日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

橋下の大阪府で愛国心目的の国旗、国歌強制条例が可決&最高裁判例

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 国政が、内閣不信任案でドタバタしている間に、大阪府議会で、
国旗、国歌を強制する条例が可決&成立した。(ーー)

『大阪府の橋下徹知事が代表を務める「大阪維新の会」(維新)
府議団が提案した府施設での国旗の常時掲揚と、府内の公立学校の
教職員に国歌斉唱時の起立を義務付ける全国初の条例案は3日、
府議会本会議で採決され、単独過半数を占める維新などの賛成で
可決、成立した。<産経新聞3日>』

『討論で、維新は「模範となるべき教職員が繰り返し職務命令違反
する行為が子供に与える影響は計り知れない」と必要性を強調。
これに対し、公明は「条例よりも職務命令など管理監督を徹底
すればすむ」、自民、民主も「条例化の必要はない」などと反論
した。自民が提出した国旗の常時掲揚だけを義務付ける条例案は
否決された。<毎日新聞3日>』

 審議の場では、大阪府の教育委員会の長も条例化に反対意見を。
また、議決の際には、何と自民党も、国歌斉唱の起立には反対
したという。(国旗の常時掲揚は、別の条例で出したけど。^^;)
しかし、単独過半数を占める「維新の会」や「みんなの党」が
賛成し、あっさり可決されることになった。(-_-)

* * * * *
 
 条例は、全部で4条。<全文は*1に。第2条は言葉の定義。>

 第1条には、この条例の目的が、このように記されている。

「府民、とりわけ次代を担う子どもが伝統と文化を尊重し、それら
を育んできた我が国と郷土を愛する意識の高揚に資するとともに、
他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと
並びに府立学校及び府内の市町村立学校における服務規律の厳格化
を図ることを目的とする」

 第3条「国旗掲揚」で、府の施設では、その執務時間or府民が
利用する時間、利用者の見やすい場所に国旗を掲げるという規定が。

 そして、第4条「国歌斉唱」には「府立学校及び府内の市町村立
学校の行事において行われる国歌の斉唱にあっては、教職員は起立
により斉唱を行うものとする」と定められた。

<この「子どもが伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国
と郷土を愛する意識の高揚に資する」という目的を見て、mewは
ゾゾ~ッとすると共に、「ほ~ら、来た」って思ってしまったの
だけど・・・。(@@)>

* * * * *

 現段階では、罰則規定は設けられていないのだが。橋下知事は、
不起立を繰り返す教職員の懲戒免職を盛り込んだ処分基準を定める
条例案を9月府議会に提出する方針を示している。^^;

 また、橋下知事は、先月、国歌斉唱の際に起立しない教職員の
氏名やその学校名を公開すると発表。
「(起立を求めた)職務命令は民意に基づくもの。保護者は何回も
違反する教員を知りたいはずで、府民の批判を受けるべきだ」と
述べていた。
「起立は府民感覚として当たり前。国旗、国歌を否定するなら
公務員を辞めればいい」という。(-"-)

<先月19日のツイッターでは、「これが民主主義だ。大阪維新の
会は大阪都構想を 実現するために、1年半かけてカネも労力も
かけて選挙を戦った。そして一定の民意を得て、今物事を進めよう
としている」ともね。(-"-)
関連記事・『橋下の「民主主義」に疑問』>

* * * * *

 条例制定後、会見に応じる橋下知事は、まさに鼻高々の「どや顔」
(「ど~や」と威張っているような顔( ̄ー ̄)>をしている感じ
で。<暴君っぽい感じも?^^;>

「強固な身分保障に守られている公務員たる教員が、『上司の命令
は嫌だ』なんて、普通は口が裂けても言えないはずなのに、そう
いうことをまだ堂々と言えている教員がいるということは、たたき
直していかないと駄目ですよ」とまくし立てており・・・。

 それを見て、ますますムカついてしまうとこがあった。(ーー)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 このブログで何度も書いていることだが・・・。 

 mew個人は、基本的には、国旗掲揚や国歌斉唱をすること自体
に、大きな抵抗感を抱いているわけではない。<自ら積極的に
行なうことはないけど。式典やスポーツの試合の際は、ふつ~に&
自然に、日の丸を見る&起立して君が代を歌っている。(・・)>
 
 mew的には<日の丸のデザイン、君が代の荘厳を通り越して
暗~いメロディもやや不満ながら>、何よりも「君が代」の歌詞の
「君」の政府解釈に大きな不満を覚えるところがあって。
 その解釈を変えるだけでも、気持ちよくor喜んで「君が代」を
歌える人が増えるのではないかと思うのだけど。

<日本は、国民主権の国であることを考えれば、「君」は、「国民」
or「国民&その象徴たる天皇」であるべきだと思うのに、政府は、
「日本国及び日本国民統合の象徴である天皇」(つまりは、天皇)
とする統一見解を貫いているのよね。(-"-)>

