日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

小泉首相の靖国参拝&前原代表の党首討論

<時間がなくて、なかなか新しい投稿をアップできず、アクセスして下さった方々には
大変申し訳なく思っています。すみません。m(__)m>

 今回は17日の小泉首相の靖国参拝と、18日の党首討論での民主党・前原代表の
ことについて書いてみたい。

 首相の靖国神社参拝の問題点や私見については、既にこのブログに投稿(10月1日)
しているが、その時と全く考えは変わっていない。私自身は、これは基本的に憲法や
首相のあり方(政治姿勢)、そして国民の考え方の問題だ思っている。、
 その意味では、特に書くべきこともないのだが・・・。
 これだけ世間が騒ぎ、案の定、中国や韓国との重要会談などがキャンセルになった
にもかかわらず(おそらくそれは彼にとって想定の範囲内だったのかも知れないが)、
国益も意に介せず、その信念を通す姿はあっぱれとしか言いようがない。
 多少参拝スタイルが変わったところで、彼の信念は変わっていない。それは翌日の
党首討論での発言からもわかる。おそらく彼は、来年こそは8月15日に靖国参拝する
ことを心の中で誓っていることだろう。

 そして翌日の党首討論・・・前原氏が民主党の代表になってから、初めての党首討論
だったのだが、その内容はあまりにガッカリさせられるものだった。特に小泉首相の
靖国参拝に対する発言は、唖然とさせられるものがった。
 これでは、今後、彼に野党の代表としての役割は期待できない。何のための党首討論
なのか、もう少し考えて取り組みなおして欲しいと思うが。その前に党内での舵取りも
厳しくなっているようで、前原代表の前途は多難かも知れない。

<続きは、↓のMoreをクリックして>




 17日、小泉首相が靖国神社に参拝した。
 私は「あら、今日行くのね」というぐらいにしか思わなかった。おそらく彼は年内
に参拝するだろうと思っていたからだ。むしろNHKはじめ何局かの民放が、特番を
組んでまで、参拝の光景を生中継したことに「何でここまで?」と驚いたほどだった。
 そして、彼はおそらく何か特段の事情が生じない限り、来年は8月15日に靖国参拝
しようとするだろう。彼が公約を果たせるラストチャンスだからだ。

 今回は、周囲からよほど違憲判断や近隣諸国との問題について口うるさく言われた
のか、少し参拝スタイルを変えて来た。<本殿→参殿、正装→平服、玉串・献花料
→硬貨を賽銭箱に、神道形式の二礼ニ手一礼→通常の礼&手を合わせる形に>
 そして「一般国民として参拝した」とコメントも付した。
<彼は以前に「公人、私人にこだわるのはおかしい」と公言してしまっているため、
どうしても「私人」という言葉は使いたくないらしい。>

 だが、それで彼の信念は変わっていない。実際、翌日の党首討論では、早速「総理大臣
である小泉純一郎が一国民として参拝」と、自分が本当は首相として参拝する意図があっ
たかのような発言を始めた。
 あとは、彼のお決まりのフレーズなので省くが・・・。残念ながら、わが国の首相は、
何で自分がいいと思うことを周囲が理解してくれないのかが、どうしても理解できない
らしい。彼からすれば、違憲判断をした裁判官や、なかなか自分の意図を理解しようと
しない中国や韓国の方がおかしな存在なのだろう。
 案の定、中国は現地で行なわれる予定だった町村外相との日中外相会談を断って
来た。今月末に日本で行なわれる予定だった日韓首相会談も中止になりそうだ。当然に
して中国や韓国と仕事をしている企業や団体にも影響が出る。(実際、色々出ている。)
 中国、韓国との問題は「靖国だけではない」が、靖国問題も大きいのだということ
ぐらい理解できるようになると有難いのであるが・・・。^^;

