人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!

前田検事のFD改ざん&返却の謎、気になる過去の事件+村木無罪&復職+小沢と公明代表が八丈島で

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 最初に、チョット気になった小沢一郎氏に関する情報を一つ。

 小沢氏は、週末、八丈島を訪問。釣りをしている映像がTVの
ニュースで流されていたのだけど。
 何と同じ頃に、公明党の山口代表も、八丈島に滞在していたとの
こと。2人は、21日に同じ飛行機で、帰京したという。(・・)

『東京・八丈島を別々に訪問していた民主党の小沢一郎元幹事長と
公明党の山口那津男代表が21日の同じ民間機で帰京した。
 2月に小沢氏が創価学会幹部と会談し、民主、公明両党の関係
修復が注目されたが、両氏は機中で会話を交わさなかった。羽田
空港で山口氏が「お疲れでしょう」と声をかけると、小沢氏が
「元気だよ」と応じた。
 山口氏は支持者へのあいさつ回りのため八丈島入り。小沢氏は
魚釣りを楽しんでいたとみられる。<産経新聞21日>』

 2人は、果たして、偶然、八丈島にいたのか。それとも・・・。

<板垣英憲氏のブログによれば、小沢氏は7月に八丈島に行った
時には、原子力潜水艦で島に乗りつけた米国の使者Mグリーンに
会っていたそうだし?!^^;>

* * * * *

 そして、昨日21日、郵便不正事件で起訴されていた厚労省の
元局長・村木厚子氏の無罪判決が確定した。"^_^"

 大阪地検は、昨日、村木厚子氏に対する無罪判決について控訴
断念と上訴権放棄を発表。会見で、大阪地検の大島忠郁次席検事が、
「村木元局長にご負担をおかけしたことについて、申し訳なく
思っています」と深く頭を下げて、謝罪を行なった。

<ちなみに、最高検の伊藤鉄男次長検事も、同じコメントを読む形
で謝罪の言葉をクチにしたが、頭をろくに下げず。「全く、下の
やつらがしょ~もないことをしたがって」という感じに見えて
しまったのは、mewだけではあるまい。(-"-)
 民間にもいるけど、官僚ってマジに、エラくなるほど、頭を
下げたり反省したりする姿勢を忘れてしまうものなのよね。(~_~;)>

* * * * *

 村木氏は、無罪確定の知らせを受け、「さすがに、この1年
3カ月余のことを思い、涙がこぼれました」とコメントしていた
という。(ノ_-。)

 政府は、早速、22日付けで、村木氏をとりあえず官房付けで
復職させることに。厚労省内で調整を行ない、局長クラスの役職
で、職場復帰できるようにとりはからうことになっている。
 
 村木氏は、以前から、現場の状況や声もよく見聞してくれると
評判の官僚だったそうなのだが。本人も望んでいたように、これ
からも、困っている立場の人の役に立つ仕事をして欲しいと
願っている。(~~)

 また、何も出世するばかりがいいというわけでもないのだけど。
 村木氏は、史上2人目の女性の事務次官になるかもと期待されて
いた人だったのに、この事件で1年半の休職を強いられてしまった
わけで。出世にはマイナス要素になってしまうかも知れないけど。

 でも、今回のことで、村木氏は、今までよりさらに人の痛みが
わかる人になったのではないかと思うし。また、官僚組織の問題
などを考える機会も十分にあったのではないかと思うので、そう
いう人が厚労省TOPの事務次官になったら、厚労省や霞ヶ関
(行政官僚組織)のあり方も少しは変わるのではないかな~と
思うとこもあるmewなのである。(・・)
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 さて、昨日、朝日新聞の朝刊で、大阪地検特捜部の主任検事
が、郵便不正事件の捜査で押収したフロッピーディスクを改ざん
した疑いがあるという大スクープを発表したのだが・・・。
<『検察が、証拠改ざんの疑い・・・郵便不正事件で、大阪地裁
特捜部の主任検事がFD記録改ざんか?』に、朝日の記事全文あり>

 最高検は、すぐに捜査を始めることを発表。そして何とその日の
うちに、特捜部の主任検事だった前田恒彦氏(43)を証拠隠滅の
疑いで逮捕。自宅の家宅捜索も行なった。(・o・)

