前原のせいで(?)、日中首脳会談がドタキャン中止。ASEANを控え、菅政権に暗雲

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 29日、日本政府が調整を行なっていたベトナムでの日中首脳
会談が、いったんはセットされたものの、中国側のドタキャンで、
中止になってしまった。_(。。)_

 中国側は、会談を中止した理由に関して、「首脳会談を開く
雰囲気を日本が壊した」「この責任は前原外相が負うべきだ」と
激しく批判したとのこと。<「 」内は、日テレ29日より>

* * * * *

 先に言えば、mewは、よほどの事情がない限り(首相の体調
不良とか、国で超重大な事態や災害などが起きたとか)、首脳
会談を急に中止するのは、外交的に見て、めっちゃ失礼なこと
だと思うし。
<日中首脳会談が予定されていた場所で、菅首相と前原外相は
30分、待ちぼうけを食わされた形となったらしいしね。(-_-)>

 mewは、嫌中派でも親中派でもないのだけど<お隣の国で
付き合いも長いので、ふつうに仲良くできるといいかなって
思っている派?>、このような断わり方には、日本政府や日本
国民は、それなりに怒ってもいいのではないかと思ったりも
している。(-"-)
<ただし、今後の日中関係やASEANに支障が生じるのは
困るので、難しいとこなのだけど・・・。^^;>

 ただ、実のところ、mewは、イヤ~な予感がしていたのも
事実なのだ。
 それは、このブログにもちょこっと書いたけど、ただでさえ
中国を敵視しているあの前原外務大臣が、尖閣沖の漁船衝突事件
が起きて以来、中国批判を繰り返し、中国側からかなり反発を
くらっていたからである。<だから、前原を外務大臣にするのは、
反対だったのよね。本当は、更迭して欲しいんだけどな~。(`´)>

 詳しくは後述するけど。先週、中国の外務次官補が、前原氏の
発言を批判したあと、首脳会談の実現には「雰囲気」と「条件
作り」が必要だと指摘して、前原外相を強く牽制していたしね~。
中国側が、今回の中止理由で、「雰囲気」という言葉を使った
のも、これを受けてのものではないかと思われる。(ーー) 
 
* * * * *

 日本政府は、ASEAN(南アジア諸国連合)関連会議が開催
されているベトナムのハノイで、菅首相と中国の温家宝首相の首脳
会談を行なうことを要望していた。
 菅首相と温首相は、昼食時に会って、握手をしたとのこと。
また夕方には、当初から予定されていた菅首相、温首相、韓国の
李明博大統領の3者による日中韓首脳会談は行なわれて、その後
に日中首脳会談を行なうことで、ギリギリまで調整が続いていた
という。
 ただ、中国側は、慎重な構えを見せていて、なかなか最終決定
を行なわおうとせず、土壇場になって、会談を拒否して来た。

 ベトナムに同行している福山副官房長官によれば、いったんは
「首脳会談はセットされていた」とのこと。そこで、日本政府は
一度、首脳会談を行なうと発表したのだが、「日中韓3カ国の
首脳会談の直前に、中国側から『首脳会談はできない』と連絡が
あった」とのことで、福山氏は、中国側の「真意を測りかねて
いる」と困惑の表情を浮かべていた。^^;

 他方、中国側は同夜、香港のメディアなどの取材に対して、
『「日本の外交当局責任者は他国との間で尖閣諸島問題を再び
あおった」。中国の胡正躍外務次官補は、前原誠司外相が27日に
ハワイで行ったクリントン米国務長官との会談で、尖閣諸島を
「日米安全保障条約の適用対象」と確認したことに強く反発。会談
見送りの責任は「日本側がすべて負わなければならない」と非難』。
 前原外相の言動が、会談を中止させる要因になったという見方
を示したという。(・o・) <『 』内、時事通信29日>