 ただ、これは公務員であれ、誰であれ、国歌の斉唱を行なうか
どうか、その際に起立するかどうかは自由なのではないかと
思うし。国や自治体が、それを強制するのはおかしいのではないか
と思うのだ。(**)
<国歌斉唱を妨害するとか、生徒や他の人にも斉唱or起立しない
ように強いるとか言うなら、また話は別だと思うけど。>

 しかも、今回の府条例にもあるように、国歌斉唱という行為が
「愛国心」や国家観などや&その教育と結び付けられて、国歌を
斉唱or起立しないのは「愛国心がない態度」だと決め付けるような
風潮ができることは、本当に危険なことだと。まさに、「日本が
アブナイ!」と言うべき問題なのではないかと懸念している。(~_~;)

<そのうち、国歌を起立して大きな声で歌わないと「非国民」or
「反日」だってレッテルを貼るような風潮につながる危険も。>

* * * * *

 日本では、99年に国旗、国歌法が制定されたのだが。当時の
小渕首相や政府は、「国民に強制しない」と表明していた。

 しかし、90年代後半から、国政において超保守系の議員が
力を持つようになったこともあり、全国の地方自治体で、学校
の式典における国旗掲揚、国歌斉唱の実態調査や、教職員への
指導を強化する方針が拡大。
<さすがに国が直接的に強制するのはマズイと思うようで、地法
自治体に、そのような動きを強めるように働きかけをしている。>

 そして、ついに03年、超保守派の石原都知事の意向により、
東京都が全国で初めて、学校の式典における国旗、国歌の扱いに
細かい規定を設け、これに従わない教職員を処分する旨の通達を
出すことに。(ーー)
<都立の新設校には、全ての教室の正面に、日の丸を掲げている
ところがあるし~。(-"-)>

 この東京都通達に加え、06年から安倍政権などが教育基本法
の改正や愛国心や君が代指導などを強化する施策をとったことも
あって、他の府県や市町村の中にも、式典の実態調査で、起立
しない教職員の名をリストを作ったり、斉唱する際の歌い方
チェックをしたり<どれぐらいクチを開いて、どれぐらいの大きさ
の声で歌っているとか、機器を用いて音量測定するとこまで
あったりして^^;>、さらには、生徒や保護者の斉唱&起立をして
いるかチェックするところまで出現するようになっていた。(@@)

 この流れを受ける形で、今回、大阪府が全国で初めて、国で
言えば法律に当たる府の条例で、学校の式典において国歌斉唱&
起立を強制する規定のほか、府の施設で国旗を常時掲揚する規定
も設けることになったのだけど。

 mewは、今回の大阪府が条例制定を行なったことで、この
ような動きが、さらに全国に広がるのではないかと、強~い危惧感
を抱いている。(ーー゛)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 mewは、実際のところ、どれだけの大阪府民が、橋下知事が
この条例を作ろうとしていることを認識したり、賛同したりして、
維新の会に投票したのか、知る由もないのだけど・・・。

 4月の府議選で、維新の会が圧勝したことにより、橋下知事は、
先述のように、これは「府民の民意」「民主主義だ」と主張して、
真っ先に、この条例案を出して来たのである。(~_~;)

 ただ、この条例案が提出されてからは、大阪府の教育長や教職員
団体、各市町村などから、反対or慎重を期するべきだという意見が
次々と出て<趣旨には賛同するけど、条例で強制すべきものでは
ないという意見も含む>、一時は、そう簡単には可決できないの
ではないかという観測も流れていたのだけど・・・。

 ところが、ちょうど5月の終わりに、最高裁が東京都の国旗斉唱
通達の処分に関して、合憲であるとの判決を出したことがあって、
橋下陣営は、これを受けて強気の姿勢に。
 ろくに審議時間を設けずに、強行的に採決を行ない可決すると
いう暴挙に出たのだという。(-"-)

* * * * *

 東京都では、国歌斉唱(ピアノ伴奏を拒否し、テープでの演奏を
望んだようなケースも含む)の通達に違反したとして、多くの
教職員が処分を受けていて、その取り消しを求める訴訟が次々と
起こされているのだが。<今も20件以上が訴訟中。>

 今回、国歌斉唱の不起立処分に対する初の最高裁判断が出る
ことになったので注目されていたのだ。

<ちなみに、東京都では定年後の再雇用はほとんどの人が認め
られており、今回は、実質的な解雇に当たる処分を受けたケース
だった。>

『最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、「校長の教職員
に対する起立斉唱命令は合憲」とする初判断を示した。(中略)
 
 裁判官4人全員一致の判断。小法廷はまず「起立斉唱行為は
卒業式などの式典での慣例上の儀礼的な性質を有し、個人の歴史観
や世界観を否定するものではなく特定の思想を強制するものでも
ない」と指摘。ただし、起立斉唱行為を教員の日常業務に含まれ
ないとした上で「国歌への敬愛表明を含む行為で思想と良心の自由
に間接的制約となる面がある」と位置付け、間接的制約が認め
られるかどうかは「命令の目的や内容、制約の態様を総合的に考慮
し、必要性と合理性があるかどうかで判断すべきだ」との判断基準
を示した。

