伸晃の冷血トンデモ発言+石原新党の超保守的な綱領+自民が新党潰しの動き

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 手抜き宣言(?)をしたばかりなのに、ムッと来るニュースが出ていたので、思わず、また長々と記事を書いてしまったです。(~_~;) <半分ぐらいは、既に書いてあったものをはさんだんだけどね。^^;>

 昨日、自民党の石原伸晃幹事長が、mew的にはアンビリバボーな、これまでにない&冷血なエイリアンのようなトンデモ発言をしたという。(ーー゛)

『自民党の石原伸晃幹事長は6日のBS朝日番組で、病院で腹部に開けた穴から栄養剤を送る「胃ろう」の措置を見学した際の感想として「意識がない人に管を入れて生かしている。(病院で)何十人も寝ている部屋を見せてもらった時に何を思ったかというと(映画の)エイリアンだ。人間に寄生しているエイリアンが人間を食べて生きているみたいだ」と発言した。

 終末期医療が抱える問題点を説明する意図があったとみられるが、SF映画のエイリアンへの例えは患者家族らの批判を招く可能性がある。

 石原氏は同時に「そこで働いている人に感動した。看護師さんたちが、反応はないのに患者に語りかけながら面倒を見ている」と現場の職員の動きを評価したが、「こんなことをやったらお金がかかる。医療はやはり大変だ」と指摘した。(共同通信6日)』

* * * * *

 既にご存知の方もおられると思うが・・・。
 胃ろうというのは、様々な事情で口から食べ物を摂取できない人が、腹部に穴をあけて、胃に直接、栄養剤や水を入れて、栄養や水分を補給する方法だ。
 病傷などで重体になり意識のない人や、認知症なども含め、口から飲食する力が低下したり、飲食物が器官にはいり肺炎になった高齢者などの終末医療に使われるケースも多いのだが。意識は十分にあるものの病気やケガ、またはその後遺症により口から食事をとれなくなった人が行なっているケースも少なくない。

 mewが知る限りでは、別に大きな装置をつけるわけでもなく、お腹の部分から出ている管に、さな容器から栄養剤などを定期的に注入するというのが一般的な方法なのではないかと思う。(・・)

 それにもかかわらず、mewには、何故、石原氏が胃ろうを行なっていることが、「人間に寄生しているエイリアンが人間を食べて生きているみたい」に見えるのか理解不能だ。
 というか、どこから「人間に寄生して」とか、「人間を食べて生きている」という発想が出て来るるのか、また生きている人間に対して、そのような表現を使うことができるのか全くわからない。(-"-)

<ま、まさか、もう意識がなく人間とは言えないような存在の人が、国民の税金に寄生して、それをムダに使って食べているって言いたいの???(・o・)>

【追記・『石原氏は「社会の最下層で身寄りもない人の末期医療を担っている所に行くと、意識が全くない人に管を入れて生かしている。何十人も寝ている部屋を見たとき何を思ったか。エイリアンだ」などと述べた。 (時事通信6日)・・・やっぱ、そうだね。それも社会の最下層で身寄りのない人・・・つまりは医療費が払えないので本来なら医療を与える必要がない人が、上の層の健常な国民に寄生して生きているってことね。(-"-)>




 しかも、「こんなことをやったらお金がかかる」というのは、どういうことを意味するのだろうか?
 意識のない人たちが、胃ろうを行なって生き続けていると、医療費&国の負担がかさんでムダだから、外部から栄養分を摂取するのはやめて、早く餓死させたがいいと言いたいのだろうか?(`´)

 伸晃氏は、もし自分や家族が胃ろうをせざるを得ない状況になった場合でも、同じことが言えるだろうか?(ーー)

 もともと、親子そろって、他人への配慮に欠けるような問題発言の多かった人たちではあるが。
 今回の発言に関しては、mewは、伸晃氏には、感性にどこか異常があるのではないかと、またひとりの人間として欠陥があるのではないかと言わざるを得ないし。mew的には、許容し難いところがあった。(-"-)

* * * * *

 mewの知人の中には、脳内出血の後遺症で、ものを飲み込むのが困難になった人や、食道の障害のために口からの摂取ができなくなった人などが、胃ろうをしているのだが。意識も十分にあって、会話も交わせるし。療養生活を送っているものの、通常に近い行動をしているだけに、口からものを食べられない、味わえないというのは、本当につらく哀しいものがあるという。
 でも、生きて行くためには、栄養をとらなければならないし。口から摂取する力が少し残っている場合でも、たとえば、ほんの少しずつ飲み込んで行くとなると、1回の食事に何時間もかかる場合もあるので、周囲に迷惑をかけたくなくて、悩みに悩んだ末、胃ろうを選択する人もいるとのこと。

