日本製の武器が、世界の人々を殺傷する~そんな日本にしたくない!onクリスマス

Merry Christmas! 

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。
 

 「平和が一番!」のmewは、この??年か、クリスマスの日には
この曲をきいて<ネットを使うようになってからは、この曲と共に
流れる戦争の映像なども見て>、世界中の人々と共に、心から
世界の平和を祈ることにしている。(-人-)

 John Lennonの Happy Xmas~War Is Overだ。
<youtubeコチラ

 War is over,if you want it
 戦争は終わる(orなくなる) もしあなた方がそれを望めば・・・

 
 ただ、mewは今年のクリスマスを、哀しい気持ちで迎えて
いる。
 mewは、世界の平和に寄与するためにも、何とか自分の国
は、平和主義を守り続けたいと強く願っているのだけど。
 でも、その日本がまさに今、それこそ年内にも、60余年に
わたって守り続けて来た平和主義の精神&それに基づくルールや
施策を壊してしまおうとしているからだ。(-"-)

 野田内閣は、先週、南スーダンPKOへの陸上自衛隊の派遣
を閣議決定した。(*1)
 そして、もう暮れも押し迫っているというのに、今週には、武器
輸出原則の見直しを決定したり、強引に普天間基地移設の
手続きを進めようとしているのである。(ーー)
<しかも、そのウラで、自民党は相変わらず、憲法改正の準備を
着々と進めていたりして。^^;*2>

* * * * *

 中でも、mewにとってあまりにも哀しい&容認し難いことは、
野田政権が、ついに武器輸出原則の見直しを発表することを
決めたということだ。(-"-)

『政府は22日、戦闘機などの国際共同開発・生産と、国連平和
維持活動(PKO)などで海外に持ち出した装備の他国への供与を
可能とする武器輸出三原則の緩和を年内に正式決定する方針を
固めた。27日にも官房長官談話として発表する方向で最終調整
している。(中略)

政府関係者は「これまで個別に例外を認めてきたが、基準を
作って整理する。武器輸出三原則自体は堅持する」と強調する。
しかし、共同開発した武器や日本の技術が紛争当事国などに流出
する懸念は消えず、民主党内の護憲派や公明党に慎重論も根強い。
<毎日新聞23日>』

* * * * *
 
 War is over,if you want it
 戦争はなくなる もしあなた方がそれを望めば・・・

 もし世界中にいる人みんなが、戦争がなくなることを望めば、
戦争をしないことを望めば、この世から戦争はなくなって、
平和な日々が訪れるに違いないのだ。(・・)

 でも、残念ながら、世界には戦争がなくなることを望んでいない
人がいる。だから、なかなか戦争がなくなることがない。(-"-)

 そこには、国や民族、または自分たちのメンツを重視する人が
いたり、自分たちの地位の保全を優先する人がいたり・・・。
<時には、ともかく戦うのが好きという人もいたり・・・?>
 
 さらに、ある意味では、最も困りものなのだが、戦争で利益を
得ている人たちの存在がある。
 彼らは、世の中から戦争がなくなると利益が得られなくなる
ため、中には、平和な日々が続くと、そろそろ戦争を起こしてくれ
と、世界各国の指導者をツッツいたり、陰謀的な策略を講じたり
することさえあるという。(-_-;)

 その代表的な例が、武器や軍事関連のものの研究開発、製造や
販売に関わる企業(いわゆる軍需産業)や、その販売を仲介する
俗に「武器商人」と呼ばれる人たちだ。(ーー゛)

 そして、そのような恐ろしい&アブナイ世界に、日本が積極的
にその仲間入りをしようとしているのである。(ノ_-。)

 しかも、国民には事前に何も説明もなく、国民の意思を問う
こともなく、政府&与党の一部の中だけで、勝手に日本の国&
国民にとって超重要な原則を変えようとしているのだ。(`´)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ちなみに、mewが、日本の平和主義を維持するために、
絶対に守って行くべきだと考えているルールor原則が3つある。
 それは、1・憲法9条の精神&集団的自衛権の禁止、2・非核
三原則、3・武器輸出三原則だ。(@@)

 この3つの原則をなくしたり、改悪したりすることになれば、
日本は確実に戦争をする国になる。(`´)