 その上で申谷さんのケースを検討。教育上重要な儀式的行事では
円滑な進行が必要▽法令が国歌を「君が代」と定める▽「全体の
奉仕者」たる地方公務員は職務命令に従うべき地位にある--こと
を挙げ「間接的制約が許される必要性や合理性がある」と結論
付けた。<毎日新聞5月30日/mew注・申谷さんは、原告>』

 ただし、『須藤裁判長は「強制や不利益処分はできる限り抑制的
であるべきだ」とし、千葉勝美裁判官は「国旗、国歌の問題は、
強制的ではなく自発的な敬愛対象となるよう環境を整えることが
重要」とする補足意見を、それぞれ述べた』という。
<読売新聞3日>

* * * * *

 まあ、最高裁の裁判官も「間接的制約となる面がある」とか、
「処分は抑制的に」「強制的ではなく自発的な敬愛対象となる
よう環境を整えることが重要」だと一定の配慮を見せているもの
の、それでも結論として「処分は合憲だ」ということになれば、
保守系の人たちは、「強制もOK」と判断されたと受け取る
わけで・・・。
 
 この最高裁の判断や大阪府の条例が、今後の国政や全国の地方
自治体の教育の方針によからぬ影響を与えるのではないかと思う
と、さらに「日本がアブナイ!」と危惧してしまうところがあるし。

 人それぞれ考え方が異なるとは思うのだけど。どちらの立場に
立つにせよ、どうか国政選挙はもちろん、都道府県や市町村などの
選挙の際にも、各政党や候補者が、国旗&国歌や愛国心などの教育
について、どのような方針を示しているのか、よ~くチェックして
から投票をして欲しいな~と願っているmewなのだった。_(。。)_

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






『(目的)第一条 この条例は、国旗及び国歌に関する法律(平成十一年法律第百二十七号)、教育基本法(平成十八年法律第百二十号)及び学習指導要領の趣旨を踏まえ、府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国歌の斉唱について定めることにより、府民、とりわけ次代を担う子どもが伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛する意識の高揚に資するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと並びに府立学校及び府内の市町村立学校における服務規律の厳格化を図ることを目的とする



(定義)第二条 この条例において「府の施設」とは、府の教育委員会の所管に属する学校の施設その他の府の事務又は事業の用に供している施設(府以外の者の所有する建物に所在する施設及び府の職員の在勤する公署でない施設を除く。)をいう。2 この条例において「教職員」とは、府立学校及び府内の市町村立学校のうち、学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校に勤務する校長、教員その他の者をいう。

(国旗の掲揚)第三条 府の施設においては、その執務時間(地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百四十四条第一項に規定する公の施設にあっては、府民の利用に供する時間)において、その利用者の見やすい場所に国旗を掲げるものとする。



(国歌の斉唱)第四条 府立学校及び府内の市町村立学校の行事において行われる国歌の斉唱にあっては、教職員は起立により斉唱を行うものとする。ただし、身体上の障がい、負傷又は疾病により起立、若しくは斉唱するのに支障があると校長が認める者については、この限りでない。2 前項の規定は、市町村の教育委員会による服務の監督の権限を侵すものではない。   

附則 この条例は、公布の日から施行する。提案理由 国旗及び国歌に関する法律、教育基本法及び学習指導要領の趣旨を踏まえ、府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国歌の斉唱について定めることにより、府民とりわけ次代を担う子どもが伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛する意識の高揚に資するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと並びに府立学校及び府内の市町村立学校における服務規律の厳格化を図るため、条例を制定しようとするものである。 』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/14899545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 喜八ログ at 2011-06-05 14:11
タイトル : 「生活保護法改悪に反対する!」厚労省前抗議行動(報告)
2011年05月30日、「生活保護法改悪に向けた国と地方の密室協議に抗議」行動が厚生労働省前(東京・霞ヶ関)で行なわれました。多分ほとんど「戦力」にはならない私(喜八)も「人数が1人でも多いほうがいいだろう」ということで抗議行動に参加してきました…。... more
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2011-06-07 11:42
タイトル : 総ての子供たちが社会に貢献できる人材に育つ教育制度確立が..
天下り制度擁護勢力の反撃は強力・教育分野への攻撃は「知事抹殺」手口と同じだ。  平和と「子どもの適性にあった教育でイジメ撲滅」を信じる先生方に対する攻撃は、教育への公的投資最小限が目的・戦後日本の教育の荒廃をもたらした・イジメの慢性化不登校生徒の絶え間ない増大を生んだ過去への回帰に対する布石なのだ。 「国民の生活が第一」の政権誕生までの歴史を認識し、この巧妙で強力な攻撃への対処方法を考えなければ、総ての子供たちが社会に貢献できる人材に育つ教育制度は出来あがらない。抗議だけでは効果が無い...... more
by mew-run7 | 2011-06-05 10:01 | 政治・社会一般 | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7