日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

会期延長の反応~小沢、鳩山、与野党幹部+沖縄慰霊&基地問題+全英・土居

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 ウィブルドンでは、女子単で、予選を勝ち抜いて、初出場を
果たした土居美咲選手(20・ランキング133位)が大健闘
している。
 1回戦では、ランキング31位で今大会シードをされていた
米国のマテック選手に2-1で勝利。そして、2回戦では
全英でベスト4にはいったこともある中国の鄭潔選手を6-3
6-1のストレートで下し、3回戦に進出したのだ。(*^^)v祝

 土居選手は、ジュニアで活躍し、09年にプロ転向。身長は
157cmながら、サウスポー&多彩で強力な回転を打ち分け
られるショットを武器にしている。<しかも、かわいい。(・・)>

 40歳になっても頑張っているクルム伊達公子選手の活躍は
本当に嬉しい&励みになるのだけど。でも、やっぱ若い選手に
どんどん出てもらわないと困るし。
 今回は、1回戦で大逆転負けしてしまったけど。ランキングで
伊達選手を上回った森田あゆみ選手を含め、若い選手たちの
さらなる活躍を期待&応援しているです。o(^-^)o

<随分前に「土居家のテニス生活」というテニスで頑張る兄妹
の試合などに関してずっと記録して来たサイトを見たことが
あったのだけど。久々に見て、「あ~、あの子がこんなに成長
したのね~」としみじみ&微笑ましく思ったですぅ。"^_^">

 また、サッカーの五輪予選(アジア第二次予選)で、U-22
の日本代表がクウェートと対戦。猛暑の中で行なわれたアウェイ
の試合で1-2で敗れたものの、ホームで3-1で勝っており、
合計得点で上回ったため、最終予選進出を決めた。(・・)ほっ

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 昨日、沖縄の糸満市で「沖縄全戦没者追悼式」が行なわれ、
菅首相も参列。仲井真知事の「平和宣言」に続いて、菅首相も
不戦を誓う挨拶を行なった。<宣言&挨拶の要旨を*1に>

 菅首相は、普天間基地の辺野古移設の合意を何とか変える
ことを考えて、得意の先送り作戦(?)で、ここまで最終合意を
引き延ばしていたのだけど。
 今週、米国で行なわれた2プラス2(日米外務・防衛大臣の
協議)で、辺野古移設の合意が最終確認されたとのこと。(ーー)
<ただし、期限は設定せず。>

 また、案の上、震災での「トモダチ作戦」をアピールする形で、
自民党時代から計画されていた日米軍の一体化した活動をさらに
進めるべく、日米の共同司令部作りを発展させることや防災訓練
への米軍参加などについても確認したという。(-"-)

* * * * *

 菅首相は、今年にはいってから党内外での立場が悪くなった
こともあって<鳩山前首相もそうだったのだけど、米国や官僚
と戦うには、少なくとも民主党内での支持が必要だと痛感>、
特に震災以降は、米国に押し込まれがちなところがあって。
<このままゴネていると、普天間基地を固定化しちゃうぞって
脅して来たりもして>、mew的には、残念&ガッカリしている
のだけど。(-"-)

<この夏で退任するmew天敵のゲイツ国防長官と日米官僚が、
何とか自民党政権で作った計画をそのまま実現すべく、ゴリ
押ししてたのよね。(-"-) 自民党は、何でゲイツに向かって
「もう退任が決まっているやつと、今後に関する合意なんて
できない」って言わないのかしらん?^^;
 そう言えば、自民党は参院理事会で、既に訪米日程が決まって
いる北澤防相と松本外相の海外出張を認めず、審議ができないと
主張する嫌がらせをしたとか。(*2)ホント、しょ~もない
野党になっちゃったのね~。(>_<)>

* * * * *

 ただ、米国の議会では、海兵隊のグアム移転&辺野古移設の
計画を変更すべきだという意見が強くなっているとのことで、
まだ辺野古移設の合意を変えるチャンスは残っているのでは
ないかと思われる。<前原・野田Gなどの保守タカ派や自民党
が政権をとったら、ダメだろうけど。(~_~;)>

