「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍、ない記録を「確認した」..
at 2018-05-23 11:56
政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47
内閣府次長、加計の車を使うも..
at 2018-05-19 00:30
麻生暴言、拉致問題や北朝外交..
at 2018-05-18 03:21
追悼・岸井成格さん~権力に臆..
at 2018-05-17 00:28

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

インターネット関連事業は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の高い要求・核開発技..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
過労死ラインの働き方改革..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢公判~検察役が審査会提出の捜査資料リストを開示&70通の取調べメモが存在

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。





 今回は、『小沢公判~東京地検が裁判所の照会に応じず。小沢に有利なメモの所在は? 』の続報を。

 ↑の記事で、mewは、この小沢公判の当事者である検察役の指定弁護士が、
地裁の照会に回答&資料を開示するのが一番いい方法なのではないかと書き、検察役が真相解明に積極的に協力してくれることに期待を示したのだけど。
 どうやら指定弁護士はその期待に応えてくれたようだ。(+_+)

 小沢弁護団も8日、検察役の指定弁護士に捜査リストなどの開示を要求したとのこと。

『小沢一郎民主党元代表(69)が政治資金規正法違反に問われた陸山会事件で、小沢被告の起訴議決をした東京第5検察審査会に提出された捜査資料のリストの開示要請に対し、東京地検が応じられないと回答したことを受け、小沢被告の弁護側は8日、検察官役の指定弁護士にリストを開示するよう申し入れた。

 弁護側の要請に基づく東京地裁の照会に対し、同地検が6日、「どのような捜査資料を出したかは指定弁護士に説明している」と回答したことを受けた措置。弁護側は、公判で証拠調べが終了する17日までに捜査資料の内容を検討する必要があるとして、13日までの回答を求めている。(読売新聞2月9日)』

 この要請を受け、検察役の指定弁護士が9日、小沢弁護団に対して、東京地検が検察審査会に提出した捜査資料のリストを開示。また、建設業者の「取り調べメモ」が70通存在することを伝えたという。(**)

『政治資金規正法違反で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の公判に絡み、検察官役の指定弁護士は9日、元代表の起訴議決をした東京第5検察審査会に東京地検が送付した捜査資料のリストを元代表の弁護団に開示した。建設業者の「取り調べメモ」が計70通存在することを弁護団に伝えた。

 取り調べメモなどを巡っては、東京地検が6日、弁護団の請求に基づく東京地裁の照会に対し、開示を拒否。弁護団は8日、指定弁護士に対し同様の内容を開示するよう申し入れていた。

 関係者によると、リストには元秘書の衆院議員、石川知裕被告(38)=1審有罪、控訴中=を取り調べた田代政弘検事(45)による捜査報告書があったほか、これまで開示されていない主任検事による捜査報告書なども載っており、弁護団は今後、証拠開示を求めるとみられる。

 元代表の公判では、田代検事が捜査報告書に実際のやり取りとは異なる記載をしていたことが判明。また、前田恒彦元検事(44)=証拠改ざん事件で実刑確定=が「裏金授受を否定した建設業者の事情聴取のメモが多数あるのに、検察審に提供されなかった」と証言。弁護団は、東京第5検察審が議決に至った経緯を探るため、リストの開示やメモの存否を明らかにするよう求めていた。(毎日新聞9日)』

* * * * *

 9日の時点では、指定弁護士は、小沢弁護団&東京地裁の要請に従って、検察審査会に提出した捜査資料のリストの開示&取調べメモ70通の存在するという回答がしただけなのだが。

 ただ、検察審査会に提出した資料のリストから、これまで証拠開示されていない<=小沢弁護団側は、その存在を知ることができなかった>主任検事の捜査報告書なども含まれていたことが判明。

 また、mewは、もしかしたら取り調べメモは、大阪地検特捜部が扱った郵政不正事件の時のように、廃棄されてしまった<or廃棄したことにする>のではないかと案じていたのだが。
 70通ものメモが残っていたことがわかり、本当によかったと思う。"^_^"

