日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

鳩山が県外移設を提唱&小沢も辺野古移設に賛成せず~野田の強行阻止を期待

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 昨日5日、ちょっとビックラするようなニュースが出ていた。
 鳩山元首相が、普天間基地の移設に関して「辺野古以外の場所を
探す努力をすべきだ」「元首相の責任として、一役買いたい」と
語ったというのだ。(゚Д゚)

 野田政権は、9月発足して以来、普天間基地の辺野古への移設
計画を推進しようと躍起になっていて。
 沖縄県民の理解を全く得ないまま、一方的かつ拙速に、辺野古の
海の埋め立て工事を行なうための手続き(環境評価書の提出)を、
年内に実施する方針を表明しているのだが。<既に、米国のオバマ
大統領やP国防長官にもお約束してしまっている。^^;>

 ここに来て、沖縄防衛局長の「犯す発言」、一川防衛大臣の
「(95年暴行事件の)詳細は知らない」発言が出て、県知事&
県民の感情が悪化。それにもかかわらず、野田首相が年内の評価書
提出の方針を変えようとしないことから、基地移設への反発や
政府への不信感がさらに強まっていて、辺野古移設を取り巻く
状況が混沌として来ている感じがある。(@@)

* * * * *

 そんな中、鳩山元首相が昨日、こんな発言をしたというのだ。

『鳩山由紀夫元首相は5日、東京都内で講演し、米軍普天間飛行場
(沖縄県宜野湾市)の移設先について「(同県名護市)辺野古以外
のところがないとは思わない。首相官邸で主導して探す努力を
続ける必要がある」と述べた。鳩山氏は首相として県外・国外移設
を目指したが、昨年5月に辺野古移設で米側と合意。沖縄県側の
反発と日米関係の悪化を招いて退陣しておきながら、なお政府方針
を否定する発言には党内外から批判が出そうだ。

 鳩山氏は日米関係の悪化についても「(首相を)辞めた翌月に
オバマ大統領から『あなたはあなたの言葉に対して忠実だった』と
手書きの親書が届いた。普天間のことで頑張ってくれたことに大変
感謝するという手紙で、日米のトップ同士で信頼を損ねたことは
なかったと信じている」と述べ、普天間問題の影響を否定した。
<毎日新聞5日>』
NHK5日のニュースには、講演で語っている映像が出ていた。
コチラ

「移設が進展していないことを非常に憂慮している。このままいく
と、普天間基地が固定化してしまう、最悪の状況が想定される」 

「県外移設かどうかは別として、私は、辺野古以外のところが
決してないとは思っていない。官邸が主導しながら探す努力を
続けるべきだ。
 私も総理をやった人間として責任があると思っている。
私自身として何らか、これに関わらなきゃいかんと。」
<記事には、「一役買いたい」の文字が。>

 産経5日は、首相を務めた人間として「『あとは野となれ』と
いう立場は取るべきではない」「首相官邸から何の話もないが、
何らかの形で関わらないといけない」と語ったと報じていた。

<関連記事はMore部分に>

* * * * *

 いや~、正直なところ、mewはこのニュースを見た時に
「よくぞ、言ってくれた」という思いと、「何を今さら。だったら
アントキに日米合意なんかしなきゃよかったじゃない」という
怒り&呆れの気持ちが交錯してしまったところがあったのだが。

 何故、ビックラかって・・・そりゃ~、鳩山元首相こそが、
この辺野古移設の問題を混乱させた、まさに当時者だからにほか
なるまい。(~_~;)

 鳩山氏は、09年8月の衆院選の際に、沖縄で「県外移設を
目指す」と公約して県民の期待を集めながら、10年5月には
「他の候補地への移設は困難」として、米国と改めて「辺野古への
移設」に関するを合意を結んでしまった超本人だからだ。(-"-)

<それで、後になって、またこういう発言をしちゃうのだから、
元首相としてあまりに無責任というか、軽いというか、やっぱ
宇宙人なのかもな~思ったりもして。(>_<)  また、彼が何か
言うと周辺に混乱をもたらすことが多いので、移設推進派も反対派
も戦々恐々としてしまうとこがあるかも知れない。^^;>

