「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

米が不測事態の準備を促す+青..
at 2018-02-21 02:41
厚労相もデータのデタラメ(捏..
at 2018-02-20 09:05
墜落ヘリに中古部品&ミサイル..
at 2018-02-19 05:45
森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15
安倍が朝日攻撃で大暴走~森友..
at 2018-02-15 04:07
安倍、労働裁量制でデタラメな..
at 2018-02-14 05:00
安倍シンパ・百田の朝日攻撃が..
at 2018-02-13 06:33
暴言大王の足立、ついにアウト..
at 2018-02-12 03:40

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

世界海最大規模のマヤ文明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
30歳過ぎた小平奈緒選手..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本経済に暗雲・9日午前..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(275)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

31日の小沢の会見(全文)~無罪を主張&離党や議員辞職をしない意向

 これは今日2本めの記事です。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 小沢一郎氏は、1月31日、東京地裁に強制起訴をされたことに
関して、記者団の取材に答えた。

『民主党の小沢一郎元代表は31日夜、政治資金規正法違反事件で
強制起訴されたことを受けて国会内で記者会見し、「何一つ私自身
やましいことはない。これからの裁判で、無実であることはおのず
と明らかになる」と述べ、改めて無罪を主張し、法廷で潔白を証明
していく考えを示した。

 そのうえで、「国民の生活が第一の政治は実現しておらず、引き
続き民主党の国会議員として、誠心誠意取り組んでいく決意だ」と
語り、離党と議員辞職を否定した。

 衆院政治倫理審査会(政倫審)への出席に関しては、「司法で
真実を明らかにしようとなったわけだから、同時並行して国会で
やるのがいいかどうか」と慎重な姿勢を示した。
<読売新聞1月31日>』

 mew的には、小沢氏が立ったまま、記者たちに囲まれて行なう
「ぶら下がり」の形ではなくて、正式に会見を開いて、国民に
向けて、自分が無罪であることを強く主張した方がいいかな~と
思ったのだけど。

<国会招致にも応じない意向を示した方がいいかと思ったけど。
もし政倫審出席を完全に拒否すると、野党や与党の一部から証人
喚問議決をせよとの圧力が強まるので、しばらくは、すぐには
出席しないけど、いずれ政倫審に出る意向があるという姿勢を
見せておく方がいいと考えているのかもな~と思ったりもする。>

 また、民主党執行部は、まず、小沢氏に自ら離党することを促す
考えでいたのだが。 小沢氏が、公の場で、自ら離党や議員辞職を
行なう意思はないことを明らかにしたことで、今後の小沢氏の処遇
に関して、苦慮するのではないかと思われる。(~_~;)

<おまけで、*1に与野党議員のコメントをアップしておく。>

* * * * *

 ここに、小沢氏の会見の全文をアップしておきたい。

<全く国家観、政治理念が合わないのだけど。産経新聞さん、
いつも大事な会見を、丁寧に、一字一句までテープおこしをして
くれて、お疲れさまです。m(__)m>


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 強制起訴された民主党の小沢一郎元代表は31日夕、衆院第1議員会館で記者団に「引き続き民主党の国会議員として誠心誠意取り組む決意だ」と自発的離党を否定した。詳細なやり取りは次の通り。

 「本日、検察審査会の議決によって起訴の手続きがなされました。国民の皆様、同志の皆様に大変ご心配をおかけしていますことを、まずもっておわび申し上げます。一連の問題に関し、1年余にわたる東京地検特捜部の徹底した捜査により、多数の書類を押収され、秘書・元秘書は身柄を拘束された上で取り調べを受け、私自身も4回にわたって事情聴取に応じて参りました。結果、私については不起訴処分、さらに、1回目の検察審査会の起訴相当議決後の再捜査でも再び不起訴処分となりました」

 「検察審査会の議決にある通り、検察審査会制度は『国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度である』とのことであります。検察審査会の議決による起訴は、検察の起訴のように有罪の確信があって行うのではなくて、法廷で『白黒』をつけるために行うと当の検察審査会自身が述べているわけです。従って、私は、全国民に開かれた法廷の場においても真実を述べて参ります。そして、何よりも、従来からさまざまな機会で申しあげてきました通り、何一つ私自身やましいことはありません。これからの裁判において、私が無実であることはおのずと明らかになります」

「私は、この20年間一貫して政権交代の必要性を主張してまいりました。そして国民の皆様のお力で、ついに民主党政権が誕生しました。しかしながら、『国民の生活が第一。』の政治はいまだ実現しておらず、何千万もの国民の皆様とのお約束を中途半端にすることはできません。今後は、弘中惇一郎弁護士を始めとする弁護団とともに、一刻も早く無罪判決を獲得して参ります。そして、引き続き民主党の国会議員として、『国民の生活が第一。』の政治を実現すべく、私の座右の銘であります『百術は一誠に如かず』の言葉の通り、誠心誠意取り組んで行く決意であります。何卒、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます」

 --強制起訴を受け、離党、議員辞職についての見解は

 「今、申し上げた通りでございます。今後も『国民の生活が第一。』、国民政治を実現するために民主党の議員として誠心誠意。本日は『一誠に如かず』という言葉を引用しましたが、一生懸命努力してまいりたいと思います」

 --国会の説明についてだが、これまで予算成立後に衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席する意向を示している。強制起訴を受けても考えは変わらないか

 「私は国会であれ何であれ、マスコミの皆さんの前でも会見するたびに毎度毎度、話をしてまいりました。国会でも必要ならば、説明をする機会があればやるということを言って参りました。ただ、今、今日、検察審査会による起訴手続きが行われましたので、後はマスコミを含め、皆さんが公開の法廷で、全国民みんなが分かる。それにおいて、改めて真実を述べるということを言っているのですから、後はそちらの方が優先されるべきかどうかはもうおのずと皆さんのご判断のできるところだと思います。

