日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

ついに「菅vs.小沢」バトルが。国民軽視、KY民主党の代表選+政治家・菅の決断

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 「あ~あ。もうサイアク。(>_<)・・・民主党は、マジに、史上最悪
のKYの道を歩むことになっちゃったね~。_(。。)_)」

 それが、mewが小沢氏の出馬を知った時に、最初に発した言葉
だった。^^;

 民主党内では、31日も、代表選で「菅vs.小沢」の対決を回避
しようとするために、動きが続いていたのだが。
 結局、両者の交渉は決裂。夕方には、小沢氏、菅氏とも出馬の
意向を表明するに至った。(ーー)
(小沢氏会見全文、菅首相会見要旨を*1に)

 そして、これから2週間もの長きにわたって、国民そっちのけで
<というか、国民の気持ちを逆撫でするかも知れない>、党を2分
するような激しい代表選の戦いが繰り広げられることになる。(-"-)

* * * * *

 昨日は8月31日は、奇しくも一年前に、民主党が総選挙で圧勝
して、政権交代を実現させた日だったのだけど・・・。

 それから、まだたった1年しか立っていないのに、まさか民主党
が、ここまでガタガタ、バラバラになるなんて、一体、誰が想像
できたことだろう。(~_~;)
<思わず、「たった1年で、このザマかよ!(`´)」って言いたく
なっちゃうような感じも。>

 しかも、折角、国民の多くが勇気をもって、50年以上も政権を
担って来た自民党から民主党に政権の座につくチャンスをくれた
のに、昨秋スタートした鳩山&小沢体制が、わずか9ヶ月で終わる
ことになって、国民の信頼も低下してしまって。
 せめて、ここから菅首相の下で、少しでも国民の期待を取り戻す
べく、党が一丸となって努力すべき時だったのに・・・。(-"-)

 実際、ここに来て、円高・株安で経済や国民生活の状況がさらに
低迷しつつあることから、国民の多くは「今、この時期に、党内で
勢力争いをするより、その時間やエネルギーを国民のために、国政
に向けて欲しい」と訴えているのに・・・。(・・)

 その国民の声に耳を傾けようとしない民主党には、「国民生活が
第一」なんて言葉を使う資格はないのではないだろうか?(**)
 
* * * * *

 このあたりは、また追々書きたいと思うけど・・・。
 もちろん、小沢氏やその支持者には、それなりの大義やら言い分
があるのだろうし。「国民生活を救うためにも、今こそ、小沢氏が
立って、首相になるべきだ。そのために代表選を行なうのは致し方
ない」と思っている人もいるかも知れない。(・・)
<ただし、一般国民の間では、そう思っている人は、現段階では
少数に過ぎない。(-_-)>

 mewも小沢氏の力は評価しているし。知人の中には、小沢氏
を強く支持して来て、首相になる日を心待ちにしている人も何人
かいるけど。
 でも、みんな、「今は小沢氏が出馬すべき時期じゃない」と
言っている。「今、首相になっても、小沢氏はその力が思うように
発揮できないし。国民からなかなか評価や支持もされず、下手
すれば、政治生命を絶たれるおそれさえある。折角の経験や手腕を
活かせないのは、あまりにも残念だ」と。(-"-)

<mewも『小沢には「伝家の宝刀」になって欲しかったのに
などに書いたけど、本当にもったいないと思う。>

 いつかは「小沢派vs.反小沢派」の戦いにケリをつけなければ
いけないのではないかと考えている人たちもいるけど。でも、今は
それを為すべき時期でもないだろう。

 今、国民の多くは、菅氏がどうの、小沢氏がどうのという前に、
「この時期に、政権与党が権力争いをすること」自体を見たくない
のである。<mewもそうだけどね。(・・)>

