小沢の夢に仙谷が?+小沢&鳩山が要求した「挙党態勢」の中身。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 まず、前記事に、小沢氏が、今回の代表選に出馬する背景には、
検察&検審の起訴を阻止する狙いがあるのではないかという話を
書いたのだけど・・・。

 菅首相の元公設秘書だったドラエモンこと松田光世氏が、
ツイッターで、こんなことをつぶやいていたという話を、知人に
教えてもらった。

『Oさん「仙谷は俺を捕まえさせようとしている」閣僚A「そんな
ことありませんって。大丈夫ですから」Oさん「毎晩、検察が俺を
逮捕に来る夢を見るんだ」閣僚A「・・・」・・・もはやカウンセ
リングも限界かも。権力をもぎ取られた「尊大な小心者」(民主党
長老)の精神は、崩壊寸前なのかもしれない。
7:45 AM Aug 26th webから 』

『それにしても、鳩山前首相を介してKさんに伝えた撤退の条件が
「仙谷排除」って・・・。被害妄想にもほどがある。それができ
ないなら、わずかの可能性でも憲法76条の不起訴特権を得るために
首相になろうと欲するというのは、もはや正常な精神状態ではない。
Oさんの最大の弱点は心臓ではなく心の病。
7:54 AM Aug 26th webから』
<次のつぶやきで76条→75条に訂正。>

 まあ、この手の情報は、いつも話半分で見ているmewなの
だけど・・・。
 でも、これは多少大げさだとしても、小沢氏が検察や検審の
ことで、かなりナーバスになっているというのは、アチコチで
報じられているし。本当なのではないかと思う。(・・)
<師匠である田中角栄氏も金丸信氏も逮捕、起訴されている
から、一般の人以上に、現実的に危惧感を覚えるのかも。>

* * * * * 

 後述するように、小沢氏の「挙党一致」のための要求は、
「枝野幹事長、仙谷官房長官をはずす」ことだったようなの
だが・・・。
 
 まさか、小沢氏が仙谷氏をはすしたいと思う理由に、「仙谷
は俺を捕まえさせようとしている」ということがあるとは?^^;

 もともと、この2人は、昔から反・小沢の急先鋒として知られて
いて。小沢氏が、彼らを嫌っているのは明白なのだけど。

 ふと気づいたことに、彼らは2人とも弁護士出身なのよね~。(・・)
 もしかして、2人が、同期とかの検察官とウラでつながっている
かも知れないって感覚になったりするのかしら。(@@)

<2人とも、弁護士としては、小沢氏&秘書らに対する検察の捜査
の関しては、やり方がおかしいと批判していたけどね。>

 ちなみに、昨日、知人が、半分冗談で「小沢は、そんなに起訴の
ことが気になるなら、一層のこと、菅に言って、法務大臣にして
もらえばいいのにな」って言ってたのだけど。「なるほど~、そう
いう手もあったか~」って、思ってしまったです。(~_~;)

<実際には、そんなことしたら、アレコレ言われて大変そうだけど。
自分で自分にい指揮権発動って、ありなのかしらん?_(。。)_>

* * * * *
 
 また、小沢氏が鳩山氏を通じて、管氏に求めた「挙党態勢」の
中身も、少しずつ報じられるようになっている。

 小沢氏は、枝野幹事長と仙谷官房長官をはずして、小沢氏が
幹事長に、また小沢Gか鳩山Gの議員を官房長官にすることを
要求したようなのだが。

 管氏は、小沢氏を権限のない「最高顧問」に置くことを提案
した上、「小沢氏の了解なしに何も決められないのはよろしく
ない」と主張したため、さすがの鳩山氏も呆れて(怒って?)
しまい、交渉が決裂したという。(~_~;)

<板垣英憲氏のブログによれば、小沢氏は、もっと具体的な閣僚
名簿などのリストを菅氏に示していたようだ。>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 
『鳩山氏は25日夕、首相官邸に菅氏を訪ね、対決回避に向けた
最後の説得を試みた。
 「小沢さんをきちんと処遇しないといけない。挙党態勢が大事だ」

 小沢氏の憤りを鎮めるには、小沢氏を再び幹事長に起用するしか
ない、との確信が鳩山氏にはあった。「小沢幹事長」なら、枝野氏
はもちろん、「反小沢」の急先鋒(せんぽう)の仙谷氏は「外せ」と
いうのが、小沢氏周辺の要求だった。

