日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

小沢も動く?、自民も擦り寄る橋下争奪戦+武器輸出原則の見直しが進む

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 まず、mewがこだわっている「武器輸出(禁止)原則の見直し」
の話から。

<mewは、日本の平和主義を守るためには、「集団的自衛権の
禁止の憲法解釈」「非核三原則」「武器輸出三原則」を堅持する
ことが必要だと考えている。(あと自衛隊が、原則として海外活動
において、武器使用の禁止していることも維持したい。)>
 
 折角、これらの諸原則の見直しに懸命になっていた自民党の
政権が終わり、民主党政権に代わって、鳩山元首相はこれをスル~、
菅前首相もドタン場で見直しを否定したため、チョット安心した
気持ちになっていたのに・・・。

 ところが、今年9月に始まった野田&前原政権では、前原誠司氏
が同月に米国で行なった講演で、諸原則の見直しをすべきだと発言
し、それを実現すべく着々と準備を進めているのである。(ノ_-。)
<関連記事・『やっぱ野田&前原政権は、アブナイ! 』>

* * * * *
 
 前原政調会長は、先月、政府&与党の防衛部門会議に、この
原則の見直しを検討することを正式に要請。これを受けて、防衛
部門会議は、すぐにOKの結論を出し、昨日から政府内での
検討会がスタートした。^^;
 そして、彼らは、この件もTPPや消費税同様に「結論、先に
ありき」の方針で臨み、早急に閣議決定をして、来年1月に
米ホワイトハウスを訪問する際に、オバマ大統領への手土産に
したいと考えているようなのである。(-"-)

『政府は28日、武器輸出を事実上全面禁止している「武器輸出
三原則」に関する副大臣級検討会議の初会合を首相官邸で開き、
三原則緩和に向けた議論を始めた。戦闘機などの国際共同開発に
日本の防衛産業を参加できるようにするための緩和措置が検討の
柱で、数回の会合を経て結論をまとめ、野田佳彦首相と閣僚で政府
方針を決める。

 会議は長浜博行官房副長官を座長に長島昭久首相補佐官、防衛省
の渡辺周、外務省の山根隆治、経済産業省の松下忠洋の3副大臣で
構成。藤村修官房長官は28日の記者会見で「防衛装備品をめぐる
国際的な環境変化に対する方策を幅広く検討する非公式会合だ」
との認識を示し、結論を出す時期は明言しなかった。

 民主党政策調査会の防衛部門会議も10月に三原則の早急な
見直しを求める方針を確認している。<産経新聞28日>』

『野田政権の内部には年明けの日米首脳会談を視野に入れて、
年内に三原則の緩和を明確にすべきだという意見があります。
<TBS28日>』

* * * * *

 この武器輸出(禁止)原則の見直しに関しては、米国だけで
なく、経団連などを中心に、軍事産業の分野を拡大して利益を
得たい企業などからの要望も強くなっているし。
 また次期戦闘機や日米のミサイル防衛の問題が絡んでいる
ほか<*1>、近い将来、できるだけ自前で武器や軍用機や
車両を調達したいと考えている防衛省や国防族議員たちも
積極的に動いており、野田政権としては、年内にも一気に
話を決めたい様子。(-"-)

 また、今月18日には石原都知事までが、原則見直しを求める
発言を行なっている。

『東京都の石原慎太郎知事は18日の記者会見で、航空自衛隊の
次期主力戦闘機選定に関連し、「日本にとって、世界の中にない
優秀な武器を造って売ることが一番の抑止力になるし、防衛力に
なる」と述べ、原則として全ての武器と関連技術の輸出を禁止する
政府の武器輸出三原則を見直すよう求めた。
 石原知事は会見で、「三木武夫というばかな総理大臣が、武器の
輸出を禁止するみたいな変なものをつくった。それが何となく
生きている」と指摘。「私は見直すべきだと思う。隣のシナにそれ
だけの技術があるかと言えば、あるようでないし、ないようである。
(日本は)もっと効率のいい素晴らしい兵器を造るべきだ」と強調
した。<時事通信18日>』

* * * * *

 でも、こんな重大な原則の見直しの問題を、国民にきちんと説明
せず、国民の意思も問わないまま、政府の閣議決定で勝手に決めて
もいいのだろうか?
 果たして、日本の国民は、日本の軍事産業が盛んになって、色々
な武器などを作ったり、それを輸出して利益を得たりすることを
望んでいるのだろうか?(@@)

 そして、できれば多くの国民が、この件にも関心を持って、野田
政権の暴走に待ったをかけられないものかと、切実に思っている
mewなのだ。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 

