震災から1ヶ月~がれき撤去の苦労、被災者と復興を思う政府の取組み

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



  昨日4月11日、東日本大震災から、ちょうど1ヶ月が立った。

 ちなみに、菅首相は、昨日の夜6時から会見を開く予定だった
のだが。5時20分に福島でM7.0震度6弱の地震が起きた
ため、会見が中止されることになったという。

<調子落ちの人(選手とかも)というのは、ここぞという時に、
思わぬトラブルが発生してしまいがちなのよね。^^;>

 でも、昨日の地震では、全体的には大きな被害は出なくて幸い
だったのだが。家の倒壊で死亡した人や負傷者もかなりいたとの
こと。ご冥福をお祈りしたい&お見舞を申し上げたい。

<東京も震度4が2回続いて、「わお(・o・)」という感じに。
mewもスリッパを履いたまま、仕事場のあるビルの階段を
途中までかけおりたりして。^^;>

 それにしても、震災から1ヶ月立って、復興に向けて頑張ろう
という声が上がっている日に、また大きな余震が起きるなんて。
 また地震に対して、怒りを覚えてしまったmewなのだった。

* * * * *

 首相の会見は行なえなかったものの、日本政府は、11日に
首相・菅直人の名で世界各国の新聞や大使館HPに、「絆」と
題する感謝のメッセージを出した。
<全文はコチラ官邸HP・写真はコチラ
 書面の一番上に「絆」(Kizuna - the bonds of friendship)
という漢字が大きく記され、英文では「Thank you for the Kizuna」
のタイトルがつけられていた。

『菅総理の名前が直筆で書かれたメッセージでは、「全世界の
皆さんが下さった絆に深く感謝しています」としたうえで、「日本
は必ず再生し、復興します」と決意を記しています。また、福島
第一原発については「事態収束のためすべての資源を動員し、一日
も早い安定化に向け、努力している」としています。
中国では共産党の機関紙「人民日報」に掲載されました。メッ
セージは11日付で、アメリカ、イギリス、フランスなどでも
それぞれの国の言葉で、有力紙に順次、掲載されます。
<TV朝日11日>』

 そして、菅直人の署名のあとに、「A friend in need is a
friend indeed (まさかの友は真の友)」の一行が記されて
いたのが、ちょっと印象的だった。(・・)
<ただ、菅くんは、政界の中に、絆や友が少なそうなので、
それがますます彼をしんどくさせているかも?^^;> 

 また、11日には、以前、『復興構想会議&五百旗頭議長に
期待』という記事で取り上げた、復興構想会議がスタートした。(+_+)

 メンバーを*1にアップしておくが。mewが注目したのは、
「津波災害――減災社会を築く」の著者でもある河田惠昭氏が
はいっていたことだった。
<また機会があったら、取り上げたいが。彼は昨年、この本で
三陸のリアス式海岸の津波の危険性を指摘していたり、今回も早く
から政府に復興&防災対策を提言しているときいていたので。>

* * * * *
  
 さて、11日現在、判明している限りでは、東日本大震災の
死者数は12都道県で1万3127人に及んでいるとのこと。
行方不明者数が6県で1万4348人。そして、負傷者数は18
都道県で4793人。また現在も約15万人が避難所で生活して
いるという。

 M9.0という史上稀に見る大規模な地震があっただけでも、
大変な被害なのに。東北から関東の太平洋沿岸では、これもまた
史上最大と言われる津波に襲われることになったことが、住民の
被を尚更に拡大することになってしまった。

 先日、知人にきいた話では、阪神・淡路大震災で、重度の被害に
あった地域は、半径20kmぐらいだったそうなのだが。今回は、
沿岸部で200kmにわたって、壊滅的な状態になっている地域
があるとのこと。重度の被害にあった地域の面積も、阪神・淡路
大震災の数十倍にも及ぶとのこと。
 それだけでも未曾有の震災だと言えるのに、加えて、福島原発
の事故が起きてしまい・・・。
 ある年配の方が「日本が戦争でやられた時にも、1度にこんな
広い地域でヒドイ被害が起きたことはない」と言っていたのだが、
おそらく、日本の歴史が始まって以来の未曾有の震災だと言える
のではないかと思う。゙(-"-)