<尚、テレビ朝日9日によれば、小沢氏に有利な供述のはいった取調べメモは、やはり検察審査会には提出されていなかったことがわかったようだ。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 おそらく小沢弁護団はこのリストの開示&回答を受け、改めて指定弁護士にそれらの資料を開示するように強く求めるのではないかと思うのだが。

 mewは、まず検察役の指定弁護士が、速やかに照会内容の回答をしてくれたことを評価したいと思う。<相手が本物の検察官だったら、こんなにスムーズには行くまい。^^;>
 そして、おそらくは指定弁護士の方も、これらの資料をチェックする時間が必要だと思うので、それが終わってからでいいから、17日の証拠調べの前に、全ての資料を小沢弁護側に開示して欲しいと願っている。(・・)

<70通の取調べメモが、今どこにあるのかわからないのだが。検察役の指定弁護士は、是非、東京地検に全てを提出させて、それを東京地裁&小沢弁護団に示して欲しい。(・・)>

* * * * * 

 また、昨日、『小沢元代表の裁判では、証人として呼ばれた元検事が「ゼネコン側は裏献金を強く否定したが、検察の想定には合わないので証拠として調書に残さなかった」と証言して(NHK9日)』という記事を読みながら、ふと思ったのだけど・・・。

 もしこの70通の「取調べメモ」が開示されることになったら、一審で有罪判決を受けて控訴中の小沢氏の秘書3人の公判(二審)にも、有利な証拠に使える可能性があるわけで。彼らにとっても、このメモは重要なものになるのではないかと思われる。(**)

<というか、もともと石川氏らの犯罪行為が否定されれば、小沢氏の共謀共同正犯も成立のしようがないとも言えるのだけど。> 

 石川氏らの一審判決では、東京地裁は、石川氏らが水谷建設からウラ金を受け取ったことを推認して、不正な資金を隠す目的で、土地売買の際に複雑な資金のやりとりを行なった上に、意図的に登記&政治収支報告書の記載をずらしたと判断しているわけで。水谷建設からのウラ献金受領が犯罪の動機として認定されている。

 しかも、大久保氏が起訴された西松事件の判決では、東京地裁は、検察側の主張をそのまま受け入れて、あたかも小沢事務所が複数のゼネコン企業から違法献金を受けていたことを示唆するようなことも言っていたのである。

『大久保被告は本命業者を指名する「天の声」を出し、政治献金を受け入れる窓口だったとした。小沢事務所と企業との癒着は長年続いてきたとし、大久保被告は「癒着に基づいた小沢事務所の資金集めに深く関わっていた」とも述べた。(読売新聞11年9月27日)』

* * * * *

 現時点では、その取調べメモの中に、水谷建設や西松建設の関係者の供述したものがはいっているかどうかはわからないのだけど。

 でも、もし前田元検事が公判で証言したように、複数のゼネコン関係者が小沢氏側にウラ献金を渡していないという供述をしていたメモが残っていたとしたなら、逆に、小沢氏側は西松建設や水谷建設からも違法献金を受け取っていなかったのではないかと推認させる証拠として使うことができるかも知れないし。
 もしそのメモの中に、西松建設や水谷建設の関係者の供述があるとしたなら、、かなり有力な証拠になるのではないだろうか?(@@)

<実際、10年に大久保隆則氏が単独で受けていた西松事件の公判では、西松建設の関係者が違法な手段を用いる認識はなかったと証言していたし。
 また一部報道では、水谷建設の会長や幹部の中には、同社の社長が石川氏や大久保氏に各5000万のウラ金を渡したという事実を疑問視or否定しているという話も出ていたので、彼らの取調べのメモが残っている可能性もあるのではないかと思うです。(・・)>

 というわけで、石川氏や大久保氏本人や、彼らの弁護士も、この70通の取調べメモを是非、チェックして欲しいと願っている。(**)
<この2人が無罪になれば、共謀共同正犯に問われている池田光智氏も無罪になるはず。>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 こうしてみると、何度も書いてしまうことだが、昨年末の田代検事の前田元検事の証言は、小沢氏&秘書にとって本当に大きいものだったと思うし。
 田代氏の捜査報告書の記載に事実と異なる部分があることを見つけた&2人から貴重な証言を導いた小沢弁護団の力も本当に大きいな~とつくづく思ってしまうところがあるのだけど。(+_+)

<大久保隆則氏の供述調書にあったという言葉を借りれば、まさに「潮目が変わって来たな~」と感じが。(@@)>

 何だかメディア各社も、今回の東京地検の対応はかなり問題視しているところがあるようで。
 東京地検が、東京地裁の照会を拒否したことに関しても、資料の中身も含めて、そこそこ詳しく報じていたところがかなりあったし。しかも、どちらかと言えば、検察に対して疑惑や批判の目を向けているような感じの記事が多かったようにも思えた。(・・)

