菅伸子の小沢&菅評+菅&オバマの首脳会談+国連総会の演説

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



昨日の午後、沖縄・尖閣諸島沖で起きた漁船衝突事件の被疑者
だった中国の漁船の船長が、突然、保釈されることが決まって、
mewもかなりビックリしたのだけど。
 今回は、その件について書こうとしていたのに<かなり書き
進んでいたのに>、PCが~~~。(ノ_-。)
 この資料を集め直して、書きく直すには、かなりエネルギーと
時間がかかりそうだ。(-"-)

 ・・・というわけで、このエントリーでは、菅伸子氏の話と、
尖閣島問題&船長保釈のニュースの陰にすっかり隠れてしまった
菅首相とオバマ大統領の首脳会談と、国連演説に関する報道記事
をアップしておきたい。(・・)

* * * * *

 まず、菅首相の妻・伸子さんの話を・・・。
<今回の訪米には、同行していなかったみたいですね~。>

『菅直人首相夫人の伸子さんは24日の日本BS放送の番組収録
で、首相が民主党代表選で戦った小沢一郎元幹事長について「親分
子分、縦社会がお得意。子分でなければ敵になってしまう感じが
ある」と評した。首相については「親分子分の関係はうまく
いかないが、横の関係はうまくいって仲間ができる」と政治手法の
違いを強調した。

 同時に「(首相は)自分の寝首をかいて上に行ってくれればいい
と思っている。小沢さんは自分の下から、寝首をかく人を絶対
出したくないという強烈さがある」とも述べた。
<スポニチ25日>』

 寝首の部分はともかく、前半の縦関係、ヨコ関係のところは、
かなり当を得ているのではないかな~と思った。(**)

 小沢氏は、もしもう少しヨコとの関係をうまく構築できる人
であれば、ずっと前に、自らの力で大きな政党を作って、政権与党
になっていたのではないかと思うところがあるし。
<でも、自分を理解し、慕ってくれる人との関係は強いのだけど、
そうでない人とは、なかなかうまく連携できず、分裂や敵対して
しまうことが多いのが残念なところ。>

 mewとしては、今回の代表選を機会に、さらに一般国民と
コミュニケーションをとる機会を増やしたり、反or非小沢系の
議員なども含めて、ヨコの連携をとるようにして、首相になる
ために備えて欲しいな~と願っている。

* * * * *

 他方、菅氏は、民主党結党の時から何度も代表をやっている立場
なのに、縦関係のグループはないに等しく、党内に固定支持者が
少ない上、後継者もきちんと育てていない。<ここに来て、平岡、
寺田、津村氏などが役職につくまでになったので、ちゃんと育てて
欲しいのだけどね。>

 ヨコ関係が広げられるのはいいのだけど。今回は、反or非小沢
が多いオリジナル民主党の議員たちとくっついてしまって。
 今の内閣や執行部には、菅氏と<mewも>もともと考えの
合わない保守タカ派系が少なくないのが、困りものという感じが。

 お互いに、ある意味では「水と油」なんだけど。うまく手を
結べれば、<縦横無尽に?>大きな力が発揮できるのにな~と
いつも思うのだけど。
 もうここまで来ると、それも難しいのかな~。(-"-)

* * * * *

 また伸子夫人は、代表選に勝って、首相を続けることになった
ので、6月には公邸に持って来なかった秋冬ものを運ばなくては
いけないという話をしていたとのこと。
 でも、相変わらず夫に対しては、厳しい見方をしていて・・・

『「一寸先は闇。国会が始まって、3月の予算まで持つのか
どうか」
 菅政権の行方について、菅伸子首相夫人が24日、衛星放送
「BS11」の番組収録で、辛口の見通しを披露した。

 伸子夫人は先の民主党代表選について、「私はなかなか勝ち目が
ないと非常に悲観的で、菅は超楽観的だった」と振り返ったうえで、
「(首相は今後)自分のやり方でやっていこうと思っているようだ」
と述べた。首相の最近の様子については、「夜中3時、4時頃に
目が覚めると、書斎で何か書いていたり、(パソコンなどに)打ち
込んだりしている」と語った。<読売新聞24日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


                

 菅首相は、現地時間23日夕方に、ニューヨーク市内の
ホテルで、米オバマ大統領と、約1時間、首脳会談を行なった。
 オバマ大統領との会談は、6月に次いで2度めになる。