『菅首相に近い民主党議員は「中国は前原つぶしを狙っているの
ではないか。こうなると日本側も言い返さざるをえない」と困惑
している』という報道もあった。<日テレ29日>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 日本政府は、11月中旬に日本で開催されるAPEC(アジア
太平洋経済協力会議)の首脳会議を前に、中国との関係を改善
することを考え、日中の首相がASEANに出席するために
ベトナムを訪れた際に、首脳会談を行なうことを計画。用意周到
に準備を進めて来た。
<4日、ベルギーで菅&温首相が、わざわざ廊下のソファで懇談
を行なったのも、今回の会談への布石だったと言えるだろう。
官邸主導だった廊下での日中首脳懇談』参照。

 ただ、中国側は、菅首相との会談には、多少、前向きな姿勢を
示していたようなのだが、他方で、前原外相に対する警戒感を
どんどん強めていたようだ。(-"-)

 というのも、もともと前原氏は、超親米のネオコン・タカ派で、
逆に中国をかなり敵視。05年、民主党代表だった頃に、米国で
中国脅威論の講演を行なったことがあり、その後も、中国の軍事
増強などを批判するような発言が目立っていたからだ。(~_~;)

 それゆえ、前原氏は以前から中国側から好ましくない人物として
マークされていたのではないかと思われるのだが。
 9月初めに尖閣諸島沖で中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突
する事件があった時、ちょうど海保を所轄する国交大臣を前原氏が
やっていたため、同氏は船長の逮捕を認めた上に、中国側を批判
する発言を連発。
 しかも、9月中旬から始まった菅改造内閣で、その前原氏が、
こともあろうに外務大臣になってしまったため、中国側はまさに
要注意人物として、警戒感&不快感を強めていたのではないか
と察せられる。^^;

* * * * *

 それでも菅首相&仙谷官房長官は、APEC首脳会議の主催者
として、また日中関係悪化による経済的な影響を考えて、何とか
両国の関係改善をはかろうと、あの手この手を使って、努力して
来たのだが。
 ところが、前原氏は、それを横目で見ながら、次々と無神経な
発言を重ねていたのである。(ーー゛)

 たとえば、『安倍が中国をナチス扱い&田母神が反中デモで、
日中関係の改善をジャマ
』でもちらっと触れたのだけど。
 今月18日には、参院の決算委員会の答弁で、漁船衝突事件
を受けた中国の一連の対抗措置について「極めてヒステリック
なものではないか」と批判。中国側が、翌日、早速、「一国の
外相として、このような言論を発表したことに非常に驚愕した。
日本の外務省トップの最近の一連の言論は、中日関係の改善・
発展と明らかに逆行している」と非難。(発言部分は、時事通信
19日などより)

 また、菅首相&周辺が今回のベトナムの会談を実現させるべく
準備しているのに、前原外相が「両国首脳会談は急がない。
中国次第だ。 ボールは中国側にある」と発言したことに対して、
『中国外務省の胡正躍次官補は21日の記者会見で、「連日、中国
を攻撃するコメントを出し、外交当局者が口にすべきでない極端な
言葉を用いている」と前原誠司外相を批判し、今月末の開催に
向けて調整中の日中首脳会談に否定的な見解を示した。(中略)
胡次官補は首脳会談の実現には「雰囲気」と「条件作り」が必要
だと指摘、前原外相を強く牽制した』というようなこともあった。
<『 』内は産経新聞21日>

* * * * *

 さらに、前原氏は27日にハワイで、米国のクリントン国務長官
と会談を行なったのだが。ここで対中政策について協議をしたと
いうことが報じられていた。

『長官は会談後の記者会見で、中国によるレアアースの輸出規制に
ついて「目覚ましとなった。一つの供給源に依存しすぎれば、災害
などで供給が止まってしまう。全世界がもっと供給源を追求すべき
だ」と強調。外相も「中国に依存するのは適切でなかった。日米で
連携し、多角的な資源外交に努力したい」と述べた。(中略)
 