 自分の意さえ通れば、国益などお構いなしの首相ではあるが、有難いことに、彼には
彼を支持してくれる国民がいる。少し前の世論調査では、靖国参拝はしない方がよいと
答えるものが50%以上いたのだが、今回は「してよかった」が40数%ながら「しな
い方がよかった」を上回っていたという。女性では60%以上が支持しており、それが
逆転につながったようだ。ちまたで「雨の中、傘もささず参拝する姿がカッコよかった」
「小泉さんが行きたいというのだから、行かせてあげればいいじゃない」という声をきき
もう何も言う気になれなくなった。
 私は心の中で思う。「あと一年の辛抱だ」と。・・・また、いつか書くが、私はもう
彼のことはあきらめているのである。その間に、彼が退任した後のことを、本当の意味
での日本の将来を考えて行きたいと思っている今日この頃である。 

 そして18日には、前原氏が民主党の代表になって、初めて小泉首相と対決した党首
討論会が行なわれた。
 もともと、私個人はさして前原代表には期待していないのであるが。彼は野党の代表ゆえ
一国民として、何とか実りある討論をして欲しいと願わざるを得ない面がある。
 あの気取った口調も気になったのであるが(鳩山氏の時もそうだったが、あれでは小泉
首相にとって組みやすい相手になってしまうであろう)、とりあえず、それはさておいて
討論の内容にもガッカリさせられた。
 
 そもそも、いくらこの分野が一番得意とはいえ、何故、安保問題から始めなければいけ
ないのだろう?(自分が見識があるとこをを示したかったのだろうか?)
 確かにこの分野にも重要な課題がたくさんあるが、折角、最初の党首討論なのだ。マス
コミも大きく取り上げてくれるのだし、もっと野党として国民に身近でわかりやすいところ
で、小泉自民党の政策に関して問いただすテーマはいくらでもあったのではないだろうか?

 それこそ、タイムリーなことに靖国参拝問題を最初に持って来てもよかったのだ。
 しかし、その靖国参拝の話になった時の前原氏の対応には、驚きと失望を覚えざるを得な
かった。
 小泉首相が「どうしていけないのか」と問うのに対し、「いけないとは言っていないじゃ
ないですか」と。<はぁ~? じゃあ、いいと思っているわけ?>
 しかも、そこから参拝の問題性を突っ込んで行かなければならないところで、いきなり、
前日の小泉首相の参拝の仕方にケチをつけ始めたのだ。ジェスチャーまでまじえて、礼を
する時はもっと「頭(こうべ)をたれるべき」だったとか、手の合わせ方がお墓参りのよう
で「不謹慎だ」「亡くなった方々に失礼だ」と批判し始めたのには、もう唖然とするしか
なかった。
<何、何? どうせ参拝するなら、神道形式できちんと参拝した方がよかったとでも、
言いたかったわけ?>
 そして「私もA級戦犯が合祀されている間は行かない」と。<合祀されていなければ、
行きたいということなのだろうか?>
 最後に時間がなくなりかけてたから、急に違憲判断やら近隣諸国の問題などについて話し
始めたものの、上述のような前置きのあとでは、批判性はすっかり薄れてしまっており、
ほとんど意味をなさなかったように思う。
 
 仮に、もし前原代表自身が、靖国神社や英霊を尊重する気持ちを強く有する人間であった
としても、上述のようなことを主観的なことを党首討論の場で言うことに何の意味があるの
だろう? 民主党の代表&野党の代表という立場を考えたら、そんな個人的な意見を述べて
いる場合ではないだろう。
 折角、外交問題でアジアとの関係の重要性を説いたのだから、参拝の方式云々の前に、
その点をどんどん突っ込むのが筋だったのではないだろうか?
 党首討論中、唯一、迫力を見せたのは「あなたに(党首討論の発言の)時間を与えてもら
っているわけではない」と声を荒げた時だけであったかも知れない。
 これでは、前原代表には、野党の代表としての役割は果たせまい。

<イラク特措法に賛成しようとするも、党内の反発が強く断念。他の政策についても、
党内の異論が強くなっており、前原代表は早くも党の舵取りも厳しくなっているようだ。>

