「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍、ない記録を「確認した」..
at 2018-05-23 11:56
政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47
内閣府次長、加計の車を使うも..
at 2018-05-19 00:30
麻生暴言、拉致問題や北朝外交..
at 2018-05-18 03:21
追悼・岸井成格さん~権力に臆..
at 2018-05-17 00:28

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

インターネット関連事業は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の高い要求・核開発技..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
過労死ラインの働き方改革..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢が退院&異議申し立て+体制維持を目指す電力会社&政治家+世界体操

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 昨日は、世界体操の男子団体が行なわれ、中国が275.161点
で優勝し、5連覇を果たした。(*^^)v祝
 33年ぶりの優勝を目指した日本は、最終種目の鉄棒で2人落下
したこともあって、273.093点で、3大会連続の2位に
終わった。(-"-) <しかも、3位の米国とはわずか0.1差。^^;>

 全体的な経過を報じた記事を、*1にアップしておくが・・・。
 日本は1種目めの床で、スペシャリストの沖口が16点台を
マークし、まあまあのスタートを切ったのだが。2種目めのあん馬
で主将・小林がまさかの落下。(・o・)
 しかし、3~5種目めのつり輪、跳馬、平行棒とも大きなミス
がなく、8チーム中最高得点を出して追い上げ、4種目めには
TOPに浮上。5種目には、中国が1位に上がるも、その差
わずか0.6点で、最終種目の鉄棒を迎えた。(@@)

 この時点で内村は「流れは日本に向いている。ふつうにやれば
逆転できる」と思っていたという。(・・)mew,too.

ただ、ここでメンバーを見て、一瞬、不安が・・・。
 トップバッターの田中和仁は、昨年の世界体操で、やはり中国を
追って迎えた最終種目の鉄棒で落下。逆転の芽をつんでしまい、
試合後、大泣きしていた姿が脳裏をかすめたからだ。(~_~;) 
 でも、田中和仁は、コーチの指示で安全策をとり離れ技のコール
マンを外したものの、そこそこいい演技を見せて、見事にリベンジ
を果たしたのだけど・・・。
 次に登場した末弟の佑典くんも、予選でクビを痛め、十分な練習
ができなかったようなので、その点が心配に。ただ、平行棒で
いい演技をしていたし、何とかしのいでくれ~と祈るような気持ち
で見ていたのだが、残念ながら大技・コバチで鉄棒を掴めず落下。
 最後の内村も、この落下に加え、大会の演出orTV放映の都合
もあったのか、演技をかなり待たされために集中力が切れて
しまったようで、コバチで落下し、逆転優勝を果たせずに
終わったのだった。(-"-)

 中国との差は、2点強なので、単純に計算すれば、3人が落下
しなければプラス3点で、日本が優勝できたわけで。<実際は、
そう単純には行かないものだけど。^^; でも、たぶん1人落下に
とどめておけば、落下しなかった選手が+αの点数をとれたので
逆転可能だったのでは?(・・)>

 日本チームは自国開催での33年ぶりの優勝を目指して、この
1年、団体戦をメインに考えて練習して来ただけに、本当に悔しい
&決勝で大きなミスを出してはいけないことを改めて痛感させ
られた大会になったのではないかと思う。^_^;

 ただ、日本チームは、得意種目で力を発揮できる選手が増えて、
昨年よりも得点力がアップしていることがわかったし。
 高得点が期待できる&まだ21歳の田中佑典くんも、いい勉強が
できたし。<本人は落下を申し訳ないとわびながらも、試合が
終わってから「(兄に)『去年のオレを見てるみたいやな』と言わ
れましたが、オレ、泣いてませんし。銀でもうれしいですから」
とケロッと語っていたりして、ある意味では、頼もしいかも。>
 
 内村も、「日本らしい、美しい演技をすれば、絶対、中国には
勝てると思うので、ロンドンオリンピックが本番だと思って、これ
からまた練習し直したいなと思います」と、ロンドン五輪での
リベンジを誓っていた。"^_^"

