自民議員、ウルルン島上陸を強引に決行+菅は役人の言いなりにはならない

追記・今日1日、武兄弟&福永騎手が高知競馬に来るですよ~。(・o・)
詳細はコチラの 『夜さ恋フェスティバル』のページに。
(幸四郎くんは、昨日、乗り替わりだったけど、大丈夫かな?)


前を向いて、頑張って行こう、東日本&ニッポン!o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今日から8月。とりあえずお盆休みまでに、貯まりまくっている
(仕事&生活上の)課題をこなすぞ~!o(^-^)o

・・・というわけで、今月は、ゆっくり記事を書く時間が
とれない時には、1日一つか複数か、長短バラバラに記事をアップ
する可能性が大きくなりそうなのですが・・・。
 よろしくお願いいたしますです。m(__)m

<実は、忙しい時の方が、推敲や編集をする時間がない分、文が
長くなる傾向がある&ヒマな時に書いておいたメモをつなぎ
合わせてしながら記事を作るので、同じような文が繰り返されて
しまうことがあるのですが。ご容赦下さいませ。m(__)m>

 そして、いつまでブログが続けられるかわからないので、
<と言いながら、何やかんやで続けてたりして。まるで菅首相
みたいって?(>_<)>、今月は、自分が関心があること、自分が
ともかく書いておきたいことなどを優先して書いて行きたいな~
と思っている。(**) chotto jiko-chuu-kko ni narukamo

* * * * *

 最初に、『テロ犯、麻生に会いたい&理想は日本+自民議員、
竹島近くの島に強行上陸か』
の後半部分に関する続報を。

 自民党の議員4人が、今日8月1日から4日まで、竹島近くの
鬱陵島を訪問する計画を発表に対して、韓国側から強い反発が出て
おり、外務省や自民党に計画を中止するように要請もあったこと
から、石原幹事長が議員たちに訪韓を控えるように説得をしていた
のだけど・・・。

 韓国側は、議員たちの入国を拒否することを伝えて来たようなの
だが、結局、4人のうち平沢勝栄氏は参加をとりやめることにした
ものの、残る3人(新藤義孝氏、稲田朋美氏、佐藤正久氏)は、
予定通り、訪韓をすると発表をしたという。(@@)

『8月1日から竹島(韓国名・独島)に近い韓国の鬱陵島などの
訪問を計画している自民党の新藤義孝衆院議員は30日、衆院議員
会館で記者会見し、「不当な入国禁止措置とか政治の圧力による
活動制限が受け入れられるわけもない。しっかりと視察を実行
しなければならない」と語った。韓国政府は日本政府に対し新藤氏
らの入国を許可しない方針を伝えているが、鬱陵島訪問を試みる
考えを改めて強調したものだ。 
 新藤氏によると、今回の訪韓に参加予定だった自民党の平沢勝栄
衆院議員は「政治的な日程がたて込んでいる」としてキャンセル
した。新藤氏は同党の稲田朋美衆院議員、佐藤正久参院議員ととも
に、1日午前にソウルの金浦空港に到着するが、直ちに入国を拒否
されるとみられる。<時事通信7月30日>』

 もし空港で入国拒否をされた場合、この3人が現地or帰国後に
韓国を強く批判し抗議する言動を行なうのは目に見えているし。
 野党議員の行動であるとはいえ、日韓関係に悪影響を及ぼす
可能性は否定できない。(-"-)

* * * * *

 この3人の議員は、自民党の「領土に関する特命委員会」(委員
長・石破茂政調会長)のメンバーなのだが。

 自民党の幹部(政調会長)でもある石破氏は『27日の記者会見
で「鬱陵島に日章旗を立てて『竹島はわが領土なり』という意図は
毛頭ない。お互いにどういう主張をしているのか理解することが
必要だ。現場に行かなければ分からない」と述べ、予定通り視察
すべきだとの考えを強調した』とのこと。<産経新聞7月28日>

 また自民党の谷垣総裁も、28日の記者会見で『「石原伸晃
幹事長にさばきをお願いしている」と述べ、明言を避けた』
『自民党執行部が計画中止を求めることで、竹島問題で日本側が
譲歩するとの誤ったメッセージとなりかねないことについては
「韓国内ではいろいろいわれているが、必ずしも正確なことばかり
ではない」と述べるにとどめ』、自らに考えを表明しないまま、
チョット逃げるような形をとった。(-"-)

<もし谷垣総裁自身が、計画中止について言及すると、党内の
超保守系議員に、弱腰だと批判を受けかねないからね~。(ーー)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 いつも書くように、mewは、決してアンチ自民党ではないの
だけど。ただ、「今の自民党には、絶対に政権を戻したくない」と
強く思ってしまう大きな理由には、自民党内でこのような超保守or
保守タカ派の議員の割合が増えていることにある。(`´)

 mewは、領土問題は領土問題で、きちんと主張すべきことは
すればいいと思うし。別に韓国に必要以上に気を遣う必要はないと
も思っているのだけど。<韓国に限らず、どの国でもね。(・・)>
 ただ、逆に言えば、あえて韓国を挑発する行為をすることも
ないと思うし。

