前原が、菅の脱原発政策をポピュリズムと批判 + WIN5と宝塚記念

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



  昨日、JRAのWIN5では、ついに限度額いっぱいの2億円の
配当馬券が出た!(・o・) 
 的中者は、3人。キャリーオーバーが6億円あったという。

<あの函館11Rの勝ち馬は買えないもんね~。的中者は、あの
レースをPCにお任せしたに違いない?(@@)
 mewは、昨日はWIN5には参加しなかったのだけど。来週
はキャリーオーバー狙いで、出陣するかな?"^_^">

 そして、前半戦のラストを飾る宝塚記念は、アーネストリー
with佐藤哲三騎手が、宝塚新&日本レコード・タイのすごい
タイムで優勝!(*^^)v祝
 前半からかなりペースが速かったのだけど。最初から前につけ
直線で早めに抜け出して、突き放すというめっちゃ強い勝ち方
だった。<6番人気だった分、思い切ったレースがしやすいって
いうとこもあったとは思うけど。>
 1番人気のブエナビスタは、後方待機で、直線にはいって追い
込んで来たものの、残念ながら届かず。また2着に。

 昨年JCで1着入線but2着に降着になってから、GIでは
なかなか勝てず。JRA・GI2着6回は、84年のグレード制
導入後で史上最多という名誉なのか不名誉なのかビミョ~な感じ
の記録を作ってしまったという。^^;
<シルバー・コレクター・クウィーンになってしまうかも。
キングは、もちろん、ステイゴールド?(・・)>

 ちなみにmewは、三連複のみゲットしたものの、荒れた
12Rで散在。(ノ_-。)
 でも、昨日は、その後に大井ナイターがあって、200倍
三連単などをとって挽回。終日トータルでは勝利したですぅ。"^_^"

~ *~ * ~ *~ * ~ *~

 今回は、明日行なわれる予定の民主党の両院議員総会
や、菅首相、小沢派の動向などについて書く予定だったの
だけど。<この総会は、大きなヤマになりそうだ。(・・)>

 昨日、MY天敵の前原誠司くんが、あまりにムカつく&問題
があると思う発言をしていたので、そのことをメインに書く
ことにする。(**)


 前原くんは、何と「脱原発の政策を目指すのは、ポピュリズム
の政治だ」と批判したのである。 

『民主党の前原前外相は、講演で、菅首相がこのところ再生可能
エネルギーの推進に強い意欲を示していることについて、「ポピュ
リズム(大衆迎合)で政治をしてはならない」と苦言を呈した。

 前原前外相は「菅さんが今、『脱原発』ということをおっしゃ
っているけども、3月11日(東日本大震災)以前からそれをおっしゃ
っていたのであれば、説得力はあった。(急激な脱原発で)皆さん方
の生活は、一体どうなるかということ考えるのが、私は本来の政治
だと思います。ポピュリズムで政治をしてはならない」と述べた。

 さらに前原前外相は、菅首相が法的根拠のないまま浜岡原発の
停止を要請したことの是非について、検証が必要だと指摘した。
 また前原前外相は、「辞めると言った以上は、特例公債などを
通す道筋をつけて辞めることが、新たなスタートを切るために大事
ではないか」と述べ、菅首相は、特例公債法案などの成立後、
速やかに退陣すべきだとの認識を示した。
FNN26日・まだ映像が残っているかも。>』

* * * * *

 ほ~らね。こういうことを言うような人だから、mewは、
民主党の中では、特に前原氏は首相にしたくないって、ず~っと
主張していたのだ。(`´)

 しかも、脱原発の政策を主張することを「ポピュリズム」だと
言うのは、菅首相のことはヨコに置くとして、マジメに脱原発
政策のことを考えている国民に対して、すご~く失礼な考え方&
表現だと思いません?(ーー゛))

<自民党の議員でさえ、脱原発の主張を「ポピュリズム」の政治だ
とまでは言わないかも?(~_~;)>

 先に言えば、政治家がきちんと政策を主張し、国民がそれを理解
&納得した上でその政策を支持したり、社会の中でそのような考え
や動きが広まって行ったりすることは、決して「ポピュリズムor
大衆迎合」とは言わないだろう。
 逆に、これこそ、実にまっとうな国民主体の民主主義のあり方
なのではないだろうか?(**)