 思い出して欲しい。一昨年の9月、まだ景気も回復せず、おまけ
に途中でリーマン・ショックが起きたにもかかわらず、自民党が
麻生氏ら4人の候補で、2週間も総裁選ショーをやっていて。国政
そっちのけで、TVやアチコチで討論会や街頭演説会などをやって
いた時のことを。
 あの時に、国民の多くは、自民党のKYぶりを呆れ果て、この
党に政権を任せたくはないと、本気で思い始めたのである。(-"-)

 でも、それをさんざん批判していた民主党が、これから2週間
同じようなことをやるかと思うと、目も当てられまい。(/_\)
 mewは、今回の代表選での2人の対決を回避する努力を怠った
民主党&その議員たちには、近いうちに、その報いが来るのでは
ないかと思っている。(@@)

<党の議員、後援者、関係者などで、困っている人や団体もかなり
いるだろうし。ホント、罪作りだな~って思うよね。(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 
 さて、少し、昨日の動きを振り返ってみたい。(・・)
 
 30日の夜に行なわれた菅ー鳩山会談の結果、菅首相がトロイカ
体制を築くことを了承し、小沢氏が出馬をとりやめるのではないか
という観測が流れたのだが・・・。
 小沢氏は、31日の朝も、出馬する意向を強く示しており、側近
に、臨戦態勢や出馬会見の準備を指示していたという。(・・)

 その背景には、こんなことがあったらしい。

『菅首相の周辺によると、30日夜の菅首相と鳩山前首相との会談前
から、鳩山前首相や輿石参院会長らは、直接、菅首相に「人事は
フリーだから、トロイカを大切にしてくれ」と要請があり、こう
した要請を受ける形で、挙党態勢を目指すとする30日夜の会見を
行ったということ。』<FNN31日より>

<テレビ朝日によれば、輿石氏が菅氏の下を訪れ、トロイカ体制の
堅持と「静かにして頂きたい」発言を小沢氏に謝罪することを要求。
菅氏は輿石氏に「人事がフリー」かどうか輿石氏に念を押して、
確認をとり、要求を受け入れることにしたという。>

 ところが、小沢氏や鳩山氏は「人事はフリー」だとは考えては
いなかったようなのだ。^^;

『31日の昼にその会談の報告を小沢前幹事長、輿石参院会長に
行った鳩山前首相は、その席で、菅首相に直接電話を入れ、「一時
的に密室談合を言われても合議で決めましょう。その方が、ゆく
ゆくは政権が安定する」と語り、小沢前幹事長を重要ポストで処遇
するよう直接要求したという。
 それに対し、菅首相は、「人事の話をするのは、たとえ首相と
しての職が続いても、わたしという政治家が続かない。今まで
そういう政治はしてこなかった」と語り、再三早く結論を出すよう
求める鳩山前首相との話は暗礁に乗り上げ、事実上ここで決裂した
という。』<同上>

* * * * *

 菅首相は、最後に、小沢氏と2人で会うことを要求して、夕方
2人の会談が行なわれたのだが。<2人で会うのは、代表選前
以来、2ヶ月以上ぶりのことなんだって。^^;>
 この時は、もう交渉の余地がなく、菅首相は、むしろこの2ヶ月
の小沢氏との間の確執を少しでも解消することや、代表選後に党内
が早く団結できるように、小沢氏の協力を呼びかけることを考えて
2人で会うことを望んだのではないかと思われる。(・・)

<菅氏は、代表選前と参院選後の2回、小沢氏に面会を申し込んで
断られているので、ここは意地でも、2人で会う機会を設けたいと
思った部分もあるかも知れないと思ったりもして。^^;>

* * * * *

 mewは、ひとりの国民としては、菅氏もそれなりの妥協は必要
なのではないかと思っていたのだけど。(・・)
<確かに「静かに」発言は失礼な部分があるし。参院選で負けた
以上、その結果責任が問われても仕方ないとこもあるしね。^_^;>

 ただ、昔から菅直人氏や民主党を応援していた立場から言えば、
菅氏が「人事について、密室談合はしたくない」「人事の話をする
のは、たとえ首相としての職が続いても、わたしという政治家が
続かない。今までそういう政治はしてこなかった」と言って、
裏取引をきちんと拒んだことには、嬉しく感じたりもした。"^_^"

