岡田が小沢に、政倫審出席を要請か?+土下座答弁&忍耐でしのぐねじれ国会

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

政府は、今日、2010年度の補正予算の閣議決定し、29日に
国会に提出する予定でいる。
 
 補正予算の詳しい中身については、*1にアップするが。
 円高・デフレに対応するための「緊急総合経済対策」を盛り
込んだもので、4兆8513億円の補正予算に加え、公共事業を
前倒し契約する2388億円分の「国庫債務負担行為」を加え、
計約5兆1000億円となる。

 日本はただでさえ景気回復が遅れている上に、この夏から、
主に米国経済への不信感による円高が進んでいることもあって、
経済対策を急ぐ必要があること&11月にはAPECが行な
われることから、11月中旬までには補正予算を成立させたい
意向なのだが。
 衆参ねじれ国会ゆえ、特に参院で、野党側の協力が不可欠で
ある上に、参院選、衆院補選と野党・自民党が連勝したことから、
民主党は尚更、弱い立場に立たされ、かなりアタマを悩ませて
いる状況だ。(-"-)

* * * * *

 昨日の参院予算委員会集中審議も、仙谷官房長官の謝罪から
始まった。

『仙谷由人官房長官は25日の参院予算委員会集中審議の冒頭で、
14、15両日の同委員会で行った自らの答弁について陳謝した。
仙谷氏は22日の参院議院運営委員会理事会でも陳謝している。

 仙谷氏は「事実に反した答弁や不適切な表現を使用した。委員会
運営に異を唱え、政府参考人に圧力を加えたと思われても仕方が
ない不適切な答弁があったことを認め、陳謝する」と語った。仙谷
氏は自民党議員が報道の真偽をただした質問を「拙劣」などと批判
し、野党側が現職官僚を政府参考人として招致したことを「彼の
将来を傷つける」などと述べ、野党から批判を受けていた。

 一方、蓮舫行政刷新担当相も国会議事堂内でファッション雑誌の
写真撮影をしたことに「多くの方に懸念、疑念を抱かせた」と謝罪
した。自民党の森雅子氏への答弁。<毎日新聞26日>』

* * * * *

 また、昨日、たまたまTVをつけたら、ちょうど、この森雅子氏
が質問の立っているとこだったのだけど。菅首相に対して、「逃げ
菅」「空き菅」「すっから菅」など、ネットやメディアでの中傷
用語をそのまま国会で使っていたのには、唖然。(・o・)

 しかも、「菅内閣は、小沢さんに支えられている」「小沢さんと
比較するから、菅総理が選ばれた。小沢さんと比較するから、
菅総理が選ばれた。だから小沢さんを切れないんじゃないですか!
もし、そうじゃないと言うんだったら、小沢さんの証人喚問を約束
してくださいよ!」って、へ理屈にもなっていないような要求の
仕方をしてたりするし~。(@@) 

<っていうか、マジに品性&知性がない感じだし&国会議員が国会
でやるような発言ではないよね。(ーー)>

菅首相も、イラ菅になるのを堪えつつ、「私も野党時代、相手を
怒らせる質問がうまかったが、“森ゆうこさん”もなかなか…」
と応酬しようとして、近くにいた民主党の森ゆうこ議員(54)と
言い間違え、爆笑が起こると「申し訳ない」と苦笑いだった。
<実は、森ゆう子氏は、小沢グループの議員で、特に代表選の時
には、かなりTV出演などをして、菅氏の批判をしていたので、
森雅子氏のお友達に見えたのかもとか思ってしまったですぅ。^^;>

 野党側は、菅首相&仙谷官房長官などが、イラッと来ると失言
する可能性が高いことがあってか、辛らつな言葉で攻撃するケース
が増えているのだけど。

 菅内閣としては、補正予算が通るまでは、平身低頭の土下座答弁
とまでは言わないけど、野党の攻撃に対して、ひたすら忍耐で
サンドバッグ状態が続きそうな感じだ。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 野党側も、今の経済状況を考えると、さすがに審議拒否などの
徹底抗戦を行なったりするのは、国民に理解を得られないだろう
とわかっている様子で、特に社民党や公明党は、補正予算の審議
に協力する姿勢を示しているのだけど

 とはいえ、野党側としても、その存在感を示すために、「ただ
では、予算を通したくない」というところがあるし。
 ここは、選挙の連勝や世論調査の結果を受けて、「政治とカネ」
の問題を追及すべく、何とか小沢一郎氏(鳩山由紀夫氏)の国会
招致を実現させたいところ。

 民主党内でも、鳩山内閣の時から、小沢氏の国会での説明を
求める声があったのだが、小沢氏が消極的(本当は、拒絶的?)
であったことから、ここまで先送りして来たのだけど。

