日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

国民新党&小沢派が連携して、菅おろし発言で揺さぶりを開始。超党派の救国内閣作りの動きも。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 菅政権は、現段階では、3月末までに予算&関連法案の成立に
まだメドが立っていない状況で、政界&メディアでは「3月危機」
が訪れるのではないかという見方が広がりつつある。(@@)

 しかも、ここに来て、小沢一郎氏の強制起訴に関する党の処分や
国会招致の問題で、民主党内の「小沢派vs.非小沢派の対立」が
激化しているのだが・・・。
 党内の小沢派議員は国民新党と手を組む形で、「菅おろし」
発言を行なったり、新党結成の動きを見せたりして、菅政権に
揺さぶりをかけ始めている感じがある。(~_~;)

<このような動きもあって、民主党執行部も、小沢氏の処分に
慎重にならざるを得なくなっているところがあるかも。^^;
関連記事*1>

* * * * *

 先月30日、mew的には、チョット驚くようなニュースが
出ていた。
 国民新党の下地幹事長が、TV番組で菅首相の退陣に言及。
民主党の執行部と険悪な雰囲気になったというのである。(・o・)

『国民新党の下地幹郎幹事長は30日午前のフジテレビの番組で、
「予算を通さない首相はあり得ない。予算が通らなければ、首相を
続けることは難しい」と述べ、2011年度予算案と関連法案が
成立しなければ、菅直人首相は退陣せざるを得ないとの認識を
示した。与党幹部が首相退陣に言及するのは異例。

 下地氏は番組で、「予算が通らなければ内閣不信任決議と同じだ」
などと語った。
 これに対し、番組で同席した民主党の安住淳国対委員長は「予算
は通すし、首相は辞めない。衆院解散もない」と強調。同党の岡田
克也幹事長も遊説先の名古屋市で記者団に「遺憾だ。予算はきちん
と通すし、首相の去就について軽々に口にするのはやめていただき
たい」と不快感を示した。<時事通信30日>』

* * * * *

  上の記事にもあるように、連立であるとはいえ、与党幹部が首相
退陣に言及するのは異例なはずなのだが。
 今の民主・国新政権では、残念ながら、必ずしもそれが異例とは
言えない状況にあるのが実情だ。(ノ_-。)

 1日には、小沢氏の側近でもある民主党の山岡副代表が、国民
新党などの議員と共に勉強会を立ち上げ、郵政法案は「菅直人首相
が代わらないと成立させられない」と異例の発言したという。

『民主党の山岡賢次副代表は1日、衆院議員会館で開いた同党と
国民新、社民両党の有志議員による「郵政事業改革推進議員勉強会」
の初会合で、郵政民営化を見直す郵政改革法案について「菅直人
首相が代わらないと成立させられない」と述べ、成立には首相交代
が必要との認識を示した。
 民主党幹部が菅首相の交代に言及するのは異例。求心力が低下
した首相の下では法案成立は困難との見方を強調した発言だ。山岡
氏は強制起訴された小沢一郎元代表に近く、小沢氏の処分を検討
している首相や執行部をけん制する狙いもあるとみられる。 

 会合には民主党から山岡氏と原口一博前総務相ら4人、国民新党
の下地幹郎、社民党の重野安正両幹事長らが出席。郵政改革法案の
今国会成立を期すことを確認した。ただ、山岡氏の発言に対し、
下地氏は「倒閣運動にはしない。政局に使ってはいけない」と同調
しない考えを示した。
 世話人の山岡氏が参加を呼び掛けた民主党の荒井聡前国家戦略
担当相と小沢鋭仁前環境相は欠席した。<時事通信1日>』

* * * * *

 ちなみに下地氏は、1日の夜には、岡田幹事長と会談を行ない、
このような話をしたという。

『国民新党の下地幹郎幹事長は1日夜、民主党の岡田克也幹事長
と都内のホテルで会談し、小沢一郎元代表をめぐる民主党内の対立
に関し「けんかをするなら4月以降にしてくれ」と苦言を呈した。
双方は2011年度予算案と関連法案の3月末までの成立に全力を
挙げる方針を確認した。

 下地氏はねじれ国会の現状を踏まえ、社民党を含めた衆院3分の
2の勢力を確保し、関連法案が参院で否決された場合に再可決する
道を模索すべきだと主張。会談には民主党の玄葉光一郎、国民新党
の亀井亜紀子両政調会長も同席した。<産経新聞1日>』
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 国民新党は、一体、何を考えているのか?(@@)

