どうなる、石原新党~平沼が超保守議連作るも、石原は息子を思い、迷い中?

 これは、今日25日の2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 この記事では、石原or平沼新党の話を・・・。

 これは、先月アップした『小沢の読みはいかに?~石原新党はならず?&維新の会は大政党に頼る?』という記事のつづきになるのだが。

 先月、小沢一郎氏が石原慎太郎都知事を党首とする新党構想について「うまくいかないと思うな」と発言したとのこと。

 そして、mewも石原慎太郎氏は都知事をすぐに辞めてまで、新党の結成&国政進出することに迷いがあるのではないかと。もしかしたら、当初は平沼新党としてスタートすることになる可能性もあるという見解も書いた。
<石原氏が都知事のまま党首になるという可能性もあるかな。^^;>

* * * * *

 その後、「た」党の平沼赳夫氏が、石原都知事が都議会の予算審議などで忙しいことから、3月末までの新党結成は断念することを正式に発表。
 後述するように、果たして石原慎太郎氏が本当に都知事を辞めて、石原新党の党首として国政に進出するのか、ビミョ~な状況が続いているのだが。

 そんな中、昨日、平沼氏が新党結成の準備を兼ねて、超党派の議連を作ったという報道記事が出ていて、mewの目を引いた。

『たちあがれ日本の平沼赳夫代表が超党派の「国家経営志士議員連盟」を発足させることが23日、分かった。海江田万里元経済産業相ら民主、自民、みんなの党などの首都圏選出議員らが設立呼びかけ人に名を連ね、29日に国会内で設立総会を開く。平沼氏が東京都の石原慎太郎知事とともに進める新党構想への布石とみられ、消費税増税にからむ野田佳彦政権の迷走を受け、与野党を巻き込んで動きが加速する公算が大きい。

 設立趣意書では、「戦後日本社会で伝統文化は軽んじられ、領土問題、拉致問題等の国家的課題を解決する気概が失われつつある。このままでは日本人の美徳は失われ、戦後追求してきた経済発展も水泡に帰す」と国難を強調。「国家をより強く機能的に経営する」を理念に掲げ、憲法、歴史、教育問題への果敢な取り組みに加え、統治機構改革や財政・経済再建を訴えている。

 設立呼びかけ人は代表発起人の平沼氏を含め計17人で、民主党から海江田氏、長島昭久首相補佐官ら6人、自民党から下村博文元官房副長官、馳浩国対副委員長ら4人が名を連ねる。たちあがれ日本やみんなの党、国民新党の衆参議員も参画する。

 議連代表は平沼氏が務め、事務局は民主党の鷲尾英一郎衆院議員が務める見通し。28日にも都内で役員会を開き、当面の運営方針を固める方針。29日の設立総会では、役員の選任や規約の採択を行った上で、岡崎久彦元駐タイ大使が記念講演を行う予定だ。

 すでに活動方針案もまとめており、憲法、歴史、教育問題で見解をまとめるほか、選挙制度見直しや通年国会実現、公務員制度改革などの統治機構改革、国家会計への複式簿記導入による財政再建、経済成長戦略などもテーマに掲げる。

 国家経営志士議連設立呼びかけ人(敬称略)

【民主党】海江田万里、長島昭久、笠浩史、北神圭朗、鷲尾英一郎、金子洋一【自民党】下村博文、馳浩、加藤勝信、長島忠美【みんなの党】柿沢未途、桜内文城【国民新党】森田高【たちあがれ日本】平沼赳夫、園田博之、藤井孝男【無所属】城内実 (産経新聞3月24日)』

* * * * *

  呼びかけ人を見ると、ほとんどが平沼氏の率いる日本会議系の国会議員や、彼らと活動する仲間たちであることがわかる。(・・)

 平沼氏は、もともと各党にいる超保守派の議員を結集した政党を作ることや、他党の長保守派と連携して国政運営に携わることを目標にしてただけに、これは、その布石なのではないかと思うのだけど。
<それで、自民党の石原幹事長が「他人の懐に手を突っ込んで」とけん制したりもしていたのよね。^^;>

 でも、呼びかけ人の中に、民主党の海江田万里氏がはいっていたるのには、チョット驚いたところがあった。海江田氏が超保守派的な発言や活動をしたのを見たことがないからだ。(~_~;)
<衆院選のことを考えてのことなのか?それとも、鳩山G(&小沢G)からの使者なのか?(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 この議連について、産経新聞はこのように解説していた。

『「新党のための新しい仕掛けだよ」。たちあがれ日本の平沼赳夫代表が国家経営志士議連を設立した真の目的についてある設立呼びかけ人はこう打ち明けた。

 議連には、東京都の石原慎太郎知事の影がちらつく。活動方針に、かねて石原氏が主張する国家会計への複式簿記導入や憲法改正などが盛り込まれたことがその証左だ。議連が今後まとめる憲法や教育、統治機構改革などへの見解や方針は新党の政権構想やマニフェスト(政権公約)に盛り込まれる公算が大きい。

