「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍、ない記録を「確認した」..
at 2018-05-23 11:56
政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47
内閣府次長、加計の車を使うも..
at 2018-05-19 00:30
麻生暴言、拉致問題や北朝外交..
at 2018-05-18 03:21
追悼・岸井成格さん~権力に臆..
at 2018-05-17 00:28

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

インターネット関連事業は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の高い要求・核開発技..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
過労死ラインの働き方改革..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢第15回公判~言うだけ言った論告求刑+公訴棄却&検察審査会の問題

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



  9日、東京地裁で、小沢一郎氏の第15回の公判が開かれ、検察役の指定弁護士が論告求刑を行なった。

 検察役の指定弁護士(以下、検察役)は、100ページにも及ぶ論告を読み上げた後、「被告の指示・了解なしに自らの判断だけで、(秘書らが)取引自体を操作し、収支報告書に虚偽記入をする可能性はない」として「事前に報告と了承」がなされ、「元秘書との共謀があったのは明らか」だと主張。

 さらに、「周到な準備と巧妙な工作を伴った計画的な犯行」で、「被告は刑事責任を回避するため、不合理な否認を繰り返し、反省の情は全くない。規範意識の鈍磨とあいまって、再犯の恐れは大きいといわざるを得ない。政治家として国民の範となる行動が求められるのに裏切った」と指摘して、裁判所に対して「禁固3年」を求刑をした。(・o・)

* * * * *

 先に、全体的な感想を述べるなら・・・。

 まず、検察が「禁固3年」を求刑したことに少し驚いた。この陸山会事件では、実質的に主犯格として扱われている元秘書の石川知裕氏(求刑2年)よりも重い求刑だったからだ。^^;

<ちなみに秘書3人の公判での求刑は、石川知裕氏が、禁錮2年(判決は禁錮2年執行猶予3年)、池田光智氏が禁固1年(判決は禁錮1年執行猶予3年)
西松事件も併合審理された大久保隆規氏に関しては、禁固3年6ヶ月(判決は禁錮3年執行猶予5年)だった。>

 これは、検察役が、小沢氏をこの陸山会事件の首謀者としてとらえていることのあらわれだと見ていいだろう。(-"-)

 また、特に最後の情状面での部分では、<検察側は被告人を攻撃するのが仕事なので、一般的に、かなり悪質性を強調する表現を用いることが多いとはいえ>、敢えて小沢に対してかなり厳しく辛らつな表現を重ねるような形で非難を行なっていたことにも、「ここまで言わなくても」とチョットあ然とさせられた&ムッとしてしまったところがあった。
<石川氏の証言に関しても、「自己の罪を逃れつつ荒唐無稽な弁解をしている」とか言ってたし。暴力団組長の共謀を認めた最高裁決定にも言及し、「元秘書を指揮命令する立場の元代表が刑事責任を負うべきことは明らかだ」と言ったという報道も。(ーー)>

 そして、この陸山会の捜査や裁判に関して、ふつうに(?)小沢氏側を支持しているmewでさえムッと来たほどなのだから、小沢氏を信奉する議員や支持者などは、この部分を読んで腹わたが煮えくりかえるほどムカついているのではないかと察したりもした。(・・)

* * * * *

 論告の内容については最後の部分に少し&詳しいことは、後日、改めて取り上げたいのだが。

 何分にも決め手となる証拠がないだけに、何とか自分たちが当初作ったストーリーに当てはめるべく、すご~く間接的な事実や発言なども拾い集めて来るような感じで、ひたすら状況証拠を積み重ねて、何とか犯罪事実があったことを推認させようという主張を行なっていたように思えた。<逆に言えば、そのような手法をとるしかないのよね。^_^;>

 まあ、ある意味では、検察役は完全に開き直って、「こうなったら、ともかく、めいっぱい言うだけのことは言ってやれ~」と論告に臨んだと言えるのかも知れないのだけど。

<検察役の指定弁護士を務めた大室俊三氏も取材に対して「間接事実(客観的事実)の積み重ねに基づき、言うべきことは言えた」と答えていたとのこと。(毎日新聞3月9日)>