 もちろん、意識がないor低下している場合や認知症などの場合には、家族が、つらい選択を迫られるケースも少なくない。(-"-)

<放置すれば、餓死する。点滴では十分に栄養がとれないケースがある&消化管萎縮や感染症などのトラブルが生じやすい&医療費も高額になるなどの問題がある。> 

 そんな中、止むを得ず、泣く泣く胃ろうを選択した本人や患者の家族が、この石原氏の無神経な言葉をきいて、どんな思いがするのか・・・。_(__)_

 こんな人がわが国の国会議員をやっていること自体、ムカつくのを通り越して、本当に哀しく残念に思えてしまうのだが。ましてや、こんな人が、最大野党の自民党の幹事長を務めていて、近い将来、首相になることを目指しているなんて、チャンチャラおかしい。(@@)

* * * * *

 でも、石原氏はorあの親子は、おそらくまた平気で問題発言を繰り返すことだろう。
 いくら問題発言をして批判されても、彼らはめったに発言を撤回&謝罪することがないし。たぶん本気で反省することもないのだ。
 何故って、彼らが何度、問題発言を行なおうと、心優しいor彼らと同じくらい鈍感な有権者たちが、彼らをまた次も当選させてしまうからである。_(。。)_
 そして、私たち国民or有権者が、このような発言を行なう政治家を減らすためには、またはそういう発言をする政治家にお灸をすえるには、落選させるのが一番なのだということを、改めてここに訴えておきたいと思うmewなのであった。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
  
 その伸晃氏の父親である石原慎太郎都知事は、今、石原新党を結成するのか
どうかで注目を浴びているのであるが・・・。

 3日、たちあがれ日本が(準)党大会を開き、「真の保守勢力結集」を目指した新党結成を明記した活動方針を決めた。

 この会合には、石原都知事も出席して、「東京でやることはやった。皆さんに命を預けるから一緒にやろうじゃないか」と、新党結成を呼びかけるような発言を行なったという。

 また、今月にはいって、平沼赳夫氏が中心になって準備を進めている新党の綱領の概要が報じられるようになっているのだが。
 まさにコアな超保守(or真の保守)の思いをつづったものになりそうな感じがある。(@@)

* * * * *

『たちあがれ日本は3日、国会内で党大会に準ずる全国拡大支部長会議を開き、「真の保守勢力の結集を目指す」と新党結成を明記した平成24年の活動方針を決めた。次期衆院解散・総選挙は早ければ4月にも行われると想定し、新党構想を加速させる方針を打ち出した。

 平沼赳夫代表は「東京都知事の石原慎太郎さんらを中心に新党結成の話し合いをしている段階だ」と説明。「政界再編の起爆剤として日本に政治の流れを作らなければならない」と決意を示した。園田博之幹事長も「私たちは新党に参加すべきだ」と呼びかけた。

 活動方針では「政局をリードしていくことに最大の力点を置く」とし、「新たな勢力の結集軸は、当然政策本位のものとなる」と強調。平沼氏が強く主張する「自主憲法の制定」を柱にすえ、社会保障と税の一体改革の実現や集団的自衛権の容認、衆参一体での選挙制度改革と定数削減などを盛り込んだ。従来反対してきた皇室の伝統を破壊する皇室典範の改正や外国人地方参政権付与などに対しては「断固反対し、たちあがれ日本を軸とした真の保守勢力の結集を目指す」としている。(産経新聞2月4日)』

* * * * *

 もともと「た」党の発起人&命名者&応援団長である石原都知事も、この大会に出席して、新党参加&国政転身を示唆するような発言をすると共に、その意気込みを語っていたという。

『東京都の石原慎太郎知事は3日、国会内で行われたたちあがれ日本の全国拡大支部長会議に出席し、次期衆院選に向けて結成を目指す「石原新党」を念頭に、「東京でやることはやった。皆さんに命を預けるから一緒にやろうじゃないか」と訴えた。新党を旗揚げし、国政転身とも受け取れる発言は、民主、自民の二大政党の選挙戦略にも影響しそうだ。

 石原氏は「私たちが今、努力しなければ、子孫に顔向けできない」とも述べた。同時に「日本をダメにしたのは官僚だ」と酷評した上で「日本を良くするためにまず今の中央集権の官僚制度をぶっ壊さなければ絶対にダメだ」と述べ、大阪市の橋下徹市長や愛知県の大村秀章知事との連携を示唆した。

