人気ブログランキング |

小沢は、何故、岡田との面会&政倫審出席を拒むのか?

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 先週、アップした『小沢が会談に応じず、政倫審&予算審議が
決まらず+与謝野が証人喚問に反対
』の続きを・・・

 国会では、昨日1日から、衆院で補正予算の審議を始める予定
だったのだけど。野党側の抵抗が激しかったため、延期になって
しまった。(-"-)

 というのも、野党側は、補正予算の審議にはいる前に、小沢一郎
氏を国会招致することを求めているのだが。民主党の岡田幹事長が
いまだに小沢氏に会えず、政倫審or証人喚問に応じられるかどうか
の見込みさえ立っていないからだ。(~_~;)

 民主党執行部は、小沢氏に政倫審への出席を求めることで合意。
岡田幹事長が、先週から、小沢氏との面会を求めていたのだが、
しばらく返答がもらえず。やっと返答があったと思ったら、何と
「会う立場にない」と面会を拒否されてしまったのだという。^^;

『民主党の岡田克也幹事長は30日、三重県川越町で記者会見し、
野党が求める小沢一郎元代表の国会招致をめぐり、小沢氏に対して
会談したいと11月1日に再要請する考えを表明した。小沢氏が
これまで会談に応じていないことについては「幹事長が会いたい
と言っても会えない状況は、ちょっと異常な事態だ」と批判した。

 同時に、小沢氏側が要請に対し「会う立場にはない」と返答した
ことを明らかにした上で「十分にお待ちした。時間だけが過ぎ去る
ということはない」と強調。会談に応じない場合は「お会いでき
ないから、それでそのままということにはならないと思う」と指摘
した。<共同通信10月30日より>』

 小沢氏の「立場」が何を意味するのか「???」なのだけど。
 岡田幹事長は、先週から何回も会談を要請しながら、門前払いを
食わされた形となり<まるで、日中首脳会談のごとく?>、それ
こそ「立場がない」という感じなのではないだろうか?(@@)
 
* * * * *

 ちなみに、小沢氏は体調を大きく崩しているなどということは
ないようなのだ。
 何故なら、先週は、先月26日夜には小沢ガールズ4人と横浜
でお食事会をしているようだし。(*2)
 29日には、個人事務所で党所属議員に会って、野党が補正
予算案への審議拒否の構えを強めていることについて「菅(直人
首相)さん、大丈夫かなあ」と、国会運営を心配するかのような
そぶりを見せた』とか。<しかも、岡田幹事長との面会に関して
は、「誰とでも会うよ」と語っていたという。(・o・)(*3)>

補正予算の審議に関して、「菅さん、大丈夫かな~」って。
 大丈夫じゃないから、岡田幹事長が何とか小沢氏に会って、
予算をスムーズに通すために、協力を求めようとしていること
ぐらいわかっているくせに、と突っ込みたくもなるのだが。(ーー)

 小沢氏は、よ~っぽど国会招致には応じたくないのだろう。^^;
 
* * * * *

 野党側は、今年の春にも小沢氏の国会招致を強く求めていて、
5月には小沢氏自身も一時、前向きな姿勢を見せていたのだが。
結局、6月初めに幹事長を辞任&国会が閉会したため、話が立ち
消えになってしまっていた。(・・)
 
 以前も書いたように、mewは、小沢氏が国会招致に応じたく
ない気持ちが理解できなくはないのだ。

 小沢氏は、もともと国会のような場で話すのは苦手だし。もと
もと自分には何ら問題はないと考えている上、下手に国会で話を
することで、新たな誤解や批判を招きたくないという思いもある
かも知れない。
 また、もし政倫審に出席したとしても、野党は、尚更に、疑惑が
深まったとして、証人喚問を要求して来るに違いないという疑念や、
政府&党執行部が、自分を野党の攻撃から守ってくれないのでは
ないかという、ある種の不信感があるようにも思われる。^^;

 しかも、検察審査会の起訴議決が出た後の会見で、証人喚問や
政倫審についてきかれて、「国会で決めた決定に従う」ものの、
「法廷で事実関係を明らかにしろということで、司法の場に移って
いる。その場できちんと不正な問題がないという結論が出るよう
全力を尽くす」と答えていたように、この件に関しては、もはや
司法の場に移っていて、国会マターではないという考えているの
だろう。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ただ、mew周辺では、たとえ、政倫審に出る気はなくても、
「せめて岡田幹事長と面会するぐらいは、協力すればいいじゃ
ないか」という声もかなり出ている。(ーー)

