人気ブログランキング |

小沢第15回公判(2)~間接的な状況証拠を並べ立てるしかなかった検察役

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




小沢第15回公判~言うだけ言った論告求刑+公訴棄却&検察審査会の問題』の続きを・・・。

3月9日、小沢一郎氏の第15回公判が開かれて、検察役の指定弁護士(以下、検察役)が論告求刑を行なったのだが。

 東京地裁が、小沢氏との共謀を認めたとされる元秘書の石川知裕氏の供述調書など立証の決め手にする予定だったものを含め、検察役側が申請した重要な証拠の大部分の採用しなかったことから、かなり苦しい状況に。

<採用を却下された証拠の部分は使えなくなったので、証拠調べが終わった後、100ページにわたる論告のかなりの部分を書き直さざるを得なくなったとか。>

 そのため、検察役は唯一、共謀を示す証拠となるかも知れない池田光智氏の供述調書に記載されたものを除いては、検察役のストーリーに合わせて、いわゆる間接的な状況証拠を並べる形で論告を行なうことになった。^^;

 で、どのような状況証拠を並べたかということに関して、毎日新聞がそれらをリストにした記事を出していたので、それをここにアップしておきたい。

* * * * *

『小沢元代表、法廷:大詰め迎え廷内緊張 書面100ページ超、読み上げ
 昨年10月に東京地裁で始まった民主党元代表、小沢一郎被告(69)の公判は9日、大詰めの論告を迎えた。これまでに計14回開かれた法廷で取り調べられた証拠を基に、100ページを超える膨大な書面で政界実力者の有罪を訴える、検察官役の指定弁護士。緊張感が張り詰めた法廷に響く朗読に、元代表、弁護団、裁判官がじっと耳を傾けた。【石川淳一、山本将克】

 午前10時、東京地裁104号法廷。大善文男裁判長に促され、指定弁護士が朗読を始めた。「起訴の適法性についての弁護人の(違法との)主張に理由がないことを明らかにした上、収支報告書の記載の虚偽性、被告の共謀について弁護人の(共謀がないとの)主張に理由がないことを論証し、被告に科されるべき刑について意見を述べます」

 淡々とした口調ながら、元代表提供の4億円の虚偽記載を「全てが被告の指示、了解の下に行われた不記載に端を発し、その隠蔽(いんぺい)、偽装工作として(元秘書により)実行された」と厳しく指摘。公判で虚偽記載を否定した元秘書の衆院議員、石川知裕被告(38)の証言を「公判に至って趣旨不明の供述をするのは自己の罪を逃れつつ荒唐無稽(むけい)な弁解をしているに過ぎず、検討に値しない」と一蹴した。

 小沢元代表は紺のスーツに青色ネクタイ姿で、弁護人に挟まれる形で着席。論告読み上げ前には分厚い書面が弁護人席に配布され、元代表の前にも置かれた。

 だが、元代表は書面に手を伸ばさず、読み上げ中は厳しい表情を浮かべたまま。正午過ぎの休廷までほとんど身動きしなかった。

 ◇強気の指定弁護士 複数の客観事実存在
 有罪立証の柱だった元秘書で衆院議員、石川知裕被告(38)の供述調書の証拠採用を却下された検察官役の指定弁護士だが、この日の公判でも強気の構えを崩さず論告を淡々と読み上げた。再構築した立証の柱は、小沢元代表との間の「報告・了承」を認めた元秘書、池田光智被告(34)の一部調書のほか、元代表の関与をうかがわせる複数の客観的事実の存在、それに基づく法廷での証言などだ。

 問題となった土地を購入する際、元代表は4億円を提供しながら自分名義の同額の銀行融資の書類に署名・押印。この銀行融資を指定弁護士は「石川議員が4億円提供を隠すために行った偽装工作」と位置付けている。

