鳩山を騙したのは、菅より先に、玉虫色の文書を作った側近の平野だった。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 2日、衆院で菅内閣に対する不信任案が否決されて、丸1日。
 
 国会の場で、正式に不信任案が否決されたのだし。国民の多くが
政局よりも震災対策に力を入れて欲しいと願っているのは明らか
なので、野党の議員はもちろん、与党の議員も、せめて1ヶ月の
間でも、それこそ1週間でもいいから、政局を忘れて、震災対策
にエネルギーを注ぎ込んで欲しいと思うのに・・・。

 与野党の議員もマスコミも、「菅首相は、本当に鳩山氏と
早期に辞任する約束をしたのか」「一定のメドとは、いつなのか」
という論争で持ち切りで。党内でも野党でも、批判合戦が始まり
つつある。(-"-)

 mewは、菅首相の代議士会での言葉をきいて、勝手に首相が
退陣すると勘違いした与野党の議員やマスコミが、「騙された」
と怒るのは、何か筋違いなのではないかと思ったりもするの
だけど・・・。
<そもそも、マスコミは何を根拠に「菅首相が退陣表明をした」
と流したのだろう?^^; 鳩山氏側から、リーク情報が出された
のだろうか?(・・)>

 鳩山氏が、怒るのはムリがないかも知れない。(~_~;)

* * * * *

 mewは、その場にいたわけではないので、真相を知る由も
ないのだけど・・・。
 鳩山氏本人は、実際に菅氏に会って、菅氏と約束を交わした
と思っているわけだし。前総理という立場の人間が、代議士会
の場で、そのことを語って、小沢派の議員など少なからずの
投票行動に影響を与えた以上、菅陣営から「約束していなかった」
と否定されたら、黙っているわけには行かないだろう。(-"-)

 このままでは、小沢派からは裏切り者扱いされるおそれも
あるし。党内の議員からの信用も低下し、下手すれば、政治生命
を失うことにもなりかねまい。(@@)

 鳩山氏は、2日午後には、岡田幹事長が「確認事項は、辞任の
条件ではない」と語ったことに対して、「うそをついてはいけない」
と批判。
 それに対し、岡田幹事長は同夜にTVで「私は親から絶対うそを
つくなと教えられて、今でも政治家には珍しくうそをつけない一人
なんですが」と反論してみせた。(・・)

<mewも、岡田くんは、嘘をつきそうにないorつけそうにない人
なのではないかと思ってるとこがあるのだけどね~。(@@)>

 しかも、菅首相が2日の夜の会見で、確認事項にあった「第二次
補正予算のメドをつけた」時期に辞任する約束をしたことを否定
した上で、「一定のメド」に関して、原発事故の状況が安定した時
(早くとも来年1月頃)を例に挙げたことから、ますます、話が
こじれることに。^^;

 気がおさまらない鳩山氏は、3日朝には、今度は菅首相のことを
「政治家同士の約束を守れないのなら、ペテン師だ」と非難し、
菅首相が早期に辞任しない場合には、両院議員総会などで退陣を
要求する意向があることを表明し、また党内の対立が激化する
おそれが大きくなっている。(@@)

* * * * *

 mewは、菅首相と鳩山氏の会談の場にいたわけではないし。
果たして、真相がどうだったのか、知る由もないのだが。

 そもそも、鳩山氏が、小沢氏と相談することもなく、2日の
昼前に、急に菅首相を訪ねて、交渉を行なおうとしたこと自体に
疑問を呈する声も多いし。
 また、もし本気で菅首相を辞任させるつもりだったのなら、
「詰めが甘かったのではないか」という指摘をする人も少なく
ないのも事実で。^^;
 鳩山氏が、宇宙人的であることを考慮しても尚、mew的にも
「???」と思ってしまう部分がかなりある。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 でも、この1~2日、色々な報道を見ていて、新たにわかって
来たこともあった。(・・)
 
 今回の交渉を主導したのは、鳩山氏の側近である平野博文氏
(元官房長官)だったということだ。

 TVの報道によれば、どうやら、民主党の最大の支持基盤で
ある連合の古賀会長が、平野氏に、何とか党の分裂を防ぐために
働いて欲しいと要請したとのこと。
<古賀会長に関する報道は、ネットの記事では見つからなかった。>

