安全評価見直しを通じて、原発行政や国民の安全確保のあり方も考えたい

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




<仕事その他が多忙&早くも夏バテ気味で、毎日、色々な
ニュースをゆっくりチェックする余裕がないので、新しいネタを
どんどん取り上げられない&何日か遅れで扱うなケースが
増えるかも知れないのですけど。どうかご容赦を。m(__)m>


11日、政府が原発の安全評価に関する統一見解を出した。

『欧州諸国で導入されたストレステスト(耐性評価)を参考にした
「安全評価」を2段階で実施。1次評価は定期検査のため停止して
いる原発を対象とし、想定を超える津波や地震にどこまで耐え
られるかを分析する。結果判明後に再開の可否を判断し、地元
自治体に協力を求める方針だ。

 2次評価は運転中も含めたすべての原発を対象とし、総合的な
安全評価を進め運転継続の是非を判断する。いずれも原子力安全
委員会が評価の妥当性を確認する。』

『経済産業省原子力安全・保安院が安全評価の実施時期、計画を
数日中に提示。電力会社がまず自己評価した後、保安院のチェック
を経て、安全委が再稼働の判断に初めて関与し最終確認する。
 1次評価は九州電力玄海原発2、3号機(佐賀県玄海町)で
先行実施し、四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)なども
対象となる見通し。』<以上、河北新報12日>

* * * * *

 mewは、この新たな安全評価の仕方をそれなりに評価
していいのではないかと思っている。(+_+)

<細野くんと枝野くんが、何とか海江田くんをなだめながら、
うまく折衷案をまとめたな~と思うです。>

 まあ、見方によれば、かつて自民党が得意だった玉虫色&曖昧
な形の決着となったかな~という感じはあるし。
 また、菅首相も国会で『原発のストレステスト(耐性試験)を
巡る政府内の混乱については「私の不十分さ、指示の遅れなどで
混乱やいろんなことを招いたのは申し訳ない」と陳謝』していた
ように<発言部分、毎日新聞12日>、本人の指示が遅かったため、
閣内不一致の印象を与えたり、各方面に混乱をもたらしたことは、
問題があったとは思うけど。

 客観的に日本の国&国民の安全、安心をいかに確保するかという
点から考えれば、経産省が唱える従前のチェックの仕方では、
問題があったのは事実だし。
<mewは安全性の確保を重視することは、ひいては当面の原発
政策の維持、経済停滞の防止にもつながると思うんだけどな。>
 2段階性をとったことで、原発維持を求める人たち、経済停滞を
懸念する人たちや現実的な問題に配慮する形で、そこそこバランス
のとれた案になったのではないかと考える。(・・)

* * * * *
 
 今回の新たな安全評価のポイントは、原発運営の当事者である
電力会社、経産省&保安院が安全性のチェック&判断をするだけ
でOKになるのではなく、最終的に第三者的な立場にある独立
機関である原子力安全委員会が判断を行なうシステムを作ったと
いうことだろう。(**)

 経産省&保安院は、これまでずっと原発稼動の当事者である電力
会社に安全対策&確認をお任せにして来たところがあって。それが、
過去の原発トラブルや、今回の福島原発の大きな事故を引き起こす
要因になったところがある。<経産省や保安院からは、電力会社や
関連企業への天下りなどもあったりして、ズブズブの関係ゆえ、
チェック機能も乏しいのよね。(-"-)。

 しかも、小泉政権の時に保安院が経産省の管轄下に移ることに
なったのだが。もともと経産省は原発推進のエネルギー政策を
行なっているところゆえ、尚更に原発稼動の可否をチェックする
機能が甘くなってしまうところがあるのだ。(-"-)

 そして、経産省は詳細は後述するように、今回も電力会社による
対策&安全確認だけで再稼動を決めようとしていたわけで。彼らに
委ねていては、お手盛りの判断になる危険性が高いし。自分たちの
都合のいいようにコトを運ぶ可能性は否めないだろう。(-"-)

<しかも、九電のやらせメールや、玄海町長、佐賀県知事との
つながりでもわかるように、各地の電力会社は地元の自治体や企業
(国会議員も?)などと結託して、早期に原発を再開できるように、
コトを運ぼうとするわけだしね。^^;>

