野田は、小沢G切りや解散も視野に+米が沖縄強行策を評価+ばんえい

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 地方競馬は、年始の1、2日から各地で開催スタート。(**)
mewも、2日から早速、参戦しているですぅ。"^_^" 

 mewは、昨年からばんえい競馬に本格参戦するようになった
のだけど。<以前からプチ参戦&観戦していたのだが。最後の1場
になった帯広ばんえいを残したいとの思い+ついにデジタルTVを
購入&CS加入で、レース中継が見られるようになったので、本格
参戦することに。>
 最近は、個性豊かな馬たち&特有のまったりペースbutゴール
直前までどうなるかわからないドキドキ感にハマりつつある。(^^♪

* * * * *

 で、2日には、ばんえい競馬で帯広記念(BG1)が行なわれ、
カネサブラックwith松田道明が初優勝を果たした。(*^^)v祝

 この帯広記念には、GI王者級の馬が勢ぞろいする&マジで
優勝を狙って調整して来るので、楽しみにしているのだが。
<昨日は、入場者数や売り上げもかなり多かったかも。>

 昨年、OP&重賞で8勝したKブラック(10牡)青毛馬で
名前の通り、真っ黒)が、910kgの斤量をものともせず、その
強さを見事に見せ付ける形となった。(@@)

 mewのごヒイキ&今年11歳になる&年々、真っ白になって
行く牝馬のフクイズミは、懸命に追い込むも2着に。
 09.10年とこのレースを勝っているものの、昨年秋以降、
チョット調子落ち&やる気もイマイチっぽくて。牝馬だし年齢的
にもしんどいのかな~と思っていたら、調整もうまく行ったの
だろうけど、何だか馬がこのレースは特別だとわかっているような
感じで、キリッとした目つきで自らハミをとって、前に行った馬
を追う気満々の走りを見せていたことに感動。2つめの障害で
一瞬、足を折って膝をついてしまい、タイムロスがあったのだが。
あれがなければ、もっと接戦になっていたかも知れない。(・・)

 昨年の覇者&1番人気だったニシキダイジンが3着。08年の
覇者のナリタボブサップは4着に終わった。
 この10~11歳世代は、本当に強いな~と思うです。

<超ごヒイキのコマクイン(5牝)も、いつか帯広記念に出られる
ようになるかな?"^_^">

 今年も、地方競馬をよろしくお願いいたします。m(__)m

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 さて、年末にキープしてあった政治関連のニュースをいくつか。

 まずは、普天間基地移設に関する話を・・・。

 野田首相は、米国に、辺野古埋め立て工事の前提となっている
沖縄県に環境影響評価書を提出する手続きを、年内に行なうと
お約束していたのだが。
 移設反対派が、それを阻止せんと沖縄県庁周辺を取り囲んでいた
ため、なかなか提出ができず。ついに、沖縄防衛局の局長&職員が
12月27日の午前4時に、守衛室に書類のはいったダンボール箱
を運び込むという荒業に出た。(@@)

<関連記事・『武器輸出原則の転換で、日本が死の商人に+防衛省
が未明に県庁搬入を決行+松木新党

相次ぐ民主離党&鈴木新党&小沢は?+米との約束を果たす異常
な搬入+大賞典&園田GT
』>

 当然にして、沖縄県の知事や県民は、野田政権の強行策に大きな
怒りや不快感を示しているのだけど。
 野田首相や防衛省は、沖縄県民、ひいては日本国民よりも米国の
要望に応え、米国に評価されることの方が重要なわけで。(-"-)
 政府は早速、提出したことを米国に報告。米国は、翌日すぐに、
日本政府の行為を評価する声明を発表した。(~_~;)

『【ワシントン古本陽荘】米国防総省のリトル報道官は28日、
日本政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市
辺野古への移設の前提となる、環境影響評価(アセスメント)
評価書を沖縄県に提出したことを受け声明を発表した。日本政府
から報告書提出の連絡があったことを明かしたうえで、「パネッタ
国防長官はこの知らせを歓迎している」と表明。さらに、「報告書
の提出は、普天間移設に向けた重要な進展だ」と強調した。
<毎日新聞11年12月29日>』

<「ねぇ、僕、色々大変だったし。沖縄の人に嫌われたかも知れ
ないけど。でも、アメリカに言われたことを、ちゃんと、やった
よ~」「よしよし。いい子だねぇ」って感じ?(>_<)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さらに米国防省は、この声明の中で、日本政府が次のステップ
を進めることを要求したという。