<また、既に少しずつ始まっているように、国民の間で脱原発の
流れ&自主的な活動が広まって、それが国政と連動して行くこと
は、菅直人氏が目指して来た市民参加型の民主主義を実現する
ことにもなる。(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 mewは、このブログを始めた05年からずっと「自民党と前原
誠司氏らに国政を委ねると、日本がアブナイ!」と主張し続けて
いたのだけど。
<特にこの1年、民主党内の対立が激化&近時「菅おろし」の動き
が激化して行く中、ともかく自民党や前原氏らに政治の実権を
握ることだけは阻止したいと訴えて来たのだけど。(・・)>

 それは、自民党と前原&野田Gには、保守タカ派や新自由主義者
が多くて、mewが願う「平和で平穏な生活」を、どんどん壊して
行くからということもあるのだけど。
 同時に、彼らが「国民、先にありき」ではなくて、「国、先に
ありき」の発想を持ち、「富国強兵的な、軍事、経済的に強い国
を作ること」を理想に掲げて、国政を行なおうとしているから
なのだ。(ーー)

 そして、彼らにとっては、原発推進政策も富国強兵を実現する
ための大切な手段なわけで。<+原発利権や米国なども絡んで
いるし。>
 それゆえに菅首相が、彼らの計画を後退させるような脱原発
政策を主張していることや、一般国民の間で脱原発志向の流れが
生まれつつあることを恐れると共に、疎ましく思っていて、
何とかその流れを阻止せんと必死になっているのである。(~_~;)

<しかも、彼らの中には、いわゆる「国益」を第一に考え、
国の利益は、国民の利益&喜びにつながるのだから、国民は
「お国のために」多少のことがガマンして、ゴチャゴチャ言わず
従って、国に貢献しろと。極端な話、「(人権なども含めて)
欲しがりません、勝つまでは」の精神が必要だと。そのためにも
子どものうちから、愛国心教育を植えつける必要があるとマジで
考えている人がいるのよね。(-"-)>

* * * * * ☆

 このブログにも何度も書いていることなのだが・・・。
 震災&原発事故が起きて以降、与野党の議員やメディアから
「菅おろし」の動きが激しくなって、1日も早く退陣をと迫る
ようになった大きな要因もそこにある。(-"-)

 福島の原発事故が起きてから、一般国民の間には、原発の
安全性や推進政策を続けることに疑問や不安を覚える人が増えて
いて。7~8割方の国民が、程度の差はあれ、原発への依存度
を減らし、自然エネルギーの率を増やすことを目指すべきだと
考えるようになっている。<浜岡原発の停止も、6~7割以上の
国民が評価をしていたしね。(・・)>

 この事故は、原発推進派にとっては、かなり痛いものだった
のだけど。
 それでも、もし時の首相、政権が原発推進派であれば、これ
まで何回か大きな事故が起きた時にもそうしていたように、
国民の意思を軽視して&うまく国民を丸め込む形で、そのまま
推進政策を続けたことだろう。(~_~;)

 でも、彼らにとって、もっと痛かったのは、時の首相が菅直人氏
だったことだろう。^^;
 菅氏は30年も前から、脱原発&自然エネルギーに関心を抱いて
おり、野党時代にもその分野の活動をしていたわけで。
 与野党議員の中にも、おそらくそれを知っていた人はいたと思うし。
 すぐに、「マズイ!菅が脱原発とか言い出すんじゃないか?」と
危惧した人も少なくなかったのではないだろうか?(@@)

<関連記事・『菅首相が続投に意欲を示すわけ~一定のメド&
エネルギー政策&民主主導の連立

菅の自然エネルギー政策への関心の証明+自民党にさらなる
造反の危機?』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 実際、菅首相は、原発事故が起きたことは、原発推進政策を
見直して、脱原発エネルギー政策への転換をはかるチャンス
だと考えて。早い段階から、そのような発言を行なっていたし。
 早速、周辺スタッフと共に準備を行ない、日本の国民に対して
&5月末のG8サミットなどの場で、脱原発のエネルギー政策を
いわば(国際)公約として発表したのだが。(・・)
 