<内村は、大会前から足の調子が悪く、昨日の決勝でも跳馬の技
を変更するなどしながら、何とか6種目全てをこなすような状態
だったのだけど。この後、個人戦が待っている(個人総合で
3連覇がかかっているし。種目別でも5つも決勝に残っている)
ので、ムリをし過ぎない程度にp(*^-^*)q がんばっ♪です。>

* * * * *

 さて、政治関連の話を・・・。

 6日夜に尿管結石のため入院していた小沢一郎氏が、10日夜に
退院。14日の2回めの公判には出席する予定だという。

『尿管結石で6日から入院していた民主党の小沢一郎元代表は
10日夜、入院先の日本医科大病院(東京都文京区)を退院した。
元代表の事務所によると、14日に予定される自身の第2回公判に
ついて、元代表は「現時点で延ばすことは考えていない」と弁護士
側に伝えているという。
 元代表は初公判のあった6日夜に腰の痛みを訴え、東京都内の
自宅から救急車で同病院に搬送された。結石はまだ体内にあるもの
の、入院治療よりも普通に生活している方が石が出やすいという
担当医の判断により、自宅療養することになった。<毎日新聞
11日>』

 尿管結石が、早くスムーズに排出されるといいですね~。(・・)

* * * * * 

 そして、小沢氏の公判に関するニュースを。
 
『資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記載
事件で、政治資金規正法違反罪に問われた民主党元代表、小沢一郎
被告(69)の弁護団は12日、検察官役の指定弁護士の冒頭陳述
に対し、「意見にすぎず、予断と偏見を与える」として一部の削除
を求める異議申立書を東京地裁と指定弁護士に提出した。

 弁護団が「証拠により証明しようとする事実から逸脱している」
と指摘したのは、(1)小沢被告が土地購入のために用立てた
4億円について「出所に関する説明は一貫性も合理性も欠く。今に
至るも出所について明確に説明していない」(2)陸山会の不動産
購入について「『国民の浄財』である政治資金の使途として合理性
に疑問」-とした部分。

 指定弁護士は書面で反論する予定。4億円の原資に関する説明が
変遷していた元代表の供述調書の証拠請求は初公判前に撤回したが、
「被告人質問で立証は可能」としている。<産経新聞12日>』

『元代表の供述調書は証拠請求されておらず、弁護側は「証拠に
基づかない意見、評価だ」としている。<毎日新聞12日>』

* * * * *

 1の「小沢氏の説明が明確ではない」という部分は、検察審査会
の2回めの議決でも指摘されていたことで。<コチラの議決要旨
の「4・小沢氏供述の信用性」のところ。>検察役は、それを冒頭
陳述にも入れ込んだのではないかと思うのだけど。
 mewは、審査会の議決を見た時も、審査員は供述調書だけで
なく、マスコミの報道の影響を受けたのではないかな~と思う
ところがあったのだ。^^; 

<今もそうだけど、当時も、小沢氏の説明が変わったと指摘する
メディアや野党議員が多かったしね~。(~_~;)
 審査員は、一般ピ~プルであるだけに、司法関係者の何倍も
それまでに見たマスコミ報道の影響を受けやすいところがある
ので、それも今後の検察審査会の問題点になると思うです。(・・)>

 しかも、今回の裁判では、小沢氏の供述調書は証拠として採用
されていない以上、小沢氏の説明が変わったかどうかを示す証拠
はないわけで。それをあたかも既成事実であるかのように公判に
持ち出すのはルール違反&裁判官に予断を与えるおそれがあるし。

 さらに、2の不動産購入の部分は、まさに検察役が個人的な見解
を述べているに過ぎないもので。<法的には禁止されていないもの
なのだから、刑事裁判の審理の対象になることでもないし。>
 両方とも、マスコミが書くのならいざ知らず、検察役が刑事訴訟
の冒頭陳述で述べるべきことではないように思う。(-"-)  