『一方で、「(沖縄県知事から)埋め立て許可を得るという次のス
テップで日本政府と連携していくことを心待ちにしている」と指摘
し、移設実現に向け、早期の埋め立て着工を目指すよう日本側に
促した。<同上>』

『来年6月をメドに日本政府が辺野古沖の公有水面埋め立て申請に
踏み切るかどうかが今後の焦点となることを踏まえ、埋め立て申請
を「次のステップ」と位置づけ、実現に向けて日本政府と協力する
意向を強調した。

 普天間移設を含む米軍再編計画については、「西太平洋での米軍
の前方展開を維持すると同時に、在沖縄海兵隊の数を減らすものだ」
と意義を強調した。<読売新聞11年12月30日>』

* * * * *

 米政府が、日本政府に辺野古移設の計画推進を急がせているのは、
米議会で、在沖海兵隊のグアム移転費用を凍結されてしまった
ためだ。
<関連記事・『米議会が普天間の移転費用の削除決定&辺野古移設
を白紙撤回するチャンス』

『米議会は2012会計年度国防権限法案で、普天間飛行場移設に進展
がないとして、移設とセットになっている在沖縄海兵隊グアム移転
費を凍結。国防総省は評価書提出を「進展」だと議会にアピールし、
日本政府による来年の埋め立て許可申請に合わせて13会計年度予算
でグアム移転費復活を試みる方針だ。
 ただ、上院では、移設には沖縄県知事から辺野古沿岸の埋め立て
承認を得るのが必要なことから、「評価書提出は手続きの一過程で、
実質的な進展とはいえない」(議会筋)との見方もある。
<時事通信11年12月29日>』 

 米政府は、次年度の予算案を決める6月までに、何とか埋め立て
許可の申請の段階までこぎつけておきたいようなのだが。
 沖縄県民の反発がさらに強まっていることや野田政権の存続が
危ぶまれていることから、順調に計画が進むかどうかは「???」
の状況だ。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * 

 そして、消費税増税に関する話を・・・。

 野田首相は、昨年、年内に民主党内で、消費税増税を含む税制
改革案をまとめるように指示していたのだが。党内には、増税
反対or慎重派の議員が少なからずいることから、なかなか話が
まとまらず。^^;
 結局、29日に行なわれた党の税制調査会&合同総会で、反対派
の抵抗を押し切って、党の税制改革案を決定してしまった。(@@)

<税制改革案の要旨を含む関連記事を*1に>

 この会合には、同日インドから帰国した野田首相も途中から出席。
『消費増税を含む一体改革について「これ以上、結論を先延ばし
できない」と強調。「政治家として集大成の気持ちで皆さんに
訴える。国の将来のために避けて通れないこのテーマ。われわれが
背負い込んで結論を出そう」と協力を呼び掛けた。<時事通信
11年12月30日>』

 また、政府は、増税時期の半年先送りなどの修正案を提示。
さらに政治改革や行政改革に取り組む姿勢も示し、何とか反対派の
理解を得ようとしたのだが・・・。

『「首相の対応によっては身の振り方を考えなければならない」
「さらに離党者が出るなら、この政権はつぶれる」。衆院議員会館
で開かれた合同総会では、複数の議員が「離党カード」を首相に
突き付けつつ反対論を展開。議論は紛糾した。
 首相は消費増税の実施時期を半年先送りする妥協案を提示し、
藤井裕久税調会長への一任を求めたが、山田正彦元農林水産相ら
反対派は納得せず、「これ以上議論しても無駄だ」として退席。
山田氏はこの後、「(このままでは)離党者が出る。法案が提出
されるとき、それぞれが考えるのではないか」と語気を強めた。
別の反対派議員は「政局だ。野党が内閣不信任決議案を出せば、
可決する」と、倒閣の可能性に言及した。<時事通信11年12月
27日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そして、前記事『今年は、政界再編が起きる?+再編の対立軸、
グループ分けを考える
』に記した政界再編の話にもつながるの
だが・・・。
 民主党内では、消費税増税に反対する小沢&鳩山G、小沢鋭&
馬淵Gが勉強会を立ち上げ、反対派議員を結集。署名集めなども
行なっている。
、彼らは、まずは、野田陣営にプレッシャーをかけて、法案提出
を回避させることを目指して、野田首相が引かないようなら、
「野田おろし」に動こうと。それでも、野田首相が強引に法案提出
&議決まで通そうとするようなら、造反や離党することまで考えて
いるようなのだが。<馬淵&小沢鋭氏は、離党まで考えていない
かも知れないけど。>

 mewは、野田首相は、そのような動きがあっても、強引に法案
提出をする可能性が大きいのではないかと。さらに、もし法案が
成立しなかった場合は、解散総選挙をすることまで考えているの
ではないかと思うところがある。(~_~;)