 話は変わって・・・。

 27日の大阪知事選&市長選で、松井一郎氏と橋下徹氏の大阪
維新の会のメンバー2人が圧勝した波紋が、早速、国政レベルの
政党や政治家たちの間に広がり始めている。(@@)

 mewは、昨日の記事の最後で、この圧勝により『彼らと連携
したいor彼らを利用したいと考える政治家が増えるのは確実』
ゆえ、『今後、橋下氏&維新の会に擦り寄る政党や政治家が次々と
出て来るかと思うと、今からぞ~っとしてしまうところがある』
と書いたのだが・・・。
 27日まで、橋下氏らの都構想などを批判して戦っていたばかり
の自民党の幹部まで、たった1日で、同氏に理解を示すような発言
をし始めたことに唖然とさせられている。(~_~;)
<「それじゃあ、勝てるはずもないな~」って思っちゃった。^^;>

* * * * *

 最初っから「維新の会」を応援していた「みんなの党」の渡辺
代表は、27日も大阪にはいっていて、橋下氏らを祝福。
『記者団に「みんなの党は関東の地域政党、維新の会は大阪の地域
政党だ。本当に自分たちの選挙と同じ感覚でやってきた」と連携
ぶりをアピール。<産経新聞28日>』
 国政に進出する場合には、自分たちが後押しするとして、維新
の会と協力して行く意向を示していた。^^;

「みんなの党」は、最近、結成当時の勢いや注目度を失っている
だけに、橋下氏と連携することで、存在感をアピールしたいところ。
渡辺氏としては、政界再編の動きが出た場合、橋下氏とタッグを
組んで、キャスティングボートを握るような立場になることも
狙っているのではないかと思われる。(・・)

 先日、亀井代表が新党構想や橋下氏に連携を呼びかけたいと
発表した国民新党も、必死なところ。
『国民新党も「亀井静香代表は『大阪都構想』について評価して
いる。構想の実現に向けて役割を果たしていきたい」(下地幹郎
幹事長)と、新党結成への意気込みを示した』という。
<産経新聞28日>

* * * * *

 その亀井代表は、昨夜、小沢一郎氏と料亭で会談。今後の政局や
橋下氏との連携に関して意見交換を行なったようだ。(**)(*2)

 まあ、亀井氏や小沢氏の場合は、橋下氏に擦り寄るというよりも、
いかにいい形で共闘&活用(利用?)するかを考えているのでは
ないかと思うのだが・・・。

 小沢氏は、以前から橋下氏に着目しており、09年8月、衆院選
の前に、大阪市内のホテルで会談を行なったこともあるし。
<その時に、橋下くんが緊張して、直立不動になっていたのを
見て、思わず笑ってしまったものだったが。^^;橋下氏は、会談後
「霞が関の仕組みを根本的に変えるという強い意気込みを聞いた。
最終的な国の形のゴールは同じ。小沢先生の迫力はすごい」と
語っていた。(・・)>

 小沢氏は、もともと元民主党議員&現名古屋市長の河村たかし氏
に慕われており、近年は、「中京都構想」を掲げて橋下氏と共闘
関係にある<今回の選挙も応援にはいった>河村氏や大村愛知県
知事を支援していることもあって、昨年あたりから、もし小沢氏
が新党を作る場合には、この3人と連携するつもりなのでは
ないかと言われ続けている。(・・)

<真偽のほどは不明だが、例の板垣英憲氏のブログによれば、
『小沢一郎元代表が、選挙の真っ最中に側近たちに言っていた
「橋下は、強いぞ」という言葉が物語っている。小沢一郎元代表
は、選挙前から「橋下の悪口は言うな」と側近たちに厳命』
『総選挙用にすでに全国各地に配置している秘書軍団や親衛隊で
ある「一新会」という別働隊(60人)を大阪市に送り込んでいた
といわれている』とのこと。
 mewも、小沢氏が、陰ながら(?)橋下氏を支援しているという
ウワサを耳にしたことがある。>

 実は、「みんなの党」の政策も、自由党時代の小沢氏の政策に
近いものがあるので、彼らとも連携することは不可能ではない
ようにも思えるのだが・・・。
 渡辺氏は、ベテラン議員の関与を嫌っている上、小沢氏らが
94年に、父・美智雄氏を自民党から引き抜こうとしてトラブル
&失脚の要因になったことを快く思っていないので、両者が
組むのは難しいかも知れない。^^;

<ちなみに、この時、亀井氏は自民党にいて、細川&小沢政権を
失脚させるためにアレコレ動いていたわけで。つくづく政治の
世界は複雑怪奇なところだな~と思ってしまうです。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 他方、前回の市長選でも平松氏を支援&前回の府知事選でも
橋下氏に対抗馬を立て、ずっと対立を続けていた民主党は、そう
簡単に橋下氏に擦り寄るわけにも行かないところがある。^^;