 確かに、原子力安全委員会も、政府の一部であることは変わら
ないので、完全に第三者的な立場とは言い難い部分はあるのだけど。
 それでも、mewは、今回、とりあえず最後に第三者による
チェックを受けるシステムに変えたことだけでも、相当の意義が
あると考えているし。

 ほんの少しかも知れないけど、これまでの原発行政のあり方にも
一石を投じることができたのではないかと思っている。(・・)


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 先週、『原発再稼動の安全基準&九電やらせメールが問題に+
前原は、やっぱ改憲がお好き?
 』という記事に、ざっと今回の騒動
の経過などを書いたのだが・・・。

 そもそも、この騒動の発端は、経産省&海江田大臣が6月18日
に急に「安全宣言」の談話を発表し、早速、各地で停止中の原発
の再稼動を進めようとしていたことにあった。(-"-)

 しかも、経産省は<法的には、同省の権限下にあることだった
とはいえ>、あえて公務がお休みのはずの土曜日に、菅首相に事前
に報告や説明も行なわず、突然、談話を発表したのだ。(・o・)

 そして、菅首相が、安全宣言の中身をよく把握しないまま、
紛らわしい発言をしたことにも問題があったと思うのだが。
 菅首相は翌19日に、安全宣言についてきかれて、「きちんと安全
確認がされたものは、再稼動して行く」「海江田大臣と同じ考えだ」
と発言したため、再稼動にGOサインが出たものだと、とらえられる
ことになってしまった。^^;

 しかし、菅首相は、後から、経産省の安全確認のやり方を知って、
これではマズイと<「きちんと」安全確認をされていないと?>
考えて「待った」をかけたため、それが大きな批判を浴びる要因に
なってしまった。^^;

* * * * *

 経産省には、夏に向けて電力確保をするために、各地の電力会社
や企業などから、原発の再稼動を求める声が強くなっていたこと
から、同省は、早期に再稼動ができるようにと検討。

 3月に指示した安全対策に加えて、6月7日になって各電力会社
に津波や地震などの大災害に過酷事故(シビア・アクシデント)
対策を指示。電力会社から14日に報告が届いた後、翌15、
16日に立ち入り検査を行なって、もう18日には「安全宣言」
を出していたからだ。<経産省HPの談話全文はコチラに>

 つまり、今回も電力会社にほぼお任せの状態&おそらくは、
「結論先にありき」の施策で、経産省&保安院は形式的にチェック
を行なっただけだったのである。(@@)

 おまけに玄海原発の再稼動を急ぐ玄海町は、もう安全宣言が発表
される前日の17日に、町議会で再稼動を要請する決議を行ない、
GOサインを待ち構えていた。^^;
<琉球新報4日には、こんな記事が出ていた。『経済産業省は事故
から1カ月余しかたたない4月22日付の内部文書で、既に原発
重視の方針堅持を打ち出している。緊急安全対策を進め、早期に
「安全宣言」を出し、既存の原発からの電力供給を進めていくと
している。今回の再起動は、そのシナリオ通りに映る。』>

* * * * *

 ちなみに、先週、日本TV系の「NEWS ZERO」で、
現在、停止中&再稼動を待っている愛媛県の伊方原発の取材を
行なっていたのだが。
<阿修羅のコチラに、映像つきの関連記事があったのを見っけ。>

 津波があった時の防水対策として、とりあえずドアにゴムの
パッキンをつけたけど、本格的な防水ドアの取り付けには、
2~3年かかると言うし。
 電源が故障した場合に備えて、7台の電源車を待機させること
にしたと言うのだけど。この数では計器類の電源確保で手一杯で、
肝心な原子炉の冷却には電源が足りないとのこと。^^;
<他にも原発への道路が山の中の一本道しかないので、そこが
山崩れなどで塞がれたらアウトなのだとか。(-_-;)>

 もしこれで、四国電力や保安院が、震災などによる過酷事故の
対策はきちんと行なって、安全確認もできていると判断していた
としたのなら、とてもアブナっかしくて仕方がない感じがするの
だけど。