 でも、いつも書くように、米軍基地の問題は、沖縄県民の抵抗
だけでなく、国民全体やメディアの強~い後押しがないと、状況
を打開できない部分があるわけで。

 どうか、日本の国民全体が、もっともっと沖縄をはじめ各地の
基地問題や、自民党を中心とした保守タカ派議員が米国と共に
計画を進めている日米軍一体化の新安保体制(憲法改正、集団的
自衛権の容認も含む)に関心を持って欲しいと思うし。
 どうか選挙の際には、そのようなことも重視して、投票する
政党や候補者を決めて欲しいと願っているmewなのだった。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 ところで、22日に衆院で会期延長が決まったのだけど。それに
関する色々な政治家の反応が出ていたのだが。非常に興味深い発言
が多かったので、ここにアップしておきたいと思う。

 まずは、小沢一郎氏の反応から。

『民主党の小沢一郎元代表は22日夜、東京都内で東祥三内閣府
副大臣ら自らに近い議員と懇談した。出席者によると、元代表は
8月末までの延長国会について「自民、公明両党を敵に回したの
だから審議はストップする」と民主党執行部の手法を批判した。
「野党は問責決議案を出してくるかもしれない。求められることが
あれば覚悟を決めて動こう」「(菅直人首相は)衆院解散なんて
できっこない。いつもそうやって脅してくるんだ」などと語った。
<日経新聞22日>』

 確かに、mewも、自公を敵に回したら50日間を70日間に
して、国会を開ける日数を増やしたところで、特に参院で自公野党
が抵抗して、参院問責決議を出したり、審議拒否をしたりすれば、
何も進まない状態になるおそれも大きいのだけど。

<でも、前記事で書いたように、この70日案を菅首相に
進言したのは、小沢氏の側近である輿石参院会長なのよね。>

 ただ、菅首相としては、民主党と自公の執行部が勝手に日程
や審議内容を決めて、自分に押し付けようとしたことに強い反発
を覚えたようだし。<自然エネルギーなどの買取法案が潰そう
としているのが目に見えているような合意内容だったしね。^^;>、

 また、8月末まで会期を延長すれば、「解散カード」を行使
することも不可能ではなくなるので<9月から、被災地でも
順次、延期されていた統一地方選が行なわれる予定だし>、
とりあえずは、大きな武器を手にする形で、何とか買取法案や補正
予算編成を実現したいという思いがあるのだろう。(~_~;)

<『菅が解散できぬ間に、不信任案可決を急ぐ小沢派&自民の長老
たち
』にも書いたけど。小沢派や自民党の中は、あまり早く解散
総選挙をされるのは困ると考えている人も多いので。^^;>

* * * * *

 また、鳩山元首相は『22日、国会内で記者団に、「首相(の
早期退陣)を信じています。それが前提の延長ですから」と
述べた。鳩山氏は首相に6月中の退陣を求めてきただけに、最近
は周囲に「虚脱感」を漏らしている』という。<読売新聞22日>

 鳩山氏の場合は、不信任案決議の日の菅首相との「???」の
会談&否決騒動があってから、すっかり陰を潜めているような
感じに。
 もともと不信任案に反対することを主張していた鳩山グループ
の議員からは、愛想を尽かされ、同グループは事実上、解体された
状態に。周辺からは「詰めが甘い」と批判され、小沢派との間も
しっくりいかなくなって、立場を失っているところがある。^^;

 実は、鳩山氏は、もともと前原・野田Gとは親しい関係にある
だけに<改憲&保守タカ派として、共に政治活動を行なって来た
議員が多く、前原氏が代表になった時も、鳩山氏を幹事長を務めて
サポートしていた>、今回、鳩山氏は仙谷ルートに載って、野田
→前原氏を首相にしたい&自民党と連携して、改憲や原発政策を
進めたいという思いもあるのではないかと推察するとこもある。

<4~5月には自民党+保守派改憲派の集会に参加していたし。
5~6月には、自民党の元首相&閣僚経験者+保守派で作った
「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」にも参加していたし。
小沢氏と一緒に活動するより、こちらの議員と共に活動した方が、
鳩山氏個人の理念や政策は実現しやすいのよね。^^;>

 果たして、これまで小沢氏に近かった鳩山氏や羽田グループ、
そして「民主党七奉行}を作るなどして前原・野田Gの議員を
育てたと自負している渡部恒三氏らが、今後、どのように動く
かということにも注目しておきたい。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 その他の与野党の議員の反応に関して、産経新聞23日が
下記の記事を載せていた。