 国民新党は、もともと額賀前代表や亀井代表と小沢一郎氏との
関わりが深く<みんな自民党時代からの知り合い>、小沢氏との
間で協議して、民主党と連立政権を組むことになっただけに、
菅首相やその周辺とは信頼関係がないし。政治理念や政策の面で、
考えが合わない部分も大きい。(-"-)

 それゆえ、同党は、基本的には小沢派との関係を重視しており、
今も、菅執行部が小沢氏に厳しい処分を下したり、証人喚問を
行なったりするのを阻止せんとして、小沢派の議員と連携して
動いているところがある。
<後述するように、近い将来、小沢&鳩山氏らと組んで、政界
再編を行なうことも視野に入れている。>

 また、どうにか連立政権内でキャスティング・ボートを握って、
PTTや消費税アップなど、同党が反対する政策を進めさせない
ようにすると共に、できるだけ早く、衆院2/3の再可決を
使ってでも、郵政民営化の見直し法案を成立させようと考えて
いるように見える。(・・)

* * * * *

 今月にはいって、国民新党の亀井代表がこのような発言を
行なっていたのも、菅首相に圧力をかけるためだろう。

 亀井氏は、26日の会見でも、『TPPについて「日本だけが
丸裸になれない。のぼせるなと言いたい」と不快感を表明。
<毎日新聞27日>』

 また、28日には『東京都内で開かれた統一地方選立候補予定
者の会合で講演し、郵政改革法案を巡って菅首相に「仏の顔も三度
までだぞ。三度、あなたに約束を破られるわけにはいかない。約束
を破ったら、どうなるかわかっているか」と迫ったエピソードを
明らかにした』という。<読売新聞29日>

* * * * *

 国民新党が一番恐れていたのは、おそらく、公明党が菅民主党
に協力をすることだった。(@@)

 もともと亀井氏は公明党と敵対関係にある上に、もし公明党が
民主党に協力をすることになれば、衆参ねじれ状態が解消され、
国民新党は、民主党にとって、ほとんど無用な存在になってしまう
からだ。(~_~;)

 国民新党には、何としてでも、郵政民営化の見直し法案を成立
させるという大目標があるのだが。<それが党の最重要政策で
あると同時に、党の支持基盤の郵政票をキープする道なのだ。>
 公明党は与党の見直し法案には反対の立場であるため、その
成立も困難になってしまう。(-"-)

 でも、<国民新党にとっては幸いなことに?>、公明党は
この通常国会で、菅民主党に協力しない姿勢を明らかにしている
ため、菅政権は、国会運営で窮地に陥ることに。^^;
 そして、衆院再可決をするための2/3の議席を確保するには、
国民新党と社民党の協力が不可欠になったため、国民新党の存在
価値が一気にアップしたのである。(・・)

 それゆえ、国民新党は、ここに来てかなり強気に、菅政権を
揺さぶりながら、どうにか主導権をとって<小沢派の意向も汲み
ながら、菅政権をコントロールしようとしているのである。(**)

<当日の出席者の数にもよるが、もし小沢派の議員が議決に欠席
したり、反対に回ったりしても(離党する場合も含む)、衆院の
再可決が困難になるので、この国民新党&小沢派の動きは、菅政権
にとって、大きな圧力になっている。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 ただ、国民新党も、いつまでも菅政権に付き合っている気は
ないだろう。(・・)

 もともと国民新党は亀井代表をはじめ、超保守派の議員が多い
だけに、菅首相をはじめ、彼らから見てサヨク的な民主党議員
とは、考えが合わないし。<社民党もしかり。>

 昨年夏にも、小沢グループと保守新党、自民党、民主党の同志
の議員と組んで保守連合を作る話が出ていたのだが。今は、小沢派
の重要メンバーになっている鳩山由紀夫氏やそのグループも加えて、
政界再編の動きを起こそうとしているのである。(ーー゛)