 ただ、鳩山くんが発言した内容は、mew的には評価できる
ことだし。
 先月には小沢一郎氏も、辺野古への移設には反対だと意見を
語っていたことから、これを機に、もう一度、辺野古移設計画に
反対&慎重な与野党の議員が声を上げて、米国防族+野田&前原
政権の暴走を阻止できないものかと思っている。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 実は、小沢一郎氏も先月19日にネット動画で配信された会見
の中で、辺野古移設について問われ、「できないだろう」&「僕は
あまり賛成じゃない」と語っていたのだ。

『民主党の小沢一郎元代表は19日夜、インターネットの番組に
出演し、日本も核武装すべきだという意見があることについて、
「日米安全保障条約があるんですから。(日本の核武装には)僕は
賛成ではありません。論議はいいが、核兵器の保有は軍事的、
政治的に意味がない」と否定した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への
移設については「できないだろう。地元が反対している。(辺野古
移設に)僕はあまり賛成じゃない」と述べた。

 さらに、「アメリカは最前線に大きな兵力を置く必要がないと
いう世界戦略に変わりつつある。緊急出動できる態勢をとって
いれば、(平時は)後方に実戦部隊を置いておくように変わって
いる」と指摘。

 そのうえで「沖縄は日本の領土で、その近辺は領海だ。日本自身
が守らないとけない。アメリカが後退すれば、ある程度空白が出る。
その空白は日本が可能な限り担えばいい」と述べ、自衛隊の役割
拡大の可能性に言及した。<産経新聞11月20日>』

* * * * *

 小沢氏は、もともと日本は独立した主権国家として、安保防衛
の分野でも、米国に依存し過ぎることなく、自分たちで、軍事力
を強化して領土を守るべきだという立場。

 党代表時代の09年2月には、「米国のプレゼンスは必要だが、
おおむね第7艦隊の存在で十分だ。日本の防衛に関することは日本
が責任を果たせばいい」と発言したこともあるほどだ。(@@)

<この発言や07年に米国からテロ特措法延長(インド洋給油
継続が目的)への協力要請を受けたのを拒否したことなどなどが
米国や日米同盟を重視する自民党&官僚などに問題視(危険視?)
され、(他にも米国が警戒する要因があり)小沢氏が首相になる
のを阻止せんとして、急に激しい「小沢バッシング」や東京地検
特捜部の強引な捜査などが行なわれたのではないかという見方も
あるほどだ。^^;>

 09~10年に、鳩山元首相が辺野古移設の見直し&県外移設
を主張していた頃は、党幹事長だった小沢氏は、内閣の政策には
基本的にクチを出さない方針をとっていたので、この件に関して
オモテで発言することはなかったのだが。

 小沢氏自身、以前から辺野古移設には慎重な立場で、10年1月
に現地を訪れた際には「小沢氏は「あの青い海を埋め立ててよい
のか」と発言。
 また、同月、辺野古のある名護市の市長選で、移設反対派の稲嶺
進氏が当選した翌日に、沖縄で同氏と会談を行ない、辺野古移設の
中止を求めた同氏に「自身の立場で『しっかりと対応したい』と
語った」と報じられていた。(・・)

 さらに小沢氏は、当時、普天間基地をグアム周辺に移設すること
を提唱して活動を続けていた川内博史氏に、話をきかせて欲しいと
言ったも伝えられている。
<川内氏は、菅直人氏も関わっていた「リベラルの会」の発足
メンバー。鳩山Gに所属していたものの、近時は小沢Gの一員と
して見られることが多いのだが。同氏は、今も普天間の国外移設
に関する活動を行なっている。>

{この辺りのことは、ブログにずっと書いて来たのだけど。
記事を探してリンク付けする時間がないので、関心のある方は
コチラから関連記事をお読みくださいませ。m(__)m}

* * * * *

 ただ、鳩山元首相は、県外移設を目指したことで、日米関係が
悪化したことを強く批判されていた上、米国や官僚たちにかなり
圧力をかけられた(アレコレ脅された?)ようで、結局、10年
5月に、改めて「辺野古移設」を明記した日米合意を結ぶことを
決めたため、それが大きな要因になって首相を辞任することに。
<小沢氏も一緒に幹事長を辞任。>
 小沢氏は、鳩山元首相から何度か相談を受けていたものの、
諸状況を勘案して、あえて合意には反対しなかったと言われて
おり、その後、8月の代表選に出馬した際も、辺野古移設見直しに
ついては、やや慎重な&消極的にきこえる発言を行なっている
感じがあった。(-_-)

 でも、政府与党を担う立場として、鳩山氏も小沢氏も苦渋の選択
で日米合意に応じることにしたものの、どこかで「やはり、辺野古
移設はすべきでない」という思いが強く残っていたのではない
かと察せられるところがあるし。

 小沢氏が、ここで辺野古移設に賛成ではないとの意見を表明した
のは、反対派には心強いものがあったのではないだろうか?
 