 あるTVのニュース番組で、片山さつき議員が二人の討論のを見ている様子の映像が流れ
ていた。
「二人とも同じような考え方を持っているので、議論にならないんじゃないですか?」
「また同じようなことを言ってるよ、コイツ」
 完全にバカにされているようである。(-_-;)

 p.s. 片山さつき議員も、思ったほどお利口ではないのかも知れない。自分の能力や人脈
にかなりの自信があるのだろうが、あまり高慢な態度を表に出し過ぎると、痛い目にあい
かねない気がする。 THANKS
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/1535009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 「感動創造カンパニー」ダ.. at 2005-10-21 09:25
タイトル : 小泉首相が靖国神社参拝は是?非?
小泉首相が靖国参拝へ 中韓の猛反発必至 あなたは、参拝に賛成?反対? で、その理由は? よく考えてみよう。来年で、任期が切れる首相が、何故参拝しているのかを・・・ &nbsp; 本日、靖国神社秋季例大祭に合わせて小泉首相が参拝と報道された。例によって中国と韓国....... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」ダ.. at 2005-10-21 09:26
タイトル : 小泉首相は、首相就任前の2001年に知覧特攻祈念会館に赴..
小泉首相の靖国参拝を受けて、内外さまざま取り上げられている。ブログでも、この件に関する記述が多いが、はっきり言って、何も知らない、あるいは新聞やテレビで聞きかじった程度で意見を述べている人があまりに多い。 もちろん、「なるほど」とこちらが学ばせていただい....... more
Tracked from カッシーニでの昼食 at 2005-10-21 11:19
タイトル : 靖国史観派へ。
私は全面的に戦後の日本の教科書の内容は事実だと思っているが、絶対の事実であるとは思っていない。戦前の歴史を再検証し、誤りがあれば正すべきとも考える。 しかし戦前の大日本帝国の歴史を再検証することと、「靖国史観」と呼ばれる歴史観は、主張こそ同じに見える...... more
Tracked from ◆木偶の妄言◆ at 2005-10-21 17:54
タイトル : 小泉首相が靖国参拝にこだわる理由
小泉首相が靖国神社を参拝した。 公人にあたる人物の靖国神社参拝についての僕の考えは、「未来に続く靖国問題」、「靖国参拝の不思議(上)」、「靖国参拝をどうするのか? 」「(補稿)靖国参拝をどうするのか?」などで縷々語ってきたので、繰り返さない。ここでは小泉首相が靖国神社参拝にこだわる理由を考えてみる。 2001年の総裁選で票田である遺族会向けに8月15日の靖国参拝を「公約」。国会答弁で参拝を何度も明言したために、本当の公約に「格上げ」になった。 しかし、実際には一度も8月15日に行われ...... more
Tracked from 弁護士山口貴士大いに語る at 2005-10-26 00:57
タイトル : 【続々】小泉首相の靖国参拝はやっぱり違憲でしょう
「国が上告をしなかったこと」について、大分誤解があるようなので、誤解の典型例として thessalonike2さんの「世に倦む日日」を具体例に説明したいと思います... more
Tracked from 言語学研究室日誌 at 2005-10-26 11:29
タイトル : ブログ炎上 「世に倦む日々」の末路
「戦後民主主義」の終焉 ブログ「世に倦む日々」の末路 ... more
Tracked from 町人思案橋 (時事と常識.. at 2005-11-14 13:37
タイトル : 政治家の嘘と、見て見ぬふりの新聞社の思惑とは? (戯問@..
●★●●●●●7問中2問目<常識戯問@政治/経済> 問題:「『父親は裁判官だった』という『前原代表』のウソ」(週刊新潮051013号26~28頁)●前原氏が民主党の代表に選出されたのが9月17日です。今日11月14日で、選ばれてから59日目を迎えることになります●ところで、前原氏の下の名前はなんというでしょうか? □ 直人 □ 一郎 □ 誠司 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい)... more
Tracked from 町人思案橋 (時事と常識.. at 2005-11-14 23:30
タイトル : 政治家の嘘と、見て見ぬふりの新聞社の思惑とは?その2 (..
●★●●●●●(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)7問中2問目<常識戯問@政治/経済> 説明:「『父親は裁判官だった』という『前原代表』のウソ」(週刊新潮051013号26~28頁)●昨日の戯問の「説明:」の続きです。前回記事やコメントに目を通された上で読まないと、内容は理解できません。まだご覧になっていない方は、ご面倒でも、ここをクリックして下さい●以後は、週刊新潮の記事が正しいと仮定して申し上げます●前原氏は、自ら「嘘でした、ごめんなさい」と言ってバッジをはずすほうが結果はい...... more
Tracked from 【身体と心と世界を癒す!】 at 2006-01-13 11:06
タイトル : 靖国神社問題を真剣に考えよう
靖国問題を考えるときに「戦争」と「平和」という意味の本質的な違いを、私たちはまず理解しなければならないと思います。戦争とは、敵と味方を作ること。外国に対して、自国の一方的なエゴを押し通すこと。平和とは、相手の立場に立って物事を考えられること。外国に対して..... more
Commented by あらびあ at 2005-10-21 22:45 x
小泉首相の考えの一つには、ひとつ折れれば、どんどん言われるという背景もあるんじゃないですか?

