菅内閣は、本当に「脱小沢」?+鳩山内閣には、本当の小沢Gはいなかった

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

この週末に、菅政権の改造内閣の支持率などに関する世論調査が
いくつかのメディアで行なわれたのだが。
 どの調査も、支持率が60%台と軒並みアップ。不支持率が、
20%台と下がっていて、とりあえず、いいスタートを切ることが
できたようだ。(**) 

 ひとりの首相の支持率が、このように大きくV字回復するのは、
かなり珍しい例だという。(@@)
<小泉元首相が、02年に田中真紀子外務大臣を更迭したことで
支持率がダウン。北朝鮮への電撃訪問で、V字回復して以来
だとか。^^;>
 
 菅首相は、明日から国連総会に出席するために渡米する予定
なので、この週末は、その準備に時間を割いていたとのこと。
 また、今日20日には、菅内閣の閣僚がすべて集まり、今後の
政権運営に関して、勉強会を行なうことになっている。(・・)

* * * * *

 ところで、菅改造内閣のメンバーを見て、TV、新聞などは、
「脱・小沢」内閣だと強調。 また、支持率がアップしたのも、
国民に「脱・小沢」路線を評価されたからだと論じているところが
多い。(~_~;)
 この「脱・小沢」路線の評価については、また改めて書きたい
と思うのだが。
 
 正直を言うと、mew個人としては、もういい加減、「小沢派
vs.反小沢派」の対立ごっこをメインに考えたり、いちいち民主党
の議員を「親小沢」「反小沢」「非小沢」で色分けしたりするの
は、あまりにバカらしいことなので、終わりにすべきではないか
と強く思っている。(`´)

 ただ、今回は、党内をまさに二分するような「菅vs.小沢」の
戦いが行なわれたあとなので、菅首相&周辺が、小沢氏やその
支持者をどのように処遇するかに関心を抱いていた人は、一般
国民の中にも、かなりいたのも事実だろうし。(・・)mew,too.

 まず、この内閣が果たして、本当に、完全に「脱小沢」路線
のものなのか、そして、鳩山内閣の時はどうだったのか
検証して見る必要があるように思う。(**)

* * * * *

 今回の内閣では、小沢グループの議員は、ひとりもはいって
いないとされている。<わざわざ見出しに「ゼロ」とか記して
いたTVや新聞も多かった感じが・・・。(~_~;)>

 ただ、何度も書いているように、民主党のグループというのは、
自民党の派閥とは異なり、ひとりでいくつものグループに参加
している人もいるし。自分が関心のある政策or自分に有利になるか
否かなどによって、その時々で、積極的に参加&活動をする
グループを替えている人も少なくないのが実情なのだ。^^;

 たとえば、経済財政大臣に選ばれた海江田万里氏は、一応、
鳩山グループの一員だとされているのだけど。ここ何年かは、
小沢氏にかなり近い立場で活動をしており、wikipediaでは、
小沢グループの「一新会」の所属議員としてリストアップされて
いるのである。(**)
<リンクをするとURLが崩れてしまうので、このままで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97>

 実際、海江田氏は、6月の代表選の時も、今回の代表選の前も、
小沢氏に代わって、小沢グループの代表として立候補するという
話が出ていたのをご存知の方も多いと思うし。
 今回の代表選でも、小沢氏が立候補する際に、推薦人として
署名し、小沢氏を支援する活動を積極的に行なっていたわけで。
mewは、小沢グループの一員が選ばれたと考えていいのでは
ないかと思っている。(・・)

<しかも、一般に、衆院議員は5回以上、参院議員は3回以上当選
すると、閣僚になるに適した経験を積んでいると考えられているの
だけど。(これまでの自民党の基準だけどね。^^;)
 一新会のリストを見ると、衆院5回以上は、海江田氏しかいない
のよね。(~_~;)>

 菅首相が、17日の記者会見で、「きょう、小沢さんのグループ
の役員の人に『小沢系というのはどの範囲か』と聞いた。(代表選
で)小沢さんの推薦人になった人も入閣した。グループは若い人が
多いので、副大臣、政務官の人事を含めて見てほしい」と述べて
いたが。本人も、海江田氏は小沢グループの一員として選んだ
つもりでいるのではないかと思われる。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 また、菅首相は記者会見で、「代表選は、秘密投票ではある
けど(マスコミの)皆さん方もいろいろ調査をされたんでしょう
から」と前置きをして、小沢氏に投票した人と思われる人も、
それなりに割合で入閣していることを主張していたのだけど。