 同時に、論告全体を通じて<特に情状面で?>検察役は、もしかしたら小沢氏が被告人質問で、「わからない」「覚えていない」「秘書に任せていた」との答えを繰り返して、やや検察役をナメているor見下しているかのような&真相究明にも非協力的な態度をとっていたことや、いわゆる「政治とカネ」の問題に関わる小沢氏や秘書の証言内容などに、好ましからざる感情を抱いた(ムカついた?)部分があるのかも知れないな~と感じたりもした。(~_~;)

<この「政治とカネ」云々の話は、また後日に書きたいと思うのだけど。(そして、この辺りは、小沢氏の支持者から見れば、反論がいっぱいあるだろうけど。)今回の検察役は、「政治とカネ」の問題を強く意識しつつ、この事件の真相を解明することを目標に掲げていたので、小沢氏や秘書らが、政治活動を強調したり、その活動+αにおいて億単位の資金や資産を色々と動かすのが当然であるかのような発言していたことや、事件の真相に関して肝心な部分を語ろうとしなかったことに不快感を覚えたところがあったのではないかと察する。
 あと公判の初日に、小沢氏が意見陳述でかなり挑発的に司法批判を行なったことも、多少は影響しているかも知れない。^^;>
 
 ただ、実際のところは、検察役がどう思おうと、裁判官がきちんと証拠に基づいて判断してくれればいいことなのだが・・・。
 
 これは『小沢の第12、13回公判~被告人質問の概要と雑感』でも触れたのだけど。
 今回のように確たる証拠がない刑事裁判においては、最後は裁判官の心象&心証が判決を決める際に大きな影響を及ぼすことになるだけに、果たして裁判官は、小沢氏の被告人質問での態度や今回の検察役の主張をどのように受け止めたのかな~と懸念してしまうところがあった。(-_-;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 昨日の論告では、検察役は、まず小沢弁護団の公訴棄却の申し立てに対する主張を行なったので、今回の記事では、先にその部分を取り上げておきたい。

 小沢弁護団は、東京地検特捜部が違法な取調べを行ない、東京地裁も信用性がないとした石川氏の供述調書や、田代政弘検事が作成した虚偽の捜査報告書など問題のある捜査資料を検察審査会に提出した結果、審査会がそれらを根拠にして誤った判断を行ない起訴相当議決を出すことになったと主張。その議決自体や、それに基づく強制起訴の効力は認められないとして、東京地裁に公訴を棄却(打ち切り)するように求めている。

 それに対して、検察役は、このような反論を行なっていた。<毎度ながら、産経新聞の詳報より>

『「まずそもそも、検察審査員が証拠の信用性について錯誤に陥った、すなわち証拠評価を誤ったとしても、そのために検察審査会の議決が無効になることはない、というべきである」

 「検察審査会に提出される証拠は、反対尋問などにさらされて、その信用性について十分吟味されたものとはかぎらない」

 「捜査関係者や裁判関係者であっても、証拠の信用性に関する判断を誤ることはあり得る」

 「いわんや、専門家でない一般市民である審査員が、証拠の信用性につき、判断を誤り錯誤に陥ることはあり得ることである」

 《指定弁護士は淡々と朗読を続ける》

 指定弁護士「検察審査会法には、検察審査会の議決が無効となる場合の定めはない。検察審査会の手続きが違法であった場合は、別途の考慮が必要となるとしても、少なくとも、それ以外の事由で議決が無効になることは予定されているとは到底考えられない」

「検察審査会のよる起訴議決がなされた場合には、裁判所は取り調べに証拠を総合して評価し、その上で事実の証明がないとの判断に達したのであれば、判決で無罪を言い渡すべきであり、それで足りると解すべきである」』