 平野氏は、それを受けて、鳩山氏が不信任案に賛成票を投じない
ように説得すると共に、菅陣営と協議して、鳩山氏を納得させる
べく&可決への流れを食い止めるべく動いていて。この曖昧な
覚え書きを作ることになったのは、平野氏の考えも絡んでいるよう
なのだ。(@@)

* * * * * 

 鳩山氏は、菅首相の早期辞任に関しては、小沢氏と考えが一致
していたのだが。野党の不信任案に乗って可決させるというような
強引な方法を使って「菅おろし」を実現することは、党の分裂に
つながりかねないだけに、反対の姿勢を示していた。(・・)
<小沢氏のように、いざとなったら離党や自民党との連立も
辞さずという考えにも、抵抗があったようだ。(-_-)>

 しかし、鳩山氏は31日の夜に菅首相と会談した際に、即時
辞任の要求を拒否されたこともあり、「不信任案に賛成する」
と発言。
 小沢氏は、鳩山グループの議員も賛成するものと期待したの
だが。同グループは、菅内閣の閣僚や党の要職についている人
も少なくないし。不信任案可決後のヴィジョンも明確になって
いないことなどに問題を覚えている人も多く、大部分の議員が
同調を否定。逆に、鳩山氏に賛成しないように説得するような
状況になっていた。^^;

 そこで、平野氏は、鳩山氏を翻意させて、党分裂を阻止する
ためには、菅陣営とうまく話をつけるしかないと考え、羽田
グループのメンバーながら、鳩山&菅氏からも信任されている
北澤防衛大臣と協力して、極秘で、確認事項作り&菅首相との
交渉の準備を行なったようなのだ。(**)

* * * * *
 
『◆極秘作業◆

 菅の退陣に関する条件なのかどうかを巡って解釈が割れた鳩山
前首相と菅の間の覚書は、菅の指南役、北沢防衛相と鳩山の側近、
平野博文元官房長官が極秘にまとめ上げたものだ。

 「鳩山は時間をかけて話をすると、あっちへ行ったりこっちへ
行ったり揺れるから、一気にやろう」

 平野と北沢が覚書作りに着手したのは1日夜。鳩山は不信任案
賛成の意向を表明済みだったが、平野は鳩山の、北沢は菅の意向
を確認しながら、何度も電話で文案を詰めた。

 2日午前、首相執務室。北沢は覚書を手に、枝野官房長官と
ともに菅に向き合った。

 「2次補正の編成とは、成立のことか」

 いぶかる菅に、北沢は「そこはぼかさないとダメです」と進言
した。

 約1時間後、菅は平野、岡田幹事長らの前で鳩山と覚書を交わ
した。鳩山は覚書を退陣条件と考え、署名を求めた。菅は「党の
中のことだから、信用してほしい」とかわした。しかし、両者の
意図の違いは、菅がこの日、一度も「退陣」という言葉を使わ
なかったことに表れていた。<読売新聞3日>』

『日付も名前も「退陣」の文字もない「確認事項」を箇条書きした
だけの覚書。鳩山氏は「辞任の文言を入れてほしい」と求めたが、
平野博文元官房長官は「政治家同士の話に進退確認書みたいなこと
をするのはどうか」と進言した。ここに至るまで首相の指南役の
北沢俊美防衛相と進退を前提に話し合ってきたのだから「言わず
もがな」との判断だった。<スポニチ4日>』

『両氏は文言をあえてあいまいにした。日付も署名欄もない。
具体的な中身も「第2次補正予算の早期編成のめどをつけること」
などとぼかした。これは首相と鳩山氏の会談がこじれないように
する知恵だった。
 文案を提示された鳩山氏は「辞任という文言を入れてほしい」
と注文したが、平野氏は「退陣の条件についての文書なんだから
言わずもがなです」と応じなかった。<毎日新聞3日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 菅首相は、不信任案決議を控えても、自ら早期に辞任する気は
全くない。
 それゆえ、平野氏も北澤氏も、もし確認事項に「辞任」という
言葉や、辞任時期を明確に示すような言葉を書けば、菅首相が
合意しないことがわかっていたに違いない。
 また下手に日付を記したり、署名をさせたりすることになれば、
密約書を交わしたかのようになるし。あとでもめるもとにも
なりかねない。(・・)