 まず、経済産業大臣になった鳩山グループ会長の大畠章宏氏
は、当初は代表選の対立を回避するように尽力していたのだが、
鳩山氏が小沢氏支持を表明し、グループ内をまとめるように指示
をしてからは、小沢氏の支持を集めるために奔走していたことが
わかっているし。

 今回の閣僚では、鹿野農水大臣、民社系グループの高木文科
大臣、柳田法務大臣の3人は、事前にどちらに投票するかを、
他の議員にも、メディアの調査にも明かしておらず、いわゆる
中間派とされていた。<尚、高木氏は、小沢氏に投票したと
報じていたTVがあった。(・・)>

 鳩山グループと民社系グループは、中間派と言われている
ものの、03年に小沢自由党が合併してから、特に06年に
小沢氏が代表になってからは、一貫して小沢氏を強く支持して、
協力して来たところがあるわけで。
 それを考えると、この改造内閣にも、「親小沢」の議員が
何人もいるのである。(**)

* * * * *

 メディアの中には、小沢側近とされる原口一博氏が、総務大臣
を外されたことを、小沢派はずしの行為だと見るところもある
ようだ。^^;

 ちなみに、原口氏は小沢グループの一員ではないのだが、小沢氏
を慕い、自民党~新進党まで行動を共にしており、6月に、小沢氏
が自分の代わりに代表選に出すことを考えたと報じられており、
今回の代表選でも、小沢支持を明言していた。(・・)

 mewも、原口氏を外した要因として、小沢氏のことが全くない
とは言えないと思うのだけど。<代表選の支持に関してだけでなく、
これまで、政策面で、小沢氏の提案を、そのまま受け入れてしまう
ようなこともあったりしたので。^^;>

 ただ、菅内閣が地方分権に力を入れることを示す目玉人事と
して、今回は、片山善博氏(元鳥取県知事)を総務大臣に起用する
ことになったことも、原口氏が外された大きな要因だと思うし。

 また、菅内閣は、首相や閣僚は、靖国参拝を行なわない方針なの
だけど。原口氏は、先月、雑誌のインタビューに「閣僚として靖国
参拝を行ないたい」と語っていたことから、その辺りも、マイナス
に働いた可能性があるかな~と思うところもあった。(・・)

* * * * *

 そして、こちらは、まさに小沢グループの一員である山田正彦氏
も農水大臣を外されてしまって。
 mew的には、山田氏は、そのまま続投でもいいのではない
かな~と思う部分もあったのだけど・・・。

 もともと山田氏は農水副大臣だったのだが。6月に菅氏が首相に
なった際に、赤松大臣が辞任&口蹄疫問題の対処の継続性が必要
だったことから、牧場経営者でもある山田氏を大臣に昇格させた
という特別な事情があったのも事実だし。
 ようやく口蹄疫問題がおさまったこと、今度は農家の戸別所得
保障を政策の柱とすることから、大ベテランの鹿野氏を起用する
ことにしたのではないかと察する。(**)

<途中で、宮崎の東国原知事や県の関係者、農水省内で、やり
合ったりしたのも、マイナス要因だったかも。^^; あと、こちら
も原口氏同様、同じ小沢氏の支持者の中でも、小沢氏の影響力を
受けやすいタイプだと思われたかも知れない。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ところで、この週末、新しい閣僚について、アレコレ調べている
うちに、ふと「あれ?鳩山内閣って、小沢グループの誰が、閣僚
にはいってたんだっけ?」と思って調べてみたら、何と、それこそ
「ゼロ~♪」かも知れないんですよね~。(@@)