 狙いはそれだけではない。設立趣意書では「一般債務は1千兆円を突破し生活保護受給者が200万人を超えるに至った」などと財政再建の必要性を強く打ち出した。石原氏は、消費税増税は不可避と考えており、23日の記者会見でも「消費税は経済への悪影響が一番少ない。議論されてしかるべきだ」と断じた。民主、自民両党などの中堅・若手が議連に集結し、消費税増税の早期決着を打ち出せば、優柔不断な民主、自民両党執行部も無視できないと踏んだのではないか。

 そしてもう一つ。議連の動きは、新党構想の発案者である国民新党の亀井静香代表を牽(けん)制(せい)する意味合いもある。新党構想を主導するたちあがれ日本の園田博之幹事長らは消費税増税に反対する亀井氏らの新党参画を強く警戒する。連携を模索する大阪維新の会も亀井氏の「守旧派色」へのアレルギーが強いからだ。議連が消費税増税に賛同すれば、亀井氏の動きを封じ込めると考えたわけだ。

 平沼氏は23日夜、亀井、園田両氏らと都内で会談したが、消費税増税への対応はなお平行線をたどったとみられる。ただ、亀井、石原両氏の絆は固い。園田氏らが露骨な「亀井外し」に動けば、石原氏の新党への意欲をそぎかねない。

 消費税増税法案が国会に提出されれば、衆院採決が最大の焦点となることは間違いない。民主党の小沢一郎元代表らが造反に動く中、民主、自民両党が大連立を視野に法案成立で手を結ぶのか。それとも自民党は倒閣を優先させ、法案否決に動くのか。いずれにせよ、議連の動きが法案の成否を握ることは間違いなく、流れ次第では政界再編の先(せん)鞭(べん)をつけることになる。(佐々木美恵)

(産経新聞3月24日)』

* * * * * 

 平沼氏も「た」党がうまく行かず、これがラスト・チャンスになるだけに、新党結成に対する意欲はかなり強いものがあるだろうし。何とか自分が主導権を握る形で、この新党の結成を成功させたいという意気込みで、着々と準備を進めているのだけど。

 上の記事にもあるように、相変わらず、亀井静香氏とは折り合いがよくない&考えが合わないようで、お互いにけん制し合っているような状態が続いている。
 平沼氏にとっても亀井氏にとっても、石原氏の存在は大きいものがあって。<何だかmewには、石原氏をとりっこしているように見えることもあったりして。(~_~;)>

 3月11日に、石原氏と亀井氏が会談を行なって、2人の同志関係を確認したようなのだが。平沼氏は、「亀井さんの動きは関係ない」と不快感をあらわしたなんて記事も出ていた。(@@)

『東京都の石原慎太郎知事と国民新党の亀井静香代表は11日夕、都内のホテルで会談した。新党構想で意見交換したとみられる。

 亀井氏は会談後、記者団に対し「(石原氏は)『行動しなければ意味がない』とさかんに言っていた。彼とは同志だ。民主党みたいに口先だけで何もやらないのとは違う」と強調した。(産経新聞3月11日)』

『石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想をめぐり、国民新党の亀井静香代表とたちあがれ日本の平沼赳夫代表の溝が14日、改めて浮かび上がった。

 亀井氏は同日の国民新党議員総会で、野田佳彦首相に消費増税反対を伝えた13日の与党党首会談の際に「1カ月もして桜が咲くころには永田町の景色はがらっと一変する」と4月の新党結成をにおわせたことを明かした。亀井氏は首相に「久しぶりにゆっくり話をしたが、これが最後になるかもしれない」と連立離脱の可能性も示唆したという。

 これに対し、平沼氏は14日の記者会見で「我々が考えている新党構想の中で、亀井さんの動きは当面、関係がない」と不快感を隠さなかった。平沼氏や石原知事は消費増税に前向きで、新党構想と消費増税反対の主張を絡める動きもみせる亀井氏との駆け引きが激しくなっているようだ。(毎日新聞3月14日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ただ、2人がもっと心配しているのは、果たして石原氏が本当に都知事をやめて、国政進出するのかということなのではないだろうか?(・・)

 今月中旬、父親の新党結成&国政進出に反対している<「父親は利用されている」とまで発言した>自民党の石原伸晃幹事長が、TVでこんな発言をしたというニュースも出ていた。

『自民党の石原幹事長は16日のBS朝日の番組収録で、父の石原慎太郎東京都知事が、国民新党の亀井代表やたちあがれ日本の平沼代表らによる新党参加に意欲を示していることについて、「都知事だから輝いている。ちまたにおりてきてうろうろしない方がいい。衆院選に出るのは反対だ」と改めて強調した。

 石原氏は理由について、「10歳若かったら何をやってもいいが、(衆院議員や新党党首になると)自分の選挙だけでなくて全国を歩く。1年後に過労で死んでしまう」と述べ、79歳になる父親の健康問題への不安を挙げた。(読売新聞3月16日)』