 もしこの補正予算がスムーズに通らなければ、国の経済や国民
生活への影響も大きく、政権運営に支障が出かねないだけに、
ついに岡田幹事長が、小沢氏本人に要請をしに行くことに決めた
ようだ。(**)

* * * * *

『民主党の岡田幹事長は、検察審査会の議決で強制起訴される小沢
一郎元代表と近く会談し、衆院政治倫理審査会出席に関する意向を
確認する方針を固めた。

 党幹部が25日、明らかにした。
 岡田氏は同日、小沢氏に近い輿石東参院議員会長と国会内で会談
するなど、野党が求める小沢氏の国会招致について調整を進めた。
この結果、29日に国会提出する2010年度補正予算案の成立に
野党の協力を得るには、小沢氏が自発的に政倫審に出席する環境を
整えることが望ましいと判断した。

 小沢氏の国会招致に慎重だった党幹部も25日、「小沢氏との
会談は、党や役員会で決めることではなく、岡田氏が判断すること
だ」と述べ、小沢氏との協議を容認する考えを示した。
<読売新聞26日>』

* * * * *

 しかし、果たして、小沢氏がすんなりと国会招致に応じるか
どうかは、ビミョ~な情勢だ。

『「政倫審に出て意味があるならいくらでもでるが…。国会で
説明することで一つの区切りになるのか」
 小沢氏は周辺にこうもらしたという。

 小沢氏に近い中堅議員は「政倫審に出たら出たで、野党側はこの
次は証人喚問を実施しろと要求してくるだろう」と述べ、小沢氏が
慎重な理由を説明する。

 岡田氏ら執行部は21日夜、首相公邸に集まり菅直人首相ととも
に対応を協議したが、方針はまとまらなかった。首相や仙谷由人
官房長官はこの問題の対応を岡田氏に任せており、党内には「小沢
さんに鈴をつけにいくのは岡田氏しかいない」(ベテラン)との
声も出ている。もっとも、岡田氏は9月の党代表選で小沢氏を強く
批判しただけに、説得は容易ではない。』

『参院幹部の一人は「小沢氏の招致に応じれば、野党が(補正予算
案の成立に)協力するという確約が取れているのか」と岡田氏らの
対応に疑問を投げかける。』<以上、産経新聞22日より>

 
 衆院補選の敗戦を受けて『この敗戦で、民主党内からは補正予算
など、野党の協力を得るためには小沢元代表の国会招致は避けられ
ないとの声も出ている。
 民主党中堅幹部は「これで小沢さんも政治倫理審査会に出てくれ
るんじゃないか」と述べている。
 しかし、小沢元代表に近い議員からは「最大の敗因は景気だ。
景気を悪くしたのは小沢さんじゃない。経済オンチの菅だろう」と
いう声が聞かれた。<FNN25日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 mewは、今年の5月14日に『小沢の政倫審は、公開した方が
いい。&国民は、まず、容疑事実を把握して欲しい
。』という記事
をアップしたのだけど・・・。
 5月と言えば、まだ鳩山首相&小沢幹事長体制の頃だ。(・・)

 この当時、第5検察審査会が前月に、小沢氏に対して「起訴
相当」の議決を出したことから、「政治とカネ」の問題に対する
批判が強くなって来て、民主党の支持率もどんどん低下。
 そこで鳩山官邸&党幹部は、参院選を前に、小沢氏が政倫審に
出席して説明することで、国民の理解を得た方がいいと提案し、
小沢氏も一時、その要請に応じそうな姿勢を見せていたのだが。
結局、6月初めに幹事長を辞任して、国会で説明する場を作らない
まま、今日に至っているのだ。(-"-)

<知人の中には、「小沢は、政倫審に出たくないこともあって、
幹事長をやめたのではないか」という人もいたほどだった。^^;>

* * * * *

 mewは、当時も今も、小沢氏が政倫審に出席することに賛成
の立場だ。
 また、政倫審は基本的に非公開で行なわれるのだが、mewは、
できれば、国民に公開にして(TV中継つきで)行なって欲しい
と考えている。(**)

 一般国民の多くは、いまだに、今回の不動産取引の件に関して、
一体、何が容疑になっているのか、小沢氏がどのようなことに関与
したと疑われているのかということさえ、わかっていないし。
 しかも、小沢氏が国会での説明に応じようとしないことから、
尚更に、何か後ろめたいorよからぬことをしたのではないかという
疑念、イメージを抱いている人も少なからずいると思うからだ。(・・)

 9月の代表選の時もそうだったが、小沢氏がきちんと国民の前で
説明する場を設ければ、それにしっかりと耳を傾けて、小沢氏の
立場を理解しようとする人もかなりいるのではないかと思うし。
 メディアに編集、歪曲されることなく、そのまま小沢氏の話を
伝えるためには、公開した方がいいと考えるのである。

