前原が北方領土に上陸&日ロ関係への懸念+菅が平和式典で「脱原発依存」を明言

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると励みになるです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 先週は、自民党の「領土に関する特命委員会」(委員長・石破茂
政調会長)の超保守派メンバー3人(新藤義孝氏、稲田朋美氏、
佐藤正久氏)が、竹島に近いウルルン島に視察のため上陸しようと
して訪韓。空港で入国拒否をされて帰国するという騒動があった
のだが・・・。

<関連記事・『自民議員、ウルルン島上陸を強引に決行+菅は役人
の言いなりにはならない
』『妻の叱咤で菅と自民の対立激化but岡田
が+自民議員のウルルン訪韓はかなわず
』>
 今度は、民主党の前原誠司氏(元外務大臣)が、5日から北方
領土の択捉島を訪問するツアーに参加。6~7日に同島に上陸し、
視察を行なっている。(@@)

『民主党の前原誠司前外相は5日午前、今年3回目の北方四島との
「ビザなし交流」訪問団(千葉俊文団長)に参加し、チャーター船
で択捉島に向け、北海道・根室港を出発した。前原氏の参加は
2006年に続いて2回目。外相経験者の北方領土訪問は初めて。

 北方領土を含む千島列島(クリール諸島)のインフラを整備する
ロシアによる「クリール諸島社会経済発展計画」の状況を視察する。

 前原氏は出発前、記者団に「択捉島が5年前と比べてどのように
変わったかを見て、経済交流について現地のニーズを聞いてみたい。
領土問題を私の世代で解決したい」と強調した。<共同通信5日>』
 
『前原前外務大臣は北方領土の択捉島を訪問し、ロシアが島の開発
計画を進めても日本の北方領土に対する立場は変わらないと強調
しました。

 前原前外務大臣:「クリル(諸島社会経済)発展計画が行われて
いることによって、日本の法的立場が変わるものではない」
<テレビ朝日6日>』

* * * * *

 前原氏の北方領土訪問団への参加は2回目。ただ、以前は、野党
の<元代表とはいえ?>一議員だったものの、今回は政権与党の
議員だし、前外務大臣&首相候補という立場。
 しかも後述するように、閣僚時代に北方領土に関する言動で
日露関係を悪化させた経緯もあるだけに、今回の訪問を懸念
する声が少なくない。^^;

『前外相で首相候補に名前が挙がる与党有力議員の北方領土訪問は、
ロシア側を刺激する可能性もある。<共同7月29日>』

『「ポスト菅」の有力候補と目される前原氏の北方領土訪問は、
今後の日露関係に影響を与える可能性もある。<日テレ6日>』

『今後の前原氏の発言などによっては、ロシア側が反発する可能性
もあります。<TBS6日>』

* * * * *
 
 MY天敵である前原くんは、民主党内でも最も保守タカ派的な
議員のひとりで。自民党の保守派に劣らず、領土問題への思いが
強い。
 特に北方領土に対する意識が強く、09年9月に民主党政権が
発足し、国交&沖縄北方担当大臣に就任すると、同年10月に
海上保安庁の船で、北方領土の洋上視察を決行。
 その際に、「歴史的にも北方四島は日本固有の領土であり、
終戦のどさくさに紛れて(旧ソ連が)まさに不法占拠した」と
発言して、ロシア側から強い反発を買うことになった。<それが
メドベージェフ大統領の北方領土訪問につながったという見方も。^^;>

<関連記事・『前原発言は、鳩山首相の北方領土交渉のジャマに
+民主閣僚の不用意発言を懸念
』>

 前原氏は、外務大臣になってからも、10年12月に周囲の反対
に耳を貸さず、海上保安庁の航空機で北方領土を上空から視察。
 さらに今年2月には、都内で開かれた北方領土返還要求全国大会
で、「(領土を)できるだけ早く返還させるために政治生命を
懸けて努力したい。この問題が解決しなければ日本の戦後は終わら
ないという思いは、日に日に強くなっている」と述べるなどした
ため、ロシア側は前原氏への警戒感を強めている。(~_~;)

<関連記事・『前原がムネオ忠告に反論&北方領土を視察・・・
  
* * * * *

 前原氏は、今の自分の立場やロシアから警戒されていることも
重々承知しているのではないかと思うのだけど。
 たとえ、民間の訪問団に参加する形をとっているとはいえ、
この時期にあえて北方領土を訪問するのはいかがなものかと思う。
<たぶん、彼はメドベージェフ露大統領や韓国の議員が北方領土
を訪問したことに対抗する意識を持って、自分も日本の国会議員
として上陸しようとした部分があるのでは?(@@)>

