日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

小沢の共謀共同正犯&検審の補助弁護士の問題+競馬&震災復興支援の方法

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 昨日10日は、JRA&地方競馬が一体となって「絆~競馬で
こころが一つになる日」&「岩手競馬を支援する日」だった。

 JRA東京競馬場では、例年は岩手競馬で開催されるダート統一
GI「南部杯」が行なわれたのだが。逃げるエスポワールシチーを
トランセンド、ダノンカモンがとらえて、ゴール前は大接戦に。
 ぶっちの1番人気だったトランセンドwith藤田騎手が、最後に
ダノンカモンを差し返し、優勝した。(*^^)v祝
 
 昨日は、東京競馬場の一場開催だったのだが<あくまでも、
岩手競馬&復興支援のための競馬開催だったので>、好天に
恵まれたこともあって、入場人員は毎日王冠が行なわれた9日
より多く約6万人もあったとのこと。
 南部杯の売り上げも、70億円を超え、盛岡競馬場で行なわれた
昨年の5億円強の約14倍にもなったという。(・o・)

 JRAは、南部杯とWIN5などの売り上げ金の一部を岩手競馬
岩手県競馬&被災地支援のために拠出することになっているの
だけど、まだ金額は公表されていないのが気がかり。<「一部」
っていう言い方がね~。>岩手競馬最大のGI開催を託したの
だから、ド~ンと支援金を拠出して欲しいと願っている。(・・)

<本当に残念なことに、岩手(水沢)から遠征&出走したロック
ハンドスター(岩+手+星)が足を骨折&予後不良に。心から
お悔やみ申し上げます。>

* * * * *

 そして岩手競馬では、この日、新設された重賞「絆カップ」
などが開催されたのだが。「絆カップ」は、岩手出身で今は
船橋競馬に所属するリュウノボーイが地元・村上忍騎手の騎乗
で優勝。(*^^)v祝
 また東北出身の騎手によって競われた「東北ジョッキーズC」は、
まさに被災地となった福島県相馬市の出身&大井所属の高野毅騎手
が優勝した。(*^^)v祝

<ちなみに、高野騎手は弟も大井競馬の騎手。父親は相馬野馬
追いの関係者で、家で野馬追いの馬を飼っており、それが騎手に
なるきっかけになったという。(兄弟のインタビュー、コチラ
 2位は北海道の服部騎手。(宮城出身)。そして3位には何と
1戦めで勝った川崎の拜原騎手(福島出身)が。何故、「何と」
なのかは、南関ファンならわかる!?(@@)>

 全国各地の地方競馬場でも、色々な形で、岩手競馬の支援が
行なわれていたのだが。
 mewのホーム(?)の大井競馬場でも、岩手競馬の馬券販売
&被災地支援の催しが行なわれていた。<開門&終了時には騎手
が全員そろって、募金活動も実施していた。>mewも、いつも
より多めに岩手競馬の馬券を購入<1個も当たらなかったけど^^;>
+αで参加してみたです。"^_^"

<このブログで連日、広報係をしたご褒美だったのか、三連休で
500倍以上の馬券を2本ゲットできて、ご機嫌のmew。(~~)>

* * * * *

 そして、この10日の催しに関わったor参加して下さった
JRA&地方競馬の関係者&ファンの方々には、本当におつかれ
さま&有難うございました。m(__)m
 
 mewが今回、超微力ながら、この「絆~競馬でこころが一つ
になる日」の企画を盛り上げる手伝いをしたいと思ったのは、
これから被災地の復興のためには、長い間、多額の支援が必要に
なる&それを忘れずに、多くの人たちが協力して行くためには、
自分たちの好きなこと、楽しめることを通じて応援して行くのが
いい方法なのではないかと思っているからだ。(・・)

 スポーツや音楽、その他アーティスト、文化人などによる支援
も一つの方法だと思うし。
 競馬はスポーツであると同時にギャンブルの側面もあるので、
「ギャンブルで支援なんて」って眉をひそめる人もいるかも
知れないのだけど・・・。
 mewは、公正に行なわれているものであれば、ギャンブルを
通じてでもOKだと思うし。
 治安維持さえきちんとできれば、東北に公営のカジノ+複合施設
を作る計画もありだと思うし。<沖縄振興でも検討の余地あり。>
 あと、国が関わる形で、高額賞金の「復興宝くじ」を定期的に
発行するとかね。
 単にお金を寄付するというのではなく、一般ピ~プルが楽しんで
参加しながら、被災地支援を意識できる&しかも経済支援に
つながるような方法を、色々と工夫して続けて行くことが大切なの
ではないかな~と思う今日この頃のmewなのだった。(+_+)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 話は全く変わって・・・。小沢一郎氏に起訴相当議決を出した
検察審査会&共謀共同正犯に関連することを。