<どれか一つでも、日本で史上最大級の大変なことなのに。それが
3つも重なったのだから・・・。だからこそ、日本人全体で、力を
合わせてこの危機を乗り越えなくてはいけないと思うし。国民の
多くはそのような気持ちになっていると思うのに。肝心の政治の
世界がね~。(-_-;)>


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 残念ながら、壊滅的な被害にあった地域は、まだ、がれきの山
が残っているところが多い。
 何故、手付かずのままなのかという批判もあるようなのだが。
ようやく水が引いて、がれきを撤去したいと思っても、そう簡単
に行かないというのが実情だ。(-"-)

 今週にはいっても、自衛隊や米軍、各地の警察や消防団が遺体
の捜索を続けているのだが。いまだ行方不明者が1万人以上いて、
がれきの下には、遺体が眠っている可能性がある。
 また、グチャグチャになった家財道具の中には、個人の重要な
財産(金庫、通帳、登記証などなど)や大事な品が入りまざって
いる可能性も高い。
 だから、何も考えず、どんどんショベルカーやブルドーザー
でがれきを拾い上げて、バンバンと捨てるわけにはいかない
のである。(-"-)

<また、がれきの量も阪神淡路大震災の2倍近くあり、どこに運ぶ
のか、どのように処分するかという課題も。ちなみに、上述した
河田氏は、がれきを再利用した堤防作りなども提唱している。>

* * * * * 

 さらに法律的に言えば、本当は、個人の私有地にはいって、個人
の所有物(家のがれきや、動産や貴重品なども)を勝手に除去
したり、処分したりすることもできないし。<津波で流されたまま
放置されている多数の自動車の処分も同様。宮城だけで1万台
以上あると言われている。>

 しかも、これまでの震災と違って、津波によって、自分の家の
ある場所とは全く違うところに、遺体や個人の所有物が拡散
してしまっているし。また色々な物の所有者自身が亡くなって
しまっているケースも多いので、それも大きな支障になって
いるという。

<何かTVのコメンテーターが、自分が首相なら、すぐに全国
からブルドーザーを集めて、町を片付けると豪語していたそう
なんだけど。そういうわけには行かないってことが、全く
わかっていないのよね。(-"-)>

* * * * * 

 菅首相は、アレコレ会議や機関を設け過ぎだと批判があるのだが。
 がれきの撤去一つをとっても、閣僚や省庁、専門家、与党議員など
で、その方法や法律関係などについて研究したり、施策を決めたり
する必要があるし。本来は、自治体が担うべきことも、今回は
政府が対応しなければならないケースも多いわけで。
 そういう問題や苦労というのは、あまりメディアには取り上げ
られることがないし。本当に大変だな~と思うことが多い。

 でも、菅内閣は、それらの問題を官僚に丸投げすることなく、
被災地の声をききながら、できるだけ政治主導で対応すべく
努めているように思うし。
 メディアや野党は、そういう面倒な部分にはほとんどタッチ
しないor目を向けておらず、何か問題を見つけては、批判ばかり
しているのだけど。
 mewは、菅内閣&与党はそのような面では、オモテに出ている
閣僚だけでなく、副大臣や政務官、与党議員のスタッフなども、
官僚をうまく使いながら、本当に頑張っていると思うし。もう少し
評価してあげていいのではないかと思うことがある。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 たとえば、がれきの撤去に関しても、政府は、先月、早く復興
準備をする必要性を認識しつつ、被災者の気持ちも汲んで、個人の
重要な所有物の確保も重視して、このような措置をとった。

『政府は25日、東日本大震災で被害を受けた家屋や自動車などの
がれき撤去に関するガイドラインをまとめ、関係7県に通知した。
貴金属など財産価値のあるものや、アルバム、位牌など所有者個人
にとって価値があるものは、廃棄せず一時保管するよう求めている。

 作業のための私有地への立ち入り、倒壊した家屋や津波で流さ
れた家屋の撤去は、所有者の承諾を得なくてもよいとしており、
敷地内に残っている家屋も、所有者と連絡が取れなかったり、倒壊
の危険がある場合は解体撤去できる。