 小沢弁護団は、初公判の中で、検察役の冒頭陳述が終わった後、
これらの削除を要求していたのだけど。検察役の指定弁護士は、
結局、削除することに同意せず、書面で反論すると回答したとの
こと。
 そこで、弁護団は上述のように異議申し立てを行なうことに
したのだと思われる。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *

 次に、前記事『東電のダミー献金は、西松事件と類似&自民党
との癒着
』に関連することを・・・。

 前記事で、東電が役員を通じて自民党の政党団体や国会議員に
資金などの支援していたという話を書いたのだが。
 朝日新聞には、こんな記事も出ていた。

『国の9電力会社役員が業界団体主催の朝食会で、所管官庁の
経済産業省と関係がある議員を中心とした自民党議員数十人と
顔合わせしたうえ、担当議員を分担、選挙時の資金協力や飲食接待
などを行っていたことが分かった。参加した議員秘書らが明らかに
した。

 東京電力で組織的なパーティー券購入や、会社側が役員の個人
献金を差配していたことが判明したが、新たに電力各社が連携して
政界工作にあたってきた構図が浮上した。こうした工作は1990
年代に盛んに行われ、顔合わせの朝食会は近年も続いていたという。

 議員秘書や電力会社元幹部によると、全国の電力会社でつくる
業界団体「電気事業連合会(電事連)」主催の朝食会は、東京都内
のホテルを会場に2~3カ月に1回のペースで実施。また、不定期
で電力数社と議員らのランチ会もあった。<朝日新聞8日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 上の記事にもあるように、このような(選挙支援も含め)利益
分配の政官財の癒着関係は、東電に限らず、各電力会社にもあった
であろうことは言うまでもないし。
 国会議員に限らず、原発を設けているor今後、建設する予定の
地域の自治体の長や議員、役人との間などでも、利益分配&癒着
の構図があったことも間違いないだろう。(・・)

<電力会社は、原発以外にも関連する自治体が望むような施設など
を建設する費用を出すことで、メリットを与えるケースもあるし。
 それこそ『九電と玄海町長、佐賀県知事との癒着&利権を分け
合う構図が明らかに
』という記事にも書いたように、玄海原発の
ある玄海町の場合、町長の父や弟が経営している建設会社が
アレコレ受注してたりするからね~。(ーー゛)
 何か九電の会長も、親族企業に原発関連工事の受注をクチきき
していたとか?(・o・)(*2)>

* * * * *

 また上のリンク記事にも書いたように、玄海原発に関しては、
佐賀県の古川知事と九電との関係や、両者で協議して行なったと
される「やらせメール」事件が問題視されているのだけど・・・。

<古川知事の父親はかつて九電の社員&玄海原発のPR館の館長
を務めていた人で。古川氏も自民党が原発政策をさらに推進を
するために知事選に出馬させたと言われている。^^;>
 
 やらせメール事件を調査するために九電が設けた第三者委員会
は、関係者のヒアリングを行なったり、知事の発言のメモなどを
もとにして、9月末に最終報告を公表&九電に提出。

『公表した調査結果で、05年12月に県が企画した玄海原発
(佐賀県玄海町)のプルサーマル計画をめぐる説明会で、県の
要請を受けて複数の九電関係者がやらせ質問をしたことを認定。
やらせについて、当時の古川康知事と松尾新吾社長(現会長)
との間に「何らかの意思疎通があったとみるのが合理的」
と指摘』していたのだが。<朝日新聞12日>

 それでも、古川知事は、自分は関わっていないと強く否定。
 そして、何と九電も、この調査結果を無視して、国に提出する
「やらせメール」問題の最終報告書で、古川知事の関与を否定して
いることがわかったという。(゚Д゚))

『九州電力が国に提出する「やらせメール」問題の最終報告書で、
2005年の原発説明会でのやらせ質問に佐賀県が関与していた
とした第三者委員会(委員長=郷原信郎弁護士)の調査結果を
事実上、否定していることがわかった。信頼回復のために自ら
設置した第三者委の指摘を否定するのは極めて異例。原発の
再稼働で同意が欠かせない佐賀県を徹底して守る姿勢に批判が
集まりそうだ。
 九電は14日午前の臨時取締役会で、最終報告書と関係者の
処分を決める。報告書は同日中に第三者委の調査結果とともに、
経済産業省に提出する予定だ。<朝日新聞12日>』

