨をアップして
おきたい。(・・) 

『民主党の小沢一郎前幹事長が26日朝、代表選出馬を巡り、
記者団に答えた発言の要旨は次の通り。

 --(代表選に)出馬するのでしょうか。

 小沢氏 今、鳩山前首相とお話をしてまいりました。鳩山前
首相からは、お前が代表選の出馬の決断をするならば自分としては
全面的に協力し、支援していきたいというお話をいただきました
ので、今日、鳩山前首相の前で、不肖の身でありますけれども、
代表選に出馬する決意をいたしました。今後ともよろしくお願い
いたします。

 ◇「応援するのは大義」

 民主党の鳩山由紀夫前首相が26日朝、代表選を巡り、記者団に
答えた発言の要旨は次の通り。

 --小沢一郎前幹事長は鳩山氏の支援を受けて出馬の決意をした
のか。

 鳩山氏 昨日の菅首相との会談の概要を申し上げた結果、「民由
合併の時からの同志としての協力が得られるならば出馬をしたい」
という意向だった。

 --鳩山氏ご自身は全面的に支援するということでよいか。

 鳩山氏 私は私の一存で小沢先生には民主党に入っていただいた。
その経緯からして、私としては応援をする。それが大義だ。

 --(鳩山氏はこれまで)菅首相支持を表明していたが。

 鳩山氏 首相に対して、民主党の一議員として応援するのは当然
だという意味で言ってきた。

 --首相が代われば1年で3人の首相が誕生することになるが。

 鳩山氏 より良い国になれば当然評価は変わると思います。

 --小沢氏には政治と金の問題を巡って国民から強い批判がある
が。

 鳩山氏 小沢先生がそのようなことを背負いながら、しかしそれ
でもこの国のために行動しなきゃならないと決断をされたという
ことでしょう。

 ◇「分裂一度もない」

 菅直人首相が26日午前、首相官邸で民主党の新人議員から政策
提言を受け取った際のあいさつの要旨は次の通り。

 小沢先生が立候補の意思を固めたとの報道があり、私は本当に
大変いいことだと思ってます。民主党は何回も代表選を繰り返した
が、それで分裂したことは一度もありません。小沢先生にも大いに
発言していただき、私も改めて決意を国民、党の皆さんに明らかに
したい。正々堂々と戦った中で決まったリーダーが、大きな
リーダーシップを発揮していくことができる。

 私自身、代表選でどういう日本をつくりたいか、全国民の皆さん
に訴えてまいりたい。再選していただいた時は、本当に命をかける
覚悟で、総理として代表としてすべての時間をそれに費やす覚悟で
臨みたい。…

薬害エイズの時、厚生省の役人が役所を守るために大勢の国民の
命を失うことを放置した。こういう霞が関、日本の構造を根本的に
まず壊す。壊す中から新たな建設を皆さんとつくり出したい。この
覚悟で皆さんの激励に応えたい。

<毎日新聞26日>』       THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2010-08-26 17:06 | 民主党、民進党に関して