 そして、今回、見直しされようとしている「武器輸出三原則」
というのは・・・
 1967年に佐藤栄作首相が最初に提言したもので、当初は、
1・共産圏、2・国連決議で武器禁輸になっている国、3・国際
紛争の当事国あるいはそのおそれのある国に対する武器輸出は
輸出貿易管理令で承認しないというものだった。
 この原則を、76年に三木武夫首相は、1・三原則地域への輸出
を認めない、2・それ以外の地域への輸出も慎む、3・武器製造
関連設備の輸出も武器に準じて扱う、という方針に発展させ、
政府統一見解として発表。これが今の三原則の基準になっている。

 実は佐藤元首相がこのような原則を提言した背景には、東西冷戦
が激化する中、米国が、日本の優れた技術や製品が東側諸国に
流れるのを危惧して、日本政府に方針作りを求めた(命じた?)
ことがあったと言われているのだけど。

 でも、三木元首相&当時の政府は、日本が2度と戦争をしないと
誓った以上、武器輸出も含め、戦争に関わることはすべきではない
という理念に基づき、上述のような基準を決めたわけで。
 mewは、これこそ日本のあるべき姿だと評価している。(・・)

* * * * *

 しかし、米国は、いつものことながら、自分の都合を押し付けて
来る国で、この原則に対して例外を認めるように要求。
 日本の軍事力強化を考えている保守タカ派勢力や、また軍事産業
で儲けたい大企業も、原則の見直しを要望していた。<経団連
なんて堂々と御手洗ビジョンなんかに明記していたもんね。>

 そして、今もまさにそうなのだが、超親米&保守タカ派の首相は
そのような要求に応じてしまうわけで。中曽根政権だった83年、
小泉政権だった04年などには、日本政府は「あくまでも例外」だ
と強調しつつ、個別に例外を設けるようになった。

『83年に米国への武器技術供与を例外扱いしたのを皮切りに官房
長官談話を発表する形で個別に例外を設けてきた。ほかにミサイル
防衛(MD)の日米共同開発・生産と米国から第三国への輸出、
政府開発援助(ODA)によるインドネシアへの巡視船提供などが
例外となっている。<毎日新聞23日>』

『2004年、政府はミサイル防衛(MD)に関する米国との共同開発
生産を三原則の例外とした。<知恵蔵2001>』

* * * * *

 でも、それでも満足できない米国、大企業、保守タカ派勢力は、
日本政府に、個別に例外を設けるのではなく、武器輸出原則の
全面的&大幅な見直しを要求し続けていた。(-"-)
 
 彼らに言わせれば、見直しには、こんなメリットがあるという。

『戦闘機など高額な最先端装備品調達は、複数国による出資や分業
でコストを抑制する国際共同開発が、欧米では主流になりつつある。
政府が次期主力戦闘機(FX)に選定した最新鋭ステルス戦闘機
F35ライトニング2も米英など9カ国による国際共同開発だ。

 これまで三原則が障壁となって国際共同開発への参加が閉ざされ
ていたが、共同開発が可能になれば、高性能装備品の最新技術の
獲得やコスト削減といったメリットが見込める。<産経新聞
23日>

 確かに、米国などと組んで戦闘機やミサイルを共同開発する
ことができれば、防衛コストの削減につながるし。いずれ、日本
国内で、全ての武器が自前で生産可能になるので、日本の軍事力
のアップにもつながる。
 日本の企業も、優秀な頭脳や技術を活用して、大きな利益を
上げることができる。(・・)

 でも、その代わり、日本が製造に関わった軍用機やミサイル、
その他の武器が、世界各地で使われ、戦争に加担し、多くの人を
殺傷する可能性も大きくなるし。
 武器輸出原則がどんどん緩和されれば、日本は武器を売って
儲ける国になる&利益のために戦争が起きることを望む企業や
人たちがいる国になるおそれさえあるのだ。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
  この武器輸出原則の見直しの件については、自民党政権の頃
から何度もブログに書いて来たのだが。<これまでの経緯を
書いたた記事として、近時のものでは、『・・・武器原則の見直し提言
&嫌菅の背景
』『TPPも武器原則も、野田&前原の強行政治判断
を阻止すべし!
』などがある。>

