「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

最新の記事

米軍の尻拭いを国民の税金で。..
at 2018-02-25 06:16
調査原票が倉庫に32箱見つか..
at 2018-02-24 08:27
消えたデータ原票を発見&11..
at 2018-02-23 06:20
麻生、市民の集会を「立民党主..
at 2018-02-22 05:02
米が不測事態の準備を促す+青..
at 2018-02-21 02:41
厚労相もデータのデタラメ(捏..
at 2018-02-20 09:05
墜落ヘリに中古部品&ミサイル..
at 2018-02-19 05:45
森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

火器の取得が許されていな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界海最大規模のマヤ文明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
30歳過ぎた小平奈緒選手..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(276)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

村上、三木谷、堀江は新自由主義経済の申し子たちかも(1)

日本にもアメリカ型の新自由主義的な経済社会が始まっている・・・その一面を示すのに
ちょうどタイムリ~な出来事(騒動?)が起きている。
 今月にはいって、マスコミは「村上ファンドvs阪神電鉄」「三木谷楽天vsTBS」の件
で、毎日大騒ぎを続けている。
 負けじと(?)堀江ライブドアは、19日、大手通販会社セシールとの資本提携を発表
した。実質的には買収である。(ただし、こちらは友好的M&Aなのかも知れない。)

 村上世彰氏(46)、三木谷浩史氏(40)、堀江貴文氏(33)・・・ある意味では
日本の新自由主義社会の象徴的存在だとも言えよう。
 三人は世代も少しずつ違うし(この時期の人たちは5歳違うと、もうジェネレーション
ギャップがある)、経歴や考え方や手法など三者三様である。だが、この三人には共通点が
見出せる。一つは市場原理に基づく自由競争の中でいかに自分の「力」を活かし、上昇して
行くかを考えていることであろう。そのためには効率性やスピードなどを追及する部分も
大きい。
 もう一つは、彼らにとって「力」とは能力+株式の力(+資金力)だということである。
彼らは、おそらくとても有能であろうし、それぞれに研究や努力も重ねているし、行動力も
ある。その上で、いかに株式をうまく使って、事業を拡大し、資産を増やし、利益を得るか
を考えているのである。M&Aにせよ、ファンドにせよ、株式の力抜きには行なってはいけ
ない。株式を多数取得することによって、自社も他社の経営も支配し、資産や利益を増やし
それをまた次の経済活動につなげて行くのである。

 このような彼らの考えや手法を 日本国民がどう受け止めるのか。積極的にまたは消極的
ながらも受け入れようとするのか、それともとまどいや抵抗感を覚え拒もうとするのか、
今がまさに将来に向けての分岐点なのかも知れないと思う。

<続きは ↓More をクリック>




昨年、プロ野球の新規参入に関して「ライブドアvs楽天」の戦いが注目されたが、経済
という面で言えば、やはり今春の「堀江ライブドアvsニッポン放送&フジTV」の件が
大きいだろう。
 テレビのニュースやワイドショーは毎日のようにこの話題を取り上げ、専門家がM&A
(企業の合併、買収)や様々な企業防衛の方法、株式会社と株主、支配権の関係などを
解説したものだった。
 そして、それまで経済にはほとんど関心がなかった市民も含め、まるでM&Aに関わる
連続小説かドラマでも見るかのように、両者の日々の発言や動きに注目していた。だが、
おそらく庶民の多くは、自分の日常とは別世界の出来事であるかのように感じていたので
はないかと思われる。<余談だが、当時、前日のTVで学んだポイズンビルとか焦土作戦
などの専門用語を会話に取り入れるのが、ちょっとしたトレンドであったりもした。>

 おそらくアメリカの経済社会や日本の現状を知る人たちにとっては、何でマスコミや
世間がこんなに騒ぐのか、批判が相次ぐのか、奇妙にさえ思っていることだろう。

 日本でも、もうM&Aは珍しいことではない。アメリカほど有名大企業同士のM&A
はまだあまり行なわれていないが、それに近い形の合併吸収は行なわれている。また
事業や資産拡大のためのM&Aはかなり盛んになっている。
 ちょうど楽天vsTBSの件が報じられていた週にも、住友信託銀行がファーストクレ
ジットの買収やいくつかのM&Aの記事が出ていた。ただし、それらはあまり表に取り
上げられることはないようだ。
<試しにM&Aで検索してみると、かなりの数のM&Aのコンサルタント(仲介)会社が
存在することがわかるであろう。きいた話では、まるで不動産物件のようにして会社が
売買されているのだという。「OOの事業を行なう会社が欲しい」と要望や条件を出すと
それに合う会社を見繕ってくれたりするらしい。(不動産の競売物件のように、民事再生
を申請している会社はお買い得なのだそうだ。)>
 アメリカでは、もう下克上的なM&Aも珍しいものではなくなっている。外見上は規模
の小さい新進企業が、その資金力を武器に、歴史や実績のある大企業を傘下におさめて
しまうのだ。プロ野球チームの売買も珍しくない。(日本でも任天堂が参入している。)
メディアの買収も然りである。