 亀井氏は、先月末にも、鳩山氏や自民党の森喜朗氏と会食を
行なって、救国内閣を作ることを提案したという。

『国民新党の亀井静香代表は30日午後、大阪府柏原市で講演し、
民主党の鳩山由紀夫前首相、自民党の森喜朗元首相との28日の
会食で、超党派による「救国内閣」樹立を提案したことを明らか
にした。
 それによると、亀井氏は鳩山氏らに対し、「今、国民は(政)党
が中心になって国を救ってくれるとは思っていない。権力争いに
こだわっているときではない」と表明。その上で「あなたたちは
首相をやって、(議員)バッジを着けている。こんなときに黙って
いてどうするのか」と述べるとともに、他の首相経験者への橋渡し
も含めて協力を求めた。
 これに対し、鳩山氏らは具体的な返答はしなかったという。
<時事通信1月30日>』

<これも近々書きたいのだが。鳩山氏は、まずは、自分のものだ
と思っている民主党の実権を取り戻すことを考えているのでは
ないだろうか?(・・)>

 また、「た」党の平沼赳夫氏も、この提案に協力する意向を
示している。

『たちあがれ日本の平沼赳夫代表は2日、BS11の番組収録で、
菅内閣を退陣に追い込んだ後の政権構想について「最後のご奉公
で『救国内閣』をつくるための捨て石になりたい」と述べ、超党派
による連立政権樹立に意欲を示した。その際の首相候補に関しては
「自民党の若手にもいい人がいる。民主党にも素晴らしい人材が
いる。亀井静香国民新党代表だって、民主党(との連立政権)から
独立して打って出れば有資格者だ」と語った。<時事通信2日>』

<mewなんか「救国」内閣って言葉を見ただけで、もうある種の
アレルギーが生じてしまうところが・・・。(>_<)
 個人的には、早く政界再編をして欲しいし、保守派が集まった
方がわかりやすくていいとは思うんだけどね。・・・mewは、
保守連合ではない方のグループを応援すればいいのだし?(・・)>

* * * * *

 現実的に考えて、3月末までに首相を交代させるのは困難だし。
<下手に菅首相を辞任に追い込もうとして、解散総選挙にでも
なったら、小沢派の議員や国民新党の議員も壊滅的な打撃を受ける
おそれがあるし。^^;>
 政権与党の一員としては、とりあえず予算&関連法案をが成立
させるまでは、協力するのが務めゆえ、3月末までは、菅民主党に
影響力を及ぼしながら、<小沢氏の件もけん制しながら>連立を
維持することを考えているのではないかと思うのだが・・・。

 ただ、それ以降は、国民新党が小沢派と組んで、菅おろしや
政界再編に動く可能性が否定できないし。
 3月末までも、アレコレと注文を出して来る可能性が高いだけ
に、菅政権が、小沢派以上に国民新党の議員の言動に揺さぶられ
たり、振り回されたりすることになるかも知れないな~と、かなり
危惧してしまうところがあるmewなのだった。(@@)

<ちなみにmewは、亀井静香氏の、ひとりの人間としてのキャラ
は嫌いではないのだけど。亀井氏は日本会議系の超保守派ゆえ、
国家観が合わないし。経済政策も合わないものが多いので、政治家
として支持することは難しいのよね。(-"-)。ただ、国民新党の
亀井亜紀子氏は、考えが合う部分が多いし、話し方も丁寧でわかり
やすいので、政治家としてもかなり好きなタイプだったりする。"^_^">

               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






『 民主党の岡田克也幹事長は2日夜、強制起訴された小沢一郎元代表への対応について「あすから議論が始まる」と述べ、3日の役員会で処分の検討に入る考えを示した。同時に「(議論に)期限を設定するのは避けるべきだ」として、時間をかけて慎重に結論を出す方針を明らかにした。名古屋市で記者団の質問に答えた。
 検察審査会の議決を受けた強制起訴は、検察による通常の起訴とは異なることから、小沢氏を支持する議員の間には処分への反対論が強い。岡田氏としては、処分を急げば党内対立が激化し、菅直人首相の政権運営に影響を及ぼすことを懸念したとみられる。首相も、年頭記者会見で小沢氏の「出処進退」に触れるなどした厳しい姿勢をトーンダウンさせており、処分問題の決着が長引くのは必至となった。 
 岡田氏はこれに先立ち、国会内で衆院政治倫理審査会の土肥隆一会長と会談した。土肥氏が「政倫審で小沢氏の審査を議決したい」と求めたのに対し、岡田氏は「衆院予算委員会の(2011年度予算案)審議などに影響を与えかねない」と指摘。強制力のない招致議決に野党が反対している状況を踏まえ、見送る意向を重ねて示した。(2時事通信2日)』