 先に、小沢氏の2回めの検察審査会の審査補助を務めた吉田
氏が、先週4日に朝日新聞の取材に応えた記事を見つけたので
それをアップしたい。

『民主党元代表・小沢一郎被告(69)の初公判が6日、東京地裁
で開かれる。「起訴すべきだ」と決めたのは、11人の市民で構成
する検察審査会による2度にわたる議決だ。法的な助言をするため
に同席した吉田繁実弁護士(60)は初公判を前に取材に応じ、
「素人の感情的な判断という批判は見当違いだ」と語った。

 同席したのは、昨年8~10月の2回目の審査。強制的に起訴
するかを決める2回目は、慎重を期すために「審査補助員」として
弁護士が立ち会う仕組みだ。

 「法律家としては、どうお考えですか?」「判例はどうなって
いますか?」

 審査員11人の平均年齢は34.55歳。頻繁に集まって東京
地検特捜部の捜査記録を読み、疑問をぶつけ合った。

 議論の焦点は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の2004年
の土地取引をめぐり、政治資金収支報告書に元秘書と共謀して
うその記載をしたかどうか。

 質問を受けた吉田弁護士は、上下関係がある場合に共謀を認めた
過去の判例を解説した。審査員らは、不起訴にした特捜部の副部長
も呼び、判例への見解などを何度も聞いた。 <朝日新聞4日>

* * * * *

 小沢氏が今、公判を受けているのは、東京地検特捜部が2度に
わたって不起訴処分を下したものの、検察審査会によって2度の
起訴相当の議決を受けて、強制起訴されることになったからなの
だけど・・・。
 詳しいことは後述するが、検察審査会の審査&議決に関して、
かなり問題視されていたこととして「共謀共同正犯の認定の仕方」
と「審査補助員の関与の仕方」があった。(-"-)

<審査補助員=法律の素人の審査員に専門的なことを説明したり
専門家としてアドバイスをしたりする役割。通常、弁護士などに
依頼する。>

 で、このブログでは、ずっと小沢氏の検察審査会の審査の経過や、
検察審査会に関する問題を扱っており<リストはコチラ>、上述の
ことも、アレコレ書いて来ていて。
 共謀共同正犯の認定や審査補助に関わる問題についても書いて
いるのだが。<昨年4月の『検察審査会のあり方&問題点・・・
刑事手続で、庶民感情を優先させるのは、アブナイ
』『検審補助
の弁護士は、こんな人+検察&審査会の安易な判断に疑問符
』。
 昨年10月の『検審の議決までの経緯が判明&次々に起きる疑問・・・』など。>

 吉田弁護士は、この10月の記事に登場している。(・・)

* * * * *

『9月上旬には、「起訴議決」を出す場合に義務付けられている
検察官の意見聴取を行った。意見聴取では、東京地検特捜部の斎藤
隆博副部長が1時間以上にわたって説明。斎藤副部長は「元秘書ら
の供述だけでは、小沢氏と元秘書らとの共謀の成立を認めるのは
難しい。有罪を取るには、慎重に証拠を検討することが必要です」
などと、審査員らに訴えたという。

 審査員に法律的な助言をする審査補助員を務めた吉田繁実弁護士
は、暴力団内部の共謀の成否が争点となった判例や、犯罪の実行
行為者でなくても謀議に参加すれば共犯として有罪になるなどと
認定した1958年の最高裁大法廷判決を審査員に示し、「暴力団
や政治家という違いは考えずに、上下関係で判断して下さい」と
説明した。<読売新聞10年10月6日>』

 しかも、上の記事には、8~10月まで審査に同席したとあるが、
吉田弁護士が審査補助員に選ばれたのは、9月7日。
 しかも、そして、早くも1週間後の9月14日には、審査員が
起訴相当の議決を出したことがわかっている。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 しかも、この9月14日は、民主党の代表選(菅vs.小沢)が
行なわれた日。^^;
『吉田繁実弁護士は、議決書の公表後に取材に応じ、「相当の回数
審議した。審査員の意見を盛り込むのに時間がかかった」と
述べた。
 吉田弁護士は、議決日が民主党代表選当日の9月14日だった
ことについては、「1日中審議をしており、影響はなかった」と
した。<時事通信10年10月5日>』

 審査会としては、代表選の結果に左右されず審査を行ないたい
という意向もあったのかも知れないが。
 東京地検特捜部副部長が、共謀の成立を認めるのは困難だと
して、慎重な証拠の検討を要請していたにもかかわらず、吉田氏
が補助員として加わってから、わずか1週間で共謀共同正犯と
して起訴すべきだという議決を出してしまったのである。(-"-)

* * * * *

 先週6日から小沢氏の初公判が始まったのだが。その公判の
最大の争点も「小沢氏と秘書の間に、共謀があったのか」と
いうことになると言われている。(**)
<その前段階として、色々と問題があるのだけどね。>

