人気ブログランキング | 話題のタグを見る

サッカー日本代表がアジア杯に優勝&強いチームにレベルアップした手ごたえ


管理画面&TBが不調で、TBの管理、お返しが困難になって
いるのですが。どうかご容赦ください。 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 昨日は、サッカーのアジア・カップの決勝が行なわれ、日本代表
は、オーストラりアを延長戦の末1-0で破り、2大会ぶりに
4度目の優勝を果たした。(*^^)v祝

 豪は、選手の体格もよく、パワーやスピードがあるチームである
上、日本代表は、準決勝で宿敵の韓国と延長戦を戦って、心身とも
相当のエネルギーを消費したと思うだけに、正直なところ、決勝戦
で、思うように力が出せるか、かなり心配な面もあったのだけど。
<過去、あらら~という場面を数多く見過ぎているので。(~_~;)>
 でも、最近の、日本代表は、「そんなの関係ねぇ(古っ)」って
感じで、実にモチベも高くて、心身もタフになっているな~と、
しみじみ実感させられた。(・・)

 決勝戦でも、決して全体的に動きがいいというわけではなかった
ように思うし。攻撃のパターンも作りにくい感じがあったのだけど。
<後半の岡崎選手のヘディングが~~~。(・o・)>

 でも、まさに「守護神」になりつつある川島GKのファイン。
セーブと共に、ここぞという時に、全員で集中力を切らさず、再三
のピンチをしのぎ、0-0のまま延長戦へ。
 そして、延長戦から出場した李忠成選手が、後半4分に左足の
ボレーシュートを決めて、それが決勝点となった。"^_^"

<李選手も、WCからずっと出るチャンスがなくて、忸怩たる思い
だったと察するのだけど。ここぞという時に、目標のヒーローに
なれてよかったですぅ。(・・)>

 尚、MVPは、<かつて「守備はやりたくない」と言っていた
のだけど>、今大会では、攻守ともに献身的に動き回って、チーム
の勝利に大きく貢献した本田圭佑選手が選ばれた。(^^♪

* * * * *

 今回のアジア杯では、「あ~、日本代表は、また一段とレベルが
上がって、かなり強いチームになったんだな~」と、しみじみ実感
させられるところがあった。(**)

 昔、mewが、外国の上位のチームが、劣勢にあっても簡単に
負けず、ここぞというゲームでは最後には追いついて勝っている
のを見て、「やっぱ強いチームは、自分たちの能力を発揮できる
&勝ちに行こうとして実現できる底力が違うんだわ~」と、いつも
感心させられていたものなのだけど。
 今回の日本代表には、それに近いものを感じさせられる部分が
あったように思えた。(・・)

 以前も書いたのだが。mewは、04年にアジア杯に優勝した頃
のチームも、10代から国際大会で活躍していた中田ヒデ周辺の
年代の選手が中心になっていたこともあって、選手の能力もさる
ことながら、世界の中で臆せずに戦うことへの意識やモチベが、
ぐぐ~んと上がったのを感じていたし。
 mew的には、それが06年のWC杯で花咲く予定だったの
だけど。でも、mewの期待よりは一大会遅れたものの、去年の
WCの結果に、つながった部分もあるのではないかと思うのだ。

 ただ、WCの場合は、もともとチャレンジャーの立場だし。
 特に去年は、大会前に調子が悪かったこともあって、いい意味
で開き直って&チームで団結して、ともかく当たって砕けろ
みたいな勢いで戦ったことが、決勝リーグに進出できた原動力に
なったところもあるように思うのだが。

 でも、今回のアジア杯の場合は、周囲の目もそうだけど。監督
も選手たちも、予選突破&優勝争いは当然という気持ちで、勝ちに
行っているし。それをプレーや試合の結果として、具体的な形で
実現しようとする意識やモチベは、かなり高いものがあったように
思えたのである。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 今回、チームの中心になっている20代前半の選手たちは、
(本田圭、岡崎、長友、香川、内田、吉田など)は、何か昔の
選手がどこかに抱いていた妙なコンプレックスや不安感というのは
ほとんどなくて。自分たちは、相手に勝つだけの力があるという
自信を持ってプレーをしているところがあるしね~。(@@)