 この詳報には、mewが一番着目した大事な部分が抜けている。(・・)
 検察役は、東京地検の意図に関して、このような発言をしたという。

『指定弁護士側は9日の裁判で「仮に検察官が検察審査会を誤った方向に陥れようという意図があったとしても、検察審査会はその意図に影響されて議決を左右するはずはない」として、起訴は有効だと主張しました。(TBS3月9日)』

『東京地検が同検事の報告書を検察審査会に提出し、審査員を錯誤に陥らせた結果で無効とする弁護側の主張について、「仮に地検がそうした意図を持っていたとしても、審査手続きの違法性とは次元が異なる。検察審が影響を受けて議決が左右されるはずがない」とした。(時事通信3月9日)』

* * * * *

 まあ、検察役としては、こういう主張をするしかないのかな~という気がしたのだけど。
「仮に検察官が検察審査会を誤った方向に陥れようという意図があったとしても」と、その可能性があることを完全否定しないような表現を用いたことには、「おっ」と思う部分があったし。
 また、検察役が「検察審査会法には、検察審査会の議決が無効となる場合の定めはない」と法の不備を指摘したことは、とても重要なことだと思う。

 ただ、逆に「審査会が影響を受けて議決が左右されたはずがない」「無罪判決を下せば足りる」という点には、疑問を抱いたところがあった。(・・)

* * * * *

 このブログでも何度か書いているように、今でも、検察審査会の審査や議決に形式的or手続き的に重大な瑕疵があった場合には、外から見て明らかに問題がわかるものだし、その議決を無効にすることも可能だと思うのだけど。
 法に規定もないのに、審査や議決の中身について、裁判所がその妥当性や効力を判断することは、困難or不可能なのではないかと思うのだ。(-"-)

 ただ、検察審査会は、09年の法改正施行によって、強制起訴をなし得るような強い権限を持つ機関になっているだけに、明らかに違法or不当だと思われるようなことが介在したとしても、審査や議決に関する妥当性や効力を全く判断できないというのは、かなり問題なのではないかと思うし。
 このようなケースへの対応の仕方や法整備などを、一刻も早く検討すべきなのではないかと考える。(・・)

* * * * *

 検察役の言い分としては、もし検察審査会が問題のある証拠や資料に基づいて誤った判断を行なったとしても、それだけで起訴議決や公訴提起が無効になることはないと。
 プロの検察官だって、証拠の評価を誤って起訴することはあるけど、<ウソの供述に基づいて起訴することもあるしね>、裁判官は総合的に見て、その事実がないと判断すれば、無罪判決を出せばいいのであって、起訴自体の効力を考える必要はないということなのだけど。

 mewは、これも以前に書いたのだが、誤って起訴されて被告人にされた人にとっては、刑事裁判を受け続けることは心身ともに大きな苦痛になるものだし、仕事や生活、周囲との関係にも多大な影響&支障を被ることも多いだけに、
検察による不当起訴のケースも含めて、<本人が無罪判決を得ることを望む場合は別として>、早く公訴の取り下げや棄却をして、裁判から解放するようにすべきではないかと考えているのだ。(**)

 だから、検察審査会の議決に明らかに問題があったとしても、無罪判決を下せばいいという主張には、賛同しかねるところがある。(-"-)

<ただし、じゃあ、どうやって審査や議決が不当だったかを実体的な判断するのかというと、また難しい問題があるのだけどね。^_^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 また、これも今後の検察審査会の検討課題だと思うのだけど。検察の場合は、被疑者自身の話をきいたり、被疑者が無罪を証明しようと提出する証拠なども手にしたり、様々な関係者への取調べや聞き込みなどの周辺捜査、証拠物の捜索押収などなどを含めて、被疑者にとって有利な材料、不利な材料を集めた上で、総合的に見て、起訴するか否かを判断するわけだけど。
 
 検察審査会の場合は、もともと「検察の出した不起訴処分を審査する」ことが目的になっている機関ゆえ、検察が提出した捜査資料や検察側の説明に基づいて審査を行なうことになっていて、被疑者側の言い分をきくことはないのである。<これも検察が出した資料を通して、審査することになる。>
 