<前原政調会長も24日、橋下氏の大阪都構想に関して「府県の
権限を強化するということは、民主党の考えとは逆だ」「民主党が
求める地域主権像は基礎自治体中心主義だ」と否定的な見解を
示していたしね~。(・・) (発言部分・日経24日)>

 それゆえ、選対に関わった議員は、言葉少なだったようなの
だが。<大阪府連のTOPは党三役の平野国対院長だしね。>
政府&党執行部は、橋下氏をジャケンにするわけにも行かず。
 28日の会見で、輿石幹事長は『「橋下さんの構想を正しく
知って判断せねばならない」と語り、都構想の評価に踏み込むのは
避けた』とものの、藤村官房長官は『政府として橋下氏との協議に
「要請があればもちろん受ける」と積極姿勢を示した』とのこと。
<『』内は、毎日新聞28日>

 党内では橋下氏との連携に賛否両論が出そうなだけに、何とか
パイプをキープする策をとりながら、しばらくは様子見モードで
行くのではないかと思われる。(~_~;)

* * * * * 

 そして、自民党は、前回の府知事選では橋下氏を擁立&支持
していた上、平松氏の対立候補を支援していたのだが。
 橋下氏は自民党を軽視して、とっとと維新の会を作り、自民党
の地方議員を結果的に引き抜くことに。<ちなみに松井氏も
自民党の府議(3回当選)だったのに、維新の会に移った人なの
よね。^^;>
 また「大阪都構想」に疑問を呈する議員も少なくないことから、
今回は、府連レベルとはいえ、民主党などと共に、橋下氏&松井氏
の対抗馬を支援していたのだが。橋下氏らが圧勝したのを受けて、
幹部たちがコロッと態度を転換したのだ。(・o・)

 谷垣総裁は、「わかりやすい選挙を戦われたんだと思います。
都構想というのがまだちょっと我々もよく承知していませんので、
我々も勉強していかなきゃいかんと思う」とやや慎重な姿勢を
見せていたものの、幹部クラスの議員の中には、国政選挙に進出
する際は協力すべきだと発言していた人も。
<『同党幹部は「発言内容を幹部によって使い分けるようにした」
と橋下氏を敵に回さないよう神経を使っている実情を明かした』
とのこと。(毎日新聞28日)>

 何と石原幹事長は、28日に早速、大阪まで行ったとのこと。
『自民党の石原伸晃幹事長は28日夕、大阪市内で開かれた同党の
現職衆院議員のパーティーをはしごした。
 「(選挙結果を)重く受け止め、しっかり(当選した)2人を
応援させていただく」
 公然と橋下氏らを持ち上げる石原氏。次期衆院選大阪14区から
の立候補を予定している谷畑孝氏(09年は近畿ブロックで復活
当選)は「橋下新市長はやっぱりえらい男や」。』
 また、石原氏は以前から都構想を支持するような発言をしていた
こともあってか、『都構想に対し「寛容な心で受け入れればいい」
と協力姿勢を鮮明』にしていたともいう。<毎日新聞28日>』

* * * * *

 石原幹事長の父親である石原都知事は、橋下氏を支持しており、
わざわざ大阪まで応援に出向いたのであるが・・・。

『「おやじが橋下氏の応援で26日に大阪に入ることになりました」

 石原氏は24日、自民党関係者に対し、実父の石原慎太郎東京都
知事の大阪入りを伝えた。府連側は難色を示したが、石原氏は
「おやじには自民党籍がなく、どうしようもない」と取りあわな
かった。石原氏は9月にテレビ番組で都構想に賛同しており、
自民党内では「父親のパイプを活用し、橋下氏との連携を探って
いるのではないか」との見方もある。<毎日新聞28日>』

 この辺りは改めて書きたいが、石原都知事は、現在「たちあがれ
新党」の応援団長という立場にあるのだが。
 自民党とのパイプは、もちろん強いし。国新党の亀井氏は、
自民党時代からの盟友だし。みんなの党の渡辺代表の父親とは
超保守G「青嵐会」の仲間だったし。
 もし橋下氏が石原氏との連携を重視した場合、解散総選挙が
近づくにつれ、その周りに少数政党の議員や、自民党、民主党など
の保守系議員が集まる可能性も十分にある。(~_~;)

 mew的には、「大のオトナの政治家が、あんな若造を頼りに
して、どうする?」「おまえらにはプライドってもんがないの
か?」と、大きな声で「渇!」を入れたい気分にさえなって
しまうのだが・・・。

 哀しいかな、政界では、ここから激しい橋下争奪戦が始まり
そうな予感がしているmewなのだった。(@@)
                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。



 