<今、政治の世界では、「領土『問題』が『ある』」という表現も
タブーにされているのよね。「どの島も日本の領土であることは
決まっているので、最初っから問題にされるものではない」という
考え方の下に「領土問題はない」と言わなければならないのだ。^^;>

 ましてや、今、日本は震災&原発事故の対策や復興経済・雇用
対策など国内で大変な問題をたくさん抱えている時だけに、何故、
わざわざ領土&外交問題を引き起こす行為を行なおうとするのか
マジで理解に苦しんでしまうところがあるのだ。(-"-)
(参考記事*1)

<それこそMY知人が言っていたように「そんなお金と暇がある
なら、東日本の被災地に行って、復旧活動でも手伝えばいいのに」
って思ったりするのよね。(~_~;)>

* * * * * 

 まあ、もちろん、人それぞれ考え方や価値観が異なるので、
この3人も含めて、いわゆる超保守派の政治家、支持者は、「国の
領土を守ることこそ、国や国民にとって、何よりも重要なことでは
ないか」と主張するのかも知れないのだけど。
 
 でも、彼らが政権与党に戻ったら、また、領土問題を含めて、
超保守的な考え方に基づく安保軍事、外交政策や愛国心教育に力を
入れ始めるのかと思うと、ぞぞ~っとしてしまうところがあるし。

<自民党政権は08年、超保守派が中心になって、学習指導要領や
解説書を強引に自分たちの主張に合わせた内容に変えてしまった
からね~。(-"-) 関連記事・『文科省、解説書に「竹島」を明記。
民族問題も含め、超保守が暗躍?
』『国粋主義の学校教育を行な
おうとしている「日本会議+自民党政権にNO!」を。(2)


 残念ながら、一般国民の多くは、各政党や議員の国家観やら
安保外交政策にはあまり関心がないようで。ある意味では、漠然と
「原発は安全なものだ」と思い込んでいたように、「自民党が
政権をとっても、そんなにアブナイことはしないだろう」とタカを
くくっているように見えるところがあるのだけど。

 今、日本は、安保軍事&外交政策、原発政策、経済・社会政策も
含めて、色々な意味で大きな岐路に立っている時だけに、もう少し
目先のことだけでなく、大きな視野をもって、これからの日本の
あり方や次の政権のあり方を考えてくれるといいな~と願っている
mewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
  
 
 そして、8月と言えば・・・。果たして、菅首相が8月中に辞任
するのかどうか。辞めた場合、誰が首相になって、どのような形の
政権ができるのか、ということも興味深いところなのだが。

 その菅首相は、ここに来て、す~っかり開き直った様子。
 昨日は、長野県で開かれた市民団体のシンポジウム「みんなの
エネルギー・環境会議」に出席して、脱原発依存政策や政官財の
癒着構造に関して、このような話をしていたという。
<この会議は、脱原発派にはお馴染みの飯田哲也氏が主催
しているのよね。*2>

『「私が厚相の時に体験した薬害エイズの構造とそっくりだ」

 菅直人首相は31日、長野県茅野市で開かれた市民団体のシンポ
ジウム「みんなのエネルギー・環境会議」に出席した。首相は経済
産業省原子力安全・保安院の「やらせ質問」問題について、96年
の厚相時代に真相解明に取り組んだ薬害エイズ事件と重ね合わせ、
過去の原子力行政を激しく批判した。

 首相は薬害エイズ事件について「国民の安全を担当する厚生省
薬務局長が、天下りしてメーカーの利益を尊重する薬務行政に
なっていた」と振り返った。その上で「(原発の)安全性を国民の
立場でチェックしなければいけない保安院が、逆に推進する側の
お手伝いを超えた形を取っている。根本的な問題だ」と述べ、
保安院を経産省から分離する政府方針の意義を訴えた。

 政府のエネルギー・環境会議が29日に原発依存度を低減させて
いく中間整理をまとめたことについては「どういう政権ができるに
しても、避けて通ることができない議論の道筋だ」と述べ、自身の
退陣後の次期政権にも引き継がれるべきだとの認識を示した。
<毎日新聞7月31日>』

* * * * *

 菅首相に対して、よく「米国や役人の言いなりだ」という批判
が呈されているようなのだけど。
 mewは、菅首相は、世間で言われるほどに、役人の言いなり
になっているとは思っていない。(・・)

<もちろん、全ての分野の政策に関して、自分でチェックすること
は不可能なので、自分が関心のあるorこだわりのある分野の政策
に関しては、役人任せにはしないということなるのだろうけど。>

 これは菅直人という政治家のいいところでもあり、悪いところ
でもあるのだけど、彼は、野党時代が長くて、政官財癒着&利権
分配の構造の問題点をずっと追及&批判していただけに、基本的
に省庁の役人を信用していない部分が大きいし。ともかく、負けず
嫌いゆえ、役人に丸め込まれることだけは避けたい(そうなると
悔しい)性分だからだ。(@@)