 菅氏も「挙党態勢」には異論がなかった。しかし、小沢氏に用意
していたポストは「党最高顧問」といった名誉職だった。小沢氏が
再び表舞台に立つことは構わないが、「脱小沢」を掲げて出発した
菅政権として、党の実権まで渡すことは到底、容認できなかった。

 「小沢氏の了解なしに何も決められないのはよろしくない」

 菅氏が鳩山氏にこう答えた瞬間、「菅対小沢」の対決の構図が
固まった。<読売新聞27日より>』


 昨日、寺田首相補佐官もTV番組で、小沢氏側が人事に関する
要求を行っていたことを認めていた。

『首相側近の寺田学首相補佐官は27日朝のテレビ番組で「首相の
方に『官房長官を代えろ、幹事長を代えろ』という話が裏で来た」と
述べ、小沢氏側から政権中枢の人事をめぐる要求があったと披露。
「(手を)握ってまで(再選戦略を)進めること自体、新しい
政治を目指す民主党としていいのか疑問がある」と、小沢陣営を
挑発した。<朝日新聞27日>』

* * * * *

 そして、昨日の記事にも書いたが、この人事は民主党とその
おカネの支配権が、大きく関わっていることも間違いない。

『側近によると、小沢氏は、「仙谷由人官房長官の菅首相」か
「小沢、鳩山とのトロイカの菅首相」かの決断を首相に迫ろうと
していた、という。仙谷氏は「反小沢」の急先鋒(せんぽう)で
菅政権の「陰の司令塔」ともいわれる。

 仙谷氏は、同じく「反小沢」の枝野幸男幹事長とともに、官房
機密費と政党助成金を押さえ、これを奪還しようと菅首相に路線
転換を迫る小沢氏とせめぎ合うという構図が、権力闘争の実相と
いえた。仙谷氏は26日、小沢氏出馬表明について一切コメント
せず、自身が標的になるのを避けるかのようだった。
<毎日新聞27日より>』

* * * * *

 ちなみに、菅首相は、小沢氏側が「挙党態勢を申し込んだが、
否定した」と語っている件について記者団に問われ、このように
答えていた。

 「挙党態勢を拒否することはない」「全員野球で適材適所。これ
までもそういう態勢を目指してきたし、これからもそれを目指し
たい」「鳩山さんには、小沢さんの了解がなくしては何も決められ
ないという、そういう形はあまり良くないと申し上げた」

 しかし、『菅首相は、鳩山首相時代、小沢氏がたびたび介入
しては政府の決定を覆した小鳩体制への直接的な批判を口にした。
「二重権力構造にならないようにしたい。政策を着実に実行したい」
26日昼、菅首相は官邸の会議室で仙谷氏らと昼食をともに
しながら小沢氏への対抗心をあらわにした。党内に反発のある
「小沢支配」、世論の風当たりが強い「政治とカネ」。小沢氏の
弱点をてこに権力闘争を勝ち抜く決意を見せ』ているという。
<毎日新聞27日>』

* * * * *

  まあ、何をもって「挙党態勢」と言うべきなのか、人それぞれ
考えが違うのかも知れないし。

 小沢&鳩山サイドから言えば、トロイカ体制を守ることが
「挙党態勢」を築くことなので、首相が管氏なら、官房長官と
幹事長は、小沢G、鳩山Gから起用すべきだという話を持ちかける
のも、不思議ではないことなのだけど。

小沢氏レベルの人に協力を求めるなら、首相に要職の人事に
関して指示をしたり、首相がそれに従ったりするのは当然だと。
それも「挙党態勢」の一環だと思うのか。
<自民党政権では、派閥均衡や実力者による采配というのは、
よく見られたことだったけどね。^^;> 


 それとも、首相が外部からこのような指示を受けたり、それに
従わざるを得なくなったりするのは、「挙党態勢」と呼ばず、
「小沢支配」「権力の二重構造」だと考えるのか・・・。

 これは、今後の民主党のあり方を考える上でも、大きなポイント
になるのかも知れないな~と思うmewなのだった。(@@)

                 THANKS 


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2010-08-28 02:48 | 民主党、民進党に関して