 小沢氏は、一昨年秋、この件に関して、秘書らと共に(得体の
知れない&保守系の?)市民団体によって、東京地検に告発され
昨年1月に特捜部が事務所や秘書らの強制捜査&小沢氏の任意の
取調べを行なったのだが。
 結局、東京地検は、共謀関係に関して嫌疑不十分であるという
ことで、小沢氏を不起訴処分にした。

 検察がこのような判断を下した大きな理由の一つは、共謀共同
正犯というのは、刑法に直接には規定されておらず、60条の共同
正犯の一類型として理論上、認められている犯罪なので、<ある
意味でかなり特別なものなので>、安易にそれを認定することは
許されないし、また、その立証を行なうことも容易ではないこと
にあった。(・・)

* * * * *
 
  「共謀共同正犯」に関する問題は、刑法的にかなり難しい話が
アレコレ絡むので、ここでは割愛するが。<とりあえず、
wikipediaの説明はコチラに。>
 
 今でも、刑法学の世界では、このような犯罪を認めていいのか
賛否両論があるような状況だし。裁判所が認めているので、判例上
は確立されているものの、実務上も学問の世界でも、もし認めると
しても、その範囲を厳格にとらえる必要があると考えられている
ものなのだ。(・・)

<それこそ吉田弁護士も例に出していたように、たとえば暴力団
で、組員が幹部の指示や協議などによって誰かを殺害した場合、
殺人の実行行為をしたその組員だけしか正犯として罰せないのは
問題なのではないかというということで、刑法理論上、やや強引に
認めた犯罪の形であって。一般的なケースに安易に使ったり、
認めたりしてはいけないものなのである。(上下関係があれば
OKというものではない。)
それを吉田氏は、「暴力団や政治家という違いは考えずに、
上下関係で判断して下さい」とアドバイスしたのよね。(-"-)>


* * * * *

 でも、この不起訴処分を不満に思った市民団体などが、今度は
検察審査会の審査申し立てを行なったため、小沢氏はその審査を
受けることになってしまったわけだが・・・。

 mewは、この記事にも書いて来たように、審査の最中から、
いわば刑法の素人である検察審査会の審査員が、この難しい&
特殊な「共謀共同正犯」に関して、きちんと理解した上で審査を
できるのか、かなり疑問&不安に思うところがあったし。
 難しい問題であるだけに、尚更に、審査補助の弁護士がきちんと
説明&アドバイスすることが求められるとも思っていたのだけど。
 
 ところが、1回めも2回めも、小沢氏と秘書の共謀共同正犯を
ろくに証拠もないのに、安易にあっさり認める議決が行なわれる
ことになって。(・o・)
 しかも、議決文を見ていて、もしかしたら審査補助員の弁護士が、
市民感情による判断を容認すると共に、共謀共同正犯を認める方向
に誘導するような説明を行なったのではないかと疑ってしまいたく
なるところがあった。(ーー゛)

 そして、これは、今後の検察審査会の大きな課題になるのでは
ないかとも考えている。(-"-)

* * * * *

 ただ、この検察審査会の議決は、当時、小沢氏の秘書だった石川
知裕氏の供述調書<小沢氏への報告&了解について供述)を最大の
証拠にして共謀関係を認めているのだけど。
 石川氏本人の公判では、東京地裁が、この供述は検察の威迫や
誘導により行なわれたものだとして任意性を否定され、証拠採用
を却下している。
 それゆえ、小沢氏&弁護側は、この議決に基づく強制起訴は
違法捜査に基づくもので無効だと主張。また、もし小沢公判でも
この供述調書が証拠不採用となれば、共謀関係を認めることが
できる証拠はほとんどにことになる。(・・) 

 また、小沢氏の弁護団の長を務める弘中弁護士は、同じく共謀
共同正犯(部下と共謀して妻を殺害)で起訴されたロス疑惑の
三浦和義氏を無罪に導いているので、<ケースはかなり違うとは
いえ>その点でも期待してしまうところがある。(**)

 ・・・というわけで<またまた長くなってしまって申し訳ない
のだけど>、今度の公判で、検察役&弁護側が、この共謀関係に
ついてお互いにどのような主張を行なうのか、裁判所がどのような
判断を行なうのかに注目をしているmewなのだった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。



  
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/15846492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2011-10-11 16:44
タイトル : 小沢さんは政治家としてもう報道価値はないのか?
 経済評論家の山崎 元さんがダイヤモンド・オンラインで 「小沢一郎、卒業」のすすめという気になる論文を書いています。  政治では専門外の経済評論家の考えもそれなりに参考になると思って概要を書きました。 *小沢一郎氏、注目不要の理由 (緑字は私の付記)  筆...... more
by mew-run7 | 2011-10-11 11:32 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7