 しかし、マスコミはそのような現状を知ってか知らずか、大騒ぎしている。
 その背景には、三人が世間的にも有名で興味をひきやすいことや、メディアやプロ野球
球団などマスコミ自身も関連が深く、一般市民にも身近で馴染みのあり公共的側面がある
ものがターゲットになっていることがあるかも知れないとも思う。また30~40代の
若い人たちが率いる新進企業が大企業を支配におさめようとすること自体に、違和感や
脅威を覚える部分も大きいのかも知れない。
 ただいずれにせよ、TV番組のキャスターや識者と呼ばれるコメンテーターたちなどの
反応を見ていると、意外にも彼らの中にも一般市民に近いような戸惑いや抵抗感を示す人が
少なくないようだ。

 今春、堀江ライブドアがフジTVに挑んだ時は、マスコミ関係者や政財界や世間の風当
たりは思いのほか強かったように思う。
プロ野球参入の時もそうだったが、「ライブドアなんて、ほとんど実体のない会社だ。
大部分の部門や子会社は買収でとって来た寄せ集めだし、IT企業と言っても、収益の多く
は金融や証券で稼いでいるのではないか」「金さえあれば、何でもできると思ったら間違
いだ」などの批判も受けた。また「会社は誰のものなのか」という議論も盛んに行なわれ
ていたように思う。「株式さえ多く持てば、それで全てが支配できるのか。日ごろ、会社
のために一生懸命やっている経営陣(=取締役)や社員(=従業員)の立場はどうでも
いいのか」と。
 同じような批判は、三木谷楽天や村上ファンドに対しても出ている。「株式を多く持て
ば、それだけで相手を支配できるというわけではない」「一円でも多く利益を出すこと
しか考えていないのではないか」などなど。
(何故か三木谷氏には政財界の風当たりは堀江氏ほど強くないが。)

 それらを見聞しても、日本の現実の状況と一般市民の認識や感覚との間に、大きな乖離
があるように思えるのである。       <つづく> THANKS
[PR]
by mew-run7 | 2005-10-22 17:47 | 新自由主義&小さな政府 | Trackback(7) | Comments(9)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/1553634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from DreamMakers at 2005-10-26 19:10
タイトル : 分かれ目
現在、楽天の三木谷氏がTBSとの統合を目指した株の買い増しでメディアを賑やかしている。... more
Tracked from 兄やんの一言モノ申す at 2005-10-31 13:32
タイトル : TBSを巡る日本の勢力図−アマゾン、電通参入で変わる風向き
ニッポン放送株問題の時に、SBIが出てきたのに似ている・・・。 TBSを巡る日本の勢力図−戦国経済時代突入へでも書いたように、勢力構成に動きが見え始めた、と書いたが、どうやら今度は、アマゾンの参入で事態は一変しそうである。 コメント欄で、プラトンさんが書....... more
Tracked from 兄やんの一言モノ申す at 2005-10-31 13:33
タイトル : TBSを巡る日本の勢力図−戦国経済時代突入へ
このTBSを巡る動きは、ごちゃごちゃといろんなところでつながっているので、まとめて考えてみたい。 まあ、全部詳しく書いたら、時間が足りないってのもあるんやけど^^; このTBSを巡っては、いろんな団体からの日本経済やいろんな権力を含めた、勢力がひしめき合....... more
Tracked from 兄やんの一言モノ申す at 2005-10-31 13:33
タイトル : 【歴史は繰り返す】IT企業やファンドへの批判について
兄やんのチェックしているブログの「Espresso Diary@信州松本」の斉藤さんによれば、 新しい経営が隆盛していくときには、つねに社会にアレルギーのような反応が出る。私は、いまのIT企業やファンドに対する批判も、似たようなものだと考えています。だから、「そのうち慣れ...... more
Tracked from いげやんのアウトロー日記 at 2005-11-01 01:30
タイトル : 4コマ漫画
せっかくの休みだというのに・・・。時間を持て余すとはこういう事を言うのでしょう。寂しい32歳・・^^;いげやんです。コンバンハ。そんな訳で、4コマ漫画初挑戦してみました。まぁ、二度と作らないでしょう。(笑)では、ご覧あれ。お粗末さまでした・・・。^^;... more
Tracked from 乳頭おじさんのニュース解説 at 2005-12-29 12:10
タイトル : ホリエモン次の狙いは日本経団連買収??(東スポ)
 ライブドアが日本経団連に入会することが正式決定しましたが、12月15日付東スポ19面の記事によると、なぜホリエモンが日本経団連に入ろうとしたかというと… (1)メガバンク経営者とコネを作ってM&A資金を得る。 (2)そこに無能な経営者がいれば乗っ取って....... more
Tracked from wellbutrin c.. at 2006-09-12 11:14
タイトル : wellbutrin compare prices
wellbutrin compare prices... more
Commented by CONSAMA at 2005-10-25 22:51 x
私は古い人間ですから、いまでもどうしても旧社会党から抜け出せません。おっしゃるとおり彼らは新自由主義経済の申し子たちかも知れませんが、世界経済を支えているのは会社の株が上がっただの円高だのを全く気にしていない、知らないただの労働者であると思います。
そこんとこをおろそかにすると彼らの存在も語れないと思います。
「全て自分の力で何もかもやってきたんだ」みたいな傲慢な姿勢が見られる人達は私は好きではありません。
ちょっとブログの趣旨とは違うかもしれませんが思ったことを書いてみました。経済を習ったはずなのに経済に疎い私です。
Commented by at 2005-10-26 01:09 x
縦の繋がり、横の繋がりっすね。
深いコメントありがとうございます。