*****

『「脱小沢」派さえ寛大な処分望む 3分の2問題で及び腰

 民主党は3日、緊急役員会を開き、強制起訴された小沢一郎元代表に対する処分の検討に着手する。世論調査では約6割が議員辞職を求めている小沢氏。ただ意外なことに「脱小沢」路線を進めてきた議員からも「党員資格の停止」など“寛大な処分”を求める声が高まっている。背景にあるのは、国会対策上の観点や党内抗争の再燃回避に向けた打算。民主党は世論と乖(かい)離(り)しようとしている。(宮下日出男)

 「党員資格の停止が一番いい。やはり『3分の2』は考えざるを得ない」

 小沢氏を批判してきた党幹部は2日、周囲にこう語った。

 民主党倫理規則に規定されている「処分」は、重い順に(1)除籍(強制離党)(2)離党勧告(3)党員資格の停止。(3)は最も軽い処分であるだけでなく、国会内で民主党会派の一員として活動することも可能だ。

 一方、1月の産経新聞社・FNN(フジニュースネットワーク)合同世論調査では、小沢氏について62・2%が「議員辞職すべきだ」と答え、22・0%が「離党すべきだ」と答えている。世論は8割以上が小沢氏の議員辞職や離党を求めている。

岡田克也幹事長は2日、土肥隆一衆院政治倫理審査会長と会談した。岡田氏は「早急に(処分の)結論は出さない」と告げた。対する土肥氏は政倫審での小沢氏の招致議決を主張した。小沢氏に厳しい処分を下すための口実を作るためだ。しかし、岡田氏は「今は予算審議をやっているから…。タイミング的には難しい」と煮え切らなかった。

 世論の期待とかけ離れた処分を決めることには、党執行部も抵抗はある。しかし、そうせざるを得ない事情もある。

 一つは国会対策上の理由だ。平成23年度予算関連法案が参院で否決された場合、衆院の3分の2以上の賛成で再議決できる。民主党は与謝野馨経済財政担当相の会派入りで、社民党、無所属議員を合わせ衆院の3分の2の議席を確保したが、小沢氏が党籍を失えば、予算関連法案の成立は楽観できなくなる。

 もう一つの背景は党内事情だ。小沢氏の処分を決定するのは党常任幹事会だが、その前に役員会の発議が必要。役員会メンバーには小沢氏に近い輿石東参院議員会長らが含まれる。執行部からすれば、小沢氏の処分問題で昨年末からの党内抗争が再燃することはなんとしても避けたい。

 「寛刑」を主張する議員は「党員資格停止だって十分、重い。従わなければ、党総支部長の資格も停止され、政党交付金を受け取れなくなる」と説明するが、ある党幹部は「小沢氏はそんなはした金はいらないんじゃないか」と言い放つ。

 首相は年頭会見で「不条理をただす政治」を訴え、「政治とカネの問題にけじめをつける」と決意表明したが、民主党は小沢氏に“不条理な”処分を下そうとしている。
<産経新聞3日>』

<今回の小沢氏の強制起訴自体が、かなり不条理なものなのだし。それに対して、党が厳しい処分を下すのは、さらに不条理な扱いをすることになるだし。
国民が、党内対立より国政や国会運営に地下あrを入れて欲しいと考えていることを思うと、ここは穏便にはからって、党内の対立を沈静化させる方が、理にかなっているのではないかしらん。(・・)>
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/14113662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 反戦塾 at 2011-02-03 10:26
タイトル : 菅政権に第4の敵
 当塾では、このところ2、3の例をのぞき立て続けに菅政権の頼りなさを書いてきた。間の悪いことに、中国メディアもそのような報道をし始めている。中国網(チャイナネッ... more
Tracked from 俳諧奉行のブログ at 2011-02-03 20:06
タイトル : 政府に尋問の筋これ有り候
 小沢次期総理は、鹿児島の故・二階堂進の墓参に行ったらしい。  こんな噴火の時期に、義理堅い。  だけど、小沢さんと二階堂って、どっちかというと、弟子どころか対立 関係にあったのだが…。  次期総理は、別に故人をからかうために鹿児島に行ったわ... more
by mew-run7 | 2011-02-03 05:33 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7