 また、昨日の報道でも、田代検事が石川氏が発言していないことを記した、事実と異なる捜査報告書を作成し、検察審査会に提出したことに関しても、
テレビ朝日は、何と『小沢一郎被告の裁判「捏造」報告書が審査会に』というタイトルで報道。
 TBSは「元秘書を取り調べた検察官が作成したウソの捜査報告書」と報じていたのを見て、「お~っ」と少し驚いてしまったところがあったのだけど。ただ、同時に何だか複雑な気持ちにもさせられる部分もあった。(~_~;)

* * * * * ☆

 そもそもmewは、これは他の事件も含め、ほとんどのTVが「虚偽」を「ウソの」と表現することに疑問を覚えているのだけど。
<小沢氏の件に関しても「ウソの記載」っていう表現に、不快な思いをした人も少なからずいるのでは?(・・)>

 今回の件では、検察の方がチョットおかしいと思ったら、いきなり「捏造」報告書とか「ウソの」報告書とか、悪い印象を与えるような&決め付けた表現するというのも、いかがなものかと思うところがあるし。
 それに、これまでずっと小沢氏&秘書を犯罪者扱いするような感じで、さんざん叩いて来たのに。ここに来て、いきなり手のひら返しをするがごとく、今度は、検察が捏造報告書で小沢氏を陥れたみたいに報道するのは「どうよ~」って言いたくなっちゃうところもあったりして。(-"-) 

 しかも、今頃、検察に疑惑の目を向けるなんて「おちょい(遅い)よ!」と言いたい気分にもなっているのだけど。

 でも、その反面、ようやくメディアも、この事件の実態や問題を扱うようになってくれたことには、ほっとさせられている部分もある。^_^;

<今、永田町が大変な政局を迎えようとしていて、小沢氏に政治活動の方で頑張ってもらわければいけない時期だけに、尚更にそう思う。
 正直なところ、4月の判決までゆっくり待っていられないとこもあるので、早い時期から小沢氏が動きやすくなる環境ができた方が望ましいしね。(・・)>

* * * * *

 これで、東京地裁が早めに公訴棄却の判断を下してくれれば、もっといいのだけど。
 以前から書いているように、今回、起訴を決めたのが検察官ではなく、検察審査会であることから、東京地裁も判断に苦しむところがあるのではないかと察する。^_^;

<検察審査会の公正な審査を担保するために、色々な仕組みを考える必要があると思うのだけど。(この件は、まあ改めて書きたい。)もし事後に議決の妥当性に疑問が生じた場合、果たして、裁判所に検察審査会の議決の効力を否定する権限があるのかどうか、色々と難しい問題があるようにも思うのだ。
 ただ、せめて今回のように、検察が意図的に偏った捜査資料を出して、審査に誤りを生じさせた可能性があるなど、著しく不当だと思われるケースに限っては、たとえば、裁判所が「不適切な資料に基づく審査&議決が行なわれた可能性がある」と指摘して、いわば差し戻し審みたいな感じで、もう一度、適切な資料に基づいて検察審査会の審査を行なわせることができるようにするなどの策を考えないと、公正な審査が担保できない(&検察の不正防止できない)のではないかと、マジに憂慮してしまうです。(・・)>

 ただ、いずれにせよ、公判の流れも、メディアの対応も、どんどんと潮目がいい方向に変わって来ているのではないかな~という感じを受けているmewなのだった。(@@)
 
            THANKS


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2012-02-10 06:22 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17348526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2012-02-10 11:49
タイトル : 世界から信用される経済政策とは「国民の生活が第一」実現の..
 日本の経済政策が世界から相手にされていない記事が日経に出ている。 本日2月7日(火)の日経新聞5面にボックス記事で表題が「欧州危機 G20討議へ」「赤字半減目標 5ヵ国が達成困難」の記事がそれである。日米欧に新興国を加えたG20各国の財務相・中央銀行総裁が今月下旬に、メキシコ市で欧州危機について討議する予定との記事である。その中の注目記述を引用すると、「‐‐‐ ‐‐G20は昨年11月の首脳会議で採択した行動計画に具体的な目標を明記。日本を除く主要7ヵ国(G7)にオーストラリア、韓国、ス...... more