<mew周辺の若い子もそうだけど。この年代の人たちは、
日本がWC出場がずっとかなわなかった時期を知らないし。
ドーハの悲劇の記憶さえ、ほとんどないのよね。^^;>

 もちろん、それを、しっかりまとめて引っ張っている長谷部
主将や遠藤選手の存在も大きいことは言うまでもないだろう。
<今回のチームは、31歳の遠藤選手以外は、全員20代
だったのよね。(・・)>

* * * * *

 また、ザッケローニ監督も語っていたように、今回の大きな
勝因の一つは、控え選手も含め、新しい選手が活躍したことが
あったように思われる。

 守りの中心だった中澤&闘莉王選手が出られず、チョット不安視
されていた若いDF陣も頑張ったし。<そんなに目立たなかった
けど。mewごヒイキの内田くんも、攻守に活躍していた。>
 エース的存在の本田選手や香川選手が負傷欠場しても<そう
言えば、松井選手もいなかったんだ~>、他の選手がちゃんと穴を
埋めて、それ以上の活躍をしようと頑張るし。
 決勝の李選手も含め、試合途中で出場した控え選手も、チャンス
を活かして、結果を出していて、「やるな~」と感心させられたし。
 そうなると、今後のチーム内での競争も厳しくなって、個人も
チームもレベルアップするわけで、ますます強いチームに成長する
要素になるな~とも思った。(・・)

* * * * *

 そして、先日も書いたように、mewはまだサッケローニ氏が
どのような監督なのか、どういうチーム作りをしようとしている
のか、まだほとんどわかっていないような感じなのだけど。
 
 でも、まだ、日本代表を引き受けて半年なのに、新たに代表に
選んだ選手もいい働きをしているし。新たに先発に起用した選手も、
途中交代した選手も、しっかりと力を出しているし。
 何か戦術云々の前に、個々の選手の力を把握して、精神的な面も
含め、その力を最大限に発揮させるようにコントロールする能力や
技術に優れた監督なのかもと思うところがあるし。
 本田圭選手が「監督は自分を信じて、自信を与えてくれる」と
言っていたのだけど。また、指導者っぽい上から目線で、「私に
従え」というタイプなのではなくて、選手たちの力やチームの団結
力をいかにうまく導き出すかを考えている人なのかな~と思ったり
もした。(・・)

<来日した当初から、日本語を覚えて話しかけたりとか、下に
おりて来ようとするところがあったし。若い選手も含め、選手たち
を、オトナ&プロとして扱おうとしているのを感じることが多い
しね。(+_+)>

 そして、もしかしたら、彼は、戦術云々を超えて、日本代表が
世界上位のステージ(段階)を目指すチームに成長して行くため
に、個々&チームのプレーや精神の意識をさらにグレードアップ
させることのできる能力や技術のある指導者&人間なのではないか
と、期待してしまうところがある。"^_^"

 ・・・と、まだ何時間前かの興奮が残っている中、何だか思い
つくままにアレコレ書いてしまったのだが。^^;

 昨年のWC杯も、将来に向けて希望が感じられるものだったけど。
今回のアジア杯を見て、日本のサッカーが世界上位のステージを
目指して行くに当たって、何か夜明けor新たな幕開けのようなもの
が訪れたように感じているし。もっと実感できるような確かな期待
を抱けるようなところがあって、次回のWCに向けて、ウキウキ・
ワクワク度が高まっているmewなのだった。(^^♪

<長くなってしまったので、サッカーの記事だけで、アップする
ことにするです。>
 
               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

by mew-run7 | 2011-01-30 08:16

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31