 ただ、一般的には、検察は自分たちが不起訴処分を出したことがいかに正しいかを証明するような<いわば被疑者に有利な>資料を提出するようなのだけど。
 今回、疑惑が持たれているように、検察が意図的に<しかも、もしかしたら捜査資料を捏造してまで?>被疑者に不利なものを中心に資料を提出した場合には、審査会が、それに基づいて行なった審査や議決には誤りが生じる可能性が十分にあるわけで。
 検察役の「検察官が検察審査会を誤った方向に陥れようという意図があったとしても、検察審査会はその意図に影響されて議決を左右するはずはない」という主張には、賛同できないし。

 検察審査会が、何らかの形で、被疑者側の言い分を知る手段を講じる必要があるのではないと考えたりもする。(・・)
<被疑者も上申書を提出するとか。場合によっては、被疑者か弁護士から話をきいたり、文書で質問を出して回答したりするような方法を設けるとか。>

<今週、どこかのTVで、特捜部の上司が検察審査会に提出した資料(不起訴にした理由を記した書類だったようだ)に触れていたのだけど。
 何か小沢氏の供述は信用できないし、嫌疑もかなりあるのだけど、それを証明する証拠が十分にないので、(やむを得ず?)不起訴にするというようなことが書かれていたのだ。で、これを見たら、審査員の中には、「きっとこの検察官は、強い嫌疑を抱いていて、本当は起訴したかったのに、上司とかにダメと言われてできなかったんだろうな~」とか思って(実際、TVとかでも、上層部が反対したから起訴できなかったという報道も出ていたしね)、妙な正義感に燃えて、「これは起訴すべきだ」と考えてしまう人がいたとしても不思議はないと思ったです。(~_~;)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 論告に関して解説する報道記事では、毎日新聞のものが、mewの考えに近かった&わかりやすかったように思った。

『指定弁護士の論告は複数の客観的事実のほか、小沢元代表の法廷供述と石川知裕衆院議員ら元秘書の証言内容との食い違いなどを基に、元代表が不正に関与した構図を描いた。ただし、元代表を起訴すべきだとした検察審査会の議決の根拠で、有罪立証の柱だった石川議員の供述調書が証拠採用されなかったことから「次善」の論告となった印象は残る。

 石川議員ら3人の公判でも検察の取り調べ手法が問題視され、多くの供述調書が採用されなかった。検察側は「推認」を多用する苦しい論告を強いられたが、地裁は客観的事実などを総合的に考慮して全員を有罪とした。
 
 論告では共謀の時期や場所、やりとりについて具体性のある言及はなく、暴力団の特異な上下関係などを前提に「『暗黙の了解』だった場合も共謀共同正犯が成立し得る」と判断した最高裁決定(03年5月)を引用するなど、「石川調書」を使えなかった苦しさがうかがえる。

 検察審査員の判断に従って起訴し、捜査機関が集めた証拠を使って公判活動を行わなければならない指定弁護士。強制起訴された公判で論告が行われたのはまだ2例目だが、元代表の判決内容によっては検察審査会制度のあり方にも影響を与えそうだ。【和田武士】(毎日新聞3月9日)』
 
* * * * *

 小沢弁護団は、論告を受けて、このような意見を述べていたとのこと。

『元代表の弁護団は閉廷後の記者会見で「(元秘書らとの)共謀の具体的な日時も場所も証明できていない」と論告を批判。元秘書らの供述調書の多くが証拠採用を却下されている点を強調し、弘中惇一郎弁護士は「あれだけ証拠能力が否定され、採用された調書の信用性にも疑問が投げかけられているのに、論告には調書を全面的に引用している部分もあった」と疑問視した(毎日新聞3月9日)』