<客観的かつ現実的な観点から、いい分析をしているのではないかと思ったです。>

* * * * *

 その後、何故か石原都知事が自民党を訪問して、息子である石原伸晃幹事長らと会談を行なったという報道もあった。

『東京都の石原慎太郎知事は22日午後、自民党本部を訪れ、長男の石原伸晃幹事長と会談した。石原知事は1968年に自民党公認で参院議員に初当選した後、幹事長室に当時の田中角栄幹事長を訪ねたエピソードを交えながら、息子の現在の「職場」を見回して「今はおまえがいるんだな」と感慨深げに語ったという。

 2人は普段から携帯電話で頻繁に連絡を取り合っており、この日の会談は石原知事から申し入れた。両氏とも詳しい会談内容は明らかにしていない。(産経新聞3月22日)』

 石原都知事は、自民党&その政権に失望して議員を辞職したこともあり、「自民党は嫌いだ」と公言してはばからないのだが。
 都知事選や都議会では自公とタッグを組んでおり、自民党都連の実質的TOPである伸晃氏とも関わりは深いし。
 長男・伸晃氏は、次の総裁選への出馬して、次期総裁&首相の座を目指している身。また、三男の宏高氏は、05年に衆院議員に当選したものの、09年には落選。次の総選挙でも自民党公認で出馬して、復活当選を目指しているだけに、自民党と正面から対立するのは避けたいところだろう。^^;

* * * * *

 以前も書いたように、息子の伸晃氏は、以前から慎太郎氏が国政進出するのには反対しており、昨年の都知事選も慎太郎氏が後継候補を用意していたのに、それを覆してまで、慎太郎氏に4回目の出馬を要請。
 自民党都連のTOPとしては、ここで慎太郎氏に辞めてもらっては困るし。自民党の幹事長としても、石原新党が自民党と総選挙で戦うことになるのは困る。
<保守系の支持層ががバッティングしちゃうしね~。(~_~;)>

 それゆえ、もし慎太郎氏が新党に参加するor党首になるとしても、都知事に在任したまま活動してくれた方がいいだろうし。<橋下徹氏も、大阪市長の職をついたまま、維新の会の会長として活動し、国政進出をするわけだしね。>
 できるなら、石原幹事長が主導する形で、うまく石原新党と連携して、選挙活動や政治活動を行いたいと考えているのではないかと思われる。(・・)

<石原幹事長は、先月、「同じ保守政治家の右派と3人は言われているが、亀井氏は死刑反対、平沼氏は天皇家中心の古い形の保守主義だ。知事は自由主義的な保守主義者と、全然違う。それが一つの政党になって何をやるのか」と指摘し、平沼氏や亀井氏を評価していないのよね。>

 そして、もしかしたら、石原慎太郎氏も息子たちの立場を思って、伸晃氏の意も汲む形で行動することを考える可能性がなきにしあらずなのだが・・・。

 でも、平沼氏は、新党結成後、自民党の安倍元首相が率いる超保守派と連携することを考えている様子。<さらには、日本会議系の超保守派だと判明した大阪維新の会の幹事長&大阪府知事の松井一郎氏とも連携することを考えているかも。>
 さらには、安倍氏を首相に復活させるか、うまく行けば、石原慎太郎氏や平沼氏を首相にして、超保守政権を作るのが理想の形なのではないかと察する。(・・)

 ・・・となると、もともと石原都知事と平沼氏の間では亀井氏の処遇に関して、温度差があった上に、今後の連携相手に関しても、両者の間に溝が生じるおそれもある。(~_~;)

 石原都知事と平沼氏は、東京都の予算が成立した後、4月以降に本格的に新党結成の協議を行なうことにしているようなのだが。
 石原都知事は近時、当分、解散はないのではないかと語る機会も増えており、しばらくは様子見をしながら考えたいような感じもあるし。もしうまく話がまとまらないようであれば、とりあえず、石原氏が都知事に在任したまま平沼氏主導で新党を作るか、先に平沼新党を結成することも考えるかも知れない。^^;

 さらに、自民党では、谷垣総裁&周辺は小沢抜きの民主党との連立を望んでいるものの、石原幹事長は民主党&他党の保守結集(長老派を除く?)、安倍元首相は平沼氏+αとの超保守結集を目指していることから、今後、自民党の主導権を誰がとるかということによって、石原新党の行方も変わって来るのかも知れないな~と思っているmewなのだった。(@@)

p.s. ちなみに、mewは石原氏が都知事を辞任し新党を作るも、支持が得られず。橋下維新の会とも連携がうまく行かず。安倍くんも自民党の実権をとれず。結局、今の「た」党に毛がはえたような少数政党に終わり、アレコレ主張を試みるも、注目もされず。野党の片隅のまま終わってくれるか。安倍くんらも合流するも、浮上できないまま終わる・・・というのが、一番いいかな?^_^;

            THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]

by mew-run7 | 2012-03-25 17:51 | 政治・社会一般