<特捜部への家宅捜索は、どうするのかしらん? ふだんは、
取材カメラの前で、勇ましくく行進(?)して捜索にはいり、アレコレ
いっさいがっさいのものを持って行っちゃうのだけど。さすがに、
今回は、本人のデスク&周辺のものを、そ~っと持って行くだけ
なのかな?(@@)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 この件について、邪推っ子mewとしては、昨日からアレコレ
と不思議に思うこと、疑問に思うことがあって、どこから書いて
いいかわからないようなところがあるのだけど。

 先に、今、最も引っかかっていることを書いておくなら・・・

 今、一番不思議に思っていることの一つのは、何故、大阪地検
は、このフロッピーディスク(以下、FD)を、改ざん後間もなく、
公判前に、本人に返却したのかということだ。(**)

 現段階では、前田検事は、FDを自分のストーリーに合わせて
改ざんしたのではないかと言われているのだが。(*2)
 捜査で押収した重要証拠は、一般に、公判が終わるまで(少なく
とも、公判の準備段階が終わって、もう絶対に証拠として使わない
ことが明らかになるまで)返却することはないし。被告人に有利な
証拠も持って行ってキープしてしまい、証拠を開示してくれと
言っても、簡単に応じてくれないことも多いのだ。(-"-)

 大阪地検は、09年5~6月に上村勉氏や村木厚子氏を逮捕した
際に、当該FDも押収したのではないかと思うのだが。
 前田主任検事は、まだ様々な証拠の分析を行なっている段階で
あるはずなのに、7月13日にFDを改ざんして、何とその3日後
の16日に、わざわざも上村氏の弁護人に返却しているのだ。(・o・)

 単に改ざんしただけでなく、早い段階で返却したのには、何か
意図があったのではないか・・・と勘ぐりたくなるのは、mew
だけではあるまい。(・・) 

<と書いていたら・・・さっき、スパモニで鳥越俊太郎氏が、
やはり同じ疑問を呈していて、検察が改ざんしたFDを返却して、
相手側が証拠として提出するようにワナを仕掛けたのではないか
と言っていたです。(@@)mewも、それに近いようなケースも
含め、邪推が広がっているのよね~。(+_+)>

* * * * *

 また、mewは、昨春の小沢一郎氏の秘書が逮捕&起訴された
「西松事件」や、07年安倍政権下で、元公安部長が逮捕&起訴
された朝鮮総連に関する不動産詐欺事件などは、いわゆる国策
捜査の疑いが強いと思っていて、このブログで取り上げたことが
あるのだけど・・・。<06年の福島知事が収賄事件で起訴された
のも、公判を見ると怪しい感じが。>
 しかも、この3件とも、被告人は一環して無罪を主張。また
公判でも、関係者が検察のストーリーと異なる証言を行なったり
していることに共通点があるのだけど。

 何と上に挙げた3つの事件すべてに、この前田検事が関わって
いたと知って、「わお」という感じに。(゚Д゚) 
 ・・・となると、尚更に、疑念が深まってしまうところがある
のだ。(**) 

 ちなみに、朝鮮総連事件では、前田検事本人が、公判で証言
していたとのことで。被告人の弁護人は、前田氏を偽証罪で告発
することを明らかにしている。(*1)
 検事が逮捕されるのも<ましてや捜査に直接関わることで>
かなり珍しいことなのだけど。検事が偽証罪で告発を受けるのも
異例なことかも知れない。(@@)

* * * * *

 時間かないので、この記事は、ここで終わりにしたいのだが。
<もし時間ができたら、午後~夜にもう1本アップしたいと思って
いるけど。ビミョ~なところ。^^;>

 思えば、小泉政権下で「検察のウラ金問題」が闇に閉じ込めて
しまってから、検察組織は、どんどんとミョ~な方向に傾いて
行ってしまったようにも思われるし。
 近年、検察の捜査のあり方に疑念が呈されるケースが多く
なり、「このままじゃ、日本の司法がアブナイ!」と思える機会も
増えていて。どこかで、この流れに歯止めをかけるようなものが
ないとな~と思っていたのだけど。
 
 よりによって、特捜部の主任検事の証拠改ざんの行為発覚が
きっかけになって、検察の捜査のあり方が問い直されることになり
そうなことに、何かある種の「必然性」とか、「因果応報の大きな
流れによる導き」のようなものを感じてしまうところもあったり
して。(~_~;)