 記者会見では、長官が尖閣諸島について「日米安全保障条約の
範囲に入る」と改めて明言。TPPについては「我々は日本の
関心を歓迎する。後押ししたい」と日本の姿勢を評価した。
<読売新聞29日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 中国側は、今回、ベトナムで、まず、外相会談を行なうことを
要請。29日の午前に、前原外相と中国の楊外相の会談が行なわれ
両者は、40分の予定のところを1時間20分と大幅に延長して、
話し合いがなされた。

 中国が、首脳会談を決める前に、前原氏との外相会談を行なう
ことを望んだのも、同氏への警戒感のあらわれであり、同氏が
どのような発言を行なうか確認したかったからだと見られていた。

 この会談では、日中関係の悪化の要因になっている懸案事項に
関して、前原外相がどれだけ話を持ち出すのかということに関心
が集まっていたのだが。
 前原外相は、それらの事項について、自ら積極的に取り上げる
姿勢を示していたという。<詳しい報道記事は*1に>

『両外相は、日中関係の改善、戦略的互恵関係の推進で努力する
ことで一致。中国からのレアアース(希土類)の輸出停滞問題では、
前原外相が懸念を表明したのに対し、楊外相は「環境保護のために
輸出を制限している」と説明した。

 このほか、前原外相は、東シナ海のガス田条約締結交渉の再開を
要請し、中国がガス田「白樺」(中国名・春暁)で掘削に着手した
可能性が指摘される問題では、白樺の現状について専門家を交えた
説明を中国側に要求した。漁船衝突事件については日中双方が自国
の立場を表明した。<毎日新聞29日>』

 そして、前原氏は、この会談の後、「「大変いい雰囲気の中で、
淡々と、お互い言うべきことは言う前向きな議論ができた」と述べ、
やや自信ありげに「おそらくハノイで(首脳会談が)開かれること
になろうかとも思います」と語っていたのだけど・・・。
 結局、実現しないことになってしまったのだった。(~_~;)

* * * * *

 中国が首脳会談を断わったのは、何も前原外相の言動のせい
<&前原つぶしの目的?>だけではないだろう。(・・)

 29日には、中国側が公開を懸念(反対?)していたと言われる
漁船衝突の場面を映したビデオを、各党の代表に限定するものの
公開をすることが決まったので、そのことに対する反発もあった
のではないかという見方もあるし。
<また、何でよりによって、29日に公開することを発表して
しまったのかしらん?(-_-;)>

 中国政府の中でも、いわゆる保守層がうるさいようだし。国内
でも、反日デモ(+反政府デモ?)が続いていることから、日中韓
の3国首脳会談に続き、そう簡単に日中首脳が友好的に会談をする
姿を見せるわけには行かないという事情もあるようだし。^^;
 国内外に対して、ともかく中国が中日外交の主導権を握っている、
日本に対して弱腰にはなっていないというところを見せつけたいと
いう思惑もあったのかな~とも考えられる。(-"-)

 ただ、いずれにせよ、こういうことがあれば、反中的な保守派の
人たちはもちろん、一般の議員や識者、国民も決して中国に対する
印象が悪化して、批判が続出するのは、目に見えているし。
 当然にして、菅政権に対しても「外交が下手」「中国にナメられ
ている」などの批判も集まることになるだろう。(~_~;)

 かと言って、菅政権としては、中国とさらに関係が悪化して、
レアアース問題を含めて、経済的なダメージが広がるのは困るし。
ASEANを前に、今度は胡耀邦主席が来日しないとか、首脳会談
を行なわないとかいう問題が出たりするのも困るわけで・・・。

<ちなみに、安倍っちは、APECに「(中国の首脳が)来られない
ならやむを得ないですね、と(言えばいい)。とにかく来てほしい、
と言ってしまった段階で勝負あっただ。これほど拙劣な外交は
ない」と酷評したそうだけど。(-"-) (読売26日より)
 首相の時は米国の言いなり、中国に配慮して、持論を曲げて
河野談話を踏襲、慰安婦問題も謝罪したんだっけね。しかも
途中で首相を投げ出した人に、果たして、自分が首相として
APECを主催する立場だったとしたら、同じように勇ましい
ことが言えたかどうか?(~_~;)>