<だから、エイズ問題の時も、役人の説明を信用せず、どこかに
資料が隠してあると思って捜索させたり(実際に、出て来た)、
厚生大臣の時も、財務大臣の時も、役人のレクチャーや説明に
丸め込まれまいとして、自分で勉強していたのよね。^^;>

 まあ、今は、首相という立場ゆえ、本当なら多少は役人を信用
して、うまく使いこなすことが求められるのではないかと思うし。
<妻・伸子さんからも、そのような忠告を受けたとか?^^;>
 それがうまくできないことで、首相としての器、資質が不足して
いると批判される部分があるとは思うのだけど。<これは、mew
もそう思っている。(~_~;)>
 
 ただ、原発事故の対策や脱原発依存の政策に関しては、役人を
信用して言いなりになっていては、国民の安全を守ることは
難しくなるわけで。
 残された時間はわずかしかないかも知れないが。特にこの分野
に関しては、最後まで、菅氏らしく役人と戦って、一般国民に
とってプラスになるものを残して欲しいと思っているmewなの
だった。(@@)

               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






*1

★自民部会 韓国議員国後訪問抗議の国会決議要求で一致

『自民党は25日午前、党本部で党外交部会・領土に関する特命委員会合同会議を開 き、韓国野党議員3人の北方領土訪問について、韓国に対し抗議の意思を示すため衆参両院で決議を行う手続きを進めることで一致した。

 会議では、「隣国の日本が(東日本大震災で)国家的な危機にあるときに北方領土を訪問した3人は断じて許せない」(山本一太政審会長)などと批判が続出し、3人の日本への入国禁止や武藤正敏駐韓国大使の召還を求める厳しい意見が相次いだ。

 日本政府の対応についても、柴山昌彦衆院議員が政府の弱腰外交につけ込まれている」と批判するなど、菅直人首相が日韓首脳会談で訪問中止を求めなかったことが問題視された。参院で審議中の朝鮮半島由来の「朝鮮王室儀(ぎ)軌(き)」などを引き渡す日韓図書協定についても、佐藤正久参院議員が「この環境で渡すのは反対だ。(韓国に対して)誤ったメッセージになる」とくぎを刺した。

 一方、衛藤晟一参院議員が24日の外交部会で外務省幹部にコップの水をかけたことについて、小野寺五典外交部会長が会合冒頭、「私どもの不手際により、一部の外務省員に不快な思いをさせ心からおわびする」と陳謝した。衛藤氏も遅れて出席したが発言はなかった。 <産経新聞5月25日>』



*2

『 市民の立場で日本のエネルギーの将来を考える「みんなのエネルギー・環境会議」の第1回会合が31日、長野県茅野市で開かれ、参加した菅直人首相は「再生可能エネルギーこそが日本の新しい産業革命につながっていく。全てのエネルギーを賄うことも十分可能だ」と強調し、導入拡大にあらためて意欲を示した。

 菅首相は3月11日以降、原子力に対する考えが変わったことを紹介。「安全性とリスクは相互の大きさによって考え方を変えなければならない。たとえ(確率が)1億分の1でも、1回で地球が崩壊するようなリスクは取れない」と述べ、脱原発依存の社会を目指す方向性への理解を求めた。

 また現在の原子力行政は「複数で長期にわたる原発事故への対応力が欠けている。しがらみのない立場で抜本的に改革していくことが必要だ」と語った。

 討論では、内閣官房参与の田坂広志多摩大教授が「原子力の安全、安心を議論する前に、重要なのは信頼だ。原発を安全だと言う主体が信頼を失っては議論が成り立たない」と、国の規制の在り方に国民の不信が高まっている現状を憂慮。一橋大の橘川武郎教授は「原発問題を独立で扱うのではなく、再生可能エネルギーや節電、火力発電の二酸化炭素排出をゼロにすることなどを踏まえて考えるべき時期だ」と問題提起した。

 会合には、発起人となった飯田哲也環境エネルギー政策研究所長や市民ら約220人が参加。原子力に頼らない生活様式や、国の政策に市民が関与する在り方などを議論した。<スポーツ報知7月31ニチ>』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/15206975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from レインボーの不思議 at 2011-08-03 08:25
タイトル : 佐藤正久 Twitter
鬱陵島を訪問しようとして韓国に入国拒否を示唆された自民党... 新藤義孝、平沢勝栄、稲田朋美、佐藤正久 自民議員、ウルルン島上陸を強引に決行+菅は役人の言いなりに... なの だが、結局、4人のうち平沢勝栄氏は参加をとりやめることにした ものの、残る3人(新藤義孝氏、稲田朋美氏、佐藤正久氏)は、 予定通り、訪韓をすると発表をしたという。(@@) 『8月1日から竹島(韓国名・独島)に 【送料無料】ありがとう自衛隊..... 【送料無料】ヒゲの隊長のリ-ダ-論..... ストレステストにテロ攻撃は...... more
by mew-run7 | 2011-08-01 03:19 | Trackback(1)