 また今回は書かないが、前原氏は国交大臣時代に、尖閣諸島
沖問題でも強気の言動を見せて、中国との関係を悪化させた
ことがあるわけで。

<mew的には、(たまたま訪問団の日程が重なっただけだと
しても)世界の平和を願う広島原爆記念式典の日に、あえて北方
領土に上陸するという神経、感覚に「何だかな~」と思って
しまうとこもあるのよね。(-"-)
 前原くんも、そんなヒマとお金があるなら&それこそ首相を
目指す気なら、東北の被災地に行けばいいのに。(ーー゛)>

 もし前原氏が、近い将来、首相になったり、また外務大臣に
なったりするようなことがあったら、また日露関係や日中関係
が悪化したり、北方領土の返還交渉がこじれるおそれが大きいし。
 親米ネオコンゆえ、米国と連携しての安保軍事政策が拡大する
可能性も大きいだけに、やっぱ前原くんが首相になるのは、
「絶対にイヤだ!」&「日本がアブナイ!」と大きな声で訴え
たいと思うmewなのである。(゚ロ゚)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
  

 そして、前記事の『石原知事が核保有に言及&平和宣言は政治的
配慮で「脱原発」明言できず~哀しい原爆の日
』の続報を。

 昨日6日に行なわれた広島の平和祈念式典で、菅直人氏が首相
としての挨拶で、「脱原発(依存)」の方針を目指すことを明言
した。<全文は、コチラ官邸HPに>

 菅首相は、まず核兵器の廃絶に関して、「私は日本政府を代表し、
唯一の戦争被爆国として究極的な核兵器廃絶と世界恒久平和の実現
に向け、日本国憲法を順守し、非核三原則を堅持することを誓う」
「わが国は『核兵器のない世界』の実現に向け、国際社会の先頭に
立って取り組むと強く決意し、実践してきた。志を共有する国々と
の活動などを通じて、核軍縮・不拡散の分野における国際的な議論
を主導していく」と述べた。

 そして、原発政策に関して「エネルギー政策の白紙からの見直し
を進めており、原子力についてはこれまでの『安全神話』を深く
反省し、事故原因の徹底的な検証と安全性確保のための抜本対策
を講じるとともに、原発への依存度を引き下げ、『原発に依存
しない社会』を目指していく。今回の事故を人類にとっての新たな
教訓と受け止め、世界の人々や将来の世代に伝えていくことが、
われわれの責務だと考えている」と訴えた。
(NHK6日より)

 また、式典後の記者会見では、『政府のエネルギー・環境会議に
よる中長期の論点整理に触れ「原発依存度を低減していくという
シナリオを含めて内閣としてまとめた。政府と今日の私のあいさつ
は方針として一致している」と語り、政府全体の方針に位置付ける
意向を強調した』という。<日経6日>』

<関連記事・『保安院やらせ問題+海江田の涙+菅が政府として
脱原発依存方針を表明
』>

* * * * * 

 菅首相としては、自分が早期辞任に追い込まれつつある中で、
次の政権がすぐに原発政策の推進や維持の方向に戻れないように、
何とか少しでも日本政府が「脱原発」の方向に向かわざるを得ない
ような形を作っておきたいと考えている様子。
 
 また自民党が、非核三原則などの見直しの方針を表明している
ことも意識してか<『・・・自民党はやっぱ、アブナイ!~集団的
自衛権や非核3原則の見直しを公表
』参照>、会見でも非核三原則
の堅持を強調していたのも印象に残った。(・・)

<あと菅首相が、昨年、創設した「非核特使」(核兵器の恐ろしさ
を世界に発信するために任命される特使)とも懇談。(*2)
挨拶や会見でも、日本が核廃絶の先頭に立って活動すべきことを
訴えていた。>

 ちなみに、政治的な配慮から、「平和宣言」では、脱原発方針を
明示しないことに決めた広島市長も、福島の原発事故に触れて
『原子力発電に対する国民の信頼を根底から崩してしまいました。
そして、「核と人類は共存できない」との思いから脱原発を主張
する人々、あるいは、原子力管理の一層の厳格化とともに、再生
可能エネルギーの活用を訴える人々がいます』と語り、エネルギー
政策の見直しを求めた。(平和宣言全文はコチラ・広島県HP)