* * * * *

 これには、第三者委員会の長を務めていた郷原弁護士も、
かなり呆れていたとのこと。

『第三者委員会の結論を受け入れない方針を固めたことについて、
第三者委の委員長を務めた郷原信郎弁護士は12日、配信した
メールマガジンで九電を痛烈に批判した。「第三者委の報告書を
無視し、独自見解に基づいて経産省に報告を行おうとしていると
すれば、現在の体制を維持しようとする経営者の暴走」などと
している。<読売新聞12日>』(詳しい関連記事*3に)

 郷原氏の「現在の体制を維持しようとする経営者の暴走」と
いう言葉を見て、mewは前記事に載せた自民党の河野太郎氏の
発言を思い出していた。
「党内には『ほとぼりが冷めるのを待とう』と平然と言う人間
が出てきている」(-_-;)

 結局、電力会社も、彼らと結託して原発政策を推進しようと
して来た国会議員や地方自治体の首長などの政治家や役人なども、
だ~れも、原発事故や「やらせ問題」のことなど、ろくに反省
をしていないわけで。

<「脱原発」を標榜するジャマっけな首相もいなくなって、野田&
前原政権は、原発には理解があるし。それこそ、近いうちに自民党
に政権が戻れば、こっちのもんだし・・・って感じかな?(>_<)>

 とりあえず「ほとぼりがさめる」のを待って、また原発推進
政策や政官財癒着などの体制維持をして行く気で満々なので
はないかと思うmewなのだった。(@@)
 
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。





*1

『第43回世界体操競技選手権・東京大会、男子団体決勝。「体操日本」復活へ、その使命を託された日本代表選手たちが、世界体操4連続金メダルの中国に挑んだ。
日本の第1種目は「ゆか」で、エース・内村航平選手(22)が先陣を切った。
プレッシャーのかかる最初の演技者として、しっかりと役目を果たした内村選手。
日本は3位と、順調なスタートを切った。
2種目目「あん馬」で、小林研也選手(27)が痛恨の落下。
予選とは異なり、3人が演技し、全員の合計得点で競う決勝で、痛すぎるミスが出た。
それでも、3種目目の「つり輪」では、予選で全体2位の高得点をたたき出した、つり輪のスペシャリスト・山室光史選手(22)の安定した演技で、4位へと順位を上げ、前半を折り返した。
トップとの差は、およそ3.8ポイント。
得意の「跳馬」で得点を稼ぎたい日本は、エース・内村選手に託した。
予選ではひざをついてしまった内村選手だが、不安を感じさせないこん身の跳躍を見せた。
続く、跳馬のスペシャリスト・沖口 誠選手(25)は、Dスコア7.0の大技「ロペス」。
3番手の山室選手も、「ロペス」でつなぎ、この時点で1位ロシアを抜き、トップに立った。
このまま勢いに乗りたい日本、5種目目「平行棒」では、2009年の種目別銅メダリスト・田中和仁選手(26)が、満を持して登場。
エース・内村選手もほれ込む美しい体操で、高得点をマークした。
しかし、ライバル・中国も、得意の「鉄棒」で得点を伸ばし、トップに躍り出た。
日本は、わずか0.6ポイント差で最終種目を迎えた。
逆転優勝を狙う日本の「鉄棒」、2番手には、予選1位の田中佑典選手(21)が登場した。
ミスが許されない場面で、痛恨の落下、金メダルが大きく遠のいた。
最終演技者は、この大会で団体金メダルにこだわり続けた内村選手。
しかし、演技途中で落下。
すべてを団体にかけてきた内村選手、最後は意地のフィニッシュを見せた。
日本の最終結果は、ライバル・中国とおよそ2ポイント差だった。
悲願の団体金メダルを狙った日本は、銀メダルに終わった。
内村選手は「(銀メダル、率直な気持ちは?)悔しいですけど、ミスしてしまったので、しょうがないかなという、ちょっと変な気持ちですね」と話した。
小林選手は「ミスは僕から(あん馬)始まっているので、きょうの。僕が落下していなければ、状況は変わっていただろうし。ミスしない練習と、ミスしない精神力の強さと両方必要で、それを養う練習をしっかりとしないといけないかなと思います」と話した。
内村選手は「(団体で『金』という強い思いを口にしていたが?)絶対(金メダルを)取れる位置にいて取れないというのが、ミスは出ているんですけど、そこがすごく悔しいです。日本らしい、美しい演技をすれば、絶対、中国には勝てると思うので、ロンドンオリンピックが本番だと思って、これからまた練習し直したいなと思います」、「(ロンドン五輪への抱負は?)まだ試合があと3日間(個人総合・種目別)あるので、とりあえずそこでしっかりやることを目標に。ロンドンは、終わってから考えたいと思います」と話した。 <FNN12日>』  