要は、靖国参拝をやめると、次は教科書問題、あとガス田でしたっけ?もう一つ何かあったような気もするけど、忘れました。(ぉぃ)

まあ、靖国参拝でニュースになるんなら、まだまだ平和なもんかな?と。(笑)さすがに、いきなりミサイルは飛んでこないだろうし・・・。

前原氏の党首討論は見ていないが、まあ、論客ではないだろうね。
議員年金の案も民主党よりで決まりそうだし、ちょっと譲ったんじゃないのかなと思います。

まさにコバンザメ戦法、数がないと戦略は大いに変わると思いますよ。
Commented by mew-run7 at 2005-10-22 11:17
あらびあさん、コメント有難うございます。

確かに日中問題は靖国だけじゃないんですけどね。
私が疑問の思うのは「理解できない」って相手を否定しちゃうとこなんですよね。
彼は自分がいいと思っていることを他人が理解できないと、それがおかしい
と思ってしまうのかも、です。
中国、韓国には理解してもらうようのしたいと。

でも、自分を理解して欲しいなら、相手のことも理解するように努めないと
相互理解なんてできるはずがないと思うんですけどね~。

前原氏に関しては、みんしゅとうがやるべきは、改革のスピードを競って
対案をバンバン出すことだと思っているようで。
私が民主党や野党に求めていることと違うので、ガッカリ度が増して
しまうのかも知れませぬ。
Commented by じょっきー at 2005-10-28 00:43 x
アラン(哲学者)の言葉にこんなことがあったことを 思い出しました。

「信じるということが第一の力であって、 期待は第二の力であるにすぎない。
最初はなんの期待もなしに始めなければならない。
増大や進歩がうまれてからのちに、期待はあらわれるのだから。」
先ずは相手を、その事を信じることから始まるんです。

人を否定するのは簡単です。でも人を否定する人は、自分も否定しています。
自分を信じられない人が、他人を信じられるわけがない。
最近は信じる力も失われたけど、それ以上に逃げる(戦えない)人が
多くなった。言葉、行動に心(信念)が感じられない。

関係なくてごめん。

Commented by mew-run7 at 2005-10-28 01:12
じょっき~さん、コメント有難うございます。m(__)m

小泉首相がいい意味でも悪い意味でもスゴイのは、自分を信じる力が
強いことでしょうね。
選挙でも、それが人を引き付けたのかな~と思ったりします。

今の若い人(中高生も含む)を見ていると、何かを深く思うことを
あえて避けている面があるように感じることがあります。
できるだけ表面的に物事を見て、強く肯定も否定もしないような
感じで。もしかしたら、自分も他人も信じるのがコワイのかも
知れません。信じられるもの自体が見つからないのかも。
by mew-run7 | 2005-10-21 04:37 | 靖国参拝に関して | Trackback(9) | Comments(4)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7