『弘中惇一郎弁護士は、指定弁護士の論告について「なぜ犯罪に至ったのか、もう少し明確な主張があると思ったが、そこがはっきりしないため違和感があった。証拠を無視して、『あやしい』『考えられる』という不十分な主張ばかりで問題だ」と述べました。(NHK3月9日)』

『「合理的な疑いを越えるまでに、きちんと証明する必要が指定弁護士にはある。果たしてその域のご主張、立証があったか非常に疑問」(小沢元代表の弁護人・弘中惇一郎弁護士) (TBS3月9日)』

<ちなみに、ずっと小沢公判を傍聴している江川紹子氏は「非常に無理に無理を重ねた論告だと思った。普通の発想ではできない、超法規的論告」とコメントしてたにゃ~。(・・)>

* * * * *

 TBS9日のニュースが『直接証拠が足りず、「小沢氏の無罪が近づいた」という見方がある一方で、状況証拠の積み重ねによって有罪へと導いた元秘書の判決を例に、「まだ予断を許さない」という見方も根強くあります』と結んでいたのだが・・・。

 mewもそうだけど、小沢氏の支持者の多くも、そのような見方&気持ちなのではないだろうか?(-"-)

 次は、3月19日に被告人&弁護側の最終弁論が行なわれて結審し、4月下旬に判決が出される予定なのだが。判決日は4月26日で調整されているとのこと。
 小沢氏やその周辺、そして支持者もそうだろうけど。政局の攻防も含めて、まだまだ気が休まらない日々が続くな~と、ついため息をつきたくなってしまうところがあるmewなのだった。_(。。)_

          THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2012-03-10 10:18 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback(4)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17494601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ミクロネシアの小さな島・.. at 2012-03-10 15:22
タイトル : いまどきの流行りモノ
3月に入っても晴れて乾いた日がずっと続いていたが、今朝はめずらしく雨で始まった。 カラカラに乾いて土ぼこりが待っていた家の前もしっとりして、窓の外をおおうノニの木立も嬉しそうだなあ。 ところで寒くて乾いた季節が続く日本では、いまインフルエンザが大流行とか。でも、それにつけこんだインチキ薬剤ビジネスに騙されないようにね: 〇飯山一郎:怖いのはインフルエンザではなくて、ワクチン! http://grnba.com/iiyama/index.html#rr03062 マスゴミを派手に騒...... more
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-03-10 22:25
タイトル : 河村市長発言と朝日新聞の報道姿勢
 朝日の声欄を使う情報操作・小さなことを大きく言う捏造・・絶対に謝らぬ朝日新聞  週刊新潮の最新号に 「南京大虐殺」否定で何が悪いか!?「河村たかし」名古屋市長を後ろから撃つ「朝日新聞」と言う記事が載っていました。  記事によれば河村さんは南京の虐殺はあっ...... more
Tracked from 私は隠れ癌患者 at 2012-03-13 01:20
タイトル : 福島原発を直ちに国有化し、原発事故収束を目的とした臨時内閣を
私の提案 ●直ちに福島原発を国有化し、原子力村官僚を退陣させ、日本の総力を上げて4号炉燃料プールの補強工事をはじめとする、原発事故収束工事、放射能拡散防止工事を行う。 ●消費増税など、国内の懸案事項は当面凍結し、原発事故収束と放射能拡散防止を第一にした取り...... more
Tracked from ミクロネシアの小さな島・.. at 2012-03-14 07:12
タイトル : これは偶然とは思えない…
今回の写真は道端に咲くピンクの花シリーズ…といっても、記事はまったく関係ないことですが… 3.11の直前に『2チャンネル』関係者に家宅捜索が入ったり『阿修羅』もおかしなことになったなと感じていたら、その後でもあちこちで変なことが起きていて、しかもそれがあまり話題になっていないのもすごく気になる…。 しかも…NHKやテレビ朝日が、なんと3.11式典での天皇のスピーチから、勝手に原発と放射能に関する部分をカットしたんですって!?飯山一郎さんの記事からどうぞ: 〇陛下のお顔に秘められた御覚悟 ...... more