 放置され、再使用できないと認められる自動車や船舶は、所有者
から引き渡しの求めがなければ廃棄処分する。

 一時保管した貴金属や金庫類、アルバムなどは、所有者との連絡
に努めた上で見つからなければ、遺失物として扱う。

 被災地の大量のがれきが行方不明者の捜索や復旧作業の妨げに
なっており、現行法の枠内で緊急に対応するため環境、法務両省
などがガイドラインを検討していた。<共同通信3月25日>』

* * * * *

 この政府の措置は、被災者の人たちにもそれなりに評価されて
いるようだ。
 特に、本来であれば廃棄しても止むを得ないような金銭的な価値
のないアルバムや位牌などを、所有者個人にとって価値があるもの
として、廃棄をせず、一時保管するように自治体に通知したことを
喜んでいる人たちが少なくないという。<TVのニュースでも、
それは、ちょこっと扱っていたかな?> 

『がれきの中には、遺体や、思い出の品々も大量にある。岩手県
釜石市の担当者は「ご遺体を傷つけるわけにはいかないし、
アルバムなど個人にとって価値のある物は回収してあげたい。
時間がかかるのはやむを得ない」と話す。

 宮城県亘理町は、がれきや家屋を撤去する目印として、三色の
旗を被災者に配っている。赤は「建物も周辺のがれき」も撤去して
ほしい、黄は「がれきのみ」、緑は「自分で片付けるから、触ら
ないで」のサインだ。<東京新聞4月11日・全文*1>』

 自治体の建物に保管された品々を捜しに来る人たちの姿も、
増えているようだ。

 大事な思い出の品は、金銭的には価値がないかも知れないけど。
被災者や遺族にとっては、ある意味では、財産よりも大切な価値
を持つこともあるし。また、復興への意欲や励みにつながるもの
もあるのではないかと思うし。
 何でも強引に&スピード重視ではなくて、少し時間はかかっても、
そういう住民の思いを汲むことができる政治のあり方というのも
mewは大切なのではないかと感じるところがある。(・・)

* * * * *

 阪神大震災の時は、がれきの撤去だけでも3年3千億円以上、
かかって。自治体もかなりの負担があったようなのだが。
 今回、菅政権は、がれき処理は、国が全額負担することを
明言して、昨日、野党側に提示した一次補正予算でも、早くも
がれき撤去費用に3千億円を計上していた。

 各地の復興再生には、まだまだ、長い道のりがかかるけど。生活
の建て直し&復興のための第一歩として、被災者が納得行く形で
スムーズに、がれきの撤去が行なわれるといいと願っている。(+_+)

 そして、果たして菅首相&復興構想会議がいつまで続けられるのか
は、わからないけど・・・。^^;

 でも、どうか政府もうまく協力する形で、被災地の人々が希望や
夢を抱けるような復興のビジョンが描けるように。
 また、何よりも各地の住民が主体性を持って、政府をうまく利用
する形で、古き伝統のよいところを活かしながらも、自分たちの手
で新しい町を作れるようにと願うmewなのだった。(@@)、

                   THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






『菅内閣は11日、持ち回り閣議を開き、東日本大震災からの復興計画の青写真を描く菅直人首相主宰の「東日本大震災復興構想会議」を設置することを決定した。議長は五百旗頭真・防衛大学校長が務め、建築家の安藤忠雄氏と御厨貴・東大教授が議長代理。特別顧問に哲学者の梅原猛氏が就く。

 構想復興会議のそのほかの議員は、次の通り。(敬称略)

 赤坂憲雄(学習院大教授)▽内館牧子(脚本家)▽大西隆(東大大学院都市工学専攻教授)▽河田恵昭(関西大社会安全学部長)▽玄侑宗久(臨済宗福聚寺住職)▽佐藤雄平(福島県知事)▽清家篤(慶応義塾長)▽高成田享(仙台大教授)▽達増拓也(岩手県知事)▽中鉢良治(ソニー副会長)▽橋本五郎(読売新聞特別編集委員)▽村井嘉浩(宮城県知事)
<朝日新聞11日>』

******

『 被災地の車、自治体の移動容認=政府

 東日本大震災の大津波で流された自動車が被災地に散乱している問題で、政府は21日、
自治体が車を公有地に移動して一定期間保管し、所有者の特定を進めた上で、処分を容認することを決めた。
22日に文書で通知する。
 震災では津波により大量の自動車が流され、その数は宮城県だけでも1万台以上とみられている。
所有者の多くが被災しているため、廃棄物として処分するのかどうかの意思確認は、極めて難しい。
一方で、財産権があるため、車を無断で動かすことができず、復旧作業の大きな支障になっている。
 このため、国は特例として、自治体が車を公有地などに移動して、一定期間保管することを容認。
車両のナンバープレートなどを公表して所有者の特定を進め、見つからない場合は、
自治体が廃棄することも認める。(時事2011/03/22-00:46) 』





『国内観測史上最大のマグニチュード9.0を記録した東日本大震災は11日、発生から1カ月を迎えた。死者・行方不明者は計2万7000人以上で、不明者の捜索活動は依然難航。福島第一原発の事故も予断を許さない状況が続く。復興を祈り、全国から伸びる支援の手をがれきの山が阻む。地盤沈下した港町は将来像が描けない。日常を取り戻せる日はいつになるのか。

 街を覆うがれきの山は、復興に向けた作業の大きな障壁になっている。処分に三年と三千億円以上を要した阪神大震災(一九九五年)を量、費用ともに大きく上回るとみられ、除去はなかなか進まない。他人にはごみでも本人には貴重な財産かもしれない。自治体はごみをいったん集める場所の確保や、所有者の意思確認に頭を痛めている。

 宮城県気仙沼市が、がれきの「仮置き場」に決めた下水道施設横の空き地。自衛隊や業者のトラックが次々と大量のがれきを運んで来ては積む。市の担当者は「ここも四月中には満杯になる」とため息をついた。

 早急にがれきを撤去してまずは車や人の通行を確保するため、仮置き場に運んで一時保管。その後、分別して、焼却や埋め立て、リサイクルする方針だ。

 推計では市内のがれき量は計二百二十六万トン。震災翌日からこれまでに運び込めたのは四万トンにすぎない。市が確保できた五カ所の仮置き場では「全然足りない」(担当者)。

 市街地には津波に流された自動車が一万台あるとみられるが、勝手に処分はできない。一時保管し、本人の同意を得る必要がある。

 市の担当者は「東北地方は港町が多く、平野部は狭い。仮置き場不足はどこの自治体も共通の悩みだろう」と話す。

   ■  ■

 がれきの中には、遺体や、思い出の品々も大量にある。岩手県釜石市の担当者は「ご遺体を傷つけるわけにはいかないし、アルバムなど個人にとって価値のある物は回収してあげたい。時間がかかるのはやむを得ない」と話す。

 宮城県亘理町は、がれきや家屋を撤去する目印として、三色の旗を被災者に配っている。赤は「建物も周辺のがれき」も撤去してほしい、黄は「がれきのみ」、緑は「自分で片付けるから、触らないで」のサインだ。

 がれきの量は、町から出る廃棄物の百年分ともいわれる約百二十七万トン。被災者の意思が事前に確認できていれば、スムーズに撤去作業ができる。

 同町荒浜で鮮魚店をしていた菊池康さん(53)は、ほとんどに「撤去」を示す赤を張ったが、軽トラックだけは「触らないで」の緑にした。

 地震で家はがれきに埋もれ、軽トラックも海水を浴びて使い物にならない。だが、積んである保冷機能付きショーケースだけは、取っておこうと決めた。半世紀前に行商を始めた亡き父から引き継いだものだ。「こいつと共にいつか再び商売をする」と誓ったからだ。

   ■  ■

 国は、自治体の負担を軽減するため、がれきの処理はすべて国費を投入する方針だ。

 環境省によると、阪神大震災時のがれきの処理量は、約千四百五十万トン。今回のがれき量の推計は、宮城県約千六百万トン、岩手県約六百万トン、福島県約二百九十万トンの計約二千四百九十万トンで、二倍近い。自動車や船舶などは含まれず、さらに処理の長期化や財政負担増が予想される。

 宮城県は一年以内に仮置き場に撤去し、その後二年以内にすべて処分する方針。岩手県も本年度中に撤去を終え、三年から五年かけて処分を予定。ただ撤去を担当する自治体の担当者は「この量と手間を考えると、一年での撤去なんてとても無理」と話している。

 福島県は「福島第一原発の問題で入れない地域もあり、現時点で処分時期は決められない」と言う。<東京新聞11日>』
[PR]

by mew-run7 | 2011-04-12 05:34 | 政治・社会一般