『菅直人首相が退陣時期を明らかにしないまま、国会は22日、
8月31日まで70日間の会期延長が決まった。会期の延長と首相
の退陣時期をめぐり、与野党双方からさまざまな声が上がった。

 ■民主党の岡田克也幹事長「延長国会をどういう考え方で運営
するかは民主、自民、公明の3党幹事長の間で確認されている。
その線に沿って、しっかりと実りある国会にする」

 ■枝野幸男官房長官「いくつかの党から賛成を得られなかったの
は大変残念だが、引き続き、国民生活の観点から、国会審議を進め
ていただけるようお願いしたい。首相は、震災対応について『一定
のめど』がついたら若い世代に責任を引き継ぎ、そこまでの間は
しっかりと責任を果たす、と言っている」

 ■民主党の鳩山由紀夫前首相「菅さんを信じています。退陣が
前提の会期延長ですから」

 ■民主党の渡部恒三最高顧問「党の幹部が『辞めないでくれ』
と言っている時、首相がパッと『辞める』と言ったら美談なんだが、
逆に本人だけが『辞めない』って言っている姿を国民のみなさんに
見られるのは残念だ。自分なんかいつ身を捨ててもいいというのが
政治家の姿であるべきだ」

 ■国民新党の亀井静香代表「今の状況は異常事態だ。政権最大
与党が首相の首を差し出すことを前提に野党と政策問題を協議し、
会期まで取引材料にしていく。自民党時代も党内抗争はあったが、
こんな協議はどんな敵対関係にあってもなかったことだ。菅首相
もまなじりを決しているが、気の毒だ。身内と戦いながら政治を
やっていかざるをえない」

 ■民主党を除名された松木謙公衆院議員「とにかく、東日本
大震災に影響がないようにしてもらいたい。菅さんは一度『辞める』
と言ったのだから、国民の生活のためにも一秒でも早く辞めたほう
がよい。あれだけ菅首相を支えてきた連中が『辞めろコール』を
するのはよく分からない」

 ■自民党の谷垣禎一総裁「菅さんのもとでは復旧、復興は
ますます進まなくなると確信を強めている。一刻も早く退陣せよと
いうのは変わらない。(会期延長を決める採決で自民党内から
造反者が出たのは)誤解、理解不十分がある。処分などの対応は
石原伸晃幹事長に検討してもらう」

 ■自民党の石破茂政調会長「政治を私物化するな。自分が続ける
ことが復興や予算、法案の成立にプラスになると説明できなければ、
とどまることが優先、続けたいから続けるんだとしか聞こえない。
一国の為政者が取るべき言い方ではない」

 ■自民党の町村信孝元官房長官「『死に体首相』に花道なんて
必要ない。被災者に顔向けできるのか? 首相に辞める気なんて
ない。鳩山由紀夫前首相に続き岡田幹事長も首相の『ペテン』に
かかったんじゃないの?」

 ■公明党の山口那津男代表「民主、自民、公明3党の幹事長間
で協議を重ねて50日の会期延長と、新しい首相で第3次補正予算
編成を本格化すると合意したはずだ。これを菅首相が覆して白紙に
戻したことは、首相の復旧、復興への決意、熱意のなさを表すもの
であり、公党間の信頼関係を大きく損なった。『再生不可能内閣』
が延命、固定化を意図するものを、くみ取るわけにはいかない。
政治空白をこれ以上長く長引かせることも許されない」

 ■公明党の遠藤乙彦国対委員長代理「民主党議員も首相の顔を
本当に見たくないなら会期延長に反対すべきだ。さもなくば
『ポスト菅は菅』という恐るべき事態が来るだろう」

 ■みんなの党の渡辺喜美代表「みんなの党は通年国会を主張
していたので、閉じてしまうよりはましなので賛成した。会期の
延長幅が首相の退陣時期と絡んで『辞めろ』『辞めない』の争い
が民主党内で延々と続き、民主党の分裂騒ぎが自民党に飛び火して
足の引っ張り合いをしている。国民は本当にうんざりだ。菅首相
の顔は本当に見たくない、そういう感じだ」

 ■たちあがれ日本の園田博之幹事長「菅直人氏自身が誰のために
首相をしているのか分かっていないのだろう。権力にすがりついて
いるとしか思えない。(被災地が)皆、苦しんでいるのに、こんな
ことが許されるのか」