 まあ、鳩山政権の場合は、何て言っても、小沢氏本人が幹事長
という党№1のポストについていたので、それが大きいとはいえ、
鳩山前首相が、小沢氏の政策をそんなに重んじているのであれば、
内閣の閣僚にも、小沢氏の側近や小沢グループの人を積極的に取り
上げてもいいのではないかと思うのだけど・・・。
 でも、これぞという人が、見当たらないのだ。(・o・)

 wikipediaの「鳩山由紀夫内閣」を参照して頂きたいのだけど。
<リンクをするとURLが崩れてしまうので、このままで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB%E5%86%85%E9%96%A3>
 ここのリストでは、藤井裕久財務大臣が、小沢グループの一員
であることになっているのだけど・・・。
 確かに、藤井氏は自民党から自由党まで、ずっと小沢氏と一緒に
やって来て、同氏の右腕と呼ばれる存在だったのだが、近時は、
関係が悪化していて、疎遠になっていたことを知っている人も多い
だろう。
 藤井氏は、自由党解散時の資金に関して納得行かないことが
あって、ギクシャクするところがあったようなのだが。昨春、西松
事件が起きた際に、藤井氏が小沢氏に代表を辞任した方がいいと
助言したところ、小沢氏が裏切られたと思ったようで、その後、
一切連絡を絶ってしまったとのこと。それ以来、2人の仲は疎遠に
なっているのである。(~_~;)
<鳩山氏は、藤井氏の議員継続や財務大臣就任を熱心に要請して
いたのだが。小沢氏は、それに反対だったと言われている。>

 また、中井洽国家公安委員長も、小沢グループとなっているの
だが。中井氏は、新進党&自由党に所属しており、小沢氏に近い
立場にはあるものの、その前は、社会党&民社党の議員だった人
で、今も民社系グループの一員としても活動している人なのだ。

<今回の組閣も、おそらく民社党枠扱いで、川端、中井氏の2人
が外れて、高木、柳田がはいる形になった感じが。
 中井氏は、女性スキャンダルや金賢姫訪日の際の諸問題もあった
ので、自分でも続投は考えていなかったのでは? 尚、川端、中井
の両氏は、次は国会の委員長の要職を担うことがが決まっている。>

* * * * *

 ちなみに副大臣22人中、小沢グループ(と記されている)人は
1人だけ。政務官25人中でも、小沢グループは2人。(~_~;)

 ということは、昨秋、発足した鳩山内閣でも、決して「脱・小沢」
路線ではなく、「鳩山ー小沢タッグ」であったはずなのに、小沢
側近や小沢グループの人は、閣僚として重用されてはいなかった
わけで。<菅改造内閣と変わらないレベルだよね~。^^;>

 それを考えると、今回の執行部はともかく、菅改造内閣に関して
あえて「脱・小沢」の人選を行なったと強調するのは、チョット
おかしいのではないかな~と思うmewなのだった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/13256783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2010-09-20 15:51
タイトル : 中国人が見た日本
 昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」で、「日本が今の中国から学ぶべきところは、どこだと思いますか?」と言うテーマを取り上げていました。 出席者は何時ものレギュラーの他に、チャイニーズドラゴン新聞編集主幹で孔子の子孫として知られている孔 健さん、日本に帰化した評論家で拓殖大学客員教授石 平さん、「時が滲む朝」で芥川賞を受賞した作家の楊 逸さんがゲストとして出ていました。 内容はテーマとは反対に親日家の3人と、どちらかと言えば中国に批判的なレギュラーばかりですから中国批判で盛り上がっていました。 3...... more
Tracked from Because It's.. at 2010-09-21 01:30
タイトル : 実力以上の地位についた「小人物」は?〜菅改造内閣を評して..
平成22年9月17日発足した菅改造内閣については、各新聞社が論評しています。そのうち、東京新聞は9月19日付「筆洗」において秀逸なコラムを掲載していましたので、紹介します。 1.東京新聞平成・..... more
Tracked from たんぽぽのなみだ~運営日誌 at 2010-09-25 21:59
タイトル : 長妻昭が消えた
きのうのエントリでお話した、菅内閣の新メンバーですが、 「消えた年金」の長妻昭前厚労相が、姿を消しています。 官僚との対決姿勢を前面に出していた長妻氏が いなくなったことが、菅政権が官僚になびいたことを、 よくしめしていると言われています。 ... more
by mew-run7 | 2010-09-20 08:01 | Trackback(3)