 でも、もしかしたら、他の原発の過酷事故の対策や安全確認も
似たり寄ったりのレベルかも知れないのである。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 一般国民の中には、福島原発の事故があってから、電力会社や
経産省&保安院に疑問や不信感を覚えた人がかなりいると思うの
だけど。
<mewも、過去のトラブルや事故に際して問題を感じたこと
があったものの、今回の件で、改めて色々と見聞して、唖然と
させられることが多々あった。(-"-)>

 それこそ菅首相は、共に活動するうちに、おそらく電力会社
経産省&保安院をほとんど信用できない状態になっていたと思うし。
今回も、その不信感に基づいて、最終的な決断を行なったのでは
ないかと察するところがある。(・・)

 mewは、菅首相が、その不信感ゆえに<&負けず嫌いの性分も
手伝ってか?>、安易に引かなかったことを評価したいとも思って
いるのだ。(・・)

* * * * *

 mewがこういうことを書くと、また「あいつは菅支持だから」という
見方をされるのかも知れないのだけど。^^;

  確かに、菅首相がもっと早く情報を得て、判断できていれば
&きちんと閣内で統一見解を出せていれば、もっとよかったと思うし。
 残念ながら、菅氏にも問題があるためか、早くに情報を得る
ことはできず。判断が困難な問題&閣内も敵だらけなので、
バタバタになってしまったのは、批判されても止むを得ない部分は
あると思うのだ。(-"-)

 ただ、もし菅首相が「これはマズイ、おかしい」と思っても、何も
せずに終わるよりは、今回のように安全評価の見直しを断行した
ことを評価してもいいのではないだろうか?(**)

 * * * * *

 これまで、自民党政権下では、原発政策は、経産省&電力会社に
お任せにするというのが日常的だったのだろうし。<原発政策に
限らず、大部分の政策は各省庁の官僚にお任せ。>
 経産省にしてみれば、原発事故の対応や脱原発路線で、菅首相が
クチを出すことを快く思っていなかったこともあって、今回は、
菅首相に報告せずに、先に安全宣言を出して、再稼動の計画も
進めてしまえという方針をとったのではないかと思うのだけど。

 もし菅首相が、後から「やっぱ当事者である電力会社と経産省
が判断するこのやり方は、おかしい」と思っても、「今さら言うと、
混乱するし」とか「またアチコチから批判されるかも知れないし」
などとと考えて引いてしまったら、今回のような騒動や批判は
起きなかったかも知れないし。
 実は、そのこともあって、最終的な判断が遅れたのではないか
と思うところがある。^^;

<官邸内では、早い段階から、IAEAの提言やEUのストレス
テストの話は出ていたそうで、決して「思いつき」ではないよう
なのだけど。後から言い出すと、そういう批判もされるしね~。
 それに、電力供給の問題もあるので、その辺りとの兼ね合いも
考えなければならない分、判断も遅くなったのだろう。^^;>

 ただ、もしここで引いたら、結局は相手の思うツボだし。<原発
に限らず、政治家は官僚の決めたようにやってりゃいいんだと
思っている人たちの思うツボだし。>
 しかも、ここで新たな安全評価を設けなければ&チョットは原発
行政のあり方を変えなければ、国民の安全が確保できない状態が
続くことになるわけで。
 菅首相は、批判されることを覚悟で、自分の納得行く方針を
とりたいと思い、その主張を押し通すことにしたのではないかと
思うのだ。(・・)

* * * * *

 また、この判断を「人気とり」だと批判する人もいるのだけど。
<全く支持にはつながっていないみたいだけどね。^^;>
 mewは、原発の安全性を求める国民の声に応じようとするのは
「民意の吸収、反映」であって、「人気とり」ではないと思うし。
 仮に「人気とり」も意図していたとしても、国民にプラスに働く
ことであれば、批判すべきことではないだろう。^^;

 ここまでで長くなってしまったので、原発政策の問題に関して、
また別の機会につづきを書きたいと思うのだけど。

 今はまさに日本の原発政策(&行政や経済政策のあり方)に
関する岐路を迎えている時だけに、どうか菅首相を支持するか否か、
好むか否かは別にして、国民にとってどうすることがプラスになる
のかという視点から色々と考えてみることが必要なのではないか
と思うmewなのだった。(@@)
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2011-07-13 11:35 | 民主党、民進党に関して