 ■新党改革の舛添要一代表「菅さんのやり方は首相の権威を
著しく傷つけ、政治家は嘘つきだというイメージを振りまき、政治
の信頼を失墜させている。首相問責決議案に値する。会期延長を
70日に落とし込むために、民主党の中で猿芝居をやっていたの
ではないかという、うがった見方すらできる」 

* * * * *

 松木氏は、不信任案の日も「自民党も、民主党もわからない」
と叫んでいたのだけど。「あれだけ菅首相を支えてきた連中が
『辞めろコール』をするのはよく分からない」というのは、国民
の多くも疑問を覚えていることで、「一番素直な感想かも」と
思ってしまったのだが・・・。(・・)

 この中で、ホンネを語っている人は、ごくわずかであって。
 みんな、それぞれに色々と思惑が渦巻いているのではないかと
思われ、この延長国会の間に、政局はますます混迷状態になる
のではないかと憂慮しているmewなのだった。_(_^_)_

                 THANKS
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。





『菅直人首相の23日の沖縄全戦没者追悼式でのあいさつ要旨は次の通り。

 先の大戦で、ここ沖縄の地は国内最大規模の地上戦の場となり、苛烈な戦闘により多くの尊い命が失われた。今、あらためて県民の筆舌に尽くしがたい苦難に思いを致す時、胸ふさがれる思いを禁じえない。さらに、東日本大震災と原子力発電所の大事故という未曽有の困難の中で慰霊の日を迎えることに、私は特別な感慨を覚える。私たちが二度と悲惨な戦争を経験してはならないことは言うまでもない。いつの時代も、人間の尊厳と生命を守ることこそ政治の任務であることを心に刻んでいる。

 沖縄には米軍基地が集中し、皆さまに大きなご負担をおかけしている。本土復帰から39年が過ぎたにもかかわらず、沖縄だけ負担軽減が遅れていることは、ざんきに堪えない。今後、米軍基地に関わる沖縄の負担軽減と危険性除去への取り組みについて最大限努力する。

 政府としては現行の沖縄振興計画の総仕上げをしっかり行う。沖縄の優位性や潜在力を最大限に生かし、沖縄の自立的発展のみならず、わが国およびアジア太平洋地域の発展に寄与しうる新たな振興策に取り組む。一括交付金、県が主体となる計画への支援、跡地利用に関する法律の制定、出先機関の見直しなど、地元の方々の声に耳を傾けながら、さまざまな制度について実現していく。

 今日の日本の平和と繁栄は、戦没者の尊い犠牲の上に築かれている。わが国は、二度と国民を戦争という不幸に陥れない不戦の誓いを堅持し、国際社会の一員として国際平和の実現を不断に追求していく。<共同通信23日>

* * * * *

『政府は17日の持ち回り閣議で、21日にワシントンで開く「日米安全保障協議委員会(2プラス2)」に出席するための松本外相と北沢防衛相の訪米を決めた。


 これに先立ち、参院議院運営委員会は17日の理事会で、両閣僚の出張を了承しないことを決めた。国会開会中の閣僚の外遊は衆参両院の議運委理事会で了承を得る慣例があるためだが、自民党は「退陣表明した菅内閣の閣僚に外交交渉ができるわけがない」などとして反対した。

 一方、同理事会は、20日からウィーンで開かれる国際原子力機関(IAEA)閣僚級会議に出席する海江田経済産業相の外国出張については、「福島第一原子力発電所事故を受け、各国が集まる」として了承した。<読売新聞17日>』

『復興基本法を審議した参院東日本大震災復興特別委員会は20日、松本外相と北沢防衛相が日米安全保障協議委員会(2プラス2)出席のため参院の了承のないまま訪米したことに、自民党など野党側が「国会軽視だ」と反発したため、午前の審議を見送った。


 このため、枝野官房長官が理事会で「今回の(外相らの)出張についておわびする。今後、このようなことがないよう努力する」と陳謝し、予定より3時間遅れの午後1時から審議を行った。この影響で、同法を採決した参院本会議の開会も遅れた。

 参院議院運営委員会は17日の理事会で、今回の外相らの海外出張を了承しないことを決めていた。<読売新聞20日>』
[PR]
by mew-run7 | 2011-06-24 08:14 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7