 そして、鳩山氏は、野田首相が辺野古への移設計画を強行するの
を止めるには、「今、動くしかない」と考えたのかも知れないと
思ったりもしている。(・・)

* * * * *

 今朝になって、急遽、予定を変更して、この件について書くこと
にしたこともあって、時間が足りず・・・。^^;
 ハンパな状態ながら、ここでいったん記事を終えたいと思うの
だが。<つづきは、後ほどor後日に。(某コメンテーターへ。
つづきに菅前首相のことも書く予定。)>
 
 近時、米議会も辺野古移設の計画の見直しを求めていることも
あって、辺野古移設の中止は現実味のある話になっているだけに、
これを機に、移設反対派&慎重派が結集して、何とかまずは野田
&前原政権の強硬策&暴挙をストップして欲しいと、切に願って
いるmewなのでった。(@@)
                THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。






『『鳩山元総理大臣は、東京都内で講演し、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について、「辺野古以外の候補地がないとは思わない」と述べ、日米合意で移設先とされている名護市辺野古以外の移設場所を探す努力をすべきだという考えを示しました。

この中で、鳩山元総理大臣は、普天間基地の移設問題について、「移設が進展していないことを非常に憂慮している。このままいくと、普天間基地が固定化してしまう、最悪の状況が想定される」と述べました。そのうえで、鳩山氏は「県外移設かどうかは別として、辺野古以外の候補地がないとは思わない。官邸が主導して探す努力を続けるべきだ。私も責任があり、一役買わなければならない」と述べ、日米合意で移設先とされている名護市辺野古以外の移設場所を探す努力をすべきだという考えを示しました。また、鳩山氏は、消費税率の引き上げについて、「むだをなくす努力は1年、2年ではできず、もっと努力をしなけれなばらない。引き上げを実施するのであれば、国民に理解をしてもらう努力をし、さらに衆議院選挙を経たあとしかない」と述べました。NHK5日』

『「辺野古以外があるか。私は決してないとは思っていない」。民主党の鳩山由紀夫元首相は5日、東京都内で講演し、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先について、同県名護市辺野古以外を検討すべきだとの考えを示した。

 鳩山氏は一昨年の総選挙で「最低でも(沖縄)県外」と強調したが、鳩山政権は昨年5月、辺野古周辺と明記した政府方針を閣議決定している。

 首相辞任の翌月、オバマ米大統領から「困難の中にもかかわらず、あなたは自身の言葉に忠実だった」との手書きの親書を贈られたことも紹介。その上で「総理をやった責任がある。何らか関わらなきゃいかんと思っている」と、今後も普天間問題に関与する姿勢を強調した。 <朝日新聞5日>』

『 民主党の鳩山由紀夫元首相は5日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設計画に関して「(名護市)辺野古以外の所を探す努力を続ける必要がある」と述べ、新たな移設先を模索すべきだとの考えを示した。都内で開いた自身の会合で語った。

 鳩山氏は首相在任中、移設計画の見直しを表明。迷走の末に昨年5月、移設先を辺野古崎と隣接水域に決定し、米側と合意した。「当事者」だった鳩山氏の発言が変遷したことには批判が出そうだ。

 同時に「首相を務めた人間としての責任がある。『あとは野となれ』という立場は取るべきではない」と強調。「首相官邸から何の話もないが、何らかの形で関わらないといけない」と述べ、一議員として問題解決に尽力する考えも示した。<産経新聞5日>』

『民主党の鳩山元首相は5日、都内での会合で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「首相官邸で主導しながら(同県名護市の)辺野古以外にもあるかどうか探し続ける必要がある」と述べた。

 鳩山氏は首相就任後、普天間飛行場の県外移設を模索したが、迷走の末、辺野古に回帰した経緯がある。

 鳩山氏は「米国は、私によって日米関係がズタズタにされたとは思っていないはずだ」とも強調。首相退任後、オバマ米大統領から手紙が届いたことを紹介し、「(私が)普天間移設問題で頑張ったことに感謝する内容だった」と語った。<読売新聞5日>』
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-06 10:06 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7