 ここで人事のウラ取引談合などに応じたら、それまでの菅氏の
政治家としてやって来たことを否定することになってしまうし。
民主党にとっても、悪しき前例を作ることは好ましくないと思う
からだ。(**)

 この菅氏の言葉をきいて、もしかしたら妻の伸子さんが、グダ
グダ悩む菅氏を見て「いつから、そんな裏取引を考えるような
政治家になったの?そんな人を応援して来たつもりはない」と。
「そんなことをするぐらいなら、負けてもいいから、自分らしく
正々堂々と戦いなさい」と叱咤激励したのかも知れないと、ふと
思ったりしたのだけど。

 例の板垣英憲氏のブログにも(話半分で読んでいるのだが)
「妥協してよいことはない。ここは格好よく討ち死にしなさい。
これは、代表選なんですよ。負けて意地を通しなさい」とハッパ
をかけられたという話が載っていて「やっぱ、そうなのかもな~」
と思ってしまった。^_^;

* * * * *

 どうやら、代表選の勝負の見通しは、現段階では、小沢氏の方が
かなり優勢のようなのだけど。勝敗はフタを開けるまでは、わから
ないしね。(・・)

 代表選をやることになった以上は、国民がせめて少しでも、選挙
をやった甲斐があったと思うような政策論争&後味が悪くならない
ようなスキッとした戦いをやって欲しいし。
 また、菅氏は、それが自己アピールにもつながるのだから、まず
首相としての仕事を第一に考えて、代表選中も、きちんと国政に
力を尽くして欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                  THANKS 


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 





*1

『小沢氏の代表選出馬表明の記者会見(全文)


民主党の小沢一郎前幹事長が31日に党本部で行った出馬表明の記者会見は次の通り。

 あすから始まる代表選挙については、申し上げた通りのことでございまして、不肖の身でありますが、代表選挙にみなさんからのご推挙をいただいて出させていただきたいという決意をいたしましたと申し上げたわけでございます。

 その後、皆さんご存じの通りの経過でありまして、特に鳩山前首相が、この時にやはり挙党一致の態勢を取って力を合わせて、今日の危機的な状況、特に経済の不透明な状況を乗り越えて克服して行かなくてはならない考えのもとに、再三にわたって菅首相と話をなさったわけでございます。

 あすに告示を控えまして今日も鳩山前首相と輿石(東参院議員)会長と私と、昨夜の菅首相との会談の経過をお聞きしました。

 昨晩は、鳩山前首相の提案に対して、大変自分もそのように思うということで話し合いを持つことに積極的であったということでございましたが、本日、一晩明けてから、ちょっと話し合いを持つことは、密室批判を受けかねないのでそういうことは、やめたいと、やりたくないという趣旨の話だったと(いうことだった)。

 挙党一致の全員野球をするためには、民由合併以来、私にとりましては、鳩山、菅両先生、輿石先生と力を合わせて今日まで頑張ってきて、政権も国民から負託された今日でございますので、原点に立ち返って話し合いをしましょうというのが、鳩山先生、輿石先生のご趣旨だったと思います。

 今日も3人の会合の場で、菅首相にこもごも鳩山先生と輿石先生から話をなさいましたが、やはり話し合いをして挙党一致の態勢を作るというような形は、取るべきではないというお感じであったようでございます。

 私は直接そばにいましたけども、話をしていないが、菅首相から、小沢と2人で話をしたいという、こういうことが鳩山前首相を通じて話がありました。

 そのお話に従いまして、先程来、今まで話をして参りました。

 合併以来のことやら、首相としての激務についてのいろんなお話やら、私もサミットやら若いときに垣間見てきたので大変でしょうと話したが、その中でまず菅首相の方から、合併以来、お互い力を合わせてきたという話をいただいて、今後も協力してほしいということでした。