 村木厚子氏が、昨日の会見で、「今回の捜査ではフロッピー
ディスク以外のことも問題になったので、個人の問題として
わい小化せず、事件全体について何があったのか検証してほしい」
と語っていたのだが。

 検察は、この件で信頼を失うことになるけれど。もし検察が、
 もし検察が少しでも信頼を回復したいなら、今回の件で、前田
検事ひとりに責任を覆いかぶせたり、いかにも国民が納得しそうな
ストーリーを作って処理しようとしたりすることだけは、辞めた
方がいいと言っておきたいmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 








『在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部をめぐる詐欺事件で一審で執行猶予付き有罪とされた元公安調査庁長官緒方重威被告(76)=控訴中=の弁護人は21日、偽証容疑で、当時事件を担当した大阪地検の前田恒彦検事(43)を最高検に刑事告発する方針を明らかにした。前田検事は厚生労働省の偽証明書発行事件で押収品のデータを改ざんしたとして、同日逮捕された。

 前田検事は朝鮮総連事件で緒方被告の共犯とされた元不動産会社社長満井忠男被告(76)=同=の取り調べを担当した。公判では満井被告の供述の任意性が争われた。

 一審東京地裁判決は任意性を認める一方、「『緒方被告をなぜかばうのか』などと言ったことはない」などとする前田検事の公判証言については「信用できない」とした。緒方被告の弁護人は、こうした一連の証言が偽証に当たるとしている。<時事通信21日>』 


*2

『 主任検事の前田恒彦容疑者(43)が改竄(かいざん)したとみられるフロッピーディスク(FD)の最終更新日時。大阪地検特捜部にとっては、偽の証明書が実体のない障害者団体に発行されたことを立証するなかで、厚生労働省の村木厚子元局長(54)=無罪確定=の指示があったのか否かにかかわる重要な証拠だった。しかし、このFD自体は裁判で検察側から証拠申請されておらず、なぜ改竄の必要性があったのかは謎も残る。

 ◆つじつま合わせ?

 関係者によると、特捜部は昨年5月26日、村木元局長の部下だった上村勉被告(41)=公判中=の自宅からFDを押収した。

 FDには証明書の文書データが保存されており、最終更新日時は「2004年6月1日午前1時20分6秒」となっていた。

 ところがその後、検察側から上村被告側に返却されたFDは、最終更新日時が「2004年6月8日午後9時10分56秒」に変わっていたという。

 検察側は裁判の中で関係者の供述をもとに、村木元局長が上村被告に偽造証明書の発行を指示したのは「6月上旬ごろ」と主張。しかし、これでは実際に更新された6月1日午前1時とはつじつまが合わなくなる。村木元局長の指示が、5月中に行われていないと、6月1日午前1時の更新はあり得ないからだ。6月8日なら矛盾は生じない。

 ただ、検察側は改竄前の正しいデータを基に捜査報告書を作成。村木元局長らの公判には、弁護側の開示請求によって、この捜査報告書が証拠提出された。

 ◆村木氏が矛盾指摘

 弁護側によると、この捜査報告書に記された「正しいFD更新日時」と「検察側の主張」の矛盾に最初に気づいたのは、村木元局長本人だったという。一方、上村被告側に返却されたFDは、証拠として提出されておらず、改竄後のデータが公判で資料として使われることはなかった。

 このため、検察当局はなぜ改竄する必要があったのかなど、前田容疑者から動機や詳細な経緯を聴く必要があると判断した。ただ、関係者によると、前田容疑者は捜査段階で上司からFDの更新日時を問われた際に「関係者の供述に沿った日付だった」と、日付を特定せずあいまいに報告していたという。

 大阪地検の小林敬検事正は21日、産経新聞の取材に「調査結果を公表するまで詳しい内容は話せない。(主任検事の処遇は)適切に対応したい」と話し、改竄理由などには言及しなかった。

 また、捜査への信頼を根幹から揺るがしかねない証拠改竄の発覚に、柳田稔法相は閣議後会見で、「真実であれば到底許されない。最高検が直接捜査するとの報告を受けたので、捜査を見守りたい」と述べた。
<産経新聞22日>』
by mew-run7 | 2010-09-22 10:50 | 政治・社会一般