 石川議員は昨秋の証人尋問で「『お預かりした4億円で預金担保を組み、それでお支払いします。預金担保の書類です』と(元代表に)説明した」と証言。だが、元代表は1月の被告人質問で「(石川議員から)サインしろと言われたからサインした」「具体的な説明を受けた記憶がない」「銀行とどうするかとかは担当者の裁量の範囲内」などと説明し、石川議員の証言とのズレが鮮明になった。

 また、指定弁護士の冒頭陳述によると、巨額の「事務所費」が問題となった後の07年2月、元代表の事務所は週刊文春から土地問題の取材を受け、池田元秘書が作成した回答書案に目を通した元代表は「購入原資は銀行融資」と修正させた。池田元秘書は証人尋問で修正指示を認めたが、元代表は被告人質問で「池田に何かを指示した記憶はない」と否定。「当時は不動産所有に関しマスコミから多数問い合わせがあり、正確な記憶があるわけではない」と述べた。

 指定弁護士は冒頭陳述の約3分の1を客観的事実の提示に費やし、証人尋問や被告人質問でも時間を割いた。地裁がどのように評価するかが注目される。【和田武士】

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

『 ■小沢元代表の関与をうかがわせると指定弁護士が主張する客観的事実

・陸山会の不動産購入で元代表が自己資金を提供したのは問題の土地だけ

・元秘書らは問題の土地購入の前年までの不動産購入や賃料払いをほぼ正確に収支報告書に記載していた

・元代表は土地購入の際に4億円を提供しているのに、同額の銀行融資の申込書類に署名・押印している

・4億円を提供したのに国会議員の資産報告書に記載しなかった

・元秘書らには、元代表提供の4億円を政治資金収支報告書に記載しなかったり土地登記の延期や銀行融資を受ける動機はない

・問題の土地が元代表名義になっていることについて「政治資金を使った蓄財」と報道され、07年2月の記者会見で自分が土地の所有権を持たないとする偽の「確認書」を公表した

・07年2月に週刊誌から土地問題を質問され、元秘書が作成した回答書に目を通した上で「購入原資は銀行融資」と修正した

・週刊誌報道などの後の07年5月、陸山会など関連政治団体に返済余裕がないのに4億円が返済され、07年分収支報告書に記載されなかった

・05年3月にも陸山会に現金4億円を交付し、同年5月に返済を受けたがいずれも簿外処理された

 ■証拠採用された池田元秘書の検察官調書の内容

・05年分収支報告書の提出前に「04年に支払った土地代金を05年分収支報告書に記載している」と説明すると、元代表は「ああ、そうか」と了解した(10年1月20日付調書)

* * * * * 

 本来であれば、小沢氏を虚偽記載の共謀共同正犯で有罪するには、小沢氏と秘書がいつ、どこで、どのようにして共謀を行なったのかを示す必要があるのだけど。
 石川氏の供述調書が証拠として使えなくなってしまったし。池田光智氏の供述調書だけでは、小沢氏が悪質な動機を持って故意に虚偽記載を行なわせたということを証明するには足りない感じがある。

 他方、検察役は、04年に銀行から融資を受けた際に小沢氏が自署&押印した書類や、07年の記者会見で公表した「確認書」などを物的証拠として持っている。

 そこで、検察役は、小沢氏自身も当初から、自分が土地購入をするために4億円を出したことを隠したいという意図を持っており、秘書らと意を通じ、諸事情も把握した上で、銀行融資を受けたと。また、07年の記者会見で、会見の直前に「確認書」を作ったり、購入資金は「銀行融資」だと答えたりしたことも、小沢氏&秘書の意図を示すものだとして、その裏付けるために物的証拠を活用しようとしたのではないかと察する。

 また後日に、産経新聞の詳報を読んで気づいたことを書きたいと思うのだが。
 
 ただ、これは他の刑事裁判も含めて、近時、このような間接的な状況証拠の積み重ねだけで有罪を認めていいものか、大きな問題になっているだけに<冤罪を生じやすいので、尚更に>、裁判所には、慎重な判断が求められるのではないかな~と思うmewなのだった。(@@)

               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

by mew-run7 | 2012-03-12 11:00 | 小沢&秘書の裁判

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7