 もちろん私は、協力しないなどということは菅内閣が成立して以来、一度も言ったことはないし、どんなことでも協力してまいりたいし、今後もお互いが力を合わせてせっかく政権交代したんだから、協力していかないといけないという気持ちに変わりはないということを申し上げました。

 今回の代表選は、党規約に定められた任期満了による民主的ルールにのっとった代表選なので、正々とお互いに頑張って、また今後ともいかなる場合でも力を合わせて頑張りましょうということで今、終えてきたところです。

 いずれあす、記者会見があるということなので、その時に自分の主張やら、政策やら、申し上げるつもりでございますし、十分な時間を取ってあるようでございますので、今日は今までの経過と、先般申し上げました通り、自分自身、ずいぶん決断をするまでに自分に問いかけながら、熟慮した結果でありますけども、大勢の仲間のみなさんに支援をいただいて、代表選挙に出馬するという決意をしたところでございます。

 本当に非力の不肖の身だが、仲間のみなさんのお力添えをいただきながら、報道のみなさんにもご指導いただきながら、きちんと正々と選挙戦に臨んで参りたい。

 私の出馬の決意を改めてお伝え申し上げてごあいさつに代えたい。

(読売新聞8月31日)』

* * * * *

『菅首相の発言要旨=民主代表選
 菅直人首相が31日、民主党代表選に関して語った内容の要旨は次の通り。

 【党本部で記者団に】

 -小沢一郎前幹事長との会談で何を話したか。
 小沢氏と2人で話した。政権をこれからもやっていきたい、協力していこうと申し上げた。小沢氏も「どういう立場になろうと協力していこう」と(言った)。選挙は選挙としてしっかり戦い、終わった後は協力していこうということで話を終えた。
 -小沢氏からポストの働き掛けはあったか。
 人事とか条件とか(の話)は一切ない。
 -会談以前にポストの話はあったか。
 いろんなほかの方から、いろんな表現で話があった。小沢さんから直接そういう話は一切ない。
 -党内が分裂すると思うか。
 選挙が終われば結果にかかわらず協力していこうということで握手して別れた。どういう結果になろうと民主党がまとまって政権を運営する。

 【記者会見】

 首相を拝命し3カ月近く政権運営に当たった。これから本格的に政権が稼働すると考え、多くの課題を実現するため代表選に立候補することにした。現在の経済情勢を考え、政策(政権)運営に全力を挙げるべきだとの声を受け、融和を図る姿勢で臨んできた。そうした中、小沢氏と直接会い、わたしの思いを申し上げた。
 今の日本は縦割りの「霞が関」の中、やるべきことがやれていない。日本の行政、政治を根本から変えることが課せられた使命だ。
 -小沢氏は「(首相が)挙党態勢の構築は困難という意向なので立候補する」と述べたが。
 全くわたしの認識と違う。挙党態勢に反対とか受け入れないということは一切ない。
 -代表選で消費税(増税)を訴えるか。
 日本を立て直す上で経済の成長、財政の健全化、社会保障の強化を進めていくことが必要。社会保障の在り方と、その財源としての消費税の在り方は大いに議論していくことが必要だ。
 -小沢氏との政治理念の違いは。
 わたしはロッキード事件の時の選挙で、政治とカネの問題を繰り返す日本の政治を変えなければならないとの思いから立候補した。政治の生い立ちでは小沢氏とかなり違ったところからスタートした。政治とカネの問題で混乱したり、左右されたりすることがないような政治をぜひつくっていきたい。
<時事通信8月31日>』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/13167084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from お玉おばさんでもわかる .. at 2010-09-01 11:08
タイトル : 池田香代子さんの講演会をやります
&#160;あまりの暑さと今までのお疲れがどっと出て、ぐたぐた~~~~になってました。 今もなってます~~ネットもリアルもちょっとだらけ気味なお玉ではありますが、 ・・・今日はひさしぶりの9条の心実行委...... more
by mew-run7 | 2010-09-01 05:33 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7