 日米両国とも、まだ、鳩山政権の間にギクシャクしてしまった
日米関係を修復することを一番に考えているようで、今回も普天間
問題に関して踏み込んだ話は出なかったという。
<会談要旨は*2に>

『「当選おめでとう。なかなか望むような経済成長ができない時に
再選したのは、首相の指導力のたまものだ」
 当地のホテルで行われた会談で、大統領は民主党代表選で再選
された首相を持ち上げた。
 大統領は同席した前原誠司外相まで「米国でも、とても評判の
よい政治家だ」とリップサービス。会談は終始うち解けた雰囲気
だったという。
 日米関係は、鳩山前政権が普天間問題で迷走し、米国の不信を
招いて傷ついた。首相は少しでも修復し、外交面で波乱要因を
摘んでおきたい意向だった。<東京新聞25日より>』

 オバマ大統領は、前回の会談でもそうだったのだが、市民運動
から出て来た平和志向&リベラル系の政治家である菅首相には、
どうやらある種の親近感を抱いているような感じが見える。
<オバマ氏も「最小不幸社会」の理念を理解してくれるかも?>

* * * * *

 また、菅首相は、現地時間24日に国連総会で演説を行なった。
<演説要旨*1に>

『菅直人首相は24日午後(日本時間25日未明)、国連総会で
一般討論演説を行った。首相は唯一の被爆国として「核兵器のない
世界」の実現に向け、「国際社会の取り組みの先頭に立つ」と決意
を表明。北朝鮮に対しては、核廃棄への具体的行動や日本人拉致
問題の早期解決を求め、「誠意ある対応を取れば、日本としても
同様に対応する用意がある」と指摘した。

 菅首相は自らの持論である「最小不幸社会」について「疾病、
貧困、紛争といった不幸の原因をできる限り小さくする」と説明。
途上国支援、核軍縮・不拡散など4分野での取り組みを具体的に
示した。

 途上国支援では「国連ミレニアム開発目標」(MDGs)実現の
ため、首相が22日に表明した総額85億ドルに及ぶ保健・教育
分野での支援策「菅コミットメント」を説明。地球環境問題では、
温暖化対策として温室効果ガスの25%削減目標を改めて掲げた。

 平和維持・構築分野では、ハイチ地震の復興支援、パキスタンの
洪水への自衛隊ヘリ派遣、アフガニスタンでの警察支援などの実績
をアピール。国連改革を巡り、安全保障理事会の常任理事国入りに
意欲を示し、「唯一の被爆国で核兵器を持たない日本のような国
こそが、21世紀の安保理で役割を果たすにふさわしい」と述べ、
各国首脳の理解を求めた。<毎日新聞25日>』

* * * * *

 英語が苦手だという菅首相は、日本語でスピーチ。
 ニュース映像を見る限りでは、原稿用紙に目を落として、ほぼ
棒読みに近い感じになっていることが多かったのではないかと
思うのだけど。
<ちなみに、「疾病」を1回「しつびょう」と読んでしまった
そうだ。^^;>

 ただ、演説の内容としては、「核なき社会」を目指すことを
含め、全般的にかなり評価できるものがあったように思うし。
 mewは、海外の方が、菅氏の持論である「最小不幸社会」の
理念を理解してもらえるかも知れないと思ったりする。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~~ 

 今回の尖閣沖の問題で、これから中国との関係をどうするか
アタマの痛いとこだし。その対中関係も絡んで、普天間問題や
日米安保&同盟の問題への対応も難しくなるし。<円高のことも
あるしな~。>
 11月には、日本でAPECが開催されるので、今からその準備
も大変だと思うのだけど・・・。

 菅首相は、決して外交に強いとは思えないので、チョット心配
になってしまうところもあるのだが。^^;
 逆に言えば、もともと米国にも中国にも、どこか特定の国に強い
思い入れがないというのは、mew的には、却っていい点では
ないかとも思ったりするし。(・・)

 この際、あまり過去の前例ややり方いとらわれず、伸子さんも
言っていたように、自分なりのやり方&考え方で、どの国にも
ドロくさくていいから、率直に相対して行くのも一つの手かな~
と思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