 野田首相は、もともと元・財務(副)大臣として、消費税増税
を主張していただけに、第一義的には、それを早く実行に移す
ことが首相としての使命だと思い込んでいるようなとこがあるし。
 
 また、先日の記事で、野田グループの議員が、「いっそ、小沢系
議員はもっと出て行けばいい」と言っていた<河北新報11年
12月28日>という報道記事を引用したのだが。
 野田&前原Gは、この消費税増税の対立を利用して、昨春から
計画している「小沢抜きの自民党との連立政権」を実現しようと
しているように思える部分があるからだ。(-"-)

* * * * * 

 自民党の執行部は、現時点では、野田政権を解散総選挙に追い
込むために、消費税法案には反対の立場をとる意向を示している
のだけど。
 でも、自民党はもともと消費税増税を提唱しており、09年の
麻生政権下で、11年までに消費税を含む税制の抜本的改革を
行うため、法制上の措置を講ずるという改正所得税法附則104条
を作っているわけで。自民党とて、ここで消費税増税を決めて
くれた方が有難い部分があるし。また、消費税増税に反対する
ことは、政権与党時代の党の方針に反するし、無責任ではないか
と主張する議員もいる。(・・)

 それゆえ、もし事前に自民党側とうまく話がつけば、野田内閣
が法案を提出して、小沢Gなどが造反しても、それを上回る数の
自民党+αの議員の賛成を得て、法案を成立させた上に、造反組を
カットし、自民党と連立政権を組むということができるわけで。
ある意味で、WINX2の状態を作ることも可能になるのである。^^;

<離党する可能性のある小沢・鳩山Gの議員数が、自民党+αの
議員数を超えるかどうかが大きな鍵になる。野田陣営は、ギリギリ
のところで、踏みとどまる議員が出ると踏んでいるのかも?>

 また、ここからは、尚更に、人数勝負になるのだが。<一か八
かの賭けみたいになりそうだけど。>
 前記事に記した森元首相の提言にあったように、思い切って
法案提出&議決して、民主党と自民党の増税賛成派と反対派の
組み分けを行い、連立政権を作るという方法もあるし。
 もし法案が否決された場合は、<造反した小沢Gなどををカット
してor小沢Gの離党を期待して>、消費税増税を争点に解散総選挙
に打って出ることまで考えている可能性も否定できない。(~_~;)
<結果がどうあれ、それを機に政界再編を行なえれば、それは
それで意義があると考えているのかも。^^;> 

* * * * *

 野田氏らは、02年に「第二期民主党をつくる有志の会」を結成
したことがあるように、以前から民主党は早く世代交代を実現すべき
だと主張していたのだが。近時は菅Gも含め、党の若手・中堅議員の
中に小沢・鳩山・菅(輿石)のトロイカ体制を完全に終わらせ、彼らの
影響力を排除すべきだと主張する人が増えている。
<彼らには、この4人は、自民党の長老派のような、目の上の
タンコブのような存在に見えるのかも知れない。>

 そして、彼らの中には、もし民主党を分裂or解体することに
なったとしても、ここで思い切って行動をすべきだと思い始めて
いる人がかなりいるような感じを受けるのだ。^^;

 野田首相は、今年の年頭所感で、このように述べている。
『「何かに挑戦することによるリスク」を恐れるより、「何も
しないことのリスク」を恐れなければなりません。』
『日本再生」という使命を、国民の皆様と共に考え、挑み、
そして、実現していきたい。』

 これらの言葉には、様々な意味が込められていると思うのだが。
この所感を見た時に、野田首相は、マジに党分裂のリスクを覚悟
で、消費税法案の提出を強行し、否決された場合は、解散総選挙
を行なうことまで考えているのではないかな~と思ってしまった
mewなのだった。(@@)
                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]

by mew-run7 | 2012-01-03 18:51 | 民主党、民進党に関して