 親米保守タカ派の多い自民党では、06~9年の安倍~麻生
政権の下で、何とか原則の見直しを行ない、新たな防衛大綱(今後
5~10年の日本の防衛方針を決めたもの)に明記しようとした
のだが。党内にも慎重派がいたし、何より連立を組む公明党が慎重
だったことから、最終的にそれが実現できないまま、民主党に政権
が交代することになった。

 そして、民主党政権では、前原誠司氏らの親米保守タカ派が、
武器輸出原則などの見直しを主張。10年に新防衛大綱を作る
際に、党の防衛部会や4閣僚会議(当時の前原外相、野田財相
などが参加)で見直しの方針を決定したのであるが。<その頃、
ゲイツ国防米長官も来日して、かなり圧力をかけて来ていた。>
 菅前首相は、最終的に原則の大幅な見直しを了承せず、新防衛
大綱に明記されずに終わった。(・・)
<当時、協力を得ようとしていた社民党がこれに反対。もともと
見直しに消極的な菅前首相は、社民党に配慮すべきとの理由で
(陰で手を組んでいたかも?)了承しなかった。>

* * * * * 
 
 しかし、前原氏や野田氏は、菅前首相が自分たちが決めた方針
に従わなかったことに、かなりイラ立っていたようで。
 今年9月に首相が野田氏に代わってすぐ、前原氏が渡米。米国で
行なった講演で武器輸出原則の見直しをすべきだと提言し、帰国後、
間もなくその準備にとりかかった。(ーー) (*1)
<もちろん、米側とも打ち合わせてのことだろう。(~_~;)>

 野田首相も、これに賛同。当初、来年1月に訪米する予定だった
こともあって、そのお土産にするために、年内に原則見直しをする
ことを米側に約束したと報じられている。(-"-)

 そして、今回のように、個別に例外を設けるのではなく、『原則
としてすべての武器や関連技術の輸出を禁じた「武器輸出3原則」
を緩和するため、輸出を認める条件を包括的に定める新たな基準と
して、「防衛装備品等の海外移転に関する基準」を策定する方針を
固めた』のである。(-"-) <読売新聞23日>』

『官房長官談話は(1)装備品の海外移転は平和構築や人道目的に
限定(2)国際共同開発・生産の対象国は同盟国の米国と北大西洋
条約機構(NATO)加盟国などの友好国に限定(3)共同開発の
相手国との間で第三国移転の基準と態勢を整備--を条件に三原則
の例外を認める内容になる見通しだ』という。<毎日23日>
<細かい点は、発表があってからチェックしたい。> 
 
* * * * *

 mewは、この武器輸出原則の大幅な見直し自体、許せない
のだけど。
 もっと問題性があると思うのは、日本政府がこのように重要な
原則の変更を行おうとしていることを、国民にきちんと説明せず、
国民の意見に耳を傾けることもなく、政府与党の一部だけで、
勝手にコトを決めようとしていることだ。(-"-)

<TVがほとんどこの件を扱わないこと、民主党内で反対&慎重
論者が大きな声を上げないことにも問題があると思うのだけど。
mew周辺では、武器輸出原則が見直されようとしていることを
知っている人は、ほとんどいない。(~_~;)> 

 日本の平和主義や今後の国のあり方に重大な影響をもたらす
であろうこんなに大事なことを、果たして、国民の知らない間に、
勝手に決めてしまってもいいものなのだろうか?(**)

 mewは、日本が開発や製造に関わった武器が、世界のどこかで
戦争に使われて、人を殺すことになるなんて、絶対にイヤだ!(`´)
* * * * *

 しかも、野田政権は、9日にとっとと国会を閉めた後、着々と
安保防衛に関わる政策を推進している。
 20日には南スーダンへのPKO派遣を閣議決定&防衛大臣が
命令。<この活動については改めて書きたいが、アレコレの問題が
指摘されている。>
 仕事納め間際の27日には、辺野古への基地移設工事の手続き
を進めるために、強引に沖縄に環境影響評価書を提出する予定だ
という。(-"-)

 せめて今日は、静かな気持ちで、世界の平和を祈りたいと思って
いたのに、肝心な自分の国が、戦争を行なうor戦争に関わる準備を
どんどん進めているようでは、とても心穏やかに祈りを捧げること
などできない部分があるわけで・・・。