 実際にはどっちが上の立場かという話は、ヨコに置くとしても、
同じ会社や学校のTOPが、何回も会いたいと要請しているのに
面会を拒否するのは、ひとりの社会人として考えた時に、あまりに
失礼だし、非常識だと思われても致し方ないものだろう。(~_~;)

 小沢氏が、急に行方をくらまして連絡がとれなくなったり<この
間に、色々な人と会って、根回しをしていることもあるらしい?>、
自分が何かで好ましく思わなくなった人とは、全く会わなくなっ
たりすることがあるというのは、以前から、よくきかれる話で。
それを知っている人は、今回のことも、「またか」と思うだけかも
知れないのだけど。^^;

 もう、そのような行動は、理解や容認をされにくい時代なのでは
ないかとも思うし。
 ましてや、今回は、民主党政権にとって重要な補正予算の審議の
日程も関わっているだけに、「小沢氏は、ああいう人だから、仕方
ない」では済まされないところもある。(-"-)

<小沢氏は、6月の代表選前や、7月の参院選後にも、菅直人氏の
面会の要請に返答もせず、結局、会えずに終わったのだが。それら
は、今の民主党の分裂を招く要因にもなっていると思うしね。(>_<)>

* * * * * 

 今回も、小沢氏は、菅政権の日中関係やTPPなどで菅政権の
対応にムカついたので、協力する気を失ったのではないかとか、
岡田氏のことを快く思っていないので、会わないのではないかと
などという話も出ている。

 岡田氏は、93年の自民党離党以来、小沢氏を慕って、ずっと
行動を共にして来たのに、97年の新進党解党時に対立して袂を
分かったのだが。それ以来、反小沢的になっていることに、小沢氏
が不快感を覚えているではないかという見方があるのだ。^^;

 毎日新聞も、「小沢・民主元代表:岡田さんでは鈴つけられぬ?
会談拒否、十数年来の確執も」というタイトルで、こんな記事を
出していた。
  
「民主党の小沢一郎元代表が岡田克也幹事長との会談を拒否して
いる。政治倫理審査会(政倫審)出席に慎重なためだが、岡田氏
が97年の新進党解党時に小沢氏を面と向かって批判して以来の
折り合いの悪さも背景にある。
 小沢氏は最近、側近議員に「岡田はおれが口を開いたらどうなる
かわかっている」と漏らしたという。岡田氏は小沢氏が自民党幹事
長だった90年衆院選に初当選した元祖小沢チルドレン。経世会
(竹下派)に所属し、自民党離党、新生党、新進党の結党と小沢氏
と行動を共にした。
 実際、小沢氏の側近議員は「小沢さんは格下の岡田さんになぜ
会わなきゃいけないのかという気持ちだ。岡田さんでは鈴はつけ
られない」と説明する。<毎日新聞1日より>』 

* * * * *

 先週だったか、鳩山前首相が、自分が小沢氏と会って話すと
言っていたという記事も見かけたのだが。

 でも、鳩山氏は、09年7月、自民党政権時代に、偽装献金問題
に関する疑惑に関して、委員の過半数の賛成で政倫審開催が決め
られたものの、それを欠席したという過去があるので、小沢氏に
「政倫審に出て欲しい」と説得することはできないだろうし。
 また、自民党の中には、鳩山氏の国会招致を求める声もあるので、
尚更、動きにくいのではないだろうか?(-"-)

<昨日の国会では、菅首相が自分が会うことも考えるっぽいこと
を言っていたけど。菅首相だって、3度目の面会拒否をされちゃう
可能性があるしね~。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 小沢氏としては、もしかしたら、自分が岡田氏と会って「政倫審
に出たくない」と言った場合、野党やメディアから大批判を受けて
補正予算審議がストップしたり、党内からも反発が大きくなったり
するので、それならいっそうのこと会わない方が、コトを荒立てず
に済むと考えている可能性もある。(・・)