 それゆえ、2人はあえて曖昧とした玉虫色の確認事項の覚書を
作成して、署名も求めないようにして、菅氏も鳩山氏も、自分に
都合よく解釈し、合意できるようなものにしたのである。(~_~;)

 また、TVなどの情報によれば、菅首相は、本会議の前に
代議士会を開き、議員たちに反対に回るように説得するスピーチ
を行なう準備をしていたようなのだが。
 そのスピーチの中でも、鳩山氏や他の議員と話す時にも、絶対に
「自ら辞任する」と受け取られるような言葉は使わないように、
相手に言質をとられないような表現はしないように、岡田幹事長
との間に、入念に打ち合わせをしていたとのこと。

<「一定のメドがついたら、若い人たちに色々な責任を引き継ぎ
たい」という、どのようにでも解釈できる表現も、練りに練って
作ったものなのかも知れない。菅首相は、報道陣や野党議員に
ツッコまれても、代議士会で発言した通りだと、あの言い回しを
重視した答えを繰り返しているしね。^^;>

 2日の鳩菅会談に同席していた岡田幹事長は、菅首相の言葉を
チェックしており、会談後、菅首相に「言質をとられるような
言葉は使っていなかった」ことを確認したという。
 岡田幹事長が、自信を持って、「菅首相は、確認事項を条件に
辞任するとは言っていない」と言い切ったのも、それゆえなの
ではないかと思われる。(**)
 
* * * * *

 つまり・・・今回の鳩菅会談に関して、マスコミでは、
「果たして、菅首相が鳩山氏を騙したのか否か」というところに
焦点が当てられているのだが。
 実は、鳩山氏は、ある意味では、菅首相と会う前に、平野氏に
騙されていたor丸め込まれていたとも言えるし。平野氏こそが
鳩山氏が騙されるor思い違いするようなお膳立てをしていたので
ある。(@@)

 平野氏が、鳩山氏を騙すような形をとったのは、野党時代から
共に歩んで来た鳩山氏や、民主党のことを思ってのことである
のは、言うまでもない。
 おそらく、平野氏は、鳩山氏の「民主党を分裂させたくない」
「自民党に政権を戻したくない」という思いを実現せんと。また、
小沢氏に追随して、鳩山氏が危険な道を歩むことにならないように
と思いやって、このような方法をとったのだろう。(・・)

<たぶん、平野氏や北澤氏にとっても、不信任案否決をした方
が、利点が多いのだろうしね。^^;>

* * * * *

 ちなみに、平野氏や北澤氏は、鳩山氏の立場を思ってか、昨日、
援護射撃を行なったのだが。でも、菅首相が「辞任」という言葉を
使ったとか、退陣時期が条件になっていたことは明言しなかった
ようだ。

『菅直人首相と鳩山由紀夫前首相の「確認文書」の作成に関与し
会談にも同席した平野博文元官房長官は3日、国会内で記者会見し、
「進退について(会談前に)同意されなかったら、あんな文書が
できて会談するという話にならない」と述べ、事前調整の段階で
首相退陣が前提となっていたとの認識を示した。

 平野氏は会談の際、首相が「この文書に全く問題ありません」
と語り、鳩山氏が「節目をつけて身を引いてもらいたい」と話した
ことを紹介。ただ、退陣の時期や文書に記載された11年度2次
補正予算の編成時期に関するやりとりは「なかった」とした。
<毎日新聞3日>』

 そして、この件は、菅首相と鳩山氏の間での「言った、言わ
ない」「騙した、騙された」という単純な問題として扱って
しまうと、なかなか真相が見えて来ないのではないかな~と思う
mewなのだった。(@@)
                 THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2011-06-04 08:44 | 民主党、民進党に関して