<広島市長も、何とか「脱原発」という言葉を使って、それを願う
人々の思いを盛り込みたいと考えたのかな~と思ったです。(・・)>

* * * * * 

 自民党の谷垣総裁は、この菅首相の挨拶を、早速、批判していた
とのこと。

『谷垣総裁は「難しい事柄というのは、トップリーダーの断固たる
決意がなければ、なかなか進まない。今の菅首相には限界があると
いうことは、率直に申し上げざるを得ない」と述べて菅首相の
リーダーシップに疑問を呈した上で、「脱原発依存」とエネルギー
政策の両立が必要だと強調した。<日テレ6日>』

 そうであるなら、まず谷垣総裁には、自民党のトップリーダー
としてビシッと、党として「脱原発依存」の方針を打ち出して
みそ!と言いたくなってしまうのだが。<できないくせに!(-"-)>

【追記・そう言えば、谷垣くんは、「地下式原発政策推進議員連盟
のメンバーじゃなかったっけ?(@@)】
 
 自民党をはじめ、これまで原発推進政策をとって来た与野党議員
の中には(前原くんとかもね)、世間の目を意識して、「いずれ
原発依存を減らすorなくすべき」だと言い出す人が増えている
ような感じがあるのだけど。

 ただ、その大部分は「いずれは、なくすといいよね」のレベルで
あって。そう言いながら、「でも、経済成長や電力供給の安定の
ためには、今は減らせないorなくせない」<保守タカ派の場合は、
「いざという時の核武装、またその可能性をキープして他国を
けん制するためには、原発はなくせない」>として、結局、
アレコレと理屈をつけてごまかしながら先送りを続け、なかなか
実行に移さない可能性が大きいわけで。
<下手すれば、10年立っても、20年立っても、ほとんど原発が
減らないどころか、国民の安全性を重視するためにも、新しい原発
を作ろうなんて話になってたりして。(-"-)>

 それゆえ、どうか、それぞれの政治家の言うことをしっかりと
チェックして、まやかしっぽい「脱原発(依存)の言葉には、
ごまかされないで欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 




*1

『菅総理大臣は、広島市で開かれた平和記念式典であいさつし、「核兵器のない世界」の実現に向けて、日本が、核軍縮・不拡散の分野で国際的な議論を主導していく決意を示すとともに、エネルギー政策を白紙から見直し、「原発に依存しない社会」を目指す考えを表明しました。

この中で、菅総理大臣は「66年前、広島を襲った核兵器の惨禍を、人類は決して忘れてはならず、2度と繰り返してはならない。私は日本政府を代表し、唯一の戦争被爆国として究極的な核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向け、日本国憲法を順守し、非核三原則を堅持することを誓う」と述べました。そのうえで菅総理大臣は「わが国は『核兵器のない世界』の実現に向け、国際社会の先頭に立って取り組むと強く決意し、実践してきた。志を共有する国々との活動などを通じて、核軍縮・不拡散の分野における国際的な議論を主導していく」と述べました。また、菅総理大臣は、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「放射性物質の放出を引き起こし、わが国はもとより世界各国に大きな不安を与えたが、政府は事故の早期収束と健康被害の防止に向け、あらゆる方策を講じており、今後とも全力を挙げて取り組んでいく」と述べました。そのうえで、菅総理大臣は「エネルギー政策の白紙からの見直しを進めており、原子力についてはこれまでの『安全神話』を深く反省し、事故原因の徹底的な検証と安全性確保のための抜本対策を講じるとともに、原発への依存度を引き下げ、『原発に依存しない社会』を目指していく。今回の事故を人類にとっての新たな教訓と受け止め、世界の人々や将来の世代に伝えていくことが、われわれの責務だと考えている」と訴えました。
NHK6日>』

* * * * *

*2

『菅直人首相は6日、広島市で開かれた平和記念式典終了後、核兵器の恐ろしさを世界に発信する「非核特使」の被爆者8人と懇談した。菅首相は「核廃絶に最も効果的な活動の一つであると確信した」と述べて、今後も継続する意向を明らかにした。

 原爆投下前の爆心地周辺の街並みをコンピューターグラフィックスで再現した映画を製作し、エジプトなどで上映した田辺雅章さん(73)は「国のバックアップで、一市民では成し得ない理解と共感を得られた」と報告した。地球一周の船に乗り世界各地で証言をした壺井進さん(83)は「どこの会場も満員で、熱心に耳を傾けていただいた」と述べた。

 非核特使は昨年の式典で、菅首相が創設を表明した。今月1日現在、広島、長崎の延べ34人が委嘱され、海外21カ国で被爆証言している。【村本聡、星大樹】

毎日新聞 2011年8月6日 12時04分(最終更新 8月6日 12時18分)』
[PR]
by mew-run7 | 2011-08-07 04:34 | 政治・社会一般