* * * * * *

*2

『九州電力の松尾新吾会長が、親族が取締役を務める建設会社(福岡市)の依頼でゼネコンに口利きをした問題があり、この会社が2005~10年度、玄海原発(佐賀県)や川内原発(鹿児島県)関連など九電発注工事を計約5億3千万円分受注していたことがわかった。

 建設会社が福岡県に提出した工事経歴書によると、川内原発の廃棄物貯蔵庫新築工事(1億4千万円)や玄海原発の結露防止塗装工事(450万円)など、原発関連工事が約3億2千万円で6割に上る。ほかに、九電から発注を受けたゼネコンの下請けで、福岡市内の渡辺通2丁目開発計画北ビル新築工事(1億8千万円)なども手がけていた。

 信用調査会社によると、この会社は松尾会長の親族の男性(51)が1992年に設立。松尾会長は親族の依頼を受け、九電の発注先のゼネコンに口利きしたことを認めている。
<朝日新聞12日>』


* * * * *

*3

『 「経営者の暴走」と言わざるを得ない――。

 九州電力の「やらせメール」問題を巡り、同社の第三者委員会委員長を務めた郷原信郎弁護士は12日に配信した自らのメールマガジンで、第三者委の調査結果に反論を繰り返した経営トップの対応を厳しく批判した。

 第三者委は9月末の最終報告書で、九電玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働を巡る佐賀県民向け説明会でのやらせメール投稿は、九電幹部への古川康知事の発言が「決定的な影響を与えた」と認定した。九電は「知事発言の真意と異なる(社内)メモが発端」との主張を展開。両者の対立が深まっていた。

 郷原氏はメルマガで、メモが知事発言を正確に記載している以上、「メモが発端」という九電の見解は「論理的に全く成り立ちえない」と強調。九電が14日にも経済産業省に提出する最終報告で自社の見解に固執した場合、それは「社会常識に反する行為」であり、「現在の経営体制を維持しようとする」意図を映していると断じている。

 郷原氏は「経営者の暴走」で九電の信頼が失墜し大きな損失が生じれば、容認した取締役、監査役が「株主代表訴訟によって損害賠償請求を受ける可能性もないとは言えない」と同社役員をけん制。特に社外役員は「臨時取締役会などの場で適切に対応し、『暴走』を止めるために最大限の努力を行うべき」だと、異例の“呼びかけ”も試みている。
<NIKKEI13日>』
[PR]
by mew-run7 | 2011-10-13 09:39 | 政治・社会一般 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/15885747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2011-10-13 21:29
タイトル : 米国人が見た米国の若者の運動と日本
 私はの自分の情報収集力不足を補う為に、なるべく広い範囲でのブログをチェックしています。  その中で「異邦人から見た世界と日本」と言う米国の方のブログの「ウォール街を占拠せよ!・ Occupy Wall Street!」と言う気になる文章を見つけたのでその概要を紹介します...... more