 --(郵便不正事件をめぐる証拠隠滅事件で起訴された大阪地検特捜部元主任検事の)前田恒彦被告が行った(元秘書の)大久保隆規氏の証拠が採用されなくなった。(元秘書で衆院議員の)石川知裕氏の取り調べに関し、誘導に基づく取り調べが行われたのではないかということで録音を石川氏が行い、証拠採用された。この2点は小沢氏の裁判に大きな影響を与えるのではないか

 「今、お話があったように、次第に色々な真実が明らかになって参りました。従いまして、私自身も今までもずっと申し述べてきたつもりですが、今後の法廷においても皆さんにしっかりと分かっていただけるように真実を述べて参りたいと考えております」

 --離党勧告や党員資格停止の処分を党執行部が検討しているが、どう考えているか

 「私は今、先ほどコメントした通り、また君自身が言った通り、捜査機関、検察によって有罪の確信をもってやられる起訴とは全く異質のものですので、その意味では公開の場で検察審査会も言っている通り、きちんと真実を明らかにするということのために行われるということですので、一般の検察捜査当局による起訴とは全く異質のものだと思っております。従いまして、私自身としては今、申し上げたように、今後も民主党の議員として一生懸命努力して参りたいと思っております。あと、党執行部がどのような考えを持っているのかは私には分かりませんけれども、私自身の気持ちとして今、申し上げた通りです」

--強制起訴と今後の政治活動の兼ね合いは? 例えば、党の執行部入りとか

 「執行部入り? 今、言ったように普通の検察当局、捜査当局による起訴とは全く異質のものですから、私としては同志の皆さん、国民の皆さんの要請があれば、今後とも地方行脚もしたいと思いますし、国会での活動も必要なことについてはしていきたい。そのように思っております」

 --政治家の判断として、予算審議に影響が出るのなら政倫審出席はいとわない述べていたが

 「私が障害になっているんであればですね、私の問題が」

 --法廷に場が移っても、こういう(障害になる)状況になれば出席するということか

 「基本的考え方は変わりませんが、あなた方自身が、皆さんの判断が、国民全部が注視の、公開の司法という法廷の場でいろいろと真実を明らかにしようということになったわけだから、後はそれと同時並行して、立法府の国会でやるのがいいのかどうかということは、それぞれ皆さんの、あるいは国会の判断です」

 --離党勧告に関しては

 「いろいろな、そういう考え方をする人もいるでしょう。私どもも、大方の法律家の人たちも、あるいは一般の方々も、普通の検察当局による起訴とは全く違うという風に認識しておられると思います」

<産経新聞1月31日>』

                 THANKS  

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 



                 



 小沢一郎民主党元代表の強制起訴をめぐる31日の与野党議員の
主な発言は次の通り。

 【与党】

 菅直人首相 大変残念だ。(処分は)岡田幹事長を中心に役員会
等で協議することになると考えている。(小沢氏は)国会で説明
する必要はあるだろう。

 岡田克也民主党幹事長 対応は小沢氏自ら判断すべきだ。小沢氏
の判断を前提に、党内で(処分について)議論したい。

 枝野幸男官房長官 出処進退はまず政治家自らが判断するのが
原則だ。強制起訴とは別次元で国民に分かりやすく説明することは
重要だ。

 海江田万里経済産業相 裁判を粛々とやって無実を証明して
いただきたい。

 鳩山由紀夫前首相 小沢氏の今の気持ちなどを斟酌(しん
しゃく)しながら、冷静に見守ることが正しい判断だ。衆院政治
倫理審査会(での説明)が望ましい。

 生方幸夫民主党選対委員長代理 自主的に党籍を離れて無罪を
勝ち取る戦いをしてほしい。疑惑を晴らすには証人喚問の方がいい。

 牧野聖修民主党衆院議員 小沢氏が離党も辞職もしないなら、
執行部は毅然(きぜん)と離党勧告か、除名処分にすべきだ。それ
でも責任を回避するなら議員辞職勧告も仕方がない。

 鈴木克昌総務副大臣(小沢グループ) 国会では予算、法律を
粛々と熟議し、小沢氏の問題は別のところで議論するのがいい。

 松木謙公農林水産政務官(同) 一致団結が何よりも大事だ。
執行部も一致団結できる方策を取ってくれるとありがたい。

 森裕子民主党参院議員(同) 百パーセント無罪だと思う。

 下地幹郎国民新党幹事長 (衆院での)3分の2の再可決に影響
があるような判断は困る。証人喚問には賛成できない。

 【野党】

 石原伸晃自民党幹事長 証人喚問を求めていく。菅直人首相に
決断を迫っていく。リーダーの資質が問われている。

 山口那津男公明党代表 政治とカネで大きな疑惑を持たれた以上、
出処進退は自らが決断すべきだ。証人喚問という形で(国会での
説明を)求める。

 市田忠義共産党書記局長 国会での説明責任を免れることは
できない。離党や議員辞職は別の問題で、それで幕引きという
考えは論外だ。

 福島瑞穂社民党党首 政倫審で説明すべきだ。推定無罪(の
原則)がある。今の段階で議員辞職、離党すべきだと思わない。

 渡辺喜美みんなの党代表 証人喚問にきちんと応じるべきだと
いうことは、依然として言える。

 園田博之たちあがれ日本幹事長 (小沢氏が)国会議員を続ける
ことが妥当か、裁判を待たず問わなければならない。
<時事通信31日>』
[PR]
by mew-run7 | 2011-02-01 16:48 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/14100782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]