 しかも、早速、来週から始まる補正予算の審議でも、野党から
この件に関してアレコレと突っ込まれるのは必至だと思われ・・・。

 この日中首脳会談のドタキャンは、菅首相にとって、さらに暗雲
が立ち込めるような、かなり痛~いものになってしまったな~と思う
mewなのだった。(@@)

                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ ぽちっと一押し。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ ジャック・オ・ランタンにも一押しを。m(__)m

 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 







『『【ハノイ=山尾有紀恵】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の会議に出席するため、ベトナムを訪問中の前原誠司外相と中国の楊潔チー(ヤン・チエチー、チーは竹かんむりに褫のつくり)外相は29日午前(日本時間同)、ハノイ市内のホテルで約1時間20分間会談した。前原外相は、中国側がレアアース(希土類)の輸出を止めている対応に懸念を表明。楊氏は「駆け引きの材料にしない」との認識を示し、今後も密接に協議していくことになった。前原氏が会談後、記者団に明らかにした。

 日中両政府は、今回の外相会談後、やはりハノイを訪問中の菅直人首相と温家宝(ウェン・チアパオ)首相による首脳会談を開く方向で調整している。前原氏は記者団に「(日中首脳会談は)おそらくハノイで行われることになろうかと思う」と述べ、29、30の両日中に首脳会談が開催されることに期待感を示した。両外相は「日中間の関係改善、戦略的互恵関係の構築のために努力していく」との認識で一致した。

 会談で、レアアースの問題について前原氏は「中国への製品輸出として(中国自身に)ふりかかってくる問題だ」と指摘。結果的に中国の経済活動にもかかわる問題だとの認識を伝えた。楊氏はレアアースの輸出が止まったことについて「この措置は環境保護、資源管理という中国の考え方に基づく」と説明したという。

 また、東シナ海ガス田「白樺(しらかば)」に掘削機のような機材を搬入した問題について前原氏が専門家を交えての詳しい現状説明を求めた。北朝鮮の核問題を巡り、中断している6者協議については前原氏が「何らかの前進を示さなければ(再開しても)意味がない」との考えを伝え、楊氏も「実質的に進展がなければならない」と支持。早期再開に向けて努力していく方向性では一致した。

 尖閣諸島の領有権を巡る議論では前原外相から話題を切り出し、「尖閣は日本の領土」とする日本の立場を改めて伝えた。中国側は、中国の原則論を述べたという。前原氏は会談について「大変いい雰囲気の中で、淡々と、お互い言うべきことは言う前向きな議論ができた」としている。

 また、会談では、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)の際の胡錦濤国家主席の訪日に向けて環境整備をしていくことで一致した。
<朝日新聞29日>』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/13532248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ジャッカルの目 at 2010-10-30 05:27
タイトル : 近い将来の日本の最悪の様子を想像してみた。
 ここのところずっと感じているのが、日本社会の閉塞感のいっそうの強まりだ。いろいろなことが、悪いほうに向かい、それに対し、政府も企業も国民も、何の対処もできないでいる。それどころか、悪いのは××のせいだ!みたいな悪者探しばかりしていて、責任逃れに終始し…... more
Tracked from Dendrodium at 2010-10-30 09:50
タイトル : 一億総羊現象?
北沢防衛相:思いやり予算、現行水準で交渉  北沢俊美防衛相は29日午前の閣議後会見で、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)について「今日の安全保障環境からすれば、日米間で総額を極端に減らす...... more
Tracked from 義風捫虱堂 at 2010-10-30 11:46
タイトル : 時事その他を詠み流す。
中国が日中首脳会談を拒否 「神のみぞ知るセカイ」FLAG 4.0 「そらのおとしもの f(フォルテ)」第04話... more
by mew-run7 | 2010-10-30 05:01 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)