*1

『憲法の平和原則に基づき、武器輸出を全面的に禁止する「武器輸出三原則」について政府・与党内で見直し論議が活発化しています。

 民主党は13日の防衛部門会議(榛葉賀津也座長)で、昨年12月に党として決定した三原則の見直し方針を確認。その後開かれた政策調査会役員会で了承されました。

 同党は昨年12月、三原則の見直しを盛り込んだ「新たな防衛大綱に関する提言」を決定しましたが、政府の新防衛大綱には盛り込まれませんでした。

 その後、前原誠司政調会長が9月にワシントンでの講演で「三原則」見直しを提起。「日米同盟の深化、米国以外の国々との安全保障協力の深化につながる」と主張しました。

 7月には、国内軍需企業の育成・強化を検討している防衛省の「防衛生産・技術基盤研究会」が「中間報告」で、「三原則」を見直して兵器の国際共同開発・生産に参入するよう求めています。

 その背景には、軍需産業の新たな市場確保に加え、防衛省が次期主力戦闘機(FX)の最有力候補としているF35の導入を容易にするなどの狙いがあると見られます。

 F35は米国で、9カ国による国際共同開発が進められています。機密性が高いため、米議会では9カ国以外への提供に否定的な考えが強い状況です。

 これに対して、同機を開発している米ロッキード・マーティン社は防衛省に対して、米政府は主要部品やエンジンなどの製造を認める考えであることを伝えました。

 同機の開発・製造への参加は、兵器の国際共同開発・生産に該当すると考えられます。

 さらに、米国は日米で共同開発している「ミサイル防衛」の次世代迎撃ミサイル・SM3ブロックIIAを第三国に移転する考えを表明。日本側もこれを了承する考えを示しました。これらを迅速に進める上で、“障害”になっている「三原則」を見直してしまおうという動きです。<赤旗10月14日>』


日本産業界はFX戦闘機計画から部品生産、組立て、メンテナンスなどできる限り業務を回すよう要求していたこともあり、日本政府は今回の選定作業で、戦闘機自体の作戦能力のほか、国内企業により多くの業務を共有するよう求めていた。ボーイング社は、選定されれば先進的なステルス技術などFA18の70―80%の生産業務を日本に移転すると発表。一方、ロッキード・マーチン社もF-135エンジン(F-35戦闘機の動力装置)の生産を委託すると約束した。

  これまでどおり、選定された戦闘機は日本企業と協力し、日本本土で生産される。以前日本が選定したF-4EJとF-15Jはいずれもボーイング社の製品だったが、日本が生産したF-2はロッキード・マーチン社のF-16を改造したものだった。この3機種はいずれも三菱重工が生産した。

  FXの案件総額は40億ドルで、最終的な調達機数は40―60機。日本はかつて米ステルス戦闘機F-22の調達を希望していたが、米政府の同意を得られず、最終的にF35、FA18、ユーロファイターの3機種が候補にあがった。来月にはFXが決定する予定。<サーチナ10月31日>』

*****




*2

『民主党の小沢元代表と、国民新党の亀井代表が、28日夜、東京都内で会談し、大阪のダブル選挙の結果を受けて、「大阪維新の会」の橋下徹代表との連携を含めた今後の政局への対応などについて、意見を交わしたものとみられます。

民主党の小沢元代表と国民新党の亀井代表の会談は、東京都内でおよそ1時間にわたり行われ、会談後、亀井氏は、記者団に対し、「意見交換だ」と述べました。亀井氏は、年内にも保守勢力を結集した新党を結成したいとして、おとといの大阪市長選挙で当選した「大阪維新の会」の橋下徹代表との連携に意欲を示しており、会談では、大阪のダブル選挙の結果を踏まえ、今後の政局への対応などについて意見を交わしたものとみられます。また、小沢氏と亀井氏は、消費税率の引き上げに反対する考えを示しており、社会保障と税の一体改革への対応などについても協議したものとみられます。<NHK28日>』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/16976740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2011-11-29 20:07
タイトル : 民主党は橋下さんの政治手法を見習え
 橋下さん快勝の報道が流れる中で、外来100円上乗せ断念…政府・民主、反発懸念 のニュースてす。  政府・民主党は28日、外来患者の医療費の窓口負担に一律100円を上乗せする新制度「受診時定額負担」について、2012年度からの導入を見送る方針を固めた。 ...... more
Tracked from zara's voice.. at 2011-11-30 09:24
タイトル : 大阪都構想に乗っちゃおうかなby野田佳彦 動画あり
野田首相「大阪都構想を具体的に検討」  野田佳彦首相は29日の参院財政金融委員会で、大阪府知事と大阪市長のダブル選で圧勝した「大阪維新の会」が掲げる「大阪都構想」について、「具体的な中身について、われわれも検討していかなければいけない」と述べ、政府内で…... more
by mew-run7 | 2011-11-29 06:30 | 政治・社会一般 | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7