 このように日本がアブナイ道に進みつつあるのを阻止して、本当
の意味で<武力を用いずして>、世界の平和に貢献できる国にする
ためには、やはり1日も早く、野田政権を倒すしかないと改めて
強く思ったクリスマスの日のmewなのだった。(@@)

                 THANKS
 【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。






『<南スーダンPKO>防衛相、陸自に派遣命令
毎日新聞 12月20日(火)22時52分配信

 一川保夫防衛相は20日の防衛会議で、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊施設部隊の派遣を命令した。最大330人の隊員を派遣する実施計画が同日、閣議決定されたのを受けたもので、来年1月から隊員が順次現地入りし、首都ジュバ周辺で道路整備などを行う。アフリカの資源外交への影響もにらんだ自衛隊による国際貢献で、野田政権の「肝煎り案件」だが、補給や法律面など実務を担う自衛隊にとっては厳しい条件での派遣となる。【坂口裕彦、鈴木泰広】

 「南スーダンの国造りに自衛隊が参加することは大変意義あることだ」。一川氏は同日の記者会見で、7月に独立した同国への支援の重要性を強調した。派遣期間は来年1月11日から10月末までで、4月中に活動を始める。派遣延長により5年程度の長期的な活動を想定している。

 野田佳彦首相は、就任間もない9月の国連総会で、派遣に前向きな姿勢を表明した。政府高官は「野田政権への交代でこれまでの内向き志向からの脱却をアピールする狙いがあった」と明かす。

 とはいえ、330人に加えて、国連などとの調整担当部隊40人も同国や隣国のウガンダ、ケニアに送る大がかりな派遣に自衛隊の負担感は重い。

 とりわけ悩ましいのが重機や車両の輸送だ。ジュバから最も近い港湾拠点は約1900キロ離れたケニアのモンバサ港。ジュバまで陸路で1カ月以上かかる道路状況の悪さに、定期コンテナ船や海自輸送艦による輸送は見送らざるを得なかった。結局、日本からチャーターした超大型輸送機「アントノフ」でウガンダ・エンテベ空港にまず空輸し、さらにジュバへ別の民間機などで運ぶことになった。輸送費は派遣規模がほぼ同じハイチでの震災復興活動の2倍以上に膨らむ見通しだ。

 民主党内にはPKO協力法が定める「参加5原則」をめぐり、武器使用基準の緩和を求める声もあったが、首相は現行法の枠内での派遣を表明。隊員らは必要最小限の武器を携行することになった。』

::::::::::


『改憲起草委が初会合=1月に中間報告-自民

 自民党の憲法改正推進本部(本部長・保利耕輔元文相)は22日、憲法改正案を取りまとめる起草委員会(委員長・中谷元政調会長代理)の初会合を開いた。来年1月22日の党大会に合わせて中間報告を行い、サンフランシスコ講和条約の発効からちょうど60年目に当たる来年4月28日をめどに改憲案を発表する方針だ。
 初会合では、天皇の位置付けなどについて意見を交わした。「天皇を国家元首と位置付けるべきだ」との意見に対し、「象徴という表現のままでよい」と異論も出た。
 改憲について谷垣禎一総裁は22日の記者会見で「まず自民党として、どういう方向を目指していくかという全体の姿を明らかにし、国民に自主憲法制定を訴えていく。次期衆院選でも掲げる」と述べた。(時事通信22日)』

::::::::
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17115342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ミクロネシアの小さな島・.. at 2011-12-25 13:10
タイトル : 再び静か~なクリスマス & イマジン...
静かな静かなクリスマス・イブから一夜あけて、ヤップ島では貿易風が緩まり穏やかな青空が広がった。きょうもまた、ほとんどの人が家で静かな休日を過ごしていることだろう。いやG嬢はママと一緒に畑や田んぼに出て忙しいかな...。 ところで昨夜も9時過ぎにコロニアをひとまわりして、あちこちの(とはいっても数少ない)クリスマスのイルミネーションを劇写してきた。これらは世の移り変わりや経済状態をけっこう反映していておもしろいと思うから。 日本と正反対に規模が大きくなればなるほど高い電気代を取られるヤップの...... more
by mew-run7 | 2011-12-25 07:23 | Trackback(1)