私の縦の繋がりは、体育会の乗りですが、友達感覚。
横の繋がりは、アミーゴ達とのぶっちゃけ話が出来る友達感覚。
どちらも、友達感覚ですね(笑) 年齢は関係ありません。
「心のない奴とは付き合わない」がモットーでやっています。
俺の周りは、肩書きなど関係のないおもろい人達ばかりです。

数字ではなく、心で動く世の中になって欲しいです。
Commented by mew-run7 at 2005-10-26 14:56
CONさま、若さん、コメント有難うございます。m(__)m

>CONさま
このブログの趣旨はそういうことなのです。
なかなか時間がなくて、続きが書けませんが。
私は新自由主義的経済が過度に進むとマズイのでは、ということを
アピールして行きたいと思っています。
もっと一般市民が経済的にも精神的にも安心して暮らせる国であって
欲しいですからね。

>若さん
若さんは数字でもしっかり儲けてるけど(笑)、本当に心を大事にする
人ですものね。
人生ゲームM&A版ができて(ライブドア監修らしい)、親子大会が
開かれるそうです。
もっと色々教えるべきことがあるでしょうに~~~。
ますます将来を憂いてしまう私なのでした。^^;
Commented by at 2005-10-26 22:18 x
俺の含み損の額、知ってます?
聞いたら、「ば~~~~~~~か」って言いたくなるでしょう。
2年に一度の無茶をしてまふ。

数字のマジック&トリックを若いうちから教えてどないするねん!
ってな感じぃ~~(語尾上げる

runさん、今度、茶するべ。
このブログに書けないネタで盛り上がりそうでちゅ~
Commented by mew-run7 at 2005-10-28 01:05
若さん、コメント有難うございます。m(__)m

あまり無茶はなさいませんように。
私は含み損は損にならないまで、ひたすら待つタイプですので。

今ね、小学生対象の株式講座みたいのもあるんですって。
世のしくみがわかるから・・・って、その前に世の中の最低限
のモラルを教える講座にでも通った方がいいと思うんですけどね。

お茶の前に、あのアイスが気になります。<謎
Commented by あらびあ at 2005-10-29 00:47 x
とりあえず、無難な線ですね。(苦笑)

戦後60年経って、今更ながら、ようやく軍隊になったようですけど・・・。

自民党は28日、新憲法起草委員会(委員長・森喜朗前首相)の全体会議と政調審議会、総務会を相次いで開き、新憲法草案を決定した。結論が先送りされていた「前文」は、中曽根康弘元首相が中心にまとめた保守色の強い内容を大幅に改め、象徴天皇制の維持や環境保護の理念などを盛り込んだ。
 焦点の9条では、戦争放棄をうたった1項を現行憲法のまま変えず、2項で自衛軍保持を書き込んだ。また、活動内容に国際貢献や緊急事態への対応を追加した。将来の憲法改正の具体化を意識し、民主党などと歩み寄りの余地を残した。
 草案は現行憲法の99条(補足を除く)に対応する形で構成。前文と9条改正については同日午前、小泉純一郎首相と森氏が会談し、最終決定した。
Commented at 2005-10-29 00:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mew-run7 at 2005-10-29 01:28
あらびあさん、コメント有難うございます。

まだ改草案を全て読んでいないのですが。前文、9条、憲法改正の
ところなどは、個人的には大反対かも知れません。

本当は「先生」と呼ばれる職業の人は、それなりの自覚と誇りを持って
人々のために働かなくてはならない存在なのにな~と思うです。
単に身分的に高いからというだけでなく、そのような役割も担っている
から「先生」と呼ぶようになったのではないかと思うのにな~。
Commented by ken at 2006-06-04 22:26 x
資本主義体制そのものが日本人の発想で造られたもので無いので、良くも悪くも「日本式資本主義」に対して、欧米タイプの資本主義の金儲けスタイルにビックリしているというのが現実でしょう。日本人の常識としては会社の筆頭株主が例えば放送企業なり鉄道企業の企業理念もなければ企業成長のビジョンもなく、ただただ「株を売りさばいて儲けさえすれば良い」株主などとは夢にも思わない。
インサイダー取り引きの有無は別にしてこれ自体は決して違法では無い。まあ、暴力団と同じですね。暴力団も合法的な所で存在を計る。 従って、決して若者達が村上ファンドを見習うような対象では無い。 堀江氏の能力はどのようなものか理解していないが、少なくともIT業界の形態を造り出した、ビルゲイツやジョン・スカリーのような「創造的な能力」は持ち合わせているとは思えない。ただの、金儲けに血眼になる若者? 決してどこかの企業が彼を拾って「企業成長の指導者」として活躍を期待する事は「先ず、無い」でしょう。