 また、核保有問題に言及し、日本も(核の)シミュレーションぐらいやったらいい。核をもっていなかったら、あるいは核を持つかもしれない国でなかったら大きな声で(他国に)モノが言えない」と述べた。日本が核兵器を保有した場合にも触れ、「持ったとしても使えない。使えないけど持ってないと、(他国は)言うことを聞かない変な世の中になった」と持論を述べた。(産経新聞2月3日)』

* * * * *

 そして、今、平沼赳夫氏が中心になって、石原慎太郎氏の主張も取り入れる形で、新党の綱領作りを進めているようなのだが・・・。
 その概要について、産経新聞がこのように報じていた。

『東京都の石原慎太郎知事が、たちあがれ日本の平沼赳夫代表らとともに結成を目指す新党の基本政策の草案が2日、分かった。「国のかたち」「外交・防衛政策」「教育立国」など7分野で構成され、憲法9条改正や、男系存続のための皇室典範改正、首相公選制-を明記。保守色を前面に押し出した内容となる。

 基本政策は、7分野29項目あり、項目ごとに具体策を明記。前文では「グローバリゼーション」や「地球市民社会」などを幻想と断じ、「一国家で一文明」の日本の創生を訴える。

 憲法改正に関しては、9条改正による国軍保持▽国会一院制と大選挙区制導入▽改正手続きを定めた96条の改正-を掲げる。

 外交・防衛分野では「自立日本」を掲げ、日米同盟の深化▽防衛産業の育成▽「南西防衛戦略」推進▽核保有に関するシミュレーション-などを明記する。

 経済・財政政策は、100兆円規模の政府紙幣発行、国の財政の複式簿記化-など。エネルギー政策としては2040年までの原子力エネルギーゼロを掲げる。このほか、国家公務員3分の1削減▽平成版教育勅(ちょく)語(ご)起草▽フラット税制-なども盛り込まれる。(産経新聞3日)』

* * * * * 

 グローバリゼーション、地球市民ではなく、一国家一文明。
 自主憲法の制定&集団的自衛権の容認。9条改正で国軍維持。防衛産業推進。南西防衛戦略推進。核保有のシミュレーション。教育勅語の起草。

「キャ~~~、まさに超保守政党の綱領だわ~~~!(・o・)」と言いたくなってしまう内容なのだが。

 「自立日本」なのに、「日米同盟の深化」っていうところは、イマイチ納得できないところが・・・。
 どうせなら、「米国からの自立」も掲げて欲しいっす。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 もう一つ、mewが気になったのは、「た」党が「政局をリードしていくことに最大の力点を置く」ということを活動方針にしていると記されていたことだ。
 mew的に見れば、「真の保守」として崇高な理念を抱いた人たちが集まる政党が、私利私欲にまみれたドロドロの政局なんかにまみれることに最大の力点を置くなんてことを方針に掲げるのは、邪道なのではないかと思ったりするのだけど。

 ただ、平沼氏にとっても、これが自力で政権をとりに行けるラスト・チャンスかも知れないし。ここで新党作りに失敗すれば、「た」党が消滅するおそれもあるだけに、この新党結成に本気で勝負をかけようとしているのかも知れない。^^;

* * * * *

 でも、石原新党に関しては、彼らが思ったようにコトが運ぶかどうかは、まだわからない状況にある。^^;

 以前も書いたように、石原&平沼氏と亀井氏の間に、新党結成のプロセスや消費税増税などの重要政策に関する考え方に、大きな違いがあることが問題になっているし。
 また、橋下維新の会が、石原新党との連携にあまり積極的な姿勢を見せていないことも、気がかりなところだろう。
<3日夜も、記者団に石原知事らとの連携について問われ、「先に誰と組むか、誰とつるむのか、そんな話では国民はすぐに冷めてしまう」と語って、態度を保留していたのよね。(読売新聞4日)>

 しかも、ここに来て、自民党が石原新党に対する警戒感を強めており、「新党封じ」or「新党潰し」にかかろうとしているような感じがあるのだ。(・・)

* * * * *

 石原幹事長も、父親である慎太郎氏が党首候補になっている新党が、自民党を脅かす存在になるかも知れないことには、困っている様子。

『自民党執行部では、次期衆院選の責任者で石原知事の長男の石原伸晃幹事長が、新党構想に不快感を示している。石原幹事長は1日に会談した大村氏に、「関ヶ原の戦い」で親子が敵と味方に分かれた戦国大名の真田家を引き合いに「真田の心境だが、オヤジを頼む」と漏らすなど、複雑な心境ものぞかせている。(読売新聞3日)』 