<もし小沢氏や岡田氏が示し合わせた上で、自民党に「党としても
国会招致をしたいのだけど、小沢氏が会ってくれないから、どう
にもできない。でも、国民のために、何とか補正予算成立に協力
してくれ~」と頼むために、皆で演技をしているのだとしたら、
たいしたもんだ&面白いと思うけど。それは、あり得ないかな。^^;>

* * * * *

 また、小沢氏は、自分が会わずにいた場合、菅内閣や党執行部が
どう動くのかを見てみたいという気持ちもあるかも知れない。

 党としては、過去の例にならって、本人の名誉のためにも、自ら
政倫審の開催を申し出るのがベストだと考えているのだけど。
 でも、以前も書いたように、もし小沢氏が望まなくても、政倫審
も証人喚問も、委員の過半数の賛成で出席を求めることができる
のだ。<小沢氏も、「国会の決定に従う」と言っているのも、その
ためだろう。>

 そして、小沢氏は、果たして、菅内閣&党執行部が、補正予算を
通したいがために、小沢氏の国会招致を議決で決めるようなことが
あるのかどうかとかを見ているのかな~と思う部分もある。(・・)

 で、もし菅首相らが、小沢氏の意向を尊重すれば、少しは党運営
などに協力をする気になるかも知れないけど。
 もし力づくで小沢氏の国会招致を決めた場合は<ある意味で、
小沢氏を売った場合は?>、小沢氏は、もう絶対に菅氏らと一緒に
やっていけないということを再認識すると共に、おそらくは菅氏
らに強い反発を示すであろう小沢派の議員を引き連れて、離党を
することを検討する可能性もあるのではないだろうか?(-"-)

<小沢氏は、多くの議員を引き連れて離党できるようなきっかけ&
タイミングを待っているのではないかと見る人もいるようだ。^^;>

* * * * *

 小沢氏の支持者or信奉者の中には、小沢氏は「岡田氏と会う必要
はない」「国会招致に応じる必要もない」「小沢氏の考えに反する
政策を行なっているような菅政権の国会運営に、協力する必要は
ない」などと主張している人が多いようだし。
 もしかしたら、小沢氏の側近の中にも、同じようなことを言って
いる議員がいるかも知れないのだけど・・・。
 
 mewは、小沢氏が今後の国民の理解と支持を得るためにも、
また国民に「説明を逃げている」という悪印象を与えないためにも、
そして、公判で戦う前に、国会の方で、この問題に区切りをつけて
おくためにも、できれば公開の政倫審で、きちんと自分の考えを
説明した方がいいと思うし。

 それに、国民のためにも、一日も早く補正予算を通すこと&国会
での小沢問題に区切りをつけることが望まれるだけに、もし小沢氏
が本当に「国民生活が第一」だと考えているのなら、もう少し柔軟
な姿勢を示して欲しいな~と思うmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 














『民主党の小沢一郎元代表は26日夜、横浜市内のホテルで、「小沢ガールズ」と呼ばれる女性議員4人が催した「囲む会」に参加。約2時間にわたり日本料理に舌鼓を打ちながら、ホテルの高層階から見える横浜の夜景を堪能した。

 これに先立ち、小沢氏は都内の個人事務所で村上史好衆院議員ら側近議員と面会。村上氏が「近い将来になるかわからないが、先生の出番に備えて僕たちも準備している」と報告すると、上機嫌で「おう、おう」と笑顔で応じた。

 強制起訴が決まった「政治とカネ」の問題についてはしばしば、「しょうがないなあ」と周辺にぼやいているという小沢氏だが、この日はご機嫌に過ごしたようだ。産経新聞10月27日』

『民主党の小沢一郎元代表は29日、都内の個人事務所で党所属議員と会談した際、野党が平成22年度補正予算案への審議拒否の構えを強めていることについて「菅(直人首相)さん、大丈夫かなあ」と、国会運営を心配するかのようなそぶりを見せた。

 ただ小沢氏の国会招致が実現していないことが野党の態度硬化を招いているのが実情。事態打開に向けた岡田克也幹事長の面会要請にも応じていない小沢氏だが、この日は「誰とでも会うよ」と語っていたという。
<産経新聞10月29日>』
by mew-run7 | 2010-11-02 06:00 | 民主党、民進党に関して

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7