*1

『菅直人首相とオバマ米大統領が23日に行った日米首脳会談の要旨は以下の通り。

 【日米関係】

 オバマ大統領 21世紀にふさわしい形で日米関係を強化していくために、その方法について議論したい。11月の訪日を楽しみにしている。

 菅首相 日米同盟は世界的な平和と安定のためのインフラだ。関係強化の3本柱は安全保障、経済関係、文化・人材の交流だ。

 【東アジア情勢】

 大統領 アジア太平洋の安全保障について日米で協力していこう。中国との協力関係も重要だ。6者協議再開には、北朝鮮がより真剣な姿勢を示す必要がある。

 首相 韓国の哨戒艦沈没事件、拉致、核、ミサイルについて前向きな姿勢があれば、6者協議を考えなければいけない。東アジア共同体は、米国を含めて構想していきたい。

 両首脳 中国との関係について、関心を持ってお互いが注視し、日米で連携していくことで一致。尖閣諸島問題で意見を交換。

 【普天間問題】

 首相 日米合意を踏まえてやっていきたい。沖縄の難しい課題もあるので、一層の理解を求めるために、負担軽減についても努力したい。

 大統領 難しい課題があることは理解している。

 【イラン】

 大統領 日本の追加制裁について感謝したい。

 首相 イランとの伝統的な関係を乗り越えて閣議決定した。

 【経済問題】

 大統領 日米の経済協力が、どう持続可能な経済成長につながるかについて、11月に日本で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で議論したい。 <朝日新聞24日>』

******

*2

『 【ニューヨーク時事】菅直人首相が24日午後(日本時間25日未明)、国連総会で行った一般討論演説の要旨は次の通り。

 〔最小不幸社会〕国のリーダーがまず果たすべき役割とは「最小不幸社会」を築くことだ。疾病、貧困、紛争といった不幸の原因をできる限り小さくすることが、より良い世界を築くために指導者に課せられた役割だ。

 〔開発途上国支援〕日本は「国連ミレニアム開発目標」(MDGs)の達成を大変重視している。MDGs国連首脳会合で、保健と教育分野での新たな貢献を「菅コミットメント」として表明した。5年間で計85億ドルを投じる。

 〔地球環境〕日本は昨年、2020年までに1990年比で温室効果ガス25%の削減を目指すとの目標を表明した。年末の気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)の成功に向けて、国際交渉を主導する。10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の議長国としての役割を果たしていく決意だ。

 〔核軍縮・不拡散〕唯一の被爆国である日本は「核兵器のない世界」の実現に向けて具体的に行動する道義的責任を有している。日本は国際社会の取り組みの先頭に立っていく決意だ。8月、潘基文国連事務総長が初めて広島市の平和記念式典と長崎に来た。広島の式典には米国代表も出席した。「核兵器のない世界」に向けた機運を高めるものと歓迎する。日本には核兵器の惨禍の実相を将来の世代に語り継ぐ責任がある。被爆者を「非核特使」に任命し、世界に発信していただく。日本とオーストラリアは、核軍縮・不拡散に関する外相会合を開催し、新グループを立ち上げた。
 北朝鮮の核・ミサイル開発は国際社会全体にとって脅威。北朝鮮が累次の国連安全保障理事会決議や6カ国協議共同声明に従って具体的な行動を取ることを求める。日本は日朝平壌宣言にのっとり、国交正常化を図る考えに変わりはない。それには拉致問題の解決が不可欠だ。イランの核問題では、同国が国際社会の疑念を払しょくする努力を払うよう粘り強く働き掛けるとともに、平和的・外交的解決のため尽力する。

 〔平和維持・構築〕日本は今後も、国連平和維持活動(PKO)や災害救援活動に積極的に参加する。特に正念場を迎えているのがアフガニスタンだ。日本はアフガン国民が状況の改善を実感できる支援を行っていく考えだ。

 〔国連改革〕安全保障理事会が実効性を備えた機関であるためには、今日の国際社会を反映した正統性を持つものでなくてはならない。唯一の被爆国であり核兵器を持たない日本のような国こそが21世紀の安保理で役割を果たすのにふさわしい。常任理事国として一層の責任を果たしたい。(時事通信25日>』
 
[PR]
by mew-run7 | 2010-09-25 13:00 | 民主党、民進党に関して