<mewは、5月に政倫審に出席すれば、2回めの起訴相当の議決
をまぬがれる可能性が高まるかも、と思うとこもあったのよね。>

* * * * *

 mewは、小沢氏の気持ちが理解できなくはないのだ。(・・)

 小沢氏としては、国会で話をするのは苦手で、ふだんの質問や
討論の場を回避することも多かったぐらいなので、自分ひとりが
アレコレ問われる政倫審への出席や、ましてや証人喚問など
も~ってのほかだと思っているのではないかと察するし。
 そこでうまく表現できず、却って誤解が生じることを恐れる面
もあるのかも知れない。^^;<要は、面倒だし、イヤなのよね。>

 しかも、これから強制起訴されて、公判で明らかにされるの
だから、別に国会で説明する必要はないとか、公判の前に、下手
に国会で発言しない方がいいのではないかと考え方もできるかも
知れない。(-"-)

 でも、ひとりの人間としての刑事責任と、ひとりの政治家と
しての政治責任、説明責任というのは、また別のものがあると
思うし。

 民主党政権&補正予算のためというよりも、小沢氏自身が、
これからも堂々と政治活動を行なって行くためにも、ここで1度、
国会の場で説明をして区切りをつけておいた方が、今後メディア
や国民にアレコレ言わせずに済む分、ベターなのではないかと思う
部分がある。
<鈴木宗男氏も、積極的に国民に説明、主張していたことで、
理解&支持を得ていたとこがあるように思うしね。>


 小沢氏も、ここまで先送りして来ただけに、簡単にOKするとは
思えないところがあるのだが。
 党執行部としては、小沢氏の側近も含め、説得を試みると共に、
野党側と、政倫審出席を行なった場合は、証人喚問は要求しない、
補正予算の審議に協力するという確約をとりつける必要がある
だろう。

 そして、何だか岡田幹事長も、菅&仙谷コンビに劣らず、大変な
&忍耐の日々を強いられそうだな~と思ったりもするmewなの
だった。(@@)

                    THANKS 


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ クリックしないと、イタズラされちゃうかも!?(@@)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ 魔女っ子mewに、一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


 



『経済対策4兆8513億円=補正予算案を閣議決定-29日提出へ
 政府は26日、円高・デフレに対応するための「緊急総合経済対策」を盛り込んだ2010年度補正予算案を閣議決定した。経済対策の規模は、補正予算として計上する4兆8513億円に、公共事業を前倒し契約する2388億円分の「国庫債務負担行為」を加えた計約5兆1000億円となる。29日に国会提出し、11月上旬の衆院通過を目指す。
 補正予算案全体の規模は、金利低下による国債利払いの不用分など既定経費を減額し、4兆4292億円に抑えた。財源には、10年度税収の上振れ分(2兆2470億円)や09年度決算剰余金も充て、新規国債の発行は回避する。
 与党が参院で過半数を割る「ねじれ国会」で補正予算案を早期成立させるため、政府は公明党など野党に協力を求めていく方針だ。 
 補正予算案では、地域活性化や中小企業対策のために3兆706億円を計上。地方交付税を1兆3126億円増額するほか、地方が自由に使える3500億円の地域活性化交付金を新設。また、高速道路など社会資本整備に3776億円を充てる。
 社会保障では、地域医療再生や子宮頸(けい)がんワクチン接種の促進などに1兆1239億円を充当。雇用・人材育成としては、新卒者の就職支援や介護など成長分野での雇用創出を狙いに、3199億円を計上した。
 新成長戦略分野には、レアアース(希土類)をはじめとする天然資源確保や住宅エコポイント拡充などに3369億円を充てる。

◇2010年度補正予算案の概要


【雇用・人材育成】(3,199億円) 
▽新卒者・若年者支援の強化         511億円 
▽雇用下支えと生活支援           100億円 
▽雇用創造・人材育成          2,588億円

【新成長戦略の推進・加速】(3,369億円) 
▽グリーン・イノベーションの推進    2,244億円 
▽ライフ・イノベーションの推進       139億円 
▽アジア経済戦略の推進           124億円 
▽科学・技術・情報通信立国の推進      862億円

【子育て、安心確保】(1兆1,239億円) 
▽子育て                1,112億円 
▽医療                 6,773億円 
▽介護                   506億円 
▽福祉                 2,848億円

【地域活性化、中小企業対策】(3兆0,706億円) 
▽地域活性化             20,861億円 
▽社会資本整備             3,776億円 
▽中小企業対策             5,790億円 
▽その他                  280億円

合 計                4兆8,513億円

(時事通信2010/10/26-08:36)』
[PR]
by mew-run7 | 2010-10-26 11:53 | 民主党、民進党に関して