<菅首相がサミットに行く前に、退陣に追い込むべきだと主張
していた人の中には、この脱原発政策を国際舞台で発表する
ことを阻止したいと考えていた人もかなりいたのよね。^_^;>

 この菅首相の言動が、尚更に、原発推進派の反発や警戒心を
招き、あの不信任案騒動を含め、ともかく1日も早く菅首相を
辞めさせようとする動きにつながっているのである。(-"-)

* * * * * 

 彼らは、菅首相が、再生可能エネルギーの特措法の成立を主張
して続投することで、国民の間に、ますます脱原発のエネルギー
政策への関心や共感が拡大することを快く思っていない。^^;

 それゆえに、前原氏まで、自民党や一部メディアと同じように、
「脱原発政策は、菅首相が思いつきで、急に主張し始めたものだ」
とか、延命のための人気とり(orポピュリズム)のために主張
しているのだと批判しているのである。(-"-)

 しかも彼らが、最も警戒しているのは、もしエネルギー特措法
が成立しなかった場合、菅首相が衆院を解散して、総選挙に持ち
込むのではないかということだ。(@@)

 mewは、菅首相は、何とか特措法を潰されないために、解散
カードという武器を手にしておいた方がいいと考えて、国会を
70日間延期&特措法の成立を条件にしたのではないかと思う
のだけど。
 実際、もし8月末の会期末までに、特措法が成立しなかった場合
には、菅首相が、本当に解散する可能性は否定できないだろう。

<逆に言えば、与野党の中には(前原くんも含めて)、特措法は
成立させずに潰そうと考えている人が多いから、解散カードが
切られるのではないかと、警戒しているのよね。^^;>

 そして、彼らはもし総選挙になった場合に、菅首相が「脱原発
&再生可能エネルギーへの転換を掲げてアピールを行ない、
国民がそれに共感して、菅民主党が勝つことを強く恐れている
のである。<もし菅民主党が負けても、国民の間で、脱原発政策
への関心が高まるおそれが大きいしね。^^;>

* * * * * 
 
 解散総選挙の話は、またいつか書きたいと思うのだけど。

 その前に、菅氏を好むと好まないかは別として、mewは、
今回の福島原発事故は、国民が日本のエネルギー政策をどの
ようにして行くべきなのか、しっかりと考えて、自分たちの意思
を示す大きな&大事なチャンスだと思うし。
<経済的なマイナスがあっても、安全性を買うのか。それとも、
経済の成長や電力供給の安定を重視するのかなども含めて。>

 そして、もしあなたが脱原発志向であるなら、前原氏やその
仲間が首相になったり、自民党が政権を担うようになったら、
いくら国民が脱原発を望もうと「ポピュリズム(大衆迎合)の
政治はしない」と、自分たちの考えを主体にする形の政治主導で
原発推進政策を続けようとする可能性が大きいことを、認識して
おいて欲しいと。
 その上で、今後、どの政党やどの政治家に国政を委ねて行く
べきなのか、よ~く考えて欲しいと願うmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2011-06-27 12:07 | 政治・社会一般 | Comments(2)

Commented by 原発に依存しない社会を at 2011-06-27 17:11 x
http://www.minpo.jp/var/rev0/0079/1155/IP110627AY0000326000_0000_COBJ.jpg

 原発に依存しない新たな社会の構築を訴える「1万人ハンカチパレード」は26日、
福島市のJR福島駅前周辺で行われた。

 原発反対派市民グループ「6・26福島アクションを成功させ隊」の呼び掛けに賛同する県内外の市民らが参加した。
県庁前で開かれた集会でグループ代表者の佐々木慶子さんらが政府の対応や原発を受け入れた県を批判した。

 パレードは雨の降る中、行われた。
「原発やめよ 命が大事」などと書かれた横断幕やプラカードを持ち、
ハンカチを振り回しながら「グッバイ原発」などと声を上げた。

 パレードに先立ち、市内のMAXふくしま内のアオウゼで放射線について情報提供するイベントも催した。

福島民報 http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=0&blockId=9860178&newsMode=article
Commented by SPIRIT(スピリット) at 2011-06-27 20:33 x
前原氏は思い込みか゛激しいところがありますからね。
とにかく、エネルギー特措法とポスト菅をしっかり見なくては。