 何と昨日は、『「大阪都構想などは国政の課題ではない。言われているほど煮詰まっていない」と指摘。そのうえで、「橋下さんは衆院選に出ないし、大村さんも出ない。都知事も出ない。(それぞれの)仕事がある」と強調』すると共に、『「子どもから見ると(石原都知事は平沼氏らに)利用されているようにしか見えない。与党の国民新党と野党のたちあがれ日本が一緒になって、何党になるのか」と露骨に不快感を示した』という。(・o・)(読売新聞6日)』

* * * * * 

 自民党が最も警戒しているのは、離党後も同党の日本会議系超保守派のアニキ分として一緒に活動を続けている平沼氏が、石原新党に同党の議員を引き抜くのではないかということなのだが。
 そこで、自民党の超保守派議員の中には、新党を結成する前に、平沼氏を自民党に復党させた方がいいのではないかという案も出始めているという。

『平沼氏自身、橋下徹大阪市長との連携による政界再編より、自民党の安倍晋三元首相ら保守系議員を集めた「保守新党」に力点を置いているとの見方もある。こうした足並みの乱れに、自民党からは「平沼さんが自民に帰って来られる方法はないか」との声もあがっている。(読売新聞3日)』

* * * * *

 さらに、先週あたりからは、石原新党や橋下維新の会に政権をとらせないようにする&議員が流れないようにするには、自民党と民主党が早く連立政権を組むしかないという案が、ちょこまかときかれるようになっている。^^;

『民主党の樽床伸二、自民党の田野瀬良太郎両幹事長代行らが1月30日夜、都内で会談。席上、田野瀬氏は樽床氏に一つのアイデアを持ち掛けた。「次期衆院選後、第1党が首相、第2党が副総理を出して任期満了まで解散せず、社会保障制度などの懸案を一気に解決すべきだ」。
 田野瀬氏はその前提として、民主党が「話し合い解散」に応じることを要求した。同氏の念頭には、民主、自民両党が手を組み、「第三極」をけん制する狙いがあったとみられるが、民主党が簡単に応じるわけもない。樽床氏は「主導できる人がいない」と述べ、話は立ち消えになった。

 話し合い解散はもともと、衆院解散に向けた環境整備の一環として、森喜朗元首相らが提唱した。それへの支持が増えてきたのは、「新党の選挙準備が整う前に解散してしまうのが一番」(ベテラン)との思いからだ。 
 実際、「石原新党」サイドは既に複数の自民党議員に対し参加を打診。各報道機関の世論調査でも橋下氏への支持が高く、自民党内には「われわれが手をこまぬいていれば、一気に第三極に雪崩を打ちかねない」との警戒感がある。「解散後、どちらが勝とうと負けようと一緒にやるというやり方もある」。反民主党の急先鋒(せんぽう)である自民党の伊吹文明元幹事長は2日の派閥総会で、「第三極」への対抗策として、民主党との大連立の可能性にまで言及した。(時事通信2月6日)』

<この他に、新党封じに加え、橋下氏への期待や人気低下を待つために、衆院解散をせずに連立政権を作るという案も出ているようだ。^^;>

* * * * *

 民主党の樽床幹事長代行は、自民党の提案には応じなかったようだが。

 でも、野田首相は、何が何でも消費税増税法案を成立させたいという思いがあるだけに、もし自民党側が法案に賛成することと引き換えに、早期の話し合い解散or解散抜きの連立に応じる可能性も否定できないな~と思ったりもしているmewなのであった。(@@)
              THANKS  

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17333901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-02-07 21:21
タイトル : 少子化問題について考える
「せと弘幸BLOG「日本よどこへ」」さんの「少子高齢化社会と移民受け入れ問題(2)」で高齢化社会はいずれストップするが少子化はそうはいかないとしての少子化問題についての提言に対し、多くのコメントが寄せられていました。  兼ねてから少子化問題に歓心をもっ...... more
Tracked from 日本を変える!橋下改革で.. at 2012-02-11 08:39
タイトル : 国政擁立「国の統治機構変える」 橋下・大阪市長
[年金改革] ブログ村キーワード 橋下徹大阪市長は9日、朝日新聞の単独インタビューに応じ、「今の日本の統治機構では(政策の実現は)絶対無理だ。統治機構を変えるメンバーを(国政に)送り込みたい」と語った。自ら代表を務める大阪維新の会が国政に進出する最大の狙い…... more
by mew-run7 | 2012-02-07 04:48 | Trackback(2)