米が原発対策で官邸にスタッフ派遣&細野と福島に同行+石破、自民の責任認める

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




4月に『原発でも、日本は米の属国扱い~米は官邸常駐、事故
対処の訓練を意図&菅おろし
』という記事の続報を。

 上の記事で、米国が福島原発の事故を受けて、首相官邸に
専門家を常駐させたいと言って来たのを、枝野官房長官が断わった
という報道記事をアップしたのだが。

 週刊ポスト5月20日号は、『GHQ彷彿させる官邸へ派遣の
米国人 菅総理に代わり決裁権』という記事を掲載。
 原発事故が早期に解決せず、状況が悪化したこともあり、米国
が改めて専門家を派遣することを要求。官邸も、事故の1週間後
にそれを受けざるを得なかったたという話を載せている。

<一部では、浜松原発の停止も、米国の提案だったという説も
流れている。^^;>

 さらに、官邸内で、原発対策を担当している細野首相補佐官が、
ニコニコ動画の記者インタビューで、福島原発の視察に米国人の
専門家が同行する予定であることを認めた。
 細野氏は、官邸に米国人スタッフがはいっていることも否定
しなかった。(@@)

* * * * *

 まずは、週刊ポスト(5月20日号)の記事から。

『GHQ彷彿させる官邸へ派遣の米国人 菅総理に代わり決裁権

 焼け野原からの戦後復興に大震災の復興計画を重ね合わせる菅直人・首相は、屈辱の歴史までも真似ようとするのか。GHQ(連合国軍総司令部)に主権を奪われ、自主憲法さえ作れなかったあの時代は、この国の在り方に大きな禍根を残している。だが、菅政権はこの震災対応の中、国の主権を米国に売り払うことで、自らの権力を守り切ろうとしている――。

この国の政府は震災発生以来、「第2の進駐」を受けている。首相官邸ではそれを如実に物語る光景が繰り広げられていた。

菅首相や枝野幸男・官房長官、各首相補佐官らの執務室が並ぶ官邸の4、5階は記者の立ち入りが禁止されているが、そこでは細野豪志・首相補佐官、福山哲郎・官房副長官らがある部屋に頻繁に出入りしていた。部屋の主は、米国政府から派遣された「アドバイザー」で、名前も身分も一切明らかにされていない。

官邸の事務方スタッフは、その素性と役割についてこう説明する。

「その人物は米原子力規制委員会(NRC)のスタッフとされ、官邸に専用の部屋が与えられ、細野補佐官とともに原発80 件事故対応の日米連絡調整会議の立ち上げ作業にあたった。常駐していたのは原発対応のために横田基地で待機していた米海兵隊の特殊兵器対処部隊(CBIRF)が帰国した4月20日頃までだが、その後も官邸に顔を出している。福島第一原発の水素爆発を防ぐために実行された窒素封入や、格納容器の水棺作戦などは、そのアドバイザーとの協議を経て方針が決められた」

原発80 件事故対策統合本部長を務める菅首相に代わって、“決裁権”を握っていたというのだ。

官邸へのアドバイザー派遣は、菅政権の原発事故発生直後にオバマ政権が強く要求したものだった。当初、菅首相や枝野長官は難色を示したが、ルース駐日大使は福島第一原発から80km圏内に居住する米国人に避難勧告を出し、横田基地から政府チャーター機で米国人を避難させるなどして、“受け入れなければ日本を見捨てる”と暗に圧力をかけた。菅首相は3月19日、ルース大使との会談で要求を呑んだとされる。

外国の政府関係者を官邸に入れてその指示を受けるなど、国家の主権を放棄したも同然であり、GHQ占領下と変わらない。

しかも、その人物は「ただの原子力の専門家」ではなかったと見られている。

米国は震災直後にNRCの専門家約30人を日本に派遣して政府と東電の対策統合本部に送り込み、大使館内にもタスクフォースを設置した。3月22日に発足した日米連絡調整会議(非公開)にはルース大使やNRCのヤツコ委員長といった大物が出席し、その下に「放射性物質遮蔽」「核燃料棒処理」「原発廃炉」「医療・生活支援」の4チームを編成して専門家が具体的な対応策を練っている。

「原発80 件事故対応のスペシャリスト」だというなら、統合対策本部や連絡調整会議に参加する方が、情報収集という意味でも効率的な働きができるはずだ。にもかかわらず、その後1か月間も官邸に常駐する必要があったのは、原発対応以外の「特別の任務」を帯びていたからだろう。

米民主党のブレーンから興味深い証言を得た。

「ホワイトハウスが、菅政権に原発80 件事故の対処策を講じる能力があるかどうかを疑っているのは間違いない。だが、すでに原発処理についてはいち早くフランスのサルコジ大統領が訪日したことで、同国の原子力企業アレバ社が請け負う方向で話が進んでいる。

むしろ米国が懸念しているのは、これから震災復興を手掛ける菅政権が危うい状態にあること。オバマ大統領は、普天間基地移設をはじめ、日米間の懸案を解決すると約束した菅政権が続くことを望んでいる。

そのため、ホワイトハウスでは国家安全保障会議などが中心になって、日米関係を悪化させることがないように指導するオペレーションを震災後から展開している。“特別な専門家”の派遣もそのひとつと考えていい」

菅政権は米国の指導の下、国会では震災復興より米国への“貢ぎ物”を優先させた。3月末に年間1880億円の在日米軍への思いやり予算を5年間にわたって負担する「在日米軍駐留経費負担特別協定」を国会承認し、4月28日には、日本政策金融公庫の国際部門である国際協力銀行(JBIC)を独立させる法案を成立させた。

JBICは米軍のグアム移転費用を低利融資する窓口になっているが、法改正によってこれまでは途上国向けに限られていたインフラ輸出への融資を拡大し、先進国も対象にできることになった。

経産省幹部はこう指摘する。

「菅政権は米国への新幹線輸出を進めているが、JBIC独立により、その資金を日本が拠出できることになる。アメリカも満足だろう」

※週刊ポスト2011年5月20日号 <ポストセブン9日から>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そして、昨夜11日にNCNにアップされた、細野豪志首相
補佐官のインタビューを。

『細野氏、福島第1原発を初視察へ "米国人専門家"も同行

 細野豪志首相補佐官は2011年5月11日午後の政府・東電統合対策室が開いた合同記者会見で、翌12日に予定している福島第1原発を視察する際に、外国人の原子力専門家を同行させることを明らかにした。

 細野補佐官は事故後始めて現地入りする。細野補佐官は、外国人の原子力専門家を同行させる理由について「(これまで)協力を頂いてきたので、さまざまな状況についてしっかり見てもらい、更なる協力を頂きたい」と述べた。

 質疑応答でニコニコ動画の七尾記者が米国人の素性について問うと、細野補佐官は「プロフィールなどについては公開を考えていない」と明言を避けた。

 この件に関する細野補佐官と七尾功記者とのやり取りは以下の通り。

七尾記者:
 (会見の)冒頭、細野さんの発言で、明日の福島第一原発訪問の際、同行される方がいるという話だったが、同行される方のプロフィールと同行目的について詳細を教えて頂きたい。

細野補佐官:
 米国の方ですので、プロフィールなどについては公開を考えていない。どういう方かということだが、今回米国側から様々な技術的な協力を頂いたわけだが、その中で終始日本側に協力を頂いた人。そういう意味では原子力の専門家ということ。

七尾記者:
 一人か?

細野補佐官:
 一人です。もちろん一人と言っても通訳がついたりするが、基本的には私と米国の方二人で行く。目的だが、私に関しては、原発の問題を補佐官としてやっており、電話やテレビ会見などを通じて頻繁に現地のみなさんと連絡をしているが、やはり直接(福島第1原子力)発電所に行くということが必要なのではないかと考えたから。米国の方の場合は、(これまで)協力を頂いてきたので、さまざまな状況についてしっかり見て頂いて、更なる協力を頂きたいと、そういう趣旨。

七尾記者:
 協力とはいつ頃からその方に協力されていたのか?それは個人の協力なのか、アメリカ政府としての協力なのかという点と、最後に、これは朝日新聞で報道されていた件だが、原発の発生直後、米国側から要請され、官邸に一時駐在していたという米国スタッフがいたということだが、その方か?

細野補佐官:
 まず、いつ頃からかということだが、正確な日程は存じ上げないが、日米の会議を立ち上げたのが3月22日で、その前にも何度か会っているので、それ以前から来ておられた方。あと、官邸にそういう部屋があったかどうかということだが、私が知る限りそういう事実はない。…

私も官邸のところに常駐している方とお会いしたことはないので、そういうことではないと思う。<NCN11日(最終更新12日)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 もともと世界で唯一の被爆国である日本が&地震大国ゆえ危険
性の高い日本が、原子力発電所を導入し、原発政策を進めて来た
のも、米国の主導によるものだ。(ーー)

 日本側では、CIAのメンバーだった読売グループの正力松太郎
氏&自民党(中曽根康弘氏ら)が中心となって、原発の導入を
はかることに。そして、自民党は、その後50年以上にわたって、
原発政策を推進し続けて来たのである。(・・)
<保守派の中には、いずれ日本も自国で核兵器を作る施設&材料
が必要だと考えて、原発政策を進めている人たちもいる。(-"-)>

<関連記事・『原発問題で自民批判をした雁屋哲のブログが、休止
に+原発推進した正力、自民、CIA

日々坦々さんの『唯一の被爆国が原発を導入した背後で蠢(うごめ)
いていた読売新聞と日本テレビ
』も参考になる。>

* * * * *

 それゆえに、mewは、このブログで、「自民党には、今回の
原発事故のことを批判する資格はない」と何度も書いて来たの
だが。

 自民党内では、河野太郎氏が早くから、自党の政策に問題が
あったと発言&ブログに記述していたのだが。
 昨日は、石破茂氏(現・政調会長)もBSのTV番組で、自民党
も反省や検証が必要であると発言したという。

『自民党の石破茂政調会長は11日の記者会見で、福島第1原発
事故を踏まえ「(自民党が)長年、与党として原子力政策を担って
きたことは間違いない。党としてきちんと検証しなければ政府を
追及する資格を持たない」と述べ、与党時代の政策の検証作業を
進める考えを明らかにした。

 河野太郎前幹事長代理も同日、BS11の番組で「若手が党の
中で『(事故の)土壌を作ってきたのは自民党だ。その責任を認め
ざるを得ない』とかなりオープンに議論するようになった」と指摘
した。<毎日新聞11日>』

『自民党の石破茂政調会長は11日、党本部で記者会見し、福島
第1原発事故について、政権担当時に原発建設を積極推進した党
にも一定の責任があるとの認識を示した。「自民党が与党として
原子力政策を担ってきたことは事実だ。間違いを起こさない政党
はない。私たちも何か誤りがあったのではないか」と述べた。

 同時に「自民党としてどこが誤っており、それはなぜかをきちん
と検証しなければ、政府を追及する資格がない」と指摘。谷垣禎一
総裁ら党幹部と検証の在り方について協議したい考えを明らかに
した。<共同通信11日>:

<石破茂氏は、国防マニアの保守タカ派っ子ゆえ、その点では
考え方が合わないのだけど。以前からブログにも書いているように、
彼は、研究熱心で、きちんと理論的に考えて政策立案をしたり、
発言をしたりするので、自民党の中では、最も評価している&
好きなタイプの政治家のひとりだ。(・・)>

* * * * *

 そして、このような経緯を考えれば、米国が日本の原発事故
に関与するのは当然だと考えても不思議はないし。

<日本の原発事故が悪化することによって、米国内で反原発の
動きが広がるのも困るし。(米国の原発関連の企業も関与して
いるので尚更に?)また、米国内で事故(テロ含む)が起きた際の
参考にしたいという意図もあったようだ。>

 また、もし今、自民党が政権を握っていれば、米国が主導して
原発事故を行なうことを、当然のように受け入れて。<むしろ
こちらから米国にお願いしていたかも?>協力体制を築いていた
のではないかとも思われ・・・。^^;
 米国は、菅政権にも、当然のこととして、それを強く求めたの
ではないかと察する。(~_~;)

* * * * *

 もし上の記事が本当であるとしたなら、菅首相は、おそらく
事故の早期解決を優先して<&米国がうるさいので?>米国の
要求を受け入れたのではないかと思うのだが。

 ただ、菅首相は、前記事に書いたように、他方で原発政策の
見直しを行なうことを、記者会見で国民に向けて発表。さらに
G8サミットでも、その方針を発表する予定でいる。(・・)

 でも、米国としては、自国&世界に反原発ムードが広がるの
を避けたいこともあって、日本がエネルギー政策を見直して、
原発政策が後退することは望んでいないわけで。<自民党も
しかり。>

 果たして、菅首相が<早期の「菅おろし」の動きをしのいで?>、
米国や自民党の意向に反して、どこまで、エネルギー政策&原発
政策の見直しを進めて行けるのか・・・それは、最終的には、
一般国民の理解と支持にかかっているのではないかと思うmew
なのであった。(@@)
 
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 



 
[PR